フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の記事

2012.02.29

雪かき

明日、明後日と沖縄出張。機能、飲み屋のカウンターで隣に座ったオヤジがずっと煙草をくゆらし続けて手、喉がイガイガしてたこともあり、真っ直ぐ帰ってきました。咳をすると先々週に傷めた背中(の肋骨?)にひびくので、風邪をひくことは断じて避けなければならないのですわ。期せずして、日、月に続き、今週3日目の休肝日。

自宅アパートの入り口付近の雪はきれいによけてくれている。北側なのでなかなか融けないので危ないんですねぇ。ありがたいです。
で、敷地の周りの歩道が、けもの道のように、人1人分くらいの幅で雪がなくなってるんだけど、多分、明日の朝は歩きにくいだろうな・・・。
そういや、今週、来週と、アパートの掃除当番・ゴミ当番。掃除当番は、歩道の溝の掃除もしなければならない。ってことで、やりましたよ、雪かき。

雪国でもないので、スノーダンプなんてものはないし、スコップもない。仕方がないのでちりとりでチマチマとやりました(笑) まあ、2センチくらいの積雪で、しかも、かなり緩んでたので、作業は楽。

30分弱のご奉仕でしたが、隣の班の分までやって、これで、明日の朝は滑らずに済みますわ。

東大入試

雪遊びをしていた週末。巷では、東京マラソン、そして、国立大学の入学試験だった。どちらも日頃の努力の成果を遺憾なく発揮して、杭のない闘いをして貰いたいものである。

で、東大入試の英語の問題が今朝の朝刊に載っていた。
数学など、普段使わない理系科目はともかく英語なら何とか解けるんじゃないか・・・、と通勤電車の中、最初の英文和訳に目を通した・・・。

読めない、全く読めない。字が小さすぎる・・・(泣)
Dsc06346


2012.02.28

本日の手作り弁当(2/28)

0000茹で塩麹豚、温野菜、油揚げとネギの煮物、塩昆布とはんごろしの卵焼き、きんぴらゴボウ、MVご飯、ピーマンの味噌漬け。

ついに登場、豚の塩麹漬けを茹でたもの。煮豚用の塊に塩麹をまぶして、4日間冷蔵庫で馴染ませたものを、長ネギと生姜で塩ゆで。友人のレシピでは塩麹は洗ってから・・・とあったのだが、一緒に圧力鍋で20分加圧。わさび醤油か、味噌か、それともカレー味か。どんな味付けにしようか悩んだけど、まずはシンプルにちょっと厚めに切って「そのまま」。ほんのりと麹の香りがして、柔らかく、これだけで十分だな。

温野菜は、初めて買った冷凍の「野菜炒めミックス」。にんじん、キャベツ、ピーマンまではわかるが、加えて、オクラと筍ってのはどういう料理を念頭に置いてるんだろう(って、「野菜炒め」であることに間違いはないのだが。) メインのゆで豚がシンプルなので、こっちもシンプルにレンジで解凍・加熱して、さっと塩をふっておしまい。

煮物は茹で豚用に買って青いところだけを浸かった長ネギの「『残りの』白いところ」を何とかしようと、細切りにして、油揚げと一緒に麺つゆ・酒で煮物に。仕上げに一味唐辛子をかけて、乙な一品に。

ここまで、薄味で作ってるので、卵焼きはがつんと、塩昆布とはんごろしで。特に組み合わせ的に1+1+1=3にしかなってません。

きんぴらは昨日の残り。

MVご飯と、謎めいて命名しても、写真を見れば一目瞭然、mix vegitableのご飯。いつもと違うのは、ゆで豚のゆで汁を濾して炊いた点。豚肉と塩麹のエキスが凝縮され、美味しくなりました。こういう「使い回し」って、お得感満載でうれしさ3割増し(当社比)。

