フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012.10.30

本日の手作り弁当(10/30)

<285175_1812848102_91large

いちご煮の炊き込みご飯、豆苗・茄子・ハムのピリ辛炒め、レタスの卵焼き、シュウマイ。

今日の弁当のメインは炊き込みご飯。青森の郷土料理であるいちご煮を使いました。いちご煮は「三陸海岸周辺の伝統的な料理で、ウニとアワビの吸物」「「赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた」(wiki)。シンプルな料理ながら、415グラムほどの缶詰が1000数百円するんだから郷土料理としちゃ高級な部類ですね。
2合の米を、この缶詰一缶で炊きあげるだけ。
今日、弁当に入れたのはこのうちの半分だから、それだけで5,6百円はしている訳だ。

炒め物は、豆苗、細切りにしてあく抜きしてレンジスチーマーで加熱した茄子、同じく細切りのハムをごま油で炒める。ご飯の邪魔をしない程度に醤油を少したらし、最後に一味唐辛子を散らしました。
卵焼きの具が思いつかなかったので、冷蔵庫にあったレタスの千切りとすりごま、めんつゆで作りました。キューピー3分クッキングみたいに真っ黒にならないように緊張しましたね(笑)

で、まあ、おかずも作ったけど、完全に脇役でしたわ。ご飯ばっかり箸が進みました。

98円の豆苗半分、3個98円の茄子1個、ハム1枚、卵1個、レタス1枚、6個98円のシュウマイ2個・・・。せいぜい150円。名脇役と呼ばせて貰いましょう

孫悟空

先々週の東京遠征で増量した分がなかなか減らない。
そろそろ運動をしないといけない頃かな、ってんで、涼しくなったし、家の周りを30分ほどジョギング。東京で最後に走ったのっていつかなぁ。去年の2月くらいから減量を始めて、しばらくは走ってたんだけど、日記によれば去年の7月6日が最後・・・。実に1年以上走ってなかったのね・・・。

スーパーやら、ゴルフ練習場やらを見ながら、少し走ると工業団地。ほぼ満月だけど、明かりも少なく、人気もまばらで、快適といえば快適、怖いといえば怖い。懐中電灯片手にのんびり走る。途中dえ、パン屋さんのようないい匂い。pascoって書いたマイクロバスも走っていたから、24時間のパン工場でもあるのだろうか?

20分ほど走ったところでUターンしようと思って周りを見ると、なんと、家から歩いて5分ほどの駅の反対側じゃん・・・。まるで孫悟空の気分。

30分のジョギングを終えて、地図で確認すると走ったのは4500m。途中、上り坂や信号待ちもあったし、1年数ヶ月のブランクを考えると、まずまずですな。

2012.10.29

本日の手作り弁当(10/29)

00000_2

鯖のソース焼き、たまたま焼き、ちくわキュウリ、大豆煮、シメジご飯、イカナゴのくぎ煮。

鯖はとんかつソースにひと晩漬けて、グリルで焼きました。元の塩鯖が塩辛すぎて、ソースの味わいが判りませんでした。塩抜きをしないといけませんな・・・。

煮物は、ひじきの量と大豆の量が明らかに逆転したので改名しました。

シメジご飯、今年の新米です。だったら、白飯で食べろってか? 

タマネギの卵焼きとちくわキュウリは特にコメントなし。
で、一品作り忘れてたことに今頃気づきましたとさ。んじゃ、明日にでも・・・。


2012.10.28

【読】 元禄一刀流 (池波正太郎)

池波正太郎の「初文庫化作品集」とのサブタイトル。表題作は、忠臣蔵を舞台に、吉良・浅野両家の家臣を弟子に持つ、剣の師範の苦い思いを描く。その視点が暖かい。
また、仇討ちを題材にした「兎の印籠」「かたき討ち」は、かたやシニカルな、かたやウルウルする仕立て。
「上泉伊勢守」はスカッとしますわ。
さすがは池波作品。00000


2012.10.27

NEW減量日記065

【2012年10月21日(日)~10月27日(土)】                (週平均 66,46kg 17.69%)
66.2kg(18.3%)→66.7kg(16.8%)→66.3kg(18.3%)
→66.1kg(17.6%)→66.8kg(16.2%)
→66.9kg(18.7%)→66.2kg(17.9%)

変動の多い週でしたが、結局k一度も66キロをきることなく終わりました。これで、先々週の東京遠征以来、ずっと66キロ超です。これが、リバウンドでないことを祈りたいですが、運動もしていないのだから、当然っちゃあ、当然ですわ。
月、火、木と3日間も休肝日を作ったのですが、真っ直ぐ家に帰らずに寄り道をしちゃうので、食事の時間がどうしても遅くなっちゃうんですよねぇ。それが原因のひとつ。体脂肪率も少し上向いてるし。
このままじゃ、「仙台の悪夢」の再来ですねぇ。困ったものだ。

2012.10.26

いい天気

今朝の三宮。とってもいい天気。なのに、この日曜だけはピンポイントで降水確率70%。六甲山、登れるのか(;_;)
# この写真撮ってるところを、同僚に見つかった(^_^;)Img_20121026_090907


会社帰りの寄り道

昨日は、10数年ぶりの友人と大阪で飲みました。

00000
「新地」ってところの路地を入ったところのこじゃれた居酒屋さん。
なぜか、ビルの壁に自転車がぶら下がってました。自転車を置くスペースもないほどの狭い露地ならではの知恵なのかしら。

_dsc03654
カワハギの薄作りやフグのぶつ切りを頂きました。

店員さんが大阪の小母ちゃん。「鼻はつままれへんから、これつまんどいて。」と枝豆を出してくれたり・・・。

フグ刺しなんて、薄ーーいのしか食べたことなかったけど、ぶつ切りってのも美味いですね。

Dsc03649
その後は、阪急梅田駅近くの、ニュー新橋ビルみたいなビル(新梅田食道街)へ。どこかのテレビ局が取材終わった感じのところ。「お薦めの店ありますか?」と訊いたところ、紹介されたのが関東煮のお店「たこ梅分店」。

店長の和本さんがまるで、高須クリニックの高須さんみたいな顔。

入ったら、変形のコの字型のカウンター(40席弱?)は丁度満席。ラッキー。
いい雰囲気でしょ??
_dsc03652
看板メニューのタコの甘露煮、鯨のすじ、コロのきんちゃく、おでんを熱燗で頂く。
いやぁ、おいしゅうございました。徳ちゃん、ご馳走様でした。


今日は休肝日。職場のものすごく近くのスマホラウンジに行って「docomo wi-fi」のセットをしました。
綺麗なおねーさんが、優しく教えてくれました。

その後、何となくLOFTに行ったら来年の手帳がわんさか。能率手帳かタカハシか・・・。でも、あんまりピンとくるのがなかった。

電話帳移行の顛末をあの可愛いおねーさんに報告しようと、ヤマダ電機に行ったのですが、おねーさんがいませんでした。まさか、あの件で飛ばされた?? しかたがないので、ダイソンのサイクロン掃除機を見てきたけど、やっぱネットの方が安いなぁ。

三ノ宮センター街に来て何もしないのも勿体無いので、わしたショップへ。
あった、ありましたよ「沖縄手帳」 即お買い上げ。今年はベージュにしました。三宮のわしたショップ、それほど広くはないけど、沖縄出張のたびに買っていたチラガースモークとか、本物のオリオンビールとか、欲しいものは何でもある感じ。こんど、かりゆしウェア着ていこう。

で、その後はbookoffに行って神戸のガイドブックを買ってきた。2001年醗酵のちょっと古い本だったけど、今売られている新刊はお店の情報ばっかりで街の話がないので、街歩きには使えないので・・・。

そんなこんなで、2時間ばかりの三宮お散歩でした。真っ直ぐ帰るのが勿体無い街ですね。
Img_20121026_094959


2012.10.25

【読】 西神ニュータウン物語 (大海一雄)

「物語」とはあるけど、小説ではなくて、覚書みたいなもの。このニュータウンは、もともとどんな土地だったのか、いつ頃から構想されていたのか、地名にはどんな由来があるのか・・・ってなことが判る。
が、どうにも、全体としてまとまりがないのは、限られた資料で構成されているからだろうか。
本文と地図が微妙にずれていて、土地勘のないオイラには少々読みづらい本だった。

本日の手作り弁当(10/24)

00000

サンマのサッパリ煮、手羽元・にんじん。タマネギ煮、ひじき・にんじん・大豆煮、イカナゴのくぎ煮、四色卵焼き、玄米ご飯。


冷凍庫の作り置きを消化してたら、気づかないうちに、煮物ばっかりの偏ったお弁当になっちゃいました。(たぶん、こうやって、日記に献立を書かなかったら、食べ終わっても気づかなかったと思う。)

お酢を使ったサンマ、淡路産タマネギと一緒に煮た手羽元。どちらも、食材が安かったときに圧力鍋で多めに作って冷凍しておいたもの。おいしゅうございます。

タマネギ入りのミックスベジタブルは、これまた淡路島タマネギのオニオンスープの素で味付け。

で、久しぶりに作ったのがひじき煮。沖縄の友人から、餞別に人参しりしり器を頂いて、このての料理が楽しくなった。これまでは、人参の千切を作るのって面倒だったからねぇ。
那覇・さかえのねぇねぇのように「おいしくなーれ、しりしり、しりしり」と唱えながら(もちろん、おいらは心の中でね)人参をしりしりします。
今回は手を抜いて、水煮大豆を使いました。油揚げがなかったので少々こくが足りなかったがOKとします。これまた、等々力・小川の大将から「種を植えて下さい」と頂いた特大の鷹の爪を調子に乗って一本全部いれたら辛い、辛い。

くぎ煮はこちらの名物だけど、こっちで買ったのではなく、引っ越しの前の日にかーちゃんから貰ったもの。


2012.10.23

二つの新旧交代

この一両日、2件の劇的な新旧交代がありました。

まずは日曜日。レオネッサを見た後、六甲アイランドに急いだ。せとうちわたるクンに会いにである。で、無事、対面を果たして三ノ宮に戻り(六甲アイランドって、呑めそうなところないんだもん。)、軽く呑んでから、駅前のダイエー6階へ。

そこにはICI石井スポーツが新装オープンしてたのさっ。特に何を買う、ってこともないんですが、スポーツ用品店って見てるだけで楽しいじゃない。で、セール品の山歩き用の靴に目が釘付け。実は、来週は六甲山を歩く予定なのでねぇ。

うちにあるのはキャラバンシューズ。知る人ぞ知る登山靴ですね。実は、これを買った(買ってもらった)のは高校1年のとき。もう30年以上経つんですわ。これで富士山も登ったし、昨年は栗駒山も登った。

_dsc03652
まあ、想い出の品ですが、本来は寿命なんですねぇ。友人のトレッキングシューズのソールが登山の途中で突然はがれた・・・なんていう話を聴いていたので、どうしようかな・・・と思っていたのですわ。

で、ICIで店員さんとそんな話をしてたら、「紺色のやつですよね? あれはメーカーも10年前に製造やめてるんです。」(だって、30年以上前だから)「普通、寿命は5年なんです。」(スキーブーツもそうだもんなぁ・・・)「ウレタンを使っている訳ではないので、スキーブーツみたいに割れることはないんですけど、突然、ソールがはがれちゃうことがあるんです。」(あ、その症状・・・)「昨年、使ったのであれば、大丈夫かもしれませんが・・・」
カッコ内はおいらの心のつぶやき。

最後の一言が背中を押しましたね。「絶対無理です」って言われたら却って反発したかもしれないけど。
「・・・それ、下さい。」

かくして、キャラバン君は六甲山の岩を登ることなく、現役引退となりました。決して衝動買いじゃありません。

さて、休み明けの月曜日は休肝日。
会社帰りに、会社のごく近くにあるdocomoのスマホラウンジへ。3日前に発売になったLGのスマホを触る。サクサク動くな。
_dsc03654
レグポンは、神戸の町で道に迷ったときにマップを立ち上げてもすぐにフリーズしちゃって使い物にならないのですわ。いいなぁ・・・って思ったんだけど、まあ、ここは注文しても取り寄せなので値段だけ聞く。

紀伊国屋で神戸の地図を買ったけど、何故か足はセンター街のヤマ電機へ。さっきのスマホをもう一度触ってみる。と、可愛らしいおねーさんが「何か、気になる機種ありますか?」「これなんです。先週出たやつですよね?」

そこから、おねーさんの説明が始まる。
「この冬の新製品にも負けないと思いますよ。」「本体価格は73,920円ですが、お買い上げサポートで毎月のお支払いに割引があって、2年間お使い頂く実質15,960円です。」「docomoポイントも使えます。」「docomoを10年以上使って頂いているので。基本料金も2年間無料です。」

実際に計算してもらうと初期費用ゼロで今の月々の払いと同じ。何故・・・?
「在庫もありますよ。」 この一言が背中を押しました。
入店10分で「これ下さい。」

買っちゃいました。movaを7年使って、ガラケー飛び越えて、レグザフォンに替えたのが去年の3月。
そして、1年7ヶ月での機種変更となりました。進化早すぎ>スマホ
決して、衝動買いじゃありません。

2012.10.22

神戸で献血(86回目)(2012.10.6)

10月初めの三連休の初日、献血をしました。せっかく、転勤で来たのだから、しばらくは、近畿地方、中国・四国地方での献血を・・・とも思うのですが、年間献血量の縛りもあり、仮に2年いたとしてもで6回しか献血できない・・・。
どこでやるかは、慎重に考えないと。(奈良、京都は献血済み) 職場から歩いて2,3分のビルの15階にも献血ルームがあるけど、平日でも行けるので、ちょいとインパクトのあるルームへ。

【献血ルームへ】
この日は昼から女子プロサッカー・神戸INACレオネッサの試合。ホームズスタジアムへの乗換駅が新長田。長田区は阪神淡路大震災でも火災の被害がひどかったところだけど、今ではきれいに復興され、そのシンボルとして3年前には実物大?の「鉄人28号」が設置された。その名前を冠した献血ルームがここにはあるのである。

駅を出ると、すぐのところにプラカードを持ったおじさん。ルームの場所を尋ねると「そこから地下に入って・・・」と教えてくれ、ティッシュペーパーを2つ渡された。 で、おじさんの言うとおりに歩いて行くと・・・迷いました。ダメじゃん、俺。 で、一旦地上に上がって、別のプラカードを持ったお姉さんに場所を訊く。「そこのビルに入り口があります。」 うーん、連れてってくれると思ったんだけど(笑) 
迷いながらも無事到着。結局、地下にルームはあったのだけど、真ん前にしか表示がないんですよねぇ。ちょっと不親切。

【受付】
10時受付開始のところ、10時半過ぎに入った。すぐに受付。打ちだされた受付票は当然ながら東京の住所なので、先ずは住所変更。「しばらくお待ち下さい。」とのことで、無料自販機で暖かいコーンスープを頂く。 ほどなく、問診。
例のタッチパネルであるが、受付のカウンターとは別の場所にあり、自分でプリントアウトして受付に持って行くシステム。 前回、名古屋のルームで体験した「肩の痛みテスト(シーフテスト)」ってのはありませんでした。
奈良、大阪は導入してるっていう話だったけど、兵庫はまだなのね。

【問診】
すぐに問診。年配のセンセイ。血圧も問題なし。食事、睡眠も問題なし。
隣の検査採血室へ。「左右どちらで?」「どちらでも。」「では、ベッドがあいているので右からお願いします。」ってことで、左から検査採血。全く針の痛みを感じませんでした。 ここでは比重だけを見るようです。(ルームによっては、もう少し項目を調べているところもあるみたいなんですが、どうでしょう。)

【採血】
言われたとおり、右は空いていたようで、待たずに採血室へ。 ベッドは10床ほど。ふっくらした優しそうな看護婦さん。 「きれいなルームですね。」「神戸で一番新しいんですよ。」。開所して、2年半なのだそうな。鉄人28号や三国志の話をしていたら、あっという間、5分もかからず400ml採血完了。

【終了~休憩】
待合室に戻る。ここのアイスは「チョコモナカ」。パリパリとかじりながら、ホットコーヒー。お菓子は、一袋ずつ小分けになってるビスケット類。ドーナツやクロワッサンなどはなし。 パソコンがあったけど、インターネットはできるのだろうか? それよりも、本棚にずらりと並んだ鉄人28号と三国志のコミック。作者の横山光輝が神戸出身だった縁で、上述のとおり実物大の鉄人28号がたてられているのだけど、ここも第1巻からズラリと集めてある。 鉄人28号の第1巻なんて読んだこともなかったので、手に取り読み始める。さすが、名作ですわ。(裏にはbookoffの値札シール。苦労して集めているようです。)

名前を呼ばれて、カードを渡される。 この日のお土産はキャンペーンだか何かで「グリコカレー職人」。レトルトのカレーです。グリコと言えば道頓堀のネオンが有名な大阪の会社だけど、神戸には「グリコピア」っていう見学コースを持った工場があるんですねぇ。それよりも、何よりも、テレビアニメ「鉄人28号」の提供がグリコでしたね。 テーマ曲ラストの「ビューッと飛んでく、テーツジン・28号」は、その後に続く「グリコ、グリコ、グーリーコ~~」っていうフレーズとセットですもんね。

サッカーのキックオフまであまり時間もなかったけど、その後も居座って、何とか1巻を読み終わってルームを後にしたのは11時半を回ってました。

Dsc02210

2012.10.20

NEW減量日記064

出張やら、上京やらで欠測も多く、2週間分まとめての日記です。

【2012年10月7日(日)~10月13日(土)】                (週平均 65.37kg 16.90%)
65.2kg(17.7%)→65.2kg(17.0%)→65.4kg(16.1%)→65.8kg(16.8%)
→65.4kg(17.2%)→65.2kg(16.6%)→?kg(?%)
3連休、日・月と友人が遊びに来てくれたので、二日で4万歩。木曜日も出張で一日で2万3千歩。これだけ歩いたお陰で、毎晩飲み食いしていたけど、ほぼ横ばいの65キロ台前半。

【2011年10月14日(日)~10月20日(土)】                (週平均 67.10kg 17.40%)
?kg(?%)→?kg(?%)→66.9kg(17.5%)→?kg(?%)→67.6kg(17.0%)
→67.3kg(16.9%)→66.6kg(18.2%)
週末は、上京してオフ会、OB会。そして火・水と出張。この間の増減は休肝日こそ3日作ったけど、休肝日も出張中も、夜遅くに食事をしてしまったので、着実に身に付いちゃいました。
「天高く、馬肥ゆる秋」「食欲の秋」神戸は、何でも美味いので気をつけないと・・・

2012.10.19

【読】 桃色月夜 (梅本育子)

Dsc03591
艶かしいタイトルだけど、色っぽいシーンが思わせぶりにあるだけで、江戸の料亭の女将をめぐるサスペンスもの。丁寧な文章で好感が持てるし、どんどん読み進めることができるのだけど、最終章近くなってからの話の展開が付いていけない感じ。
よく言えば、「伏線が回収されている」のだけど、あまりにもこじつけが・・・。登場人物にまでそう言わせちゃってるし。残念な展開。

2012.10.15

怒涛の4日間

週末にかけての4日間はいろんなことがありました。

00000

木曜日: 朝から出張。明石海峡大橋、大鳴門橋を渡ってきましたが、四国滞在は1時間弱・・・。残念。夜は、名谷の串揚げやサンで懇親会。(写真は、現場近くで見つけた超レアなポスター)

00000_2

金曜日: 水曜日に亡くなった母方の叔母の葬儀で滋賀・長浜へ。2週間前にも父方の法事で滋賀・彦根に行ったばかりだというのに・・・。
 弟とは半年振り、従兄弟の中には30数年ぶりの人も。母方の従兄弟は女性が3人。小さなときに会ったっきりの人もいて、成長振りには目を見張るばかり。
 初七日まで済ませ、京都から夜行バスで東京へ。


00000_3

土曜日: 早朝、川崎の実家に行き、午前中仮眠。郡上八幡に向かうとーちゃんを布団の中から見送る。
 午後から横浜オクフェスに行く予定だったが、春の試乗会で注文していたスキーブーツが入荷したとの連絡があり、急遽、常磐線天王台駅近くのあとりえSへ。2時間ほどお話しながら、インソールを作っていただく。

 その後、池袋に向かう。うたた寝をしていて、「日暮里、日暮里・・・」の声に慌てて飛び降りる。と、何かが足りない。そう、出来上がったばかりのブーツを網棚に忘れてしまった。次の列車で上野に向かい、無事、駅事務室でご対面。もし「これ、本当にあなたのブーツですか?」と訊かれたら、履いてみて「ほら、ぴったりでしょ?」とシンデレラ作戦で行こうと思ったが、箱に名前が走り書きしてあったので、すぐに渡してもらえた。

 池袋で野田地図の「エッグ」を見て、その後、観劇仲間とオフ会。楽しく話していたが気がつけば終電。池袋だと、三宮で飲んでるよりも終電が早いことにビックリ。

 帰宅して、誰もいないのをいいことに洗濯。

00000_4

日曜日: 午前中、ウダウダ。ブランチをとって、下北沢へ。
 IOH「夏影」を観る。「さよならをするために2012」とのサブタイトルどおり、20年ほど前のIOH第2作のリメイク版。とはいっても、学園紛争を取り上げた前作と中身は大きく変わり、判りやすくなっていた。ファン層の変化に配慮したのだろうか。
 終演後、林さん、名和さんと30分ほどお話をして、中野へ。

 一般財団法人になって最初の「東京都スキー連盟」の評議員会。会長は冬季五輪のメダリスト・猪谷千春さん。おいらが就職したときの研修会で講話を伺って以来、30年ぶりの生・猪谷さん。
 議長を石原さんが務められ、キッチリ仕切ってくださったので、議論が整理されて、スムーズ。それでも3時間。


00000_5

 7時過ぎに終わり、急いで渋谷へ。高校バドミントン部のOB会に駆けつける。
息子・娘と言ってもおかしくない(というより、実際、彼らの親御さんよりも年上だった・・・)人たちとの語らいは楽しゅうございました。評議員会で熱く語ったこともあり、ビールがすいすい入ってくる。


_dsc03011

 散会後、歳が近い(とはいっても、3期下と5期下)人に付き合ってもらい、ワサファルへ。ドイツビール2杯呑んで、スモークレバーとカレーを頂く。


 お二人に見送られて、23時の夜行バスに無事乗り込み、気がつけば三宮。そのまま出勤いたしました。
 ふーっ、疲れた。 

 
 


2012.10.09

週末5万6000歩

3連休、神戸を歩き倒しました。

1日目
新長田の「鉄人前献血ルーム」で400ml献血。レトルトカレーをいただきました。

その後、INACレオネッサの試合をみにホームズスタジアムへ。ファンクラブに入っちゃいました。
7対2で快勝! 試合後、アンケートに答えてガラガラを回したら、カップを頂いた。断捨離なのに・・・。

その足で「兵庫之津」巡り。清盛像、兵庫大仏などを見て、中央市場2階の定食屋サンで軽く一杯。
14042歩

2日目
新神戸から「神戸布引ハーブ園」へ。ロープウェイとは言うものの、スキー場の6人乗りゴンドラそのもの。
頂上についたら、ドイツフェア中。楽団と一緒にアインプロジット。
ハーブ園をゆっくり回るも、花は少なく、紅葉にはまだ早い。残念。

山道を歩いて、貯水池やら布引の滝やら。

この後、北野へ移動して異人館巡り。
おすすめの「うろこの家」に入り、有名な「風見鶏の館」を外から。うろこの家から、ウチの会社のビルが見えた。
旧・北野小学校を活用した「北野工房のまち」では「灘五郷酒造組合」のお店で、試飲させていただく。

さらに南に下り、元町で明石焼。さらに南京町を抜けて、いつもの(笑)メリケンパークへ。
この週末はインドフェスティバル。タンドリーチキンとインドビール、さらにボリウッドダンス。楽しい。
18682歩

3日目じゃ
明石の天文台へ。135度をまたぐ。プラネタリウム込みで700円。
明石の駅までブラブラ歩き、新長田に戻り、清盛の旅へ。
歴史館・ドラマ館の入場券、地下鉄海岸線の一日券で1000円はお得。
両館を愉しみ、コスプレして、生田神社に記念品を貰いにいってから、再び海岸線でモザイクへ。

夜景を楽しめる店を2軒はしごした後、東京の友達に教わった元町の台湾料理屋さん、中華料理屋さんをはしご、さらに、地下鉄の入り口横の居酒屋に呼び込まれて軽く一杯。
五軒はしごは久しぶり・・・。
22887歩

2012.10.06

NEW減量日記063

【2012年9月30日(日)~10月6日(土)】                (週平均 65.36kg 17.07%)
65.4kg(16.4%)→65.1kg(17.7%)→65.1kg(16.4%)→65.1kg(17.6%)
→65.6kg(16.8%)→65.8kg(17.3%)→65.4kg(17.3%)

前週とはうってかわって、休肝日なしでした。
日曜日はとーちゃんの実家で法事、月曜日はかつての職場の人が集まってくれた飲み会。一番古い人は20年前の同僚。火曜日は社長が一席設けて下さった。いろいろお話が伺えた。水曜日は大阪まで行って講演会を聞く。終わったあと、講師の方と軽く一杯。木曜日は東京出張。打ち合わせの後、30年来のお世話になった方と飲み会。金曜日は・・・・。この日が休肝日の候補日だったんだけど、ヤマダ電機でダイソンを見てるうちに喉が渇いてつねさへ。で、今日は献血、サッカー観戦の後、プチ神戸観光。兵庫の津を歩いてたどり着いていた中央市場の定食屋さんで一杯・・・。
たくさん歩いてるので、何とか横ばいですけどねぇ。献血の検査結果が怖いな。

2012.10.05

【読】 世話焼き長屋

長屋の人情を描いたいろいろな作家の短編を集めてる。どれもこれも、いい話ですねぇ。
池波正太郎、宇江佐真理、乙川優三郎、北原亞以子、村上元三。

2012.10.03

本日の手作り弁当(10/3)

00000夏野菜カレー、アスパラ炒め、納豆の卵焼き、シュウマイ、金ゴマいわし、自家製浅漬け、はんごろし。
人参、茄子、ピーマンは油を使わずにガッテン流に蒸し焼きして、味付けは塩とカレー。これが辛いんだ。いつも返り討ちにあいます。
アスパラはハムの千切りと一緒にバターで炒める。炒めると言っても、これまたガッテン流。中華鍋をカンカン言わせていたのが懐かしいですわ。
あとは定番。全体に昨日とは打って変わって、味は濃いめです。

2012.10.02

本日の手作り弁当(10/2)

00000昨日作り損ねた弁当。リベンジです。

手羽元と淡路タマネギ・にんじんのサッパリ煮、茄子とピーマンの炒め物、自家製浅漬け。

煮物は、酒、醤油、酢、黒糖で、圧力鍋使用。前にも書いたけど、これまでおいらの家には「酢」が常備されていなかったので、この手のメニューはなかった。悪くないですね。

炒め物はまたまた「ガッテン流」。油をひと垂らしして熱したフライパンに、乱切りにした茄子とピーマンを入れて、塩胡椒して軽く混ぜ、後は弱火で蓋をして1分半。一回混ぜて醤油をひと垂らし。さらに蓋をして1分半。炒め物というよりも蒸し焼きかな。

キュウリは、梅昆布茶にまぶしてひと晩・・・のつもりがふた晩になりました。

今日はなぜか全体的に薄味になったし、もうひと品ほしいところでしたね。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »