フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 本日の手作り弁当(12/12) | トップページ | 本日の手作り弁当(12/13) »

2011.12.13

芝居三昧の週末

土曜日。「バチェラーパーティー」@シアター711(下北沢)
坂上忍が作・演出する舞台を4週連続公演。「バチェラーパーティー」はその第2弾。タイトル通り、結婚前夜の新郎を囲んで、男友達が最後のバカ騒ぎをする。
再婚する新郎は野々村真。彼も友人達も芸名が役名で、人物設定もそのまま。
ムーディー勝山の「右から左に受け流すの歌」のフルコーラスなどの余興もあり、和やかに進む中、ミニスカポリスの余興で来たたモデルの葉月のひとことで、誰も知らなかった野々村の再婚相手とムーディーが知り合いだったことが判り、楽しい雰囲気は一転。
再婚相手がデリヘル嬢で、ムーディーは客だった。開き直るムーディーと混乱する仲間達。
文字にするのもはばかられる程の下ネタオンパレード、そして結末は何と「夢オチ」で、野々村が再婚するというのも夢の中のお話。一体何なんだろう、この芝居。何も考えずにアハハと笑ってれば良かったのだろうけど、おいらの前の列に、野々村真の奥さん(坂上とし恵)と娘さんがいたので、気になって気になって。
舞台上の役者はホンモノのパーティーのように、ビールや日本酒をガブガブ。反比例して客席はドンドン醒めてくる。何とも不完全燃焼。


日曜日。「深呼吸する惑星」@紀伊國屋ホール(新宿)
「第三舞台 封印解除&解散公演」と銘打っている。10年間、活動休止をしていた第三舞台の復活公演。この公演で解散とのこと。あれまぁ。実は、第三舞台を観るのはこれが初めて。紀伊國屋ホールに来るのも今世紀初めてかもしれない。
地球から遠く離れた惑星が舞台。地球防衛軍が常駐している。兵士達の自殺率が高く、その理由を調査しにきた女性科学者。受け入れ側の防衛軍のナンバー2の大尉は彼女の別れた夫。
この星の首相やら、謎の結婚詐欺師やら、さらには独立運動家。
しっちゃかめっちゃかになりそうで、最初の30分は「??????」、それが徐々に絡み合ってきて、伏線が丁寧に回収されていく。
この公演の性格から「知る人ぞ知る」「懐かしの」という楽屋ネタも多かったことと思うけど、第三舞台初めてのオイラも十分楽しめました。
NIFTYのオフ会だったので、終演後はみんなでワイワイ。顔色が悪かった首相役の小須田さんも参加してくれて、稽古のお話やら、いろいろと裏話を伺う。これまで、第三舞台を観なかったことを激しく後悔。


« 本日の手作り弁当(12/12) | トップページ | 本日の手作り弁当(12/13) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の手作り弁当(12/12) | トップページ | 本日の手作り弁当(12/13) »