フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 本日の手作り弁当(5/28) | トップページ | 【読】ブラを捨て旅に出よう (歩りえこ) »

2013.05.28

二度目の甲子園(楽天・阪神戦)

仙台で応援していた楽天イーグルス。現在2位と好調。そのイーグルスが、セパ交流戦で甲子園にくると。
GW前には、楽天-オリックス戦が自宅近くの「ほっともっとフィールド神戸」であったのに気づかなかったから、今度こそは応援に行かなきゃならん。ってんで、小雨の中、甲子園まで。

甲子園は3月にセンバツで土佐高校の応援に行ったけど、プロ野球は初めて。
仕事を定時で上がって、阪神電車で一本。球場着は6時過ぎ。近いですねぇ。
三宮は小雨だったけど、この時点では甲子園は降ってなかった。たまたま、かりゆしウェアも鞄もクリムゾンレッド(汗)。こっそり球場入り。

当日券。銀傘の下の内野席なら雨には濡れない。生ビール1杯付きで2500円(つまり、席代は外野席と同じ1900円)のチケットもあったが、周囲は1塁側だけでなく3塁側も全てタイガースファンに違いない。そんなところで
楽天の応援していたら怒られる。それに、雨を嫌がっては選手達に申し訳ない。ってんで、外野の「ビジター応援席」(1900円)にする。ビジター応援席はレフトスタンドのごく一部。完全に「租界」の雰囲気である。

01

スタンドに入ったのは2回表、イーグルスの攻撃中で0対0。得点シーンを見逃していないことにちょっとホッとする(ホントは5対0くらいで勝っていることを期待しなければいけないのだが。)。

ビジター応援席にはパッと見たところ150名ほどのクリムゾンレッドのユニフォーム(=ビジター試合用)姿の一団。おいらも白のイーグルス・ユニフォーム(=ホーム試合用。これしか持ってない。)に着替える。ちなみに、仙台・Kスタはホーム側がレフトスタンドなので違和感なし。

03

楽天の先発は田中マー君。何年も前の夏の甲子園での熱投を思い出す。
前回(とは言っても、5年ほど前)、彼の先発をKスタで見たときも雨だった。

試合は3回裏に連続2塁打で2点取られて、追いかけることに。その後、イーグルスは何度か3塁までランナーを進めるものの得点ならず、イライラする展開。

2対0でリードされたまま5回終了で試合成立した途端、降ったりやんだりの雨が強くなってきた。これで降雨コールドだと悲しすぎる・・・。

02

そんな思いが通じたのか7回表。恒例の赤いジェット風船が反撃ののろしとなった。下位打線からだけど、マー君の代打・銀次がタイムリー、そして、この日2三振といいところのなかった聖沢が2点タイムリーで逆転!!

この間「杜の都の牛タンパワー!」とチャンステーマを叫び続けてました。本拠地Kスタでは禁止されているトランペットがここはOKなので、応援もより一層楽しい。

3対2と逆転して、「このまま行ってくれ・・・」と祈るも、マー君の後の中継ぎに青山登場。
おいら、この青山にいいイメージがなくイヤな予感。2連続ファーボールでランナーをためて、即降板。引き継いだ小山がタイムリーを打たれて同点に追いつかれる。ええい、飲んでやる!!

04

そして、あろうことか8回の裏にこれまたファーボールから1点取られる。
万事休す? と思いきや、9回表の阪神のピッチャーが「久保・・・」とアナウンスされると、何故か、楽天応援席から拍手。相性がいいのだろうか?
で、9回の表の攻撃。トップは、今日3安打の鉄平。期待を込めての鉄平コール。が、敢え無く三振。お前が打たずに、誰が打つ。気の早い阪神ファンは試合終了に飛ばす色とりどりの風船を準備し始めた。

が、ここからのイーグルスが凄い。代打で入っていた銀次がヒット、そして、今日、いいところが全くなかった松井稼頭央が同点の2塁打! さらに、投手・片山の代打・島内が逆転の3塁打!!!!!!!

絵に描いたような逆転劇。星野監督の采配がぴしゃりとはまる。考えてみりゃ、星野さんにとっても、タイガース、甲子園は古巣でしたね。

盛り上がる楽天応援席。歓喜の万歳コール。一方の阪神応援席(=球場の残り全部)は、早々に膨らましちゃったジェット風船を手に、手持ち無沙汰の態。
そして、島内を三塁において、前打席で逆転3塁打を放った聖澤が、ダメ押しの2ランホームランを阪神ファンの見守るライトスタンドへ。これで勝利は願いから確信へと変わりました。

次の瞬間、スタンドの阪神ファンは次々と席を立っていきました。確かにこの時点で試合時間は3時間半を超えていたけど、それにしてもねぇ・・・。
9回の裏はラズナーが危なげなく2連続三振と内野フライでゲームセット。勝利の白風船が飛びました。

05

試合終了後、ヒーローインタビューの場内中継もない(これって、阪神が勝っても同じかしら?)なか、恒例の「二次会」。スタンドに残って、選手達に激励のエールを送ること20分ほど。
その間に、阪神ファンはほぼいなくなり、球場を出ても脱力した阪神ファンが三々五々。懸念していた事態(阪神ファンに囲まれてボコられる、とか、阪神電車の中が「六甲おろし」の大合唱になる)もなく、無事、神戸まで帰ってきました。

雨の中の4時間の試合。逆転、逆転、また逆転と目が離せず、しかも、勝利で終わって、疲れも吹き飛びましたわ。
3年ぶりの観戦で、知らない選手もいて、応援歌も初めてのものが多かったけど、そんなの関係なく力の限り応援できましたわ。明日の朝、声、出るだろうか・・・。

« 本日の手作り弁当(5/28) | トップページ | 【読】ブラを捨て旅に出よう (歩りえこ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の手作り弁当(5/28) | トップページ | 【読】ブラを捨て旅に出よう (歩りえこ) »