フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 本日の手作り弁当(12/7) | トップページ | KOBEルミナリエ »

2012.12.10

接着剤劣化

中央道・笹子トンネルの事故。1週間経って、その原因として、天井板を吊っていた鋼材をトンネルのコンクリートにつないでいた部分の樹脂製の接着剤の劣化によるのでは、との報道があった。
確かに、コンクリートや金属のように目で見て判る部分よりも、奥に詰まってて、劣化が見えにくい樹脂製の接着剤の方が怪しい気もする。

ところで、先日の東京出張でのこと。虎ノ門で午後イチの会議だったので、少し早めの昼食をbistroWで。と、口の中に違和感。あれ? 左の上の奥歯のクラウンがとれちゃいました。食べていたものは「ブリの照り焼き」、決して堅いものじゃない。あちゃー。

幸い、とれちゃったものは飲み込むでもなく、かみつぶすでもなく、そのまま。
どうしよう・・・。ここで不幸中の幸いだったのが虎ノ門にいたこと。数年来お世話になっている歯医者さんがすぐ近くにある。「コーヒーでも如何?」と言って頂いたのですが「ちょっと、急ぎの用が・・・」と洗面所で口をすすぎ、取れたものを洗って、お店を出る。この時点で12:25くらい。

歯医者さんに搗いたのが12:30。受付にいたなじみの衛生士さんに「お久しぶりです。神戸に転勤になりまして。実は・・・」と事情を話す。「1時から会議なので、遅くとも5分前にはここを出たいのですが。」「センセイに訊いてきますね。」

診療中のセンセイに話をしに行ってくれニコニコしながら「5分前、大丈夫です」
早速、空いている診療室に入れて頂き、待つこと2,3分。(たぶん、他の患者さんの治療中だった)センセイがきて下さり、取れたものと口の中を見て「(さらなる)虫歯ではないですね。接着剤が弱ってきたのでしょう。このまま着けるられますよ。」

で、「今、世の中で最も強力と言われている接着剤で着けますね(^o^)。5分したら、ブリの照り焼きどころか、何を噛んでも大丈夫です。」

かくして、取れてから30分後には『世界最強の接着剤』と、優しいスタッフ・センセイのおかげで、無事元通りになりました。(今の会社の保険証はプラスティックカードになったので、財布に入っていたのもラッキーでした。)

帰り際、件の衛生士さんに「ありがとうございました、また来ます、・・・って、おかしいですよね。」「いえいえ、東京に来られることがあったら、クリーニング(半年に1度、無料なのです。)に寄って下さいね。」


« 本日の手作り弁当(12/7) | トップページ | KOBEルミナリエ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の手作り弁当(12/7) | トップページ | KOBEルミナリエ »