フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 青空・・・! (新妻聖子) | トップページ | 本日の手作り弁当(7/30) »

2013.07.29

【読】ダウン・バイ・ロー (深町秋生)

八神瑛子シリーズに気をよくして、同じ作者の小説を読み始めたのだが、期待はずれ。

山形のさびれた町で、次々と起こる女子高生の自殺、子ども殺し、放火・・・。これに、自殺した女子高生の友人である響子が巻き込まれていくのだけど、いやはや、何とも・・・。広島やら山口やらで、連続殺人や放火、少女同士のリンチなんていう現実の事件が起こっているからか、イマイチ楽しめなかった。
登場人物の会話のほとんどが山形弁?で続くのも、のめりこめなかった原因かも。

タイトルの「ダウン・バイ・ロー」は刑務所のスラングで「親しい兄弟のような間柄」ってことらしいけど、これは響子と死んだ遥のことなのか?  ちょっと残念な一冊でした。

Teshima

« 【劇】 青空・・・! (新妻聖子) | トップページ | 本日の手作り弁当(7/30) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 青空・・・! (新妻聖子) | トップページ | 本日の手作り弁当(7/30) »