フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012.06.30

NEW減量日記51

【2012年6月24日(日)~6月30日(土)】
              (週平均 64.96kg 16.44%)
64.1kg(15.9%)→65.2kg(17.0%)→65.4kg(16.0%)→64.4kg(15.5%)
→65.0kg(17.3%)→65.2kg(15.7%)→65.4kg(17.7%)

日曜日は横浜駅前のこじゃれた琉球居酒屋に行き、ちょっと前に伊平屋島で集めてきた珊瑚のかけら(箸置き代わり)を届けにいき軽く3杯。月、木と仕事の飲み会でその後はしご、火曜日は高校の同級生と5人で焼酎一升半、水曜日は休肝日だったけど、金曜日は大井町で立ち飲み

それでも一週間平均で65キロを下回ることができたのたくさん歩いたからかな。月~土で13001歩、17601歩、14582歩、13145歩、16580歩、12954歩と毎日1万歩超。

2012.06.29

久しぶりの開拓>大井町

今日の午後は羽田でお仕事。18時過ぎに終わったので直帰にしてもらう。
実は、朝飯、昼飯を食い損ねたまま、1万5000歩以上歩いてたので、「空腹で倒れそうbyモモ」状態。
真っ直ぐ帰りたかったけど、とても無理。

で、空港から大井町まで直通バスにのり、食事が出来るところを探す・・・。何ヶ月か前に、大学時代のバイト仲間と飲んだ(彼の行きつけの)おでん屋さんに行こうかと商店街を歩いていたら、あまりにも立ち飲み屋さんが多い。
01

そこで、商店街(というか飲み屋街)を一往復して、ピンときたお店(上の写真とは別)へ。2,3人待っていたので入店には5分ほど。盛り上がりますねぇ。

で、奥のカウンターに陣取って、まずはホッピーセット350円。つまみは何を・・・と悩んでいたら「エビグラタン、いかがですか?」と繰り返し声がかかる。オーブン2段に8×2=16人前を注文に関係なく焼き上げるようだ。焼きたてでおいしそうだったので、それを頂く。

02

焼きたてのグラタンは、ぷりぷりの海老がたくさんはいってて、おいしい!!
並んでるときから気になっていた「レバカツ」。目の前で揚げて、甕にはいったスープにドボっと漬けて出してくれる。写真を撮るのも忘れてかじりつく。うまっ!
あとは、もう、駄菓子屋にはいった子供みたいに、あれもこれも。なんといっても、一品110円~300円ほど。大露路よりも安いんだからなぁ・・・。

06

2時間ほどいたのですが、新しいお客さんの人数によって、「詰めていただけます?」ってな具合でチョコチョコと右に左に隙間をつくって(デフラグみたいなものですね)・・・をやってるうちに左側は3人、右側も2人入れ替わったのですが、いずれも地元の常連さん。皆さん、通ってるんですね。
壁には張り紙。「(カウンターに)肘を突いたり、寄りかかったりしないでください。」(→狭いのでこの格好をすると、邪魔になる)、「暴言を吐く人、他のお客さんに迷惑をかける人出入り禁止」(→当たり前のことだけど、こう書いてくれてると安心)。

03

炙りシメサバ。肉厚で、脂ものってて美味。これで180円だったかなぁ。
ホッピー中が210円。ついつい進んじゃいますね。

04

「なすしょうが」。素揚げしたナスを生姜醤油で頂くだけ。これが130円でっせ・・・(涙)
130円といえば、煮込みも130円(卵入りにすると150円。)

05

時にはオーダーが通らなかったり、違うものが出てきたり・・・ってこともあるようだけど、客も店も慣れたもの。トラブルも無く、粛々と・・・。いかに、いいタイミングでオーダーを通すかってのが、ゲーム感覚。

最後に鰆の竜田揚げを頂いて終了。これだけ飲み食いして2600円。そのうち、ホッピー(セット2回、中(210円)4杯が1540円だから、つまみは1000円チョイ。安っ。
カウンターから、厨房の皆さんの動きを見てるだけで元気になるお店・・・。

2012.06.25

【読】 玻璃の天 (北村 薫)

00000主人公・花村英子は由緒正しいご令嬢。彼女とお抱え運転手のベッキーこと別宮が、事件を解決していく。英子が一人称で語っていく抑えた感じが悪くない。北村薫、いいな。解説を岸本葉子が書いてるのも手にした理由のひとつ。

2012.06.24

怪文書「N専務理事の職務について」

「都連 一評議員」という方からの告発文を入手しました。文書の中では「N」の部分には実名が入っています。

*以下、引用*****************
N専務理事の職務について

拝啓
薫風の候、都連役員の皆様にはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
他でもございませんが、既にご承知の事と存じますが、都連教育本部事業に都連を代表してN専務が出席していますが、多くの事業に於いて期間中、途中から出席(遅刻)途中帰京(早退)する事が多々あり、教育本部の行事に専務理事が出席する事についてどのような事由の基で決定されたものか疑問があります。
事業の日程について全日出席できないのであれば、全日出席できる人が都連を代表として出席するべきと思います。
都連の行事に都連代表の挨拶も無く危惧しているところであります。
都連代表としては会長が出席して挨拶するべきと思います。会長が多忙の場合は副会長が代理に出席して代行を務めることが物事の道理だと思います。
会長、副会長を差し置いて専務理事が出席すると言う事は理解しがたい事であります。
又、会員には経費節減の要請をしておいて、事業の全日出席出来なかった場合に経費等が満額支払われている事についても財団法人東京都スキー連盟寄付行為、旅費規程に抵触する事になり、事実であれば背任横領行為として処罰の対象になります。
これらの用件について都連執行部として調査し評議員会に公表して頂きたくお願いいたします。
                                                      敬具

(下線はぴなが引きました。)
***********************

この方が書いていることが事実だとして・・・。

都連の各種行事において、トラブル等に迅速に対応するために決定権限を持った者が張り付くことは必要だと思います。
会長、副会長やその委任を受けた理事が代理で出向いても問題はないでしょう。
本来、全日程ひとりが貼り付くべきですが、すべての理事の都合が悪いのであればバトンタッチもありとは思いますが、この方の指摘に用に、遅刻・早退で理事不在になるのであれば、そのことの方が問題でしょう。(不在でもかまわないのであれば、そもそも理事を派遣する必要はない。)

それなのに、不自然な形でNさんが出張しているのであれば、その理由は確認する必要がありそうです。

短い日程にもかかわらず全日程分の経費を受領している・・・という部分は「事実であれば」と、この方も想像の域を出ないのですね。
これは調べればすぐわかる話だし、もし事実なら対応は決まっている(返納命令、都連としての処分、場合によっては刑事告訴)ので、敢えてコメントしません。

2012.06.23

NEW減量日記50

【2012年6月17日(日)~6月23日(土)】 (週平均 65.60kg 15.96%)
65.8kg(17.3%)→66.0kg(16.3%)→65.3kg(16.2%)
→65.7kg(16.1%)→65.8kg(15.3%)
→66.0kg(16.1%)→64.6kg(14.4%)

この週も休肝日は1日しか作れなかった。特に何もないのに、呑みに行ってしまった。
ちょいとばかり、心身のバランスが崩れているのかもな。上半期も終わるのでいろいろと見直さないとなぁ。

2012.06.19

本日の手作り弁当(6/19)

00000イカともやしの塩麹炒め、手羽元と大根の煮物、青菜の卵焼き、シュパーゲルの塩麹漬け、玄米ご飯、ほたるこ。

イカは塩麹に3日ほど漬けておいた。そのまま食べても美味しいけど、何となく弁当は火を入れないと怖い気がして、フライパンでもやしとサッと炒める。美味い。初めて塩麹をつくったときからイカにチャレンジしたかったのだけど、ようやく実現。相性抜群!!

手羽元は、先週作って冷蔵していたものを温めて、味ぽんを少し垂らしてみた。ひと味皮ってうまい。
卵焼きの具は、大根の葉っぱ。ご飯に混ぜる用に味付けしたものだったので、卵焼きに塩辛く過ぎ。
シュパーゲル、皮を剥いて塩麹に1週間漬けておいた。しゃきしゃきした食感は残る。味はほろ苦さが全面に出てきた。まあ、やらない方がいいでしょう。もう一本残ってるのは、加熱してみます。
食材は9品。何とかふた桁には乗せたいのだけどねぇ。ミックスベジタブル、五穀米、ふりかけや野菜ジュースなどで稼ぐしかないのかなぁ。

ウコンの力

猛烈な勢いの台風4号・グチョル。このグチョルっていう別名はミクロネシアの言葉でウコンなんだって。さすが、「ウコンの力

丁度、帰りの電車に乗っていた22時時点で諏訪市の南約30kmにいて、北東(高崎方面)に向かって時速70kmで移動中だったそうな。
最大瞬間風速は45m。25m/s以上の暴風域は南東側で190kmっていうから、この辺りもギリギリ入ってたんですね。どんどん近づいてくる中、最寄り駅から帰ってきましたわ。
南風なので駅からは向かい風、姿勢を低くして傘をすぼめて歩きました。

時折突風は吹いたけど、物陰で風待ちをすれば何とか歩いて帰れた。ひざから下はびっしょりだったけど、まあたいした被害も無く・・・。

帰ってきてから1時間経つけど、ますます風が強くなってきた。駅前の行きつけで時間をつぶしてから帰ろうかとも思ったけど、そんなことしてたら大変のことになってたな、ラッキー。
# さすがに、この風の中「そろそろ、お店閉めます・・・・」とは言われないとは思うけど。

2012.06.16

NEW減量日記49

【2012年6月10日(日)~6月16日(土)】 (週平均 64.90kg 15.91%)
65.8kg(16.1%)→65.2kg(16.0%)→64.9kg(16.8%)
→64.7kg(16.0%)→64.1kg(14.9%)→64.7kg(17.0%)
→64.9kg(14.6%)

00000_2
今週は日・月・火・木と4日も休肝日。いずれも家での食事なのだけど、火・木は肉祭りで牛のステーキやら手羽元やら。炭水化物をとってないですね。
かつての同僚が「減量するなら肉だけ食ってればいい。」と言ってましたが、確かにそうなのかも。
にしても64.1キロってのは久しぶりだな。

2012.06.15

本日の手作り弁当(6/15)

00000手羽元と大根の煮物、もやしキムチ、金ごまいわし、菜飯、人参の白麹漬け。

昨晩、空きっ腹でスーパーに行った。それだけでも十分危険なのに、特に野菜が安い!大根もキャベツも100円、もやしなんぞ一袋10円ですよ、10円!

ってことで、大量に買い込んじゃったけど、いくら空腹とは行ってもひと晩で食べきれる訳もなく、自然と弁当へ。おかげで、今朝はシュパーゲルの出番はなし。
大根は手羽元と圧力鍋で2分。酒、みりん、麺つゆ、砂糖、鷹の爪をひたひたにした。分量は適当。できあがり直後は水っぽくて、余り美味しそうではなかったのだけど、ひと晩置いたら、色もよくなり、味も染みて抜群です。惜しむらくは、冷たい状態だと、やや歯ごたえがしっかりしてるところかな。
菜飯を作りたくて、一番葉っぱの部分が長かった大根にしました。粗く刻んで、塩をふって、電子レンジでチンしたものをごま油で炒めておき、炊きあがった御ひゃんに混ぜるだけ。美味。

後は、あるものを入れた。8品とは少ない・・・と思ったら、煮物の大根と、菜飯の菜は同じものだから、7品扱い?? 卵が切れてたのがイタイ・・・。

2012.06.14

本日の手作り弁当(6/14)

00000
シュパーゲルとスパムの炒め物、三色卵焼き、鶏肉のソテー、シュウマイ、シュパーゲルと椎茸のご飯、ニンジンの塩麹漬け。

シュパーゲル祭ですね。下ごしらえしたシュパーゲルを乱切りにして、シリコンスチーマーを使ってレンジで一分加熱。さいの目に切ったスパムとオリーブオイルで炒める。前回に懲りて、塩はふらず、胡椒のみ。
卵焼きの具はミックスベジタブルなのだけど、量が少なかったので、切り口にでてこず、素卵焼きに見える(泣)
鶏肉、シュウマイは冷凍庫から。
ご飯は輪切りにしたシュパーゲルと薄切りにした干し椎茸を一緒に炊き込んだ。味付けは塩のみ。
全体として、野菜が少なすぎ。前夜、帰りが遅くて、何も買えなかったからなぁ。

2012.06.13

アイロンは「あてる」もの? それとも「かける」もの??

