フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012.07.29

【劇】 三谷版 桜の園

チェーホフですぜ、旦那。全く敷居が高いんだか、低いんだか判りませんぜ。
KAATでござんした。
最寄り駅は元町・中華街なのだけど、駅の地図で一枚には「建設中」とあり、もう1枚には、影も形もありませんでした。公的な施設なのに、これって、どうよ・・・。

続きはWEBで・・・。

2012.07.28

NEW減量日記55

【2012年7月22(日)~7月28日(土)】      
         (週平均 65.38kg 16.28%)

65.6kg(16.6%)→66.0kg(18.3%)→64.7kg(17.0%)
→?kg(?%)→66.3kg(14.2%)
→65.3kg(16.5%)→64.4kg(15.1%)

休肝日は1日(月曜)だけ。週の半ばは沖縄出張だったけど、上司のお供だったこともあり、車での移動がメインで殆ど歩いていない。でも、何とか週末はつじつまを合わせました。
さて、クーラーの無い33.3度の部屋での生活でどこまで体重が減るのかなぁ。

2012.07.27

【読】 かってまま (諸田玲子)

00000初めて手に取る作家。「かげっぽち」「だりむれ」「しわんぼう」「とうへんぼく」「かってまま」「みょうちき」「けれん」と人の性格?を題にした7章からなる。不義の子・おさいの赤ん坊から50半ばまでの7つの物語が描かれる。
世の中から少し外れた人たちが、美貌のおさいとかかわるうちに心を動かされ、改心する。まさに天女。
いや、面白い本だった。

2012.07.26

【読】 沖縄-苦難の歴史から新しい沖縄へ (矢代堅二)

Dsc01277「少年少女 20世紀の記録」シリーズです。小学上級~中学生向けのノンフィクション。1963-1973年に25巻が発刊されたそうです。丁度、おいらが小学校の頃かな。学校の図書館で「ガガーリン」とか「」「クストー」「太平洋ひとりぼっち」等借りて読みました。
多分、殆ど読んだはずなんだけど、この巻は、おいらが中学になってからの発刊だったので未読でした。
改めて図書館で借りて読むと、うん、結構高度な内容なんですねぇ。
2年間、沖縄の仕事をしてきて、何冊も沖縄関係の本を読みましたが、整理ができた・・・って感じ。ただし、今となっては、間違いや偏りがあるようにも思える。

2012.07.22

【読】 必要のない人 (内館牧子)

著者初の短編集とのこと。表題作のほか、「可哀想な人」「夏を抱く人」「幸せな人」「別れる人」「光飲む人」。ちょっと不幸な人たちが主人公。年齢的にも、不幸具合も、自分(の周りの人)と被る内容もあって、あるある、とか、え、そうなの・・・なんて思いながら、全編読み進めた。
読後の清涼感はなしだけど、面白いことは面白い。

2012.07.21

NEW減量日記54

【2012年7月15(日)~7月21日(土)】      
         (週平均 65.72kg 16.50%)
?kg(?%)→66.0kg(15.5%)→65.8kg(17.2%)
→66.0kg(16.1%)→65.7kg(17.2%)
→65.7kg(15.1%)→65.1kg(17.9%)

土日は名古屋で飲み食いしてきました。今週は、仕事の飲み会2日、身知らず2日。夜中のカレーなんてのもやったので実にまずいですね。
万歩計を無くして、買い換えたので前週までと比べられないかもしれませんが、若干歩数が足りなかったです。反省。

2012.07.20

対応・・・

サッカーの実況を聞いていると、「ここは、○○に対応しないといけませんね・・・」なんていうアナウンスが耳障り。『対応』っていう言葉を職場でよく使うので、こんなところで聞きたくないなってことなんだろうか。
そもそも、昔は、サッカー中継で「対応」なんて言ってたかなぁ・・・。

2012.07.16

【読】 ターン (北村薫)

主人公の女性(版画家)は、交通事故で意識不明になってしまう。が、もうひとつ別の世界(パラレルワールド)では、たった一人で暮らすことになる。しかも、事故が起きた時刻になると、全てがリセットされ、24時間前に戻ってしまう。(怪我をしても治ってしまうし、作品を作っても消えてしまう。)
そんな絶望的な状況に数ヶ月、突然目の前の電話が鳴る。出てみるとこちらの世界からの電話ではないか。とても信じられない上京だが、相手の男性は彼女の言葉を信じ、励ます。
そうこうするうちに、植物状態にあったこちらの世界の彼女の身体に回復の兆しが・・・。
ラストのハッピーエンドに思わずウルウル。

NEW減量日記53

【2012年7月8日(日)~7月14日(土)】
              (週平均 65.17kg 16.72%)
65.8kg(?%)→65.7kg(17.5%)→65.2kg(16.7%)
→64.7kg(16.9%)→65.0kg(15.9%)
→64.6kg(16.6%)→?kg(?%)

この週もコンスタントに一万歩歩き、さらに木、金は休肝日。週末に実家でたらふく食った分は消化した模様。

2012.07.13

そうだ、名古屋。行こう・・・

ひと月ぶりに、休肝日2連ちゃん。

さて、明日からの3連休。久しぶりに名古屋に行くことにしました。メインは、久屋大通公園で行われているオクフェスでの乾杯!

そして、檀家廻り・・・。といっても、2軒だけだけど。(しかも、一軒は、連絡がつかない・・・)
あとは、大洲演芸場に台湾ラーメン、激辛麻婆・・・。

行きも帰りも夜行バス。うまくとれました。宿も、ずっと満室だったのだけど、神がかり的に1室だけキャンセルが出たみたい。

最後に名古屋に行ったのは、友人の結婚式の司会に、仙台から行ったときだから、丸2年ぶりだな。出張とスキー以外の旅も、去年の「仙台オクフェス」以来・・・。
どんだけ、偏った生活してるんだろ>ぢぶん

2012.07.12

ゆんたく

00000DEAD STOCK UNION、直訳すれば「在庫連盟」とでもいうのかな。役者さんたちが所属する演劇ユニット。
そのDSU夏公演「民宿チャーチの熱い夜10」を新宿のタイニイアリスに観にいってきました。

そもそも、彼らとであったのは、自由が丘・なんた浜。
ノリの良い、かといって騒がしくない、歌も三線も上手な若者の団体さん。一緒になって歌っているうちに、お話を聴いてみると、今度公演をするのだとかで、チラシと連絡先を頂いたのだった。

芝居の感想はいずれHPにアップするとして、この公演のお楽しみは、夜の部終演後の「ゆんたく」。まあ、「お話し会」とでもいうのか、お酒も呑んでおしゃべりして・・・。

Asahiではない沖縄のオリオンビールや首里の泡盛・瑞泉(いずれも「協力」となっていました)も振舞われ、2時間10分の舞台が終わったばかりの役者さんたちが疲れも見せずに相手をしてくれる。
もちろん話すだけでなく、「オジィ自慢のオリオンビール」を歌い、みんなでカチャーシーも。。

Dsc00817
劇中にも「オジィ自慢・・・」を歌う場面があるのだが、その最後で「♪民宿チャーチで、アリ乾杯!」ってのが入ります。
実は、これ、オイラがきっかけだったそうな。
初めてお会いしたなんた浜でもこの歌を歌ったのですが、おいらが最後に「今日は、なんた浜で、アり乾杯!」って付け加えたのが「これが普通だよね。」と、皆さんの波長に合ったそうで、劇中にも採用されたとのこと。(役者さんから伺いました。)

そう、知らないところで、お役に立ってました(笑)


2012.07.07

NEW減量日記52

【2012年7月1日(日)~7月7日(土)】
              (週平均 65.33kg 16.77%)
65.3kg(16.5%)→65.6kg(16.5%)→65.4kg(16.6%)
→65.3kg(17.7%)→65.4kg(17.0%)
→65.4kg(17.2%)→64.9kg(15.9%)

今週は水曜日に突発飲み会が入ったお陰で、休肝日はたった一日でした。
しかし、日→金と10010、24814、15737、10399、10802、11498とコンスタントに1万歩超。
これって健康、不健康??

2012.07.06

本日の手作り弁当(7/6)

00000


塩麹豚、野菜炒め、ちりめんじゃこ卵焼き、金ゴマいわし、ピーマンと大根の塩麹漬け、ショウガご飯。
7月になり、そろそろ弁当作りもヤバくなりつつある今日この頃。冷蔵庫・冷凍庫のものを少しずつ消化していく。

塩麹豚は、以前作った、茹でた塩麹漬け豚。塩麹に漬けた豚肉を、塩麹ごと圧力鍋で塩ゆで。時間とか薬味とか忘れちゃった。で、塊で冷凍してあったやつを解凍して厚めに切って、贅沢な一品。醤油でつくる煮豚よりも豚のうまみが前面に出てくる。また、作り置きしておこ・・・って、ダメじゃん>冷凍庫の消化作戦

野菜炒めは、野菜炒めミックス(キャベツ、もやし、にんじん、きくらげ)にピーマンを足して味覇で味つけ。メインの茹で豚がシンプルな味なので、こちらは仕上げにカレー粉をふってみました。良いあんばいです。

卵焼きの具は、納豆と迷ったけど、ひとさじで三品(じゃこ、大葉、ゴマ)カウントになるふりかけに軍配笑い
ピーマンの塩麹漬けは少々日が経ちすぎてしまい「古漬けのピーマン」っていう、変わったものに(笑) 大根はおいしゅうございました。

生姜ご飯の素は頂き物。ご飯全部に混ぜると、塩分多すぎだし、他のおかずとけんかするので、小さじ一杯分ほどをごく一部に混ぜ込む。これが結構手間。

2012.07.04

【読】 私の好きな世界の街 (兼高かおる)

「兼高かおる 世界の旅」でおなじみ、兼高かおるさんのエッセイ(というか紀行)。
彼女の、あの上品な語り口が聞こえてくるような文章。映像が頭に浮かんできます。
自分も行ったことのある街だと「ああ、そういえば」「へぇ、そうなんだ・・・」とさらに楽しい。00000_2


2012.07.03

都連評議員会の開催

7月22日は都連評議員会。
日時: 2012年7月22日(日) 受付13時30分 開始14時
場所: シダックスホール(渋谷区神南1-12-13)
議題: 1 加盟団体の承認、脱退及び除名について
    2 加盟団体名称変更の報告
    3 平成25年度事業計画案及び収支予算について
    4 定款及び諸規程の改正について
    5 倫理調査委員会の報告について
    6 評議員の要望・質問・提案について
    7 その他


2012.07.01

【読】 相棒に気をつけろ (逢坂 剛)

00000「世間師」と称する商売。詐欺師のようなペテン師のような・・・。主人公の男性はひょんなことから、自称経営コンサルタントの四面堂遥と組んで仕事をすることになる。
痴漢オヤジからビール券を巻き上げ、銀行マンに融資を引き出し、バイオリンの名品を譲ってもらい、地上げを成功させ、ヤクザ相手に香典泥棒・・・。犯罪だったり、犯罪じゃなかったり・・・の線引きは難しいけど、読後が爽快なのは○。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »