フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 キネマ (笑座こんぱる) | トップページ | 【劇】 巣鴨四丁目落語会 (立川志の輔) »

2014.07.22

【劇】 ブリング・イット・オン (Bunkamura)

Leaflet
この日、こけら落としから満2年を迎えた「シアターオーブ」で、初めて観劇です。入場の際に記念のクリアファイルを頂きました。

ブロードウェイミュージカル。タイトルの「ブリング・イット・オン」は「かかってこい!」という意味だそうな。

主人公はスポーツの名門高校、"トルーマン校"に通い、チアリーディング競技に青春をかけるキャンベル。
チームの主力メンバーとして全米チアーリーディング選手権連覇を目指す彼女は、ある日突然これまで通っていたトルーマン校から別学区の高校へ編入することになってしまう。
新たに通うことになったジャクソン高校には、チアーリーディング部がないため、キャンベルはジャクソン校の人気者でヒップホップダンスグループのリーダーであるダニエルとタッグを組んで、チアーリーディング部を設立。
新米チームが一丸となって全国大会を目指し、いよいよ決勝に進出!
常勝チーム"トルーマン校"と新進気鋭の"ジャクソン校"。
どちらがアメリカNO.1の座を勝ち取るのか?
」(公演WEBより)

アメリカの高校のチアリーダーの物語。このあたりは、1学期の最後の日ということもあってか、客席には制服姿の女子高生のグループがたくさんいました。
開演5分前、ステージに数字が現れてカウントダウン。演出かと思ったら、ホントに開演までのカウントダウンだった。
そして、開演時刻(5分ほど押していた)になり、客電が消えると客席から歓声。まだ誰も出てこないのに。
何だろ、試合開始のホイッスルみたいな感じなんですかねぇ。

冒頭から、チアリーディングに圧倒されますわ。切れのいいタンブリング、照明にぶつかるんじゃないかと思うくらい高く放り投げる技とか。知りませんでしたが、応援団なのではなくて(いや、もちろん応援もするけど)、これが独立したスポーツなんですな。

キャプテンのキャンベルや、副キャプテン、3番手をあの手この手で追い落とすトルーマン高2年生のエヴァってのが、何ともいやなやつで、逆に、ジャクソン高のいかにも悪そうな奴らが実はいいやつ。ま、お約束ですな。

ジャクソン高が優勝して、ハッピーエンドかと思いきや、そんなに甘くはないわけで、それでも、「あんなトロフィー、20年経ったら邪魔なだけ。」と、もっと大事なものを得たってのがいい感じです。

カーテンコールでは主演の女優さんのリードで「ハッピーバースデー ディア オーブ」の大合唱。

観劇日:2014年7月18日
小屋: 渋谷・東急シアターオーブ
木戸銭:12000円

« 【劇】 キネマ (笑座こんぱる) | トップページ | 【劇】 巣鴨四丁目落語会 (立川志の輔) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 キネマ (笑座こんぱる) | トップページ | 【劇】 巣鴨四丁目落語会 (立川志の輔) »