昨日は「深夜のアイロンかけ」。かりゆしウェア8枚に、スラックス2本。1時間ちょっとかかりましたわ。

かりゆしウェア、着る分には楽なんだけど、ノンアイロンのヤツも含めて、アイロンあてないと、どうにも様になりません・・・、って書いてて、違和感。

そう、「アイロンかけ」という単語では「かける」という動詞から来た言葉を使い、地の文では「あてる」という動詞を使ってる・・・(汗)

子供の頃、かーちゃんは「アイロンをあてる」という言い方をしていた記憶がある。だから、おいらも、普通に「アイロンをあてる」って使ってるのだと思う。

しかし、「アイロンがけ」という言葉はあっても「アイロンあて」って言葉は聴かないので、「かける」が正解なのだろうか。あれは、方言だったのだろうか・・・。

00000_2
アイロンのルーツを探ると「火熨斗(ひのし)」ってものらしい。
「こて」のイメージだと「あてる」っていう方がシックリ来る感じです。まさに、布にあてていくのですから。

そこで、こう使い分けることにした。
アイロンを使って、衣類のしわをのばしたり、折り目を付けたりする行為全体をことを「アイロンをかける」といい、熱くしたアイロンを衣類に押し付ける行為を「アイロンをあてる」と・・・

つまり、アイロンをあててると、結果として、アイロンがかけられるのだ。 前者が「規定」、後者が「規程」と喩えると、却って判りにくいか・・・

# そういや、かーちゃん、パーマも「かける」じゃなくて「あてる」って言ってたな。これも、まさにこて(アイパー)からの連想かしら・・・。


【読】 冬のオペラ (北村薫)

00000
謎解きものである。結構、複雑である。表題作なぞ、まるで見当がつかない。京都の風情もきれい。それなのに、なんともおぞましい事件なのか・・・。よくもまあ、こんなトリックを見破れるな>巫

しかし、何より、語り部が若い女性。名探偵・巫(かんなぎ)弓彦の記録者(ホームズに対するワトソン)を買って出た姫宮あゆみの一生懸命具合が悪くない。

先日の落語会で柳家三三が演じていたのが、この作家のお話「円紫師匠シリーズ」。それなら・・・と初めて手にした小説がアタリだった。

2012.06.12

本日の手作り弁当(6/12)

00000

茹でシュパーゲル、スパム・キャベツ炒め、ちりめんじゃこの卵焼き、ほうれん草ゴマ和え、金ごまいわし、ほたるこ、シュパーゲルごはん、ニンジンの塩麹漬け、はんごろし。

旬の味覚、オランダ直送のホワイトアスパラを頂いたので、さっそく弁当に。(シュパーゲルってのはドイツ語の呼び方でオランダでは違うらしいですけど、ここはシュパーゲルに統一。この程度の看板書き換えは可愛いものでしょう。)

メインは、ただ茹でたシュパーゲル。いろいろ試したけど、マヨネーズが一番合う気がします。塩味代わりにほたるこ(後掲)を合わせて。

スパムは、減塩のやつが終わっていて、普通のやつだったのだで、全体が塩辛くなってしまった。比べて見るとかなり塩加減が違うんですねぇ。こりゃ、これからは減塩しか使えないな。粗挽き胡椒でシンプルに。

ちりめんじゃこは大葉やらゴマやらで甘辛く炊いたご飯用のふりかけ。これを具にしたから、珍しく甘い卵焼き。


ほうれん草は冷凍物。本当に便利。もうひと品・・・ってときの救世主ですね。

金ごまいわし、ほたるこは、実家に行ったときかーちゃんから貰ってきました。
金ごまいわしは、 「危険おおはまり注意」っていう枕詞もついていますが、なかなか美味いです。家での晩飯のときに一切れだけちょこっとかじって、大事に食べてます。ひとかけらでご飯1膳は軽いですね。
ほたるこは簡単に言えば茎わかめの佃煮なんだけど、これまた高級感あふれて美味い。ご飯、冷や奴、何でもイケちゃいます。今日はシュパーゲルのお供に。

シュパーゲルご飯は、茹でシューパーゲルのゆで汁で炊いたご飯。良い感じですぜ。
あとは、彩りもかねてはんごろし。

2012.06.10

旬の味覚・シュパーゲル

今朝、出勤しようとしてドアポストに目が行き、クロネコの不在票が入ってるのに気づきました。友人のMさんからクール便。
毎年のことなので品物はもう判ってます。そう、シュパーゲル

数年前、オランダ在住だったMさんと、何か(私の日記だったか)がきっかけで、シュパーゲルの話になり、オランダから送っていただいたのが始まり。
その後、帰国されてからも、つてをたどって、オランダから直送してくださってます。ありがたいことです。オイラ、何にもお返しできてないのに・・・。

床屋の待ち時間にスマホで再配達依頼。(バーコードで簡単にできちゃうのね。)
20時の再配達時間に合わせて、仕事を切り上げる。途中で、マヨネーズとバターを買ってくるのも忘れずに。ダイエットする前から、この2品はオイラの部屋の冷蔵庫には常備されてないんですねぇ。

で、ジャスト20時に帰宅、20分ほどで玄関のブザー。
頂きました、ホワイトアスパラ1kg!!

00000

早速茹でました。といっても、まずは1時間水に浸しておくという儀式があります。
待つのももどかしく、皮をむき、塩、砂糖、バターを放り込んだお湯でゆでること7分。
あいにく、これが収まるお皿を持ち合わせてないので切って茹でました。
どうせ一口では入らないのだからOKです。

00000_2


ほんのり甘くて、おいしゅうございました。21時過ぎなので、味見程度に2本だけ。ホントならビールで頂きたいところですが、久しぶりの休肝日、おとなしくしておきました。

# シュパーゲルの塩麹漬けでどうだろ・・・。

2012.06.09

NEW減量日記048

【2012年6月3日(日)~6月9日(土)】 (週平均 65.36kg 15.84%)

65.7kg(16.6%)→65.4kg(16.0%)→64.8kg(16.5%)
→65.2kg(15.2%)→65.5kg(15.5%)
→65.6kg(15.2%)→65.3kg(15.9%)

この1週間は宴会続きでした。火曜日の人間ドック前日は休肝日にはしてますがね。その代わり連日1万歩前後歩いたお陰で、少々落ち着きました。

2012.06.08

【読】 乳房 (池波正太郎)

00000
タイトルがタイトルだけど、作者は池波正太郎。「鬼平犯科帳番外篇」との位置づけだそうな。
漁師の娘・お松は、男に捨てられ、大店に奉公していたお松が、ふとしたことから自分を捨てた男を殺してしまう。その後、いろいろな人との出会いから、謎の金持ちの囲い者になり、実はその男が・・・、と数奇な半生を送る。
さすが、池波、さすが鬼平。途中からお松を応援している自分に気づく。
タイトルの「乳房」は、最後のページで鬼平が女性の強さを象徴するものとして示す。


2012.06.07

あなたからの贈り物・・・

Home_img012_2

東京キッドブラザース 44th公演」と銘打っている。活動を停止して久しい東京キッド。かつてその舞台で青春を燃やしていたメンバーの「もう一度、あの歌を届けたい。」の思いが結集して実現した公演。
サブタイトルに「大人達が出逢う奇跡の一夜の物語」とあるように、公演そのものが、そんなファンタスティックな出来事。

お話の舞台は、新大久保のとあるビルの地下にあるスナック。かつてはある劇団の稽古場だったスペース。その劇団に所属していた5人の仲間達が、25年経ち50歳の声を聞く今も共同生活を送っている。そんなある日、謎の少女・リコが「失われた藍の歌」というジャケットを持って現れる。一体彼女は誰なのか? 

そして、その日、いろいろな偶然が重なり、当時の劇団員らが次々に集まってくる。25年ぶりのステージが始まる!!

120606

敢えてネタバレをしないように書くと、こんな感じの「チラシの説明風」。

お芝居の中には、東京キッドを髣髴させるセリフ、逸話が満載であるが、決してキッドの芝居ではない。キッドみたいな劇団を題材にして、キッド出身の役者さんが演じる、林邦應の世界なのですわ。

さすがにキッドの役者さん、歌もきれい、ダンスも迫力。SweatもTearsもたっぷり。
初日、オフ会と見て、楽日のチケットも予約済み。楽しみ愉しみ。
(2枚目の写真は、初日の観劇後。作・演出の林さん、音楽監督の坂出サン(ヒカシュー))

2012.06.06

NEW減量日記047

【2012年5月27日(日)~6月2日(土)】 (週平均 66.07kg 16.87%)
65.9kg(17.5%)→?kg(?%)→66.6kg(17.3%)→66.3kg(16.1%)→65.8kg(17.0%)→66.1kg(16.8%)→65.7kg(16.5%)

3週末続けて実家で晩飯・・・という暴挙の果て、週平均の体重がついに66キロ台。4月くらいからの増量傾向に弾みがついちゃいそうです。

2012.06.04

シレンとラギ

観てきました、6年ぶりの劇団☆新感線。
いや、もう、お腹一杯です。藤原くんの切ないまなざし、古田さんや高橋克美さんの、憎らしいほどのワルぶり。
特に高橋さんは、毎朝、梅ちゃん先生で、真面目を絵に描いたような教授を演じているのと同一人物とは思えませんでした。役者さんって凄いな。

http://homepage3.nifty.com/pina/engeki/engeki.htm#120603

2012.06.02

閣僚交代?

4月20日に問責決議を受けていた二人の大臣が、明日にも交代するらしい。国交省関係の法案審議が全く行われてなかったらしいから、仕方がないことなんでhそうかねぇ。
ひと月半のタイムラグを置くことで、「問責=更迭」という色を薄めた、ってことなんでしょうかね。


防衛大臣の公認は、副大臣がそのまま昇格するとの噂。そもそも、田中さんがなったときも、「なぜ、渡辺さんじゃないの?」って感じだったから、順当なところ。国会答弁やテレビ番組での発言を聞いていても、しっかりとした方みたいですね。

一方の前田大臣は、仕事以外での問責だから、悔しいだろうなぁ。八ツ場ダムや整備新幹線など、こう着状態になっていた案件を解決されたからなぁ。
後任に名前の上がっている樽床さんは親小沢。総理としては、明日も小沢さんと会談するらしいけど、ここで一気にブレイクスルーってことなのかなぁ。

なんにせよ、会期末まであと2週間あまり。どうなりますやら・・・。

【読】 貴腐 (藤本ひとみ)

00000_3「みだらな迷宮」というサブタイトルがついている。「貴腐」「夜食」の2編。いずれも、フランス革命の頃の貴族社会が舞台。まあ、「男と寝ること」し頭に無かった貴族階級の女性たち。その、人の心を弄ぶなんともおぞましいたくらみと、それがどんでん返しになるざまーミロ感(だからといってハッピーエンドではないのだが)で、読後感はさわやか。
表現はきれいなのだが、男女の営みを書いている部分が半分くらい。一気に読み進めた・・・と書くと、どんだけエッチなオヤジと思われる出そう>ぢぶん

赤坂見附

今日は、職場のこじんまりした飲み会@赤坂見附。いつもの「会議の後の懇親会@地下食堂」とは、これまた趣の違う飲み会。この1年くらいの裏話とかイロイロ。そうか、おいらの知らないところでそんなことが・・・。
まだまだ、頑張らねば、と思った次第。

お開きの後、ひとりでまるしげへ行ったが満席で×。

00000_2
そこで、赤坂見附方面に戻り、来週のオフ会の宴会場所をロケハン。RED THEATERにはすでに(名前入りの)チラシがおかれていた>あなたからの贈り物

今回のオフ会は人数も少ないので、当日何とかなるとは思うが、いろいろバリエーションあり。
300円均一のオヤジの居酒屋、全国チェーンの店、そしてひっそりと九州居酒屋。
赤坂の日曜の夜なので多少選択肢は減るが、それでも楽しみなのが赤坂見附。

2012.06.01

本日の手作り弁当(6/1)


00000

6月最初のお弁当。とは言っても、特段の趣向もなければ、もちろん、昼間っから酒肴もない。

ブリの味噌粕漬け焼、ピーマン卵焼き、温野菜サラダ、シュウマイ、筍ご飯、はりはり漬。

ブリは、味噌と酒粕半々をお酒で伸ばしたものに冷蔵庫で1週間漬けて、冷凍庫に保存して置いたものを、グリルで両面3分ずつ焼いた。塩麹漬けは今イチだったけど、味噌漬けはOK。

ピーマンはいつもの通り。サラダは、キャベツ、ニンジン、もやしの野菜炒めミックス。炒めずに茹でて、コンソメパウダーをパラパラ。ブリの下に敷いておいたら魚のニオイが移って×。

玄米ご飯が2回続いたので、今日は白米。ただし、筍、ニンジン、ひじきを麺つゆで炊き込みました。

いつも言ってることだけど、これから梅雨、そして夏を迎えるに当たり、家の中の買い置き食材をどんどん消費しなければ・・・。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »