フォト

リンク集

無料ブログはココログ

2021.09.20

本日の手作り弁当(9/20)

Photo_20210920215601
 
サンドイッチ(ハムと漬物(ナス、キュウリ、にんじん)、スクランブルエッグ(玉ねぎとコーン))、ミニトマト、ピーマン、オクラと大根の浅漬け、茹でモロッコインゲン、ブルーベリーブレッド。
3連休の最終日。青い空が広がってて、家にいるのがもったいなかったので、あるものでサンドイッチを作って、近所の公園へ。
野菜が少なかったので、浅漬けで代用。考えてみればピクルスってのは漬物のわけで、特に問題なし(笑)
 
公園は昼時をちょっとずらしたので、すいていたけど、テーブルは家族連れが荷物置き場にしていたので、せせらぎ(今は水は流していない)の岩場を使って、ワイルドな感じでいただきました。
 
晴れていたけど、木陰は気持ちよかったですわ。ほかに予定もないので、この後、ベンチに移動して、読書しながらうつらうつら。贅沢な時間でした。
Photo_20210920215901

NewNormalの減量日記(3)

2021年9月12日(日)~2021年9月18日(土) (平均63.17kg 17.33%)

62.3kg(17.1%)→62.8kg(18.0%)→63.2kg(17.6%)→62.8kg(16.3%)
→62.8kg(17.0%)→63.9kg(17.5%)→64.4kg(17.8%)

60代最後の1週間。生活に変わりはないのですが、1週間で見ると2キロ増量。実は、9月に入って、家の近くにおいしいパン屋さんがあるのに気づいて、「1日3食、パン」・・・ってこともあって、太りますわ。炭水化物摂取量は確実に増えますからね(お米は1日一食くらいしか食べないから・・・)。

もちろん、パンだけのせいじゃなくて、その他の食事も少し多めです。ちょっと前なら64キロ台が目標だったのに、今じゃ、「え? 太った??」って思うくらい。

 

2021.09.17

【劇】妲妃のお百 その弐 お百十六むさし (駒塚由衣/吉原 中江別館 金村、2021.9.16)

Photo_20210917211401駒塚由衣さんの江戸人情噺、お馴染みの吉原のお茶屋さんでの公演。今回は、江戸三大毒婦の一人「妲妃のお百」の「その弐」。

 

時代が遡ってのパート2。見たことはないけど、あとから種明かしなんてスターウォーズの公開みたいなものかしら。

 

江戸人情噺っていうのに、舞台は大坂(=大阪)。江戸じゃないのって思ったけど、あれは「江戸時代」の「江戸」だったのかしら。お百も、泉州・堺の出身なのに、語られる言葉は江戸弁(笑)

 

お百が何で、あんなに悪女なのか・・・ってのの謎解きがなされるんですわ。「そりゃ、仕方がないよなぁ。」となんか、ちょっとホッとする感じですね。作者の藤浦敦さんの手のひらで転がされたかもしれませんな。

 

 

2021.09.16

本日の手作り弁当(9/16)

Photo_20210917134701

 

ごまパンのサンドイッチ(ハム・炒めキャベツ・マスタード、ゆで卵・玉ねぎ・トマトケチャップ、チーズ・モロッコインゲン・マヨネーズ)、ブルーベリーブレッド、ウィンナソーセージ、ミニトマト、ブロッコリー。

 

食パンスライスの補助器具(笑)を買ったので、好きなパンを好きな厚さに、楽に切れるようになりました。

そこで、ごまパンを12枚切り(1枚10mm)に切って、サンドイッチを。モロッコインゲンは軽く塩ゆでしたもの、玉ねぎのみじん切りは生で。

ウィンナはレンチン、ブロッコリーは冷凍もの、ブルーベリーブレッドはおかずの台になってます(笑)

 

2021.09.13

本日の手作り弁当(6/13)

Photo_20210917140301
 
サンドイッチ(ハム・ゴーヤ、玉子・たまねぎ、きんぴら(人参・蓮根))、オクラ炒め、ミニトマト。
 
週1,2回の出勤。あまり作り置き食材がはけないので、サンドイッチに頼りがち。
胡瓜が高いので塩もみしたゴーヤ(頂き物。感謝)で代用、なかなかの味わい。
今回のお初は、にんじんと蓮根のきんぴら。かなり甘く仕上がってるけど悪くはない。
オクラは冷蔵庫の忘れ物、しなびかけてたので、オリーブオイルで素揚げっぽく、炒めました。

2021.09.11

NewNormalの減量日記(2)

 2週間まとめてになります。9月4,5日と長野へプチ旅行。諏訪近くの守屋山に登りました。それ以外は特段のイベントもなく週1の5キロランくらいで、走った翌日は63キロを切るけど、あとは63キロ台半ばをウロウロ。近所に美味しいパンやサンを見つけて、3食パンを食べるようになったのも危ない兆候だし、テレワークだと、手持無沙汰で、ついつい、間食しちゃうのもいけないんだろうなぁ。

この減量日記を何週かまとめだすと、増量傾向にある、というのは過去の経験からはっきりしてるので、危険ですね。

緊急事態宣言も3週間ほど延長になり、テレワーク(=運動不足&間食天国)が続くので要注意。

 

2021年8月29日(日)~2021年9月4日(土) (平均62.90kg 18.09%)

63.4kg(18.3%)→62.3kg(17.5%)→62.1kg(17.6%)→62.8kg(17.7%)
→62.9kg(17.9%)→63.4kg(19.0%)→63.4kg(18.6%)

 

2021年9月5日(日)~2021年9月11日(土) (平均63.31kg 17.60%)

63.5kg(16.1%)→63.5kg(17.5%)→63.6kg(18.4%)→63.2kg(16.6%)
→62.9kg(18.1%)→63.4kg(18.4%)→63.1kg(18.1%)

 

2021.09.10

本日の手作り弁当(9/10)

Photo_20210911125701
 
サンドイッチ(玉子・ニラ、ハム・レタス、チーズ・オニオン)、ミニトマト、レタス、ゴーヤ。
 
家の近所に美味しいパン屋さんがあるのに今さらながらに気付きました。そのお店、食パン(1斤220円)は、その場で好きな枚数に切ってくれる。最初は8枚切りを楽しみ、次は10枚切り。10枚切りってことはサンドイッチですな。テレワークだけど、作っちゃいました。
 
具は、「ゆで卵、刻みニラ、マヨネーズ、塩こしょう」「ハム、レタス、マヨネーズ」「チーズ、刻みオニオン、トマトケチャップ」です。10枚切りだと全部入らなかったので、チーズは朝ご飯に。
 
せっかくなので、昼はこれをもって、近所の公園でランチ♪
 
Photo_20210911131401
 

2021.09.06

本日の手作り弁当(9/6)

Photo_20210906235001
ウィンナソーセージとモロッコインゲンの醤油炒め、茄子とししとうの煮物、竹輪のきゅうり詰め、ピーマンの玉子焼き、モロッコインゲンの塩昆布和え、刻みミョウガ、もち麦ご飯。
 
野沢の定宿・げんたろうやの女将さんが「この夏最後の収穫」と自家製のお野菜をたくさん送ってくださった。丁度、週に一度の出勤日で雨の予報だったから、送ってくれた野菜のうち、モロッコインゲン、茄子、ししとう、ピーマン、ミョウガを使い、弁当作り。
 
モロッコインゲンはさっと塩ゆでして適当に切って、ひと品は薄切りにしたウィンナとの炒めもの(オリーブオイル、醤油、あらびき胡椒)、もうひと品は塩昆布と和えて一晩なじませた。
どちらも味付け薄めになって、モロッコインゲンの味がしっかり。まだまだたくさんあるので、明日は何にしようかな。
 
茄子とししとうは、麺つゆとみりんで。
 
ここのところお野菜が高いし、とれたてのお野菜、美味しい♪

2021.08.31

本日の手作り弁当(8/31)

Photo_20210831203201
 
石井のハンバーグ、蕪と人参の煮物、キャロットラペ、ニラのおひたし、シーチキンの玉子焼き、大葉の醤油漬け、蕪の辛子漬け、もち麦ご飯。
 
実は今日もテレワークでしたが、丁度昼の時間にかけてオンライン講演会が入っていて、パソコンデスクで食べながら市長できるかな、と弁当箱に詰めてみました。
 
キャロットラペに使ったオリーブオイルは、刻んだ青唐辛子を漬け込んであるので、辛くて美味しい♪
 
大葉は友達のお嬢さんから教えてもらった醤油とごま油にひと晩漬けたもの。
 
ニラはこれからの発想で、さっと湯がいて、麺つゆとごま油で和えました。ニラのおひたしって、普通につくるとちょっとキシキシするんだけど、ごま油でしっとりしますね。
 
でも、パソコン見ながら食べるのって、ダメですね、食べた気がしない・・・
 

NewNormalの減量日記(1)

過去ログを遡ってみると、形式は違うけど日記に減量を載せ始めたのが2001年6月1日。まだ、世の中にブログなんてものがなかった(あっても、一般的ではなかった?)時代。 しかも、当時は、毎日「何を食べた、何をやった」ってのも書いていたんですねぇ。われながら凄いや(日記に書いて、読者の皆様から、励ましやら、お叱りやらを頂いて、ようやく減量をしていたようです。)
 
20210830-233824

もう21年目なんですねぇ。いやぁ、良く続いてますわ。

21年目の減量日記。新シリーズのタイトルは、何のひねりもなく「NewNormalの減量日記」。まだまだ、これからの人生、リバウンドもあるだろうけど、(1)からこつこつをやっていきますわ。

2021年8月15日(日)~2021年8月21日(土) (平均63.33kg 18.06%)

63.6kg(17.1%)→63.4kg(19.1%)→63.7kg(18.7%)→63.4kg(17.2%)
→63.4kg(18.6%)→63.5kg(18.0%)→62.3kg(17.7%)

今週も前半テレワーク、後半夏休み。とはいっても、夏休みに特段の予定はなく、ダラダラ、63キロ台でよこバイ。

 

2021年8月22日(日)~2021年8月28日(土) (平均62.94kg 17.79%)

61.8kg(18.1%)→62.2kg(18.0%)→63.3kg(18.0%)→63.9kg(18.4%)
→62.9kg(16.4%)→63.2kg(17.9%)→63.3kg(17.7%)

ほぼ2週間ぶりに出勤したけど、宣言延長で「出勤率3割以下を徹底」ということなので、9月中旬まで週一出勤。運動しない分、食事も減らさないと・・・。お友達にアドバイスを頂いて、この週から毎朝プロティンを20グラムずつ摂ることにしました。

 

2021.08.27

本日の手作り弁当(8/27)

Photo_20210827190601
ウィンナ炒め、蕪の茎のにんにく醤油炒め、鶏レバ煮、蕪と人参の煮物、ピーマンの玉子焼き、蕪の辛子漬け、鰹と松の実のふりかけ、もち麦ご飯。
  
テレワークなんですが、何となく料理を作っちゃったので、タッパーに詰めてみました。
 
Photo_20210827190701 ウィンナソーセージはたこさんにしたんだけど、詰めちゃうと何だか分からないので、ひっくり返して、お花っぽくしてみました。
 
蕪は、茎は軽くレンチンした後、ごま油で炒めて醤油とニンニクで味付け。実の方は半分は人参と一緒に煮物。いつもの麺つゆではなく、ほんだしと塩と青唐辛子で味付け。残りの実は薄切りにして友達から貰った辛子漬けの粉にまぶして一晩。胡瓜よりもよいかも。
 
鶏レバは、酒と醤油、砂糖でシンプルに。美味しくできましたわ、お酒、偉大♪
 
で、これをもって、くそ暑い中、近所の公園へ。木陰はそこそこ風が吹いて快適。テレワーク中の気分転換になりました。

2021.08.20

闘わない減量日記(100)

2021年8月8日(日)~2021年8月14日(土) (平均63.53kg 18.11%)

62.1kg(17.5%)→62.7kg(16.0%)→63.0kg(17.9%)→63.3kg(17.9%)
→64.9kg(18.9%)→64.8kg(18.7%)→63.9kg(19.9%)

「闘わない減量日記」、めでたく100回となりました。大阪時代に全く減量の気配がなく「闘う減量日記(25)」→「闘わない減量日記(26)」と名前を変えて4年余り。コロナ禍の自粛生活&テレワーク中のランニングのおかげで丁度10キロ落ちました。

そんな節目の週でしたが、前週から800g増量。週の真ん中に友達のおうちにお邪魔してあれや、これやとご馳走になったのが身になりましたね。

前週は62キロ台だったけど、63キロ台で安定したみたいですね。よく人間ドックなどで聞かれる「若い頃の体重」ってことで言えば64キロなので、現状をキープできればよいのですが・・・。

 

 

2021.08.09

闘わない減量日記(99)

2021年8月1日(日)~2021年8月7日(土)】 (平均62.73kg 17.46%)

62.7kg(17.8%)→62.7kg(17.5%)→62.7kg(17.6%)→62.6kg(17.6%) →63.0kg(17.6%)→62.6kg(17.2%)→62.8kg(16.9%)

 

この週は、久しぶりに日、木、金、土と4日も飲みました(うち3日は外で)。しかし、週半ばに5キロ走ったこともあり、ほぼ62キロ台をキープできました。この調子で62キロ台だとベストなんですが・・・。何とか、記念すべき、この闘わない減量日記の100回目を62キロで終えたいですね。

【劇】手紙 届かなかったラブレター (狩野和馬・駒塚由衣/OMEGA東京、2021.8.7)

00_20210809171301駒塚さんからお誘いを受けて、「ハイパー朗読劇」なるものを荻窪まで見に行ってきました。

ハイパー朗読劇とは何ぞや? 「ハイパーシステム朗読機」という道具を使っての朗読劇だそうな。言ってみれば、プロンプターのようなシステムらしい。演者の前には新聞1ページほどの大きさの透明なアクリル板。コロナ対策か・・・と思いきや、どうやら、そこにシナリオが映し出されているらしい。

そのため、朗読劇というと、演者は脚本に目をやり、俯いた感じで「声だけを楽しむ」ものになりがちなところ、このシステムを使えば、演者はしっかりを前を向いているので、表情の演技も楽しむことができる。

