フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 三宮ランチ事情(5) | トップページ | 1.17 »

2013.01.17

忘れられない日

神戸にとって、忘れられない日が来た。
あれから18年。

当時の私は、東京で「都市計画の母」とも呼ばれる「土地区画整理事業」の担当だった。
朝から会議室で作業をしていたので、情報がはいらず、昼休みになって「大きな地震だったのだが。」との印象。
それでも、被害の中心地からの情報がないため、ことの重大さを知ったのは午後になってからだった。

それから2ヶ月、文字通り、不眠不休で、震災復興のための制度作り。「被災市街地復興特別措置法」がスピード成立し、それに伴う税制等も整備されました。

新しい制度の説明のため、3月下旬、震災後初めて神戸に来た。神戸に近づくに連れて、新幹線の窓からはブルーシートに覆われた家屋が増えてくる。神戸市役所はつぶれ、長田は焼け野原。

報道では何度も見ていたけど、実際にその場に立ってみると全く違う。
斜めになったビルの間を歩くと、自分が真っ直ぐ立っているのかどうか判らなくなる不思議な感覚。

そんな中にも、プレハブの仮店舗で営業を始めているお店もあり、勇気付けられる光景もあった。

これまで、思い出すことのなかったあの日のことが、たまたま神戸に移り住んできたことで、鮮明に思い出されてきた。

合掌。

« 三宮ランチ事情(5) | トップページ | 1.17 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三宮ランチ事情(5) | トップページ | 1.17 »