ピーマンはしばらく冷蔵庫の肥やしになっていたけど、味噌としっかり馴染んでくれていて、美味しかった。

気がつけば、にんじんが温野菜、きんぴら、ご飯と3品に顔を出す。筋金入りのニンジン嫌いだった、かつての同僚Bさんがみたら悶絶しそうな弁当となりましたとさ。

【読】 妻敵にあらず (澤田ふじ子)

澤田ふじ子の小説は「修羅の器」以来、久しぶり。ぴなの御先祖様が出てくる「葉菊の露」の作者でもある。
このお話、「足引き寺閻魔帳」とのサブタイトルがついている。足引き寺とは枕詞の「足引き」とは関係なく「足を引っ張る寺」である。表では裁かれることのない世の中の『悪』に制裁を加える影の男達、言ってみれば「仕置き人」である。仕事でもなければ、金のためでもない、正義のため、義憤に駆られての仕置きである。
鬼平にしても、剣客商売にしても舞台は江戸なのだが、このお話の舞台は京都。江戸時代の京都がどのような街だったのかわからないので、視覚的に思い浮かばない難点はあるが、各話ごとに「どんな足引き(仕置き)をするのか?」、どきどきである。必ずしも「悪を斬る」でないから・・・。
いい小説でした。
Me


2012.02.27

本日の手作り弁当(2/27)

0000手羽先のマーマレード焼き、きんぴらゴボウ、じゃがいも炒め、三色卵焼き、ひじきご飯、はんごろし。

マーマレード第2弾。今回は手羽先を自家製マーマレードとニンニク醤油を混ぜたものに、週末をはさんで3晩冷蔵庫で漬け込む。フライパンに蓋をして蒸し焼きに。上品な味。

ゴボウ料理第3弾。定番「きんぴらゴボウ」が満を持しての登場。洗って、皮をこそげたゴボウを長さ5センチ、4~5ミリ角の千切りにして15分ほど水にさらす。ニンジンも皮を剥いて同様に切る。両方ともレンジスチーマーで1分間加熱して、少ししんなりさせる。
ごま油が足りなかったのでサラダオイルを足して、鷹の爪を入れて熱する。そこにゴボウとニンジンと砂糖、鰹だしを入れ、炒める。ある程度火が通ったら、みりん、酒、醤油を適当に入れて煮込み、水分がなくなってきたら、焦げ付かないようにかき混ぜながら炒めていく。
仕上げに、一味唐辛子と白ごま(がなかったので「七味ゴマ」)をふって、完成! ゴボウ、ニンジンとも太めに切ったので歯ごたえもよく、目分量で適当に入れた砂糖や醤油も丁度良く(=自分好み)できあがり。
ゴボウを洗ったり、切ったりする手間に加えて、焦げ付かないようにずっと箸でかき混ぜている手間があるけど、これほど美味しくできるなら今後オイラの定番になりそう。

じゃがいもは千切りにして、水で一晩さらしてレンジで20秒ほどチンして、手羽先から出てきた油で炒めて棒々鶏ソースで味付け。こっちもしゃきしゃきした食感が○。残りは定番にて省略。

休暇をとっての3連休、身体もハードに動かしたけど、食事もたっぷりとったので、今週前半は節制しなければ。もっとヘルシーな弁当を考えよっと。

2012.02.23

本日の手作り弁当(2/23)

0000
豚の柳川風、鶏の塩麹漬け、かにかまのサラダ、黒米ご飯、はんごろし、松茸佃煮、七味ゴマ。

ゴボウシリーズである。今日は王道の柳川。
残念ながら時の総理を具にするわけにもいかないので、ぴな家の定番の豚肉で。薄めた麺つゆに黒砂糖を少し足して、ささがきにしたゴボウの豚コマを煮て、火が通った頃合いに溶き卵を入れて蓋をしてしばし蒸らす。仕上がりに一味唐辛子を振る。今のオイラには少々甘め、濃いめの味付けになったが、これがかーちゃんの味。弁当にもよく入っていたなぁ。懐かしい。

鶏は塩麹に揉み込んで3晩。麹を軽く洗い流して、フライパンで酒蒸し。ほんのりした塩味で、大変上品に仕上がりました。豚柳とは対照的。

このふた品でW主役となりました。(W主役とWキャストは大違い(笑))

# 先日の呑み会で「この秋、ユーミンが帝劇で座長公演。貫地谷しほりとWキャスト」とのガセネタ飛び交いパニック。「どうやったら、Wキャストになるんだ??」・・・。『W主役』の間違えでした。オトナの事情ってやつですかねぇ。

サラダは、冷凍の有機野菜ミックスを解凍して、割いたかにかまを和える。味付けは粉にした味覇。まあ、なるほど・・・という味。

大変おいしゅうございました。

13579

自分でページを確認したら、踏んじゃいました。何となくいい数字で嬉しいです。

# 昔は「キリ番」を踏んでくれた方に賞品をお贈りしたなぁ。のんびりした時代でした・・・13579


タコチ? タコチ!

志賀高原、笠岳の西側にひろがる山田牧場

この牧場が冬の間はスキー場になる。牧場だけあって、なだらかで広々とした素敵なゲレンデ。
そして、ゲレンデから一歩外に出ると、そこには「白い粉の誘惑」が・・・。

何故か「タコチ」と名付けられたコースで、バフバフの新雪を楽しんできました。

続きはWEBで

Dsc05960


2012.02.22

山吹色の菓子

代 「大黒屋、おぬしもワルよのぉ。」
大 「何をおっしゃいます。お代官様のお手引きで、この大黒屋、商いが続けられるのでございます。」
代 「して、あの女はどうした。」
大 「この大黒屋にお任せを。ほどなく、お代官様の元へ参らせます。」
代 「しかし、あの女には、大工の亭主がいるのではないか?」
大 「留吉でございますね。今頃、大川に浮かんでおりましょうぞ。」
代 「何、あまり手荒な真似をするではないぞ、ふぉぉっふぉっふぉっ。」
大 「滅相もございません。して、こちらはお代官様のお好きな・・・」
代 「お、菓子か? をを、ずしりと重いのぉ。・・・山吹色の菓子じゃな」

Dsc06079

売れてるそうです・・・。

アンサイクロペディアの山吹色の菓子へ

2012.02.21

本日の手作り弁当(2/21)

0000
鶏のマーマレード焼き、じゃがいも炒め、シュウマイ、温泉卵、炊き込みご飯、松茸昆布の佃煮、はんごろしキムチ。

先週末のスキーのためにマーマレードを作った。ゲレンデでも皆さんに振る舞ったが、夜の宴会で出し忘れたので、若干持ち帰ってきた。自宅では余りパン食をせず、なかなか消費できないので、初めて「肉の漬け汁」にしてみた。
マーマレード、醤油、鶏肉をビニール袋に入れて、よく揉み込んで、常温で一晩置く。これを薄く油をひいたフライパンで焼くだけ。鶏肉に火が通りにくそうだったので、みりんを少し振って、蓋をして蒸し焼きに。漬け汁も煮詰まって、美味しそうにできあがりました。味見をしなかったので昼休みが待ち遠しかった。パクッと一口。ちょいとほろ苦くて、美味しかった・・・。

じゃがいもはスライサーで薄切りにして晒したものをミックスベジタブルと炒める。味付けは塩胡椒。じゃがいもへの火の通りが抜群で、歯触りがよかったが、薄味だったのが残念。鶏肉の味が濃そうに見えたので、塩をふる手が止まったようだ。

温泉卵は鮮やかな黄身が見えるように、敢えて割って盛りつけ。

炊き込みご飯の具は、ごぼう、ニンジン、油揚げ。本だし、醤油、酒で味付け。これも薄味。まあ、佃煮とはんごろしがあるのでバランスは良し。

2012.02.20

IOH3月公演情報

作・演出の林さんから連絡を頂きました。
オフ会がやれたらいいな・・・。

*********************************************************
1203okame

ずっと行き遅れていた妹に、突然結婚話が巻き起こる!
その相手は思いのほか優秀で、いわゆるエリートらしい。
世田谷の片隅のハーブ&アロマ・ショップ「花水木」は、その彼を迎えるためにご近所、親戚を巻き込んで大騒動に!

それぞれの想いがあふれ出し、何気ない一日が、とんでもなく愛おしいひと時に変わっていく…。
IOHお得意のせつなくおかしい家族の物語。

作・演出: 林 邦應 + 
出演  : 名和利志子 /農塚誓志 / 安室満樹子//富田 翔 / 斎藤真吾 / 大芝孝平//八戸 亮 / 松島志歩//南 翔太//長戸勝彦
公演日程:2012年 3月28日~4月8日 (15公演(詳細は拙HPで
料金: 全席指定・税込 \4,500(未就学児童入場不可)
場所: シアター711   世田谷区北沢1-45-15(スズナリ隣) TEL03-3469-0711
チケット発売:3月1日

2012.02.19

NEW減量日記039

【2012年2月12日(日)~2月18日(土)】 (週平均 65.67kg 15.70%)

?kg(?%)→65.5kg(16.3%)→65.8kg(16.0%)→66.4kg(16.5%)→66.1kg(14.8%)→64.9kg(15.4%)→65.3kg(15.2%)

減量を始めて1年、10キロ減をキープしていたのだけど、ここに来て、1キロほど情報。
確かにこの週は、仕事の呑み会が続き、休肝日は火・金と飛んでしまったのを、その休肝日も家でうどんを大量に茹でて食ってしまった・・・。
宴会がある日は昼に粗食にしてきたのだけど、弁当作りが楽しくて。。。
歩いた日は1万6,000歩超、歩かない日は6,000歩そこそこ。極端なんだ代なぁ、生活が・・・。

2012.02.17

本日の手作り弁当(2/17)

0000

ポーク野菜炒め、はんごろしの白和え風、三色卵焼き、かんぷら飯、ピーマンとニンジンの味噌漬け、昆布の佃煮。

野菜炒めはキャベツのピーマン。オリーブオイルを使い、味付けはシンプルに塩胡椒。

「白和え風」はレンジでチンして水分を切った豆腐を崩して、野沢菜キムチはんごろしと和えました。初めてのひと品。白和えと言えば。もう少し味付けをするのだろうけど、相手がはんごろしなので、それだけで十分。美味。

ミックスベジタブルは久々の登場。ゴボウの味なし卵焼きに懲りて、ちゃんと塩味。
かんぷら飯も久しぶりかな。さいの目に切ったじゃがいもを水でさらして、ご飯に炊き込む。味付けは味覇。今日は贅沢に「かにかま」をチラしてみました。

ニンジンの味噌漬けはかなり味が染みてきました。ピーマンの味噌漬けは一晩付けただけだけど、これまたOKです。

今日の食材数は13。


2012.02.16

野沢温泉スキーツアー

先週末は、野沢温泉のスキー。
高校時代にバドミントンの合宿でお世話になって以来のお付き合いの民宿にお世話になって、同じく高校のクラブのOB連中で行ってきました。
スキー、温泉、お酒三昧でございました。

続きはwebで(笑)

Dsc05834


2012.02.15

【読】 左近と伸吾 (楠木誠一郎)

サブタイトルは「相棒同心」

南町奉行所のお気楽同心大江伸吾。彼が、先輩で変人の鞠麹左近と繰り広げる。
「相棒」というサブタイトル。人気ドラマと同じ。「左近」は「右京」さんを彷彿させる。
伸吾と左近の掛け合いも面白いが、お話のどんでん返しも面白い。
あっという間に読み進む。楽しい一冊。これなら、
書き下ろしなんだけど、是非是非、続編を読みたい一冊です。Sakon


2012.02.14

本日の手作り弁当(2/14)

0000

いもなます風炒め物、スパム野菜炒め、ゴボウの卵焼き、温泉卵、炊き込みご飯、人参の味噌漬け。

いもなます」は野沢温泉村の郷土料理。細切りにして晒したじゃがいもを炒めるシンプルな料理だけど、お酢、砂糖、塩を使ってなますにするのですね。この週末、野沢温泉の久保田食堂でサービスで頂いたら美味しかったので真似をしてみました。とは言っても、ウチには酢がないので、代用できるモノを探す。冷やし中華のタレがあったので、これで味付け。見た目が黒くて「別物」だったけど、美味しくできました。ただし、じゃがいも中1個を全部弁当に入れたので、多すぎたな。

野菜炒めは値引きしてたミックス(キャベツ、もやし、ニンジン、キクラゲ)とスパムを味覇で味付け。先日塩辛すぎたので調整、うまくいきました。

卵焼きは失敗。ささがけにしたゴボウを具にしたのはいいけど、味付けを忘れました。ゴボウと卵の真の味が・・・って、マズっ(泣) もともと「ゴボウの卵とじ」にしようと思っていたのだけど面倒くさくなって卵焼きに急遽変更。そのときに何故か味付けがすっ飛んじゃったんですわ。

温泉卵はげんたろうやサンからのお土産。写真じゃ判らないけど、良い卵を使っているようで、黄身がきれいなオレンジ色です。これは味付けなしで美味しく頂きます。

炊き込みご飯は、ゴボウとニンジン。味付けはめんつゆ。美味しくできました。


2012.02.13

NEW減量日記038

【2012年2月5日(日)~2月11日(土)】 (週平均 65.38kg 15.40%)
?kg(?%)→65.7kg(15.3%)→65.3kg(15.6%)→65.5kg(16.1%)
→65.2kg(15.9%)→65.2kg(14.1%)→?kg(?%)

前の週末は沖縄出張、増量して帰ってきました。
火、水と久しぶりに休肝日。なかなか、前の週のレベルに戻らない・・・。

2012.02.10

今頃知った、パソコンの機能

職場で間違えてCtrlキーを押しながらホールを回しちゃったところ、あーら不思議、文字のサイズが変わった・・・

長年パソコンを使ってるけど、今日、初めて知りました。
これって、常識・・・?

2012.02.08

朝の電車にて

最寄り駅の列車のダイヤが少し乱れてて、最初の乗換駅でいつもの直通電車の1本後の電車に乗ったところ、二つ目の乗換駅で座れた。

ラッキーと思ってたら、隣に座った年輩の女性の化粧品(香水? ヘアスプレイ?)のニオイがハンパじゃない。
嫌いなニオイじゃないけど、あまりにもキツイ。
なるべく反対の方を向きながら新聞を読んでいた。

と、前に立ってるサラリーマン風の男性のアタッシュケースがこつんと膝に当たった。
痛くも痒くもないけど、「シツレイナ・・・」と、思って新聞から顔を上げた。
と、「おっと・・・」 そう、降りる駅だったんですねぇ。
気付いて、良かった。まさか、教えてくれた???

職場のビルに入った、
丁度上りのエレベータがきたので駆け込む。ラッキー。
が、先に乗っていた女性にぶつかりそうになった。
ぶつかった訳でもないのに、露骨にイヤな顔をして、手で「シッシッ」とばかりに払われた。
同じ職場の人にそこまでしなくても・・・。

彼女が降りて、一人になって気付いた。おいらのジャケットがもの凄いニオイなんですよ。
そう、電車で隣に乗ってたおばさんのニオイ・・・。

教訓 「人間万事塞翁が馬」

【読】 鬼縛り (井川香四郎)

「天下泰平かぶき旅」というサブタイトルがついた書き下ろしの時代小説。
この天下泰平というのは、主人公の浪人の名前なのだが、最初の30ページくらいでいろいろな登場人物が出てきて、それがゴチャゴチャで、誰が誰だか判らなくなった。
辛うじて第一話までや自らを励まして読み進んだが、第2話に入って、もう、全く読む気が起こらない。
登場人物のキャラクターの無さもあるし、そのセリフが、現代語風で格調も低い。
残念ながら、100ページになったところで、読むのを断念しました。
買ってたら腹が立ったであろう一冊。(いや、買ってたら、無理にでも読んだかな??)

NEW減量日記037

【2012年1月29日(日)~2月4日(土)】 (週平均 64.54kg 14.96%)
?kg(?%)→65.1kg(16.0%)→64.4kg(14.5%)→64.2kg(14.8%)→64.5kg(14.6%)→64.5kg(14.9%)→?kg(?%)

この1週間は休肝日がありませんでした。仕事の呑み会2回の他、突発の新橋呑みが2日。学生時代のバイト仲間との10数年ぶりの呑み会、そして週末は沖縄出張・・・。
スキーシーズンも折り返しになり、さて、どこまでこの体重を維持できるか。

2012.02.07

本日の手作り弁当(2/7)

0000

にんじんシリシリ風チャンプル、有機野菜ミックスのカレー炒め、チキンハンバーグ、ひじきご飯、ピーマンの白麹漬け。

細切りにした人参サラダをスパムと一緒に炒めて、卵とじしたもの。シリシリ器じゃないし、醤油味でもないし、ツナ缶じゃなくてスパムだし・・・。全く「シリシリ風」じゃないですな(笑) 今度沖縄に行ったらシリシリ器を買って来なきゃ。
ここのところフル出場の野菜ミックス、今日は頂き物のカレールーで味付け。辛い、辛い。一気に主役の座に躍り出る。


2012.02.03

本日の手作り弁当(2/3)

0000
ハンバーグ、温野菜、人参サラダ、ゆで卵、スパムとひじきの炊き込みご飯、ピーマンの白麹漬け。

丸大ハンバーグは3個198円だったので、まだ一つ残ってます。レトルトのハンバーグはマルシンとかイシイがあるけど、丸大のはソーセージっぽい。子供の頃の舌の記憶ではイシイが好みだな。
有機野菜ミックス(ブロッコリー、カリフラワー、人参、インゲン)は解凍して、オリーブオイルで炒めて、塩胡椒。人参サラダもオリーブオイルと塩胡椒。よく考えると丸っとかぶってる。
ゆで卵は炊飯器の中に卵を放り込んでおいた。
炊き込みご飯の具は、黒米、スパム、ひじき、にんじん。味付けは醤油と鰹だし。スパムから塩味が出ると思い、薄めに味付けをしたら、味がしない(汗)
ってことで、今日も全体として今イチな弁当になっちまいました。


2012.02.02

本日の手作り弁当(2/2)

0000豚バラとピーマンの味噌炒め、塩昆布の卵焼き、ハンバーグ、シメジご飯、人参の白麹漬け。
ハンバーグはレトルト。
ピーマンは5個で158円。高いですねぇ。ハンバーグはレトルト。かーちゃんの弁当にもときどき入ってましたね。当時の弁当箱は密閉式ではなかったので、ソースが漏れてべとべとになるのが常でしたわ。
ご飯はめんつゆで味付けしたけど、少し味が濃かった・・・。
で、今日も弁当箱はスカスカ。おかしいな、おかしいな、と思っていたのですが、通勤電車の中で、冷凍の野菜ミックス(ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、インゲン)を買っておいたのを思い出しました。ハンバーグに添えようと思っていたのに、忘れてました。お馬鹿。


小宮山厚生労働大臣

小宮山厚生労働大臣のwikiのページを見たら、最後に一行落書きがありました。
きっと、愛煙家のイタズラなんでしょうけど・・・。Photo


« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »