フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 二度目の甲子園(楽天・阪神戦) | トップページ | 神戸オクトーバーフェスト2013 »

2013.05.30

【読】ブラを捨て旅に出よう (歩りえこ)

思わせぶりなタイトルだが、決して筆者がノーブラで旅に出たのではなく、「これまでの枠にとらわれずに」という比喩だそうな。

サブタイトルが「貧乏乙女の“世界一周”旅行記 」であるように、2年かけて、世界一周の貧乏旅行(総費用150万円)した女性の紀行文。

ひとつひとつのエピソードは「地球の歩き方」のコラム程度の分量なので、気楽に読める。訪れた90カ国のうちの20カ国ほどの体験の、どれもが「辛い旅」「危ない旅」「人の親切に触れる旅」のいずれか。よくまあご無事で、というのが正直な感想。(いつぞや、どこぞの国でテロリストの人質になって物議を醸したた人達と紙一重と言ったら、彼女に酷だろうか。)

訪問国では「民族衣装を着ることにしている」としてこぎれいな写真も載っている。行く先々で服を買っていたらバックパック一つでは収まらないだろうと思うのは大きなお世話だろうか。
写真学校に通ったというだけあって写真は上手なのだが、あれれ? これって、誰がとったんだ? 三脚したてて、セルフタイマー??

少々いただけないのは、各国(特にイスラム圏)行く先々で男性に「好意だけで」世話になってるのに「行為無し」で済ましているところ。ホントかなぁ。(唯一、恋心を抱いた相手が、オーストラリアで出会った日本人だったってのがオチなのだろうか。)

文章は若い(当時、彼女は20代半ば)女性の語り口でリズム感があってよいが、酷い状況をサラッと書き過ぎているからか、少々伝わってくるものがないのは気のせいだろうか。
01_2


« 二度目の甲子園(楽天・阪神戦) | トップページ | 神戸オクトーバーフェスト2013 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二度目の甲子園(楽天・阪神戦) | トップページ | 神戸オクトーバーフェスト2013 »