フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 怪文書「N専務理事の職務について」 | トップページ | 久しぶりの開拓>大井町 »

2012.06.25

【読】 玻璃の天 (北村 薫)

00000主人公・花村英子は由緒正しいご令嬢。彼女とお抱え運転手のベッキーこと別宮が、事件を解決していく。英子が一人称で語っていく抑えた感じが悪くない。北村薫、いいな。解説を岸本葉子が書いてるのも手にした理由のひとつ。

« 怪文書「N専務理事の職務について」 | トップページ | 久しぶりの開拓>大井町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怪文書「N専務理事の職務について」 | トップページ | 久しぶりの開拓>大井町 »