フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【読】 献残屋 悪徳始末 (喜安幸夫) | トップページ | 本日の手作り弁当(10/5) »

2011.10.02

日タイ友好の催し

土曜日、高校のOBの集まりに参加してきました。とは言っても、クラス会とか同期会ってのではない、ちょっと変わった集まり。
おいらの母校は、おいらが入学する1年前から学年に数名、タイからの留学生を受け容れてる。既に卒業生は125名にのぼり、タイの役所や大学、企業で枢要なポストに居る人たちばかり。
せっかくだから、このご縁を大事にする会を作ろう、ってことで今回はその「団結式」みたいな感じ。

昼間から新宿三井ビルの地下にあるタイ料理屋さんを貸切にして45名ほどが集まりました。
タイとの交流に興味がある日本人OBのほか、現在の留学生(在校生、大学生、院生等)が10名。

おいらは直接タイの仕事をしたことはないんだけど、たまたま、在京タイ大使館の公使殿がクラブの後輩ということもあり、参加してきました。

定刻チョイ前に会場に着くと、既にクラブの後輩3人が歓談中。公使殿と、もうひとりの後輩(名古屋在住)とは久しぶりだったけど、不思議なことに全く顔が変わってない。

正午、会が始まり、公使殿、OB会会長(18年先輩のソプラノ歌手)のご挨拶。
会長さんによれば、今年3月の母校卒業式での卒業生代表の答辞はタイ留学生だったそうで、巻紙に毛筆で書いた答辞を、流暢な日本語で読み上げたそうです。凄いですねぇ。

立食が始まり、しばしクラブの後輩と立ち話。所用で早々に会場を後にしなければならない公使殿と4人で記念写真。
その後、タイ料理を味わいつつ、何人かの留学生とお話した。都市工学を学ぶPくんは、東大の修士を出た後、タイに戻りチュラロンコン大学に籍を置き、昨年また日本に戻り、博士課程で研究をしているとか。広島・鞆の浦や、鹿児島市を素材に、いろいろと勉強しているそのこと。「次は、是非沖縄を」と盛り上がりました。
そのほかにも、東大法学部(政治コース)に在学中の留学生もいました。留学生の進学先って、理系か経済学部ってのが多かったんだけど、法学部とは・・・。日本人ですら難しい法律用語がたくさん出てくるっていうのに。ホントに、みんな良く頑張ってますね。

タイに戻った留学生は、みな日本語が達者なのでいろいろな通訳に呼び出されるそうです(タイの公務員はアルバイトが禁止されていないそうです。)
会場で聞いた話では、ある保険金絡みの事件で、日本人がタイの裁判を受けることになり、検察側・弁護側の通訳がどちらもおいらのクラブの3年後輩だったんだって。2人とも法廷で初めて知ったそうな(笑)

現在の先生にお伺いしたところ、再来年入学の留学生は応募がなかったそうな。どうやら大震災後の原発騒ぎが原因らしいです。(日本にいた留学生も、震災後一旦タイに帰国したそうです。)
その次の年の留学生は募集中だそうです。OBの中に大学で原理力を学んでいる人がいて、日本の状況を伝えたりもしているそうです。また、手を挙げてくれる人が出るといいですね。

お店の名前(スクンビット ソイ)はタイの日本人街のなまえだそうです。料理も、多分日本人用にアレンジしているのだとは思いますが、留学生達も「美味しい!」とパクついてました。おいらも美味しく戴き、昼間っから「メコン(タイの地ウィスキー)」のロックを呑んで、良い気持ちになっちまいましたわ。

留学生を励ますつもりが、元気を貰って帰ってきました。
# そういや、来週末はタイフェスだな・・・。
Dsc02287


« 【読】 献残屋 悪徳始末 (喜安幸夫) | トップページ | 本日の手作り弁当(10/5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【読】 献残屋 悪徳始末 (喜安幸夫) | トップページ | 本日の手作り弁当(10/5) »