フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 本日の手作り弁当(12/9) | トップページ | 本日の手作り弁当(12/10) »

2013.12.09

【劇】 MIWA (野田マップ)

919_large


久しぶりの野田マップである。タイトルのMIWAは、美輪明宏のこと。
彼の生い立ち(というか、生まれる前)から歌手として成功するまでの半生記(いや、殆ど、人生丸々)を描いたもの。
野田と美輪はどちらも長崎出身ということで面識があるだけでなく、美輪さん本人からも「野田ゼウス神が 又悪戯をして  私 美輪明宏の人生をもう一個創るそうな。 やれはて どうなります事やら 」とのコメントが寄せられている。

主人公・マルヤマシンゴ(美輪)を演ずるのは宮沢りえ。「おのれナポレオン」の代演以来である。天国での「踏み絵」で、男か女か定まらないまま、両性具有の安藤牛乳(アンドロギュヌス、古田新太=まんま、美輪明宏の姿)とともに、この世に生を受ける。、安藤牛乳曰く「二心同体」。二人合わせて美輪明宏を演じているということですわ。だから、歌うシーンではりえちゃん口パクで、後ろで古田さん熱唱・・・、とかね。

このシンゴの母を演ずるのは井上真央ちゃん。マリアさまから烈女まで、いろいろと演じ分けてる。

そこからは(どこまでが実話か判らないけど)、シンゴの身の回りに起こったことを、淡々と綴っている感がある。実家が遊郭、実母との死別、同性愛、隠れキリシタン、戦争、長崎原爆(空からグレーの薄布がふんわり)、アプレ、赤絃繋一郎(=赤木圭一郎)の事故死、オスカワワイルド(=三島由紀夫)の割腹。

時間と空間のマトリックスの中を飛び交う野田マップに比べると、一直線に物事が進んでいる。
「判りやすい」って行ったら起こられるかもしれないけど、判りやすかった。

ペース良く進むところは遊眠社っぽいかな?

(2013.11.30 大阪・シアターBRAVA! 9,500円)

« 本日の手作り弁当(12/9) | トップページ | 本日の手作り弁当(12/10) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の手作り弁当(12/9) | トップページ | 本日の手作り弁当(12/10) »