お話は、原爆投下から3年ほどたった広島の同級生の少年と少女が、教師の勧めで交換日記を始め、その後、60代の半ばまで断続的に交わした手紙が、それぞれの演者のセリフとして語られる。

上手には駒塚さんが、下手には狩野さんが座り、小学6年生から初老の役までを、舞台上で着替え、メイクをして演じ分ける。彼らの生きてきた1950年代からの40年ほどの出来事を交えながらつづられていく。原爆の惨禍、様々な差別なども描かれ、男性は早稲田の理工に進むも左翼思想に傾倒、安保闘争や政治家の秘書、従軍カメラマンなどを経て、自らも代議士となる。女性は舞台から映画、テレビへと活躍の場を移しながら女優として生きていく。大学時代には淡い逢瀬もあったが、それぞれ、政治家の孫娘やテレビのプロデューサー?と結婚することとなったが、離別することとなり、そして、真に愛する人はだれだったのかに改めて気付く。しかし、そのときは既に・・・。

とにかく、小学校6年生から、成長していく様を、舞台上での簡単な着替えとメイク、そして表情、声で演じ分けていくのが素晴らしいです。一方が手紙を読んでいるときも、聴いている方はちゃんとそれを受ける演技をしている。着替えの間はそのとき、そのときのニュース映像等が舞台後ろのスクリーンに何枚も投影される。ほんの一瞬なんですが、懐かしい映像と音楽が多く、あの映像だけでも楽しめました。

【献血】110回目の献血@飯田橋 (2021.8.5)

6月下旬から働き始めた職場、エレベータホールに献血のお知らせが貼ってあった。確認したら、前回109回目の献血から丁度12週間経ったところだったので、参加することにしました。2日間の日程ですが、参加希望者はイントラネットで予約をすることになってました。

ひとコマ20分に4人ずつ予約を入れているようで、勤務時間中の参加OKとのことなので、午前中の早い時間にエントリー。(朝一番は両日とも埋まってました)オフィスの会議室フロアが献血会場。受付に社員の方がいるかな、って思ったら、全て日赤の方だったようです。

Image22

献血ルームと同じく、右手中指の静脈?で本人確認。腕を水平に上げてしびれがないかシーフテストで確認。その後、タッチパネルで問診。「この1年間にインフルエンザ以外の予防接種をしましたか。」と、普段なら『いいえ』で答えるところ、コロナワクチンを接種してるので、係の人に「コロナはこれに当たりますか」と確認して『はい』で回答。「48時間過ぎてますね?」と確認されました。睡眠時間、朝食時間、体調を訊かれ、さらに「朝からどれくらい水分をとってますか?」と訊かれました。これは初めてかな。やはり、この季節熱中症予防で聞いてるようです。「朝食の時にミルクをコップ一杯程度です。」と答えたところ、スポーツドリンクを渡されて、「これ、半分は飲んでくださいね。」とのこと。ルームだと自販機でいろいろ選べるのに、さすがに会議室じゃそれはねぇ。

ついで、すぐに医師の問診。血圧も異常なし、コロナワクチンのことを再確認され、「今日は400ml頂きます」とのこと。「ペットボトル、飲めるようだったら全部飲んじゃってください。」ってことでした。

次は、事前の検査採血。私の前の順番の女性が、血管が細かったようで、看護婦さんが「針がうまく刺せないかもしれませんね。」とおっしゃる。別の看護師さんも呼んで確認して貰ったところ、同意見だったようで「刺せても、採血に時間がかかり、気分が悪くなることもあるかもしれません。今日はおやめ頂いて、また、季節のよいときにお願いします。」ってことでした。そういうこともあるんですねぇ。

そんなことがあり、ここで5分ほど待ちました。私の番になり、いつも通り両腕を見せたところ、両腕にゴムチューブをまかれ左右の血管の確認。希望を訊かれ、どちらでもよいと答えると「ベッドが空いている右から採血しましょう。」とのこと。

それなら、と検査採血用に左腕を前に出すと「いつもルームで献血ですか?」と訊かれた。「移動採血車では、検査用の血液は指先から頂いているんです」ですって。あれ、そういえば、以前にもこんなことあったかな? 記憶にないです。「人差し指、中指、薬指、どの指でも結構ですがどれにしましょう?」って訊かれてもねぇ。戸惑ってると「薬指でお願いできますか、そういう方が多いので」ってことでした。「指先、しばらく痛いですがよろしいですか」・・・、いや、ここでそれを訊かれても(笑) 

Image2 細い針でチクッとされると、みるみる血が盛り上がってきた。手慣れたもんですね。これで問題ないなら、ルームもこれでやれば手間が省けるでしょうにねぇ。検査する項目が違うんですかねぇ。職場で、他の人もいたので、あまりしつこく聞くのはやめましたが・・・。

ベッドは4つ、看護婦さんは二人。てきぱきと進んでいきます。おいらは右腕からだったので「右腕」と書かれた椅子で待たなければいけなかったのですが、ぼんやりしていて、写真の人の次だから・・・と右側の「左腕」って書かれた椅子に座っちゃいました。(いや、普通、「右腕」っていう椅子を右側に、「左腕」っていう椅子を左側に配置するんじゃないか・・・って思ったのですが、ベッドへの動線を考えると、この方が合理的みたいです。)

右腕用のベッドは空いていたのに、しばらくぼーっと左腕用の椅子で待っていたら、係の人に「右腕から採血じゃありませんか?」と声をかけられました。多分、次の人をどちらの腕で採血するか決めるために確認したんでしょうね。ご迷惑をおかけしました。

真っ平のベッドでの採血は久しぶりですね。それでも、器械は一式持ち込んでいるようで、ルームと同じようにシーソーのように揺れながら吸い込んでいく仕組みでした(大昔、職場で献血したときはベッドよりも下に採血パックをぶら下げて、高低差で採血しているようでしたが)。

針を刺す時ちょいとチクッとしました。思わず顔をしかめちゃったのか、看護婦さん心配そうに「ごめんなさい、大丈夫ですか、指先まで残るしびれはありませんか?」と訊いてきました。もちろん大丈夫なのですが・・・、先日のコロナワクチンの針刺しが印象に残っていたので、痛く感じたのかも。

「脚のポンプ」を動かす運動のチラシを見せられた。足首を曲げ伸ばしする運動と両脚を交互に交差させる運動とがあり、採血中は前者を、採血後に後者をやるように指示書き。かつては、こうささせる動きも採血中にさせられた記憶があり、理由を聞いたら、交差させる運動は動きも大きく、針が刺さっている状態だと危ないからなんですって。事故でも起きたんですかね。

思いのほか時間がかかり、普段の倍、10分ほどで採血完了。針を抜くときもちょいと痛くて顔をしかめちゃったら、看護婦さんまたまた気にして「丁度痛いところだったんですね、ごめんなさい」ですって。いえいえ、針を刺すんですから無痛ってことはないので・・・。

終了後は、会議室の中の壁際のテーブルでしばし休憩。常温の200mlのパック飲料(お茶、スポーツドリンク、乳酸飲料かな。)があり、乳酸飲料を頂く。このほか、ビスケットの類が数種類。まあ、職場の献血ですから贅沢は言わないことに。

お土産は、ばんそうこうと安眠できるハーブティー。そのほか、壁に「10代~30代の方にはタオルマフラーを差し上げます。40代以上の方もご希望の方はご遠慮なく」と書いてあったので、遠慮なく頂きました。

Dsc_3500

2021.08.06

本日の手作り弁当(8/6)

Dsc07581

 

鶏とキャベツのケチャップ炒め、ブナシメジと油揚げの煮物、ニラと長ねぎの玉子焼き、ほうれん草の胡麻和え、ゴーヤの佃煮、ミニトマト。

 

冷蔵庫の整理も兼ねて・・・。ブナシメジと油揚げ、思いのほか美味しゅうございました。

 

2021.08.05

本日の手作り弁当(8/5)

00_20210807001701
 
ゴーヤの佃煮、 牛とネギの甘辛炒め、竹輪のきゅうり詰め、ほうれん草胡麻和え、ニラの玉子焼き、卯の花、ミニトマト、もち麦ご飯。
 
ゴーヤをどうしようか・・・って思ってたら、「佃煮にする田舎蕎麦屋」さんのyoutubeを見つけたので、午後って他のメニューも参考にしつつ作ってみました。ゴーヤは5ミリほどに切ってさっと湯がく。フライパンに醤油と砂糖を煮たてて、絡めていく。チリメンジャコを入れるレシピが多かったけどなかったので、しらす干しを。まずまずでした。 
 
で、その煮汁を使って炒め物。長ねぎは半分に切って4cmほどに。ごま油で牛肉と一緒に炒めて、ゴーヤの佃煮の煮汁を。少々塩を追加。美味しくできました。
 
で、その炒め物から出てきた汁で、玉子焼きを。具はピーマン。
 
佃煮、炒め物、玉子焼きが同じ味(笑) 美味しいからOK♪

2021.08.04

本日の手作り弁当(8/4)

00_20210807000601
 
肉じゃが、ほうれん草の胡麻和え、きゅうりとシラスの酢の物、卯の花、ニラの玉子焼き、ミニトマト、野沢菜醬油漬け、もち麦ご飯。
  
前日、早く帰宅できたので、いつもとは違うスーパーへ。野菜が3~5割安くて、ちょいと買い過ぎました(笑)
 
新じゃがは定番の肉じゃがに、きゅうりとシラス・・・と思ったら酢の物しか思い浮かばなかった。温かいご飯の隣に詰めるのをためらったけど、アルミホイルをしわしわにして、二枚重ねにしてみたら、思ったよりは無事。
 
あとは定番。

Dsc_3492

2021.08.03

闘わない減量日記(98)

2021年7月25日(日)~2021年7月31日(土)】 (平均63.56kg 17.63%)

62.9kg(17.4%)→64.1kg(17.9%)→64.4kg(18.3%)→64.1kg(17.7%)
→63.6kg(17.9%)→63.3kg(18.1%)→62.5kg(16.1%)
 
金曜日に地元の居酒屋さんに飲みには行きましたが、あとはおとなしくしていたのになぜか体重が増量傾向。前週末に「高級食パン」を2斤買ってきて、朝、晩と食べていたせいで、カロリー超過したのだろうか・・・。日、土と5キロrんして、ようやく戻した感じです。

本日の手作り弁当(8/3)

00_20210803075301

ゴーヤチャンプル。卯の花、玉子サラダ、ミニトマト、レタス、野沢菜醤油煮、ひじきふりかけ、もち麦ご飯。 
 
ゴーヤと玉子サラダが残っていたので、弁当作り。
 
ゴーヤは豚肉と豆腐と一緒に。味付けは創味シャンタンと醤油チョット、最後に七味を少し。
 
卯の花は、にんじんと小松菜を、干し貝柱を戻した出汁に麺つゆをチョイ足しして煮て、レンチンで随分飛ばしたおからを入れて炒めて、仕上げに胡麻油。 
玉子サラダは昨日のサンドイッチから流用。
 

2021.08.02

本日の手作り弁当(8/2)

 225358241_4198624193588681_8842410942971

 

サンドイッチ(ハム・チーズ・きゅうり、玉子・ゴーヤ、リンゴジャム)、身のトマト、レタス。

 

8月は弁当を休もうと思ったけど、週末に「乃が美」の食パンを手に入れたので、サンドイッチ弁当。前回は食パンのスライスに手間取ったけど、今回はバッチリ。

 

きゅうりはスライサーで薄い輪切りにして、新玉ドレッシングで和えました。玉子はエッグカッターで粗みじんにして、同じく粗みじんにして塩もみしたゴーヤと和えました。マヨネーズではなく、オリーブオイルとクレージーソルト。

 

3品目、玉子も残ってたけど、目先を変えて志賀高原・志賀の湯ホテルのリンゴジャムにしました。しっとりしたパンにぴったり。

 

2021.07.30

本日の手作り弁当(7/30)

Photo_20210731120601
 
鶏ささ身とゴーヤの梅肉和え、さやえんどうと玉ねぎの卵とじ、キャベツ・ピーマンのカレー風サラダ、ミニトマト、野沢菜醤油漬け、ひじき麦ご飯。
 
7月ラストのお弁当です。会議の都合で出勤が朝早かったので作るつもりはなかったけど、前夜の会社帰りにすきっ腹でスーパーに寄って、野菜を買っちゃったので、前夜に作ったものを詰めただけ・・・。
 
ささ身はラップに包んで2分間電子レンジ加熱、冷めてから手で裂く。ささ身から出た汁はとっておいて梅干し二個分の梅肉をつぶして混ぜる。ゴーヤは種・綿をとって薄切りにしたものに塩をまぶしてしばらく置いて、出てきた水分をきる。で、ささみとゴーヤを混ぜて、梅肉ソースと和える。これ、うまい。
 
筋を取ったさやえんどうは三つに切り、玉ねぎはざく切り。薄めた麺つゆに玉ねぎ入れて、ラップをしてレンチン3分、さやえんどうを足して同じく1分、最後に溶き卵を加えてレンチン2分弱。うまくできました。
 
野沢菜は、志賀の定宿・志賀の湯ホテルさんでいただいて、冷凍しておいたもの。

2021.07.29

本日の手作り弁当(7/29)

00
 
にんじんしりしり、ごち魂餃子(青唐入り、ノーマル)、キャベツとピーマン、ひじき煮、野沢菜醤油漬け、もち麦ご飯。
 
前夜、会社帰りに駅前の馴染みのお店の前で、オーナーさんがテイクアウトの餃子を売ってらっしゃった。「青唐辛子入り」ってのがあったので、それを買おうとしたら「普通のやつは焼きたてですよ」。仕方がないので、両方購入。1パック5個入りなので、さすがに一晩には食べられなかったので、弁当に。青唐辛子入り、適度に辛くてうまいけど、弁当じゃなくてビールのお供にしたいところです。
 
にんじんしりしりはいつも通り。
 
ご飯の上に載せてあるのは、志賀高原の定宿・志賀の湯ホテルさんから頂いた野沢菜の醤油漬け(醤油煮?)を刻んだもの。頂いて、半年冷凍しておいたけど、変わらず美味しいです。

2021.07.28

【劇】立川志の輔独演会 (立川志の輔/2021.7.20、練馬文化センター大ホール)

パルコが志の輔さんの体調不良でキャンセルになり、東京国際フォーラムも最初にとった日は緊急事態宣言にギリギリひっかかってキャンセル、日延べでようやく取れたので、今回も結構ドキドキ。前週から宣言にはなったけど、宣言前に売った席はOKということで、ラッキーでした。

練馬文化センター、スキー連盟の会議で一度来たことがあります。1400席?ほどの席がほぼ満席。

口開けは、八番弟子・志の大さんの「狸の札」。多分、志の大さん、初めてじゃなかろうか・・・。

志の輔さん登場。枕は、やはりコロナに始まって、オリンピックの話。海外の人に落語はわかるのか。日本語だからできる。英語ではyouだけなのに、日本語はあなた、おまえ、きみ・・・と様々な呼び方で関係がすぐにわかる・・・。それから、小咄連発。

本題は、「ちりとてちん」。志の輔さんのちりとてちん、初めて聞いた気がします。町内の知ったかぶりが、口に入れたちりとてちんを何とか飲み下そうとする『顔芸』は素晴らしかったですねぇ。

 
中入り後、3番弟子の志の春さんと二人で出てこられました。昨年春に真打昇進した志の春さん。コロナ禍で襲名披露公演ができなかったけど、ここにきて、師匠と二人で口上♪ そして、真打・志の春さんの一席は「アナザーラベル」。それにしても、志の春さんも枕で、英語落語の話をするんだけど、さっき師匠が「英語で落語はできない」って言ってたのは、キツイ叱咤激励だったのかな。

志の春さんに続いて、志の輔さんの二席目は「ねずみ」。これは以前聞いたことがありましたが、タップリ聞かせて頂きました♪

本日の手作り弁当(7/28)

Photo_20210728222501
 
ささ身のソース焼き、キャベツとピーマンのカレー炒め、厚揚げと大根の味噌和え、ひじき煮、野沢菜キムチの玉子焼き、ブロッコリーとカニカマのサラダ、ニンニク味噌漬け、もち麦ご飯。 
 
惰性というか、生活のリズムというか、作り続けてます、弁当。
職場が変わって30階。下まで降りればコンビニもあるし、3分も歩けば食べ物屋さんもあるんだけど、何故か足が向きません。暑さもあるし、コロナもあるし。
  
特に目新しいメニューはないけど、野菜比率が無茶苦茶高いですね。夕方にはお腹が減ってきます・・・。

2021.07.27

本日の手作り弁当(7/27)

Photo_20210728003001
 
豚肉の味噌漬け焼き、キャベツとピーマンの炒め物、ひじき煮、大根と厚揚げの味噌和え、大根とピリ辛ツナ缶和え、ゆで卵、ミニトマト、レタス、麦ごはん。
 
弁当作りはいったん休止のつもりでしたが、台風が来ていて雨の予報だったので急遽あるもので。
 
豚肉の味噌漬けは冷凍庫の肥やしになってましたが、冷蔵庫で回答して、フライパンでじっくり焼いたらふっくらと美味しくなりました。目ないけど、下には豚肉の脂で炒めたキャベツとピーマンが台代わり。
 
ひじき煮は前回甘すぎたので砂糖なし。その代わり、鴨鍋のだしで煮てみました。ほんのり鴨っぽい(笑) いつもの麺つゆよりもマイルドな感じです。
 
冷蔵庫に残っていた大根で2品。まずスライサーと包丁で千切りを作って、半分は厚めの拍子木にした厚揚げとだし入り液体味噌で和えてみました。半分はお友達から頂いた韓国の甘辛いツナ缶と和えました。どちらも前夜に作って、一晩冷蔵庫でなじませました。美味しいです。

2021.07.26

本日の手作り弁当(7/26)

Photo_20210727012101
 
サンドイッチ、ミニトマト。
 
週末にちょっと高い食パン2斤を買いまして、これがしっとりとしてめちゃ美味しい。せっかくなので弁当にも入れてみました。
具はオーソドックスな3品。味付けをちょいと工夫しました。
ハムと薄切りキュウリ(前夜に塩をふっておいた)にはマヨ&マスタード、チーズとレタスには新玉ドレ&トマトケチャップ、タマゴにはタマネギのみじん切りを合わせて、マヨ&カレー粉。どれも美味しかったですわ。それにミニトマトを付け合わせ。
 
実は、1番苦労したのは、パンのスライスだったというのはナイショです(^o^;

2021.07.25

闘わない減量日記(97)

再就職して、生活のリズムが戻ってきましたが、運動は週末だけになり、ちょいと停滞気味。

2021年7月11日(日)~2021年7月17日(土)】 (平均63.43kg 17.87%)

63.1kg(17.0%)→63.3kg(18.3%)→63.7kg(17.7%)→63.6kg(18.3%)
→63.4kg(18.1%)→63.2kg(17.6%)→63.7kg(18.1%)

緊急事態宣言も出て、平日は飲みにも行けずですが、週末は都連の会議の帰りに開いているお店でこじんまりと反省会。

 

日曜と土曜に5キロのジョギング。アリバイ作りみたいな感じになりましたね。まあ、走らないよりはいいかな。夏なので走るタイミングが難しいですね。ホントは早起きすればいいんですが。

 

2021年7月18日(日)~2021年7月24日(土)】 (平均63.91kg 17.90%)

63.8kg(17.9%)→64.4kg(18.0%)→63.9kg(18.0%)→63.7kg(17.9%)
→63.9kg(17.8%)→63.6kg(17.4%)→64.1kg(18.3%)

この週は、日曜日に友達と焼き鳥屋さん、お蔭で月曜日からは高め安定。しかも、オリンピックが始まり4連休になる中、美味しい食パンを2斤も買ってしまい、3食、パン食。こりゃ、太るわ・・・。 

2021.07.20

本日の手作り弁当(7/20)

Photo_20210721073701
ハンバーグ、レタス炒め、ごち魂餃子、チンゲン菜とカニカマのマヨ和え、大根と厚揚げの煮物、にんじんの玉子焼き、ニンニク味噌漬け。

再就職して28日目にして、14食め。土日もあるし、出張や昼食会、外出もあったから、ほほぼ毎日ですわ。よく頑張りました・・・とは言え、今日はメインもサブも出来合いのもの(^o^;
 
ハンバーグは丸大食品のレトルト。その下にはざく切りレタスをさっと炒めてクレイジーソルトで味付けたものを敷いてあります。
 
ごち魂@新高円寺の餃子はリピート。
 
生のチンゲン菜を細切りにして、裂いたカニカマとマヨネーズで和えました。朝作って、昼頃はちょいしんなりしていい感じ。
 
煮物は連投、玉子焼きの具はキャロット・ラぺ。
 
 
明日は昼外出なので作らず、4連休突入。しばらくはお休みかなぁ。も

2021.07.19

本日の手作り弁当(7/19)

Photo_20210719233201
 
豚肉とチンゲン菜の中華炒め、大根と厚揚げの煮物、いんげんの胡麻和え、ピーマンの玉子焼き、キャロットロペ、ミニトマト、もち麦ご飯。
  
再就職してから弁当づいてますね。13食目ですわ。
定番ばっかりですが、美味しいですねぇ。
 
中華炒めは創味シャンタンで味付け。煮物は麺つゆ利用。いんげんはレンチンして、島根の甘い刺身醤油と白ごま。美味しくできましたわ。
 
これだけ頑張っても、食材は12品目(白ごまともち麦も含めて)。魚系、海藻系が足りない感じですかね。
 

【劇】日本の歴史(シス・カンパニー/新国立劇場 中劇場、2021.7.18)

20210718-221422 三谷幸喜さんのミュージカル。テキサスの家族の出来事と日本史の出来事がオーバーラップしていく。

テキサスの家族は、人生の場面場面でいろいろな悩みを感じる。で、それと同じような悩みは歴史上の人物も感じていた・・・ってことなんですな。

例えば、夫を亡くした女性が、夫の遺志を継いで、テキサスに土地を買い、牧場を作ろうとする。こんなこと私にできるのかという葛藤。この葛藤と同じことを卑弥呼も感じていた・・・とまあ、こんな感じ。

正確なセリフは覚えてないけど、「今、自分が直面している困難と、同じような困難は、これまでも誰かがぶち当たってる」といった趣旨の言葉があり、それが人類の歴史の中では繰り返されている「INGA(因果)」という歌が何度も歌われるんですわ。

初演が2018年とのことで3年ぶりの再演。「今の困難は、かつて誰かが・・・」という辺りは、コロナ禍の今回の方が深い意味を感じさせる。

7名のキャストで、60役以上を演じる。しかも、平清盛を宮崎エマがやったり、孝謙天皇を中井貴一がやったりと、性別も年齢もごっちゃごちゃ。出オチがちょっとズルい感じ(笑)
客席の8~9割は女性でした。再演、しかも東京千秋楽ということもあって、いくつかのナンバーでは、客席も一緒になって手拍子をする楽しい芝居でした。

【作・演出の三谷幸喜さんのコメント】
『日本の歴史』が帰って来ました!
女装で踊る中井貴一、香取慎吾のエロ坊主、シルビア・グラブの織田信長、宮澤エマの平清盛、秋元才加のババア、新納慎也のジジイ、皆、戻って参りました。
さらに初参加、瀬戸康史の11役早変わり。全編見所しかない、一大ミュージカル。
歴史の転換期とも言うべき今こそ、観て頂きたい作品です。(えんぶのWEBサイトより)

2021.07.16

本日の手作り弁当(7/16)

Photo_20210716225301
 
牛カルビとニンニクの芽炒め、小松菜と玉子の中華炒め、キャロット・ラぺ、オクラ、ミニトマト・レタス、はんごろし、もち麦ご飯。
 
1週間コンプリートです♪ 今日は、作るつもりもなかったので、食材の買い足しをしていなかったけど、あるもので何とか。
 
メインは、冷凍してあった出来合いの味付け肉。
 
小松菜はごま油で炒めて、創味シャンタンで味をつけて、溶き卵でまとめ、最後にクレージーソルトで調整。美味。
 
キャロット・ラぺ。しりしりした人参にオリーブオイル、塩、胡椒、酢で一晩。美味。
 
今日はおかずとおかずの仕切りをレタスで。

2021.07.15

本日の手作り弁当(7/15)

Photo_20210715202601
 
ささみの味噌漬け焼き、オクラ・シイタケ・キャベツのみそ焼き、ゴーヤとカニカマのマヨネーズ和え、ニラと玉ねぎの玉子焼き、小松菜の胡麻和え、ミニトマト、もち麦ご飯。 
 
今週4日目。朝イチから会議で、いつもより少し早く家を出たかったので、少し早起きして作りました。
ささみは両面に赤味噌を塗って一晩おいて、味噌をとってフライパンで蒸し焼きに。取った味噌でオクラ、シイタケ、キャベツに味付けして焼きました。
 
ゴーヤは1ミリほどにスライスして塩もみして、裂いたカニカマとマヨネーズで和えて、最後にクレージーソルトとあらびき胡椒。
 
小松菜はレンチンして、麺つゆで。
 

【劇】民宿チャーチの熱い夜19(デッドストックユニオン/ウッディシアター中目黒、21.7.14)

Photo_20210714235501夏の芝居と言えば、デッドストックユニオンの「民宿チャーチ」、という気がするんですが、実はまだ3回目?なんですよねぇ。

さすがのデッドストックユニオンも、今年は公演を打ててないそうで、この民宿チャーチが最初のお芝居なのだそうです。初日の前日に緊急事態宣言が出ましたが、開演時間をずらし、換気タイムを作り・・・ということで無事幕が開きました。
 

今年のテーマは、ずばり「新型コロナ」。沖縄でも東京でも緊急事態宣言が出ているという状況で、コロナにも負けず、明るく強く生きるウチナンチュの姿を描いてます。

【ここからネタバレ】
ワクチン接種が進む沖縄のとある村。民宿チャーチは昨年の「PCR検査陰性」に加え、今年は「ワクチン二回接種済み」のお客さんも宿泊可能ということに。しかも、民宿内はマスクなしでOK。(逆にマスクしてる人は「怪しい」と・・・)

何とか、村の接種率を上げて集団免疫を獲得、さらに、「ワクチン特区」を作って、世界中から観光客を呼び寄せよう・・・とする「内閣府の沖縄担当政策統括官」組織(どこかで聞いたぞ(笑))の担当官の来村やら何ならで、大盛り上がり。

そこに、大阪からフラッと表れた内科医(コロナ患者を診ていたそうな)、看護婦さんになっていたいつもの辺野古反対の学生さんが加わり、ひと騒動・・・。

コロナをテーマに「人命か、経済か」という議論なのかと思いきや、気が付けば戦争問題にオーバーラップさせてるのは、さすがでしたわ。

 

 

 

 

 

 

2021.07.14

本日の手作り弁当(7/14)

Dsc07426
 
夏炒め、茄子の煮びたし、ゴーヤの塩昆布和え、茄子とミョウガの浅漬け、ニラの玉子焼き、オクラとミニトマト、ひじき煮麦ごはん。
 
7月も半ばとなり、ようやく夏炒め(豚肉、茄子、ピーマンのみそ炒め)が出ました。味付けは、液体だし入り味噌と献立いろいろ味噌の合わせ技。良い感じです。
 
2ミリくらいの薄切りのゴーヤは軽くレンチンして塩昆布を混ぜました。
 
オクラも軽くレンチン。(殆どナマだったけど・・・)
 
ヒジキ煮は分量も少なかったので、ご飯に混ぜてかやくご飯風。甘いけど・・・
 

本日の手作り弁当(7/13)

03_20210714001001
 
ごち魂餃子、キャベツ、 茄子の揚げびたし、ミョウガとナスとさつま揚げの酢の物、ほうれん草のおひたし、ひじき煮の玉子焼き、ミニトマトのピクルス、野沢菜はんごろし、麦ごはん。
 
前夜、少し残業して遅く帰ってきたら、駅前の居酒屋さんがテイクアウト営業。お店で食べると500円の餃子が300円、しかも焼きたて。1パック5個入りを買ってきたけど3個で我慢して、2個は弁当に。台代わりに千切りキャベツを下に敷く。冷めても美味しい♪
 
茄子は切れ目を入れて多めのオリーブオイルで表面を焼いてから、薄めた麺つゆにおろししょうがを溶かしたものを絡めてしばらく煮てみました。ちょいと火を通しすぎたかな、と思ったけど覚めたらしっかりして美味しかった。
 
ミョウガは千切り、茄子は薄切りにして、塩もみ。しばらく置いてから、塩を流して水気を切って、細く切ったさつま揚げとポン酢で和えました。さっぱりして美味しい。
 
茹でたほうれん草はかつお節と麺つゆ、昨日甘かったひじき煮は玉子焼きの具。
 
らっきょう酢にひと月は漬けておいたミニトマト。特段の感動はなし・・・。

2021.07.12

本日の手作り弁当(7/12)

03_20210712213801
 
カレー味のゴーヤチャンプル、ひじき煮、、ミョウガ・エノキ・ほうれん草の酢の物、ニラの玉子焼き、ミニトマト、黒ゴマ、もち麦ご飯。
 
弁当作りが生活のリズムに入ってきました。今日は夏らしくゴーヤチャンプル。ゴーヤ、玉ねぎ、豚肉、豆腐。豆腐は絹ごし豆腐を買っちゃったので、前の晩にレンチンして、ペーパータオルとふきんで包んで、冷めてから冷蔵庫に入れておいた。普通に炒めて塩とカレー粉で味付け。ほんだしと玉子を忘れました。まあ、今シーズン初めてだったのでいいや。味が少し薄かった。
 
ひじきは久しぶり。少し砂糖を入れ過ぎて嫌な甘さになってしまいました。反省。明日は玉子焼きの具に転用ですな。
 
ミョウガを買ったのでどうしようかと考えて、結局、自分でも想定外の酢の物。ほうれん草にお酢はちょっとねぇ・・・。
こっちは明日は茄子と合わせてみます。
 
それにしても、野菜ばっかりだな(笑)
 
 

2021.07.11

闘わない減量日記(96)

2021年7月4日(日)~2021年7月10日(土)】 (平均63.73kg 19.31%)

62.9kg(19.1%)→63.3kg(18.1%)→64.1kg(18.2%)→63.5kg(18.4%)
→64.3kg(18.1%)→63.8kg(18.4%)→64.2kg(17.9%)

 
64キロ台を3回も出しちゃいました。これ、飲み会&だんか回りのせいですね。お芝居を観た後の軽い反省会もあったし、緊急事態宣言の発表があって、檀家さんに駆け込みしたり。特に、金曜日は京都日帰り出張で檀家さんに行って、久しぶりの日本酒を飲んだり・・・。

 

また、来週から酒の飲めない生活になるので、体重は減ることと思うけど、何だかなぁ・・・。 

【劇】アナと雪の女王 (劇団四季/四季劇場春 21.07.10)

20210711-153047 劇団四季とディズニーといえば、『美女と野獣』『ライオンキング』に始まり、『アイーダ』『リトルマーメイド』『アラジン』『ノートルダムの鐘』と続く。なかでも、『美女と野獣』にはハマって、何度も足を運んでます(一方、それ以外は、ライオンキングを1回見たっきり。)

今回のアナ雪、四季・ディズニー提携25周年の昨年9月開幕の予定でしたが、コロナで延期。この6月に開幕となりました。チケットはあっという間に年内分完売ですが、観劇仲間からお誘い頂いて、こんなに早い機会で観ることができました。ありがたいことです。
 
で、とにかく「劇団四季のアナ雪は凄い」の一語に尽きますね。アニメのあの世界をどのように表現してるか・・・ってのが興味があったんだけど、見事でしたわ。期待を裏切らないどころか、大きく上回ってますね。

プロローグはエルサ、アナ姉妹を子役さんが演じるのですが、アナはとびっきり可愛らしく、エルサはしっかりしたお姉さん。それだけでウルっと来ちゃうのですが、少しずつ成長して、そした大人エルサ・アナの登場。
 
どの役者さんもノビノビ、楽しそうに演じていらっしゃいましたねぇ。今回の演出家は外国人だそうで、浅利さん時代とは雰囲気が違うのかもしれませんね。

一幕のラストは有名な「ありのままに」。あのアニメの世界が素晴らしく再現されてました。

この日のエルサは岡本瑞恵さん。歌が素晴らしかったですねぇ。当初のキャストは、海外スタッフから直接演出を受けているので、貴重な舞台ですね。

キャストの中で異彩を放っていたのはアレンデールの貿易相手であるウェーゼルトン公爵。山本道(わたる)という役者さんなんですが、かなり背が低いんですよ。が、動きも声も素晴らしいんですわ。うーむ、役者さんの層が厚いですねぇ>四季

ストーリーが単純で、これまでの四季ミュージカルを彷彿させるシーンもたっぷりあって、楽しめますな。

2021.07.08

本日の手作り弁当(7/8)

Dsc07401
 
にんじんしりしり、大根サラダ、きんぴらごぼう、小松菜の味噌和え、ポークとニラの玉子焼き、カボチャと人参の煮物、ミニトマト、鰹ふりかけ、麦ごはん。
 
あるものをとにかく詰めた・・・というお弁当。
人参シリシリは、にんじん、シーチキン、玉子。普段は麺つゆで味付けするけど、今日はクレージーソルトにしてみました。
 
大根サラダはスライサーで薄切りにしてから千切り、割いたカニカマとマヨネーズで和えました。
 
気が付いたら人参3品・・・。
 
明日は出張なので弁当は休み。

2021.07.07

本日の手作り弁当(7/7)

Dsc07399

 

肉野菜炒め、たまたま焼き、きんぴらごぼう、ニンジンとカボチャの煮物、小松菜のゴマ和え、揚げ焼売、ミニトマト、麦ご飯。

連続弁当、食材も殆どが連投(^o^; 肉野菜炒めは出来合い。シュウマイは、フライパンで多めのオリーブオイルで揚げシュウマイ風。

2021.07.06

【劇】CALENDAR GIRLS (オフィス由宇+勝田演劇事務所/2021.7.4・テアトルBONBON)

E4pwtcyveak7ig_20210706211401駒塚由衣さんがプロデュースしたお芝居。

ヨークシャーの田舎町ネイプリーの婦人会は退屈で、クリスとアニーはうんざりしていた。そんな時アニーの夫で皆から愛されているジョンが病になり他界する。アニーを励まし、ジョンの思いを遺す為、クリスは婦人会のチャリティで自分たちのヌードカレンダーを作ることを提案する。婦人会の保守派の面々は反発するが、賛同した女性達がひと肌脱いだカレンダーは話題となる。やがてヨークシャーのみならずイギリス全土、外国でも評判となり、人々に勇気と笑い、笑顔を届ける。有名になったことで一時は軋む彼女たちの友情は再び結びつき、ヨークシャー婦人会のメンバーは美しい花々のような命を灯す。」(「えんぶ」より引用)

 

実話をもとにしたお話だそうです。平均年齢57歳?の俳優陣がセクシーに演じていました。

一幕のラストはカレンダーの撮影シーン。婦人会の慈善活動のひとコマをそれぞれ「ヌードで」(裸とは違うそうです)表現。そこを舞台上でリアルに見せるところには、勇気と工夫が見られましたね。

映画もあるそうで、その関係でネット配信が出来ずに資金が足りないとのことで、プログラムの名前を載せて貰う「応援チケット」ってのがありまして、おいらも一口乗りました。

 

 

 

闘わない減量日記(95)

2021年6月27日(日)~2021年7月3日(土)】 (平均63.47kg 18.00%)

62.6kg(17.5%)→63.2kg(18.1%)→64.1kg(18.1%)→63.7kg(18.6%)
→63.8kg(17.9%)→63.9kg(18.9%)→63.0kg(16.9%)

フルタイムで勤め始めましたが、さすがに「歓迎会」の類はゼロ。馴染みの店に報告に行って軽く(20時&90分の二翻しばり)飲んだ程度。

それでも体重は高止まりですねぇ。昼は3日弁当でしたわ。

本日の手作り弁当(7/6)

Dsc07397_20210706202701
 
焼きチャーシュー、茄子・ピーマンの中華炒め、カボチャと人参の煮物、きんぴらごぼう、小松菜の味噌和え、ゆで卵、レタス・ミニトマト。
 
前日のおかずを使いまわし。自家製チャーシューは少々脂身が気になったので、フライパンで両面焼いて油をさらに落としてみました、思ったよりも脂はなくて、焦げちゃいましたが、これはこれで美味しかったです。
 
茄子・ピーマンは創味シャンタンで味付け。カボチャと人参は麺つゆで圧力鍋1分。 
 
小松菜はだし入り液体味噌で和えて、すりごまをまぶしてみました。初めてやったけど、美味しかったですわ。
 
新しい職場では、皆さんが一緒に弁当を食べてくれるので嬉しいですわ。

2021.07.05

本日の手作り弁当(7/5)

 Dsc07396

自家製チャーシュー、味付け玉子、ピーマンの塩昆布和え、ジャガイモとカニかまのサラダ、レタスとミニトマト、黒ごま、麦ご飯。

再就職して、少し生活のリズムができてきたかな。週末を挟んで、連続弁当です。同僚と会議室で食べてるし。

チャーシューはネットの付いた豚バラの表面をフライパンで焼いてから、タマネギ、ニンジンと一緒に圧力鍋で20分。醤油、みりん、砂糖の味付けだったけど、少々パンチに欠けました。煮汁は半分に煮詰めて、ゆで玉子を漬けておきました。

ジャガイモは千切りにして、軽くレンチンして冷ました後、割いたカニかまとマヨネーズで和えました。

ピーマンも千切りにして、レンチンの後、塩昆布と混ぜてひと晩。

2021.07.01

闘わない減量日記(94)

2021年6月20日(日)~2021年6月26日(土)】 (平均63.10kg 17.73%)

63.0kg(16.4%)→62.6kg(17.8%)→62.9kg(17.9%)→63.3kg(18.6%)
→63.5kg(18.6%)→?kg(?%)→63.
3kg(17.1%)

緊急事態宣言が月曜日に解除され、そして水曜日から再就職して、檀家回りしたり、プロ野球見物でビールを飲んだり。

週に2,3回のランニングもできなくなってしまい、これからの体重管理はヤバイ・・・。

本日の手作り弁当(7/1)

03_20210701204601
 
茄子のスパムはさみ焼き、さつま揚げ・大根・人参の煮物、ブロッコリーとカニカマのサラダ、にんじんと野沢菜の玉子焼き、こごみの味噌和え、ミニトマト、もち麦ご飯。
 
3日連続で弁当作り。
前夜、新宿駅の中で茄子とブロッコリーを売ってたので、早速、使いました。
 
茄子は、スパムをはさんでフライパンで焼きました。片栗粉を付けてみたけど、うまく引っ付きませんでした。普通に切って炒めても良かったかな(苦笑) 味付けは香り付け程度に醤油をひと垂らし。基本はスパムの塩味。
 
煮物は3日目。味が染み染み。
 
ブロッコリーは圧力鍋で蒸したのですが、少々時間をかけ過ぎて(1分弱)、グズグズになっちゃったので、カニカマを割いてマヨネーズで和えました。美味しゅうございました。
 
玉子焼きの具は昨日の人参サラダと野沢菜炒め。
 
冷凍庫に残っていたこごみは、レンジで半解凍して、液体のだし入り味噌で和えてみました。正解でした。
 
明日は午後イチで外に出るので、ランチも外にしようかな・・・。
 

2021.06.30

本日の手作り弁当(6/30)


03_20210630223301
 
牛カルビ焼き、キャベツ炒め、にんじんサラダ、さつま揚げ・人参・大根の煮物、小松菜炒め、ピーマンの玉子焼き、野沢菜ピリ辛煮、麦ごはん。
弁当二日目♪ カルビ焼きは味付けの肉です。その脂Dえ千切りキャベツを炒めて下に敷きました。前日の小松菜の胡麻和えをごま油で炒めました。玉子焼きの味付けは煮物のだし。
人参はシリシリした後、オリーブオイルと塩。
 
美味しゅうございました♪

2021.06.29

本日の手作り弁当(6/29)

Dsc07384
 
豚・ピーマン・キャベツのみそ炒め、さつま揚げ・人参・大根の煮物、小松菜の胡麻和え、ピーマンの玉子焼き、ミニトマトとカニカマ、鰹ふりかけ、もち麦ご飯。
 
2か月の浪人生活中、サボってましたが就職したので、弁当のチャンスを狙ってました。今日は雨の予報だったし、午後イチで打ち合わせだったので、久しぶりに弁当。
新しい職場、通勤時間は10分ほど短くなったけど、時差通勤なしで始業時間が30分早いので20分ほど時間がない・・・というブレッシャーでしたが、なんとか20分ちょっとで仕上がりました。
 
みそ炒めはイチビキ「献立いろいろ味噌」で、煮物は珍しく麺つゆ・圧力鍋を使わず、津風の鍋で塩、しょうゆ、みりん、砂糖、ほんだし。
 
ふりかけは家の近所のダイニングレストランで、サービスで頂いた自家製の鰹ふりかけ。美味しいですわ。

2021.06.27

【劇】TAIKI TAJIRI ONE MAN LIVE (2021.6.25、渋谷文化総合センター大和田 伝承ホール)


お友達のお兄さんがプロのトランぺッターということで、お誘い頂いてE4pwtcyveak7igワンマンライブに行ってきました。
田尻大喜さんは「人を笑顔にするトランぺッター」と名乗ってる方。

 
トランペットのライブって初めてで、楽しめるのかなぁ、って思ってたんですが、これがとっても良かった。

大喜さんのほか、ギター、ピアノ、ドラムス、弦(バイオリン、ビオラ、チェロ)に金管(トランペット、サックス、トロンボーン)が重なり、そしてスペシャルゲスト(ダンス&ピンクの象さん(謎))まで。
 
MCやら小芝居もあって、あっという間の2時間半(アンコールが20分以上(笑))
 
作曲もされるそうで、オリジナル曲メインで、中でも「Spirit of Africa」っていう曲が圧巻でしたね。真っ赤なホリゾントにパーカッションとトランペット。見たこともないケニアのサバンナの朝焼けが浮かんび、なぜか涙腺がゆるんでできました。舞台上と客席の掛け合いもよかった。
(大喜さんは小中学校時代をケニア過ごし、今でもケニアに音楽を届ける活動をされています)。
# まさかトランペットのコンサートで無数のペンライトが振られるとは思わなかった。

«闘わない減量日記(93)