フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014.07.23

【劇】 巣鴨四丁目落語会 (立川志の輔)

これまでの人生で、年間最多観劇記録は2002年(名古屋)の45本。今年に入って半年ちょっと、この日の落語会が45本目。人生タイ記録。既に、今月末の「ミスサイゴン」、来月の「朝日のような夕日を連れて」、そして、9月の「火のようにさみしい姉がいて」のチケットは押さえてあるので、記録更新は確実です。
まあ、数を見りゃいいってものでもないし、平日に芝居を見ると、どうしても夕食が遅くなって、増量傾向に拍車をかけてしまうので、そろそろおとなしくしないとね。

Dsc03360_2

ってことで、3か月ぶりの志の輔さんである。今月終わりから本多劇場でやる「牡丹燈籠」の巣鴨バージョンってことなのだが、さて、普通の牡丹燈籠とどうちがうのか?

開演前、舞台上には登場人物の相関図が鎮座。お露と新三郎の物語かと思ったら随分、たくさん人が出てくるんですねぇ。

で、この相関図をどけるのかと思ったら、ちっちゃな座布団がちょこんと下手に敷かれる。はて? 太鼓と三味線で、前座さんが・・・と思ったら、浴衣姿の志の輔さんご本人。「自称落語家の立川志の輔です。」・・・、早速時事ネタ。が、その点はそれ以上ふくらますこともなく、事前に届いたメールについてひとくさり。そして、指し棒を片手に、解説が始まりました。

圓朝さんの牡丹燈籠は1日2時間、15日ぶっ通しで演じたもの。これを、たまたま速記者(日本に速記術が入って、最初にマスターした2人)が練習がてら客席でメモをとっていたらしい。
改めて落語大全集で読んでみて、是非やりたい・・・となったのだそうな。

しかし、さすがにそれを今かけるわけにいかないので、前半部分を盤面解説で一気に。

いやぁ、込み入ってますねぇ。先妻の子がどうの、父を殺されてどうの、侍の娘に見初められてどうの、不義密通に、とまあ、いろんなことがてんこ盛りですわなぁ。
「ガッテン」のような解説口調かと思えば、突然、お話が始まったり・・・。

35分ほどの解説で、盤面右半分は大体分かりましたよ。
「さて、後半の主人公は誰でしょう? 『笹屋』は違いますよ、これは居酒屋です。」(笑)

10分間の休憩といいつつ、20分ほどの中入りで、相関図はしまわれ、いつもの立派な座布団が敷かれ、紋付き姿の志の輔さん登場。

恋、不義、師弟愛、親子の情、そして、悪党ふた組。
前半と後半のお話が、実は時系列的には前後していたり、そのおかげで、妙に符合したり・・・と、野田秀樹の世界をセリフだけで理解するような。
怪談ではなくて、仇討ものの人情話なんですな。全ての伏線が改修されるのですわ。

見事、仇討を果たした孝助に、師・平左衛門の霊が現れる下りは志の輔さんのオリジナルとか。そのころには、志の輔さん汗だく・・・。

終演後、「本多のリハーサルの気持ちもないではなかったが、70名ばかりのこの空間と本多では全く別物ということがわかった。」と述懐されていたのが印象的でした。いまさらチケットは取れないけど、本多もみてみたくなりましたわ。

観劇日:2014年4月22日
小屋 : 巣鴨・Studio FOUR
木戸銭:4000円

2014.07.22

【劇】 ブリング・イット・オン (Bunkamura)

Leaflet
この日、こけら落としから満2年を迎えた「シアターオーブ」で、初めて観劇です。入場の際に記念のクリアファイルを頂きました。

ブロードウェイミュージカル。タイトルの「ブリング・イット・オン」は「かかってこい!」という意味だそうな。

主人公はスポーツの名門高校、"トルーマン校"に通い、チアリーディング競技に青春をかけるキャンベル。
チームの主力メンバーとして全米チアーリーディング選手権連覇を目指す彼女は、ある日突然これまで通っていたトルーマン校から別学区の高校へ編入することになってしまう。
新たに通うことになったジャクソン高校には、チアーリーディング部がないため、キャンベルはジャクソン校の人気者でヒップホップダンスグループのリーダーであるダニエルとタッグを組んで、チアーリーディング部を設立。
新米チームが一丸となって全国大会を目指し、いよいよ決勝に進出!
常勝チーム"トルーマン校"と新進気鋭の"ジャクソン校"。
どちらがアメリカNO.1の座を勝ち取るのか?
」(公演WEBより)

アメリカの高校のチアリーダーの物語。このあたりは、1学期の最後の日ということもあってか、客席には制服姿の女子高生のグループがたくさんいました。
開演5分前、ステージに数字が現れてカウントダウン。演出かと思ったら、ホントに開演までのカウントダウンだった。
そして、開演時刻(5分ほど押していた)になり、客電が消えると客席から歓声。まだ誰も出てこないのに。
何だろ、試合開始のホイッスルみたいな感じなんですかねぇ。

冒頭から、チアリーディングに圧倒されますわ。切れのいいタンブリング、照明にぶつかるんじゃないかと思うくらい高く放り投げる技とか。知りませんでしたが、応援団なのではなくて(いや、もちろん応援もするけど)、これが独立したスポーツなんですな。

キャプテンのキャンベルや、副キャプテン、3番手をあの手この手で追い落とすトルーマン高2年生のエヴァってのが、何ともいやなやつで、逆に、ジャクソン高のいかにも悪そうな奴らが実はいいやつ。ま、お約束ですな。

ジャクソン高が優勝して、ハッピーエンドかと思いきや、そんなに甘くはないわけで、それでも、「あんなトロフィー、20年経ったら邪魔なだけ。」と、もっと大事なものを得たってのがいい感じです。

カーテンコールでは主演の女優さんのリードで「ハッピーバースデー ディア オーブ」の大合唱。

観劇日:2014年7月18日
小屋: 渋谷・東急シアターオーブ
木戸銭:12000円

2014.07.17

【劇】 キネマ (笑座こんぱる)

Img1329512012年1月以来の笑座こんぱるである。
初回同様、芝居仲間がグルーポンでサービスコースをゲットしてくれて6名で乗り込みました。

例によって、食事数品と飲み放題。前回はシンガーがいたけど、今回はダンサーのみ。
ちょうど、この週から演目が変わり、ダンサーも「今回からです・・・」っていう人が二人。
もっとバタバタするかと思ったけど、ダンスはキレキレ、早変わりも素晴らしく、あの狭い舞台をフルに使ったあっというまの50分でした。

そうそう、おなべさん(女性→男性)のダンサーの腹筋が割れてるのにはびっくりでした。

観劇日:2014年7月17日
小屋 :銀座・笑座こんぱる
木戸銭:3410円 (定価)

2014.07.13

【劇】 女子穴 (東京マハロ)

Yabu2_2
2月に駅前劇場で「エリカな人々」を観た東京マハロの公演。

タイトルは「じょしあな」って読むんでしょうけど、別に女性アナウンサーが出てくる訳ではない。
「- この国の穴を喜びで埋めよう -」というサブタイトル。さらに判りにくいですよねぇ。実は不妊治療に励む男女達のお話。穴って??

舞台中央は不妊治療専門のクリニックの待合室、下手は診察室。ここのクリニックは夫婦で来院し、タイミング(排卵が行われている)がいいとそのまま別室で「性行為」をする・・・というシステム。実際の不妊治療がそうなのかは知りませんが・・・。

そして、来院者たちがみな顔見知り以上の会話をするのですよ。これって、どうなんだろう。同じ悩みを持つ夫婦達だから話はしやすいのでしょうが・・・。極めてデリケートなプライバシーが全く守られない病院なんですよ。
ようやく、受精したのに、出生前診断で陽性が出てしまって悩んでる・・・なんていう医者との会話が他の来院者に筒抜けになってたり。

まあ、妊娠すること、子どもを産むことがどれだけ大変なことは伝わってきたけど、おいらにはチョッと重過ぎる芝居でしたわ。

ひとつ気になったのが「嫁して三年子なきは去れ」というフレーズを役者さんが「としてさんねん・・・」と読んでる点。これは当然「かしてさんねん・・・」が正しのだけど、誰もおかしいと思わなかったのだろうか。アンケートに書こうと思って忘れてた・・・。

観劇日:2014年7月11日
小屋: 赤坂・赤坂RED/THEATER
木戸銭:4300円


2014.07.12

【読】 プリンセストヨトミ・鴨川ホルモー・ホルモー六景 (万城目学)

1

Yabu2

Photo


万城目学まつりですわ。3冊、一気に読みました。
これまでも、鹿男、しゅらぼぼんを友人から、マドレーヌ夫人を図書館から借りて読んだのですが、最後に読んでから2年半ぶりくらいでしょうかねぇ。

先月、人間ドックを受けたとき、待合室に「鴨川ホルモー」が置いてあり、つい読み始めてしまったのですわ。なんか、ホルモン焼きの物語かな、って思ったので手を出してなかったのですがねぇ。
ところが、ドックの待ち時間では読み終わるべくもなく、いいところで終わってしまったのですよ。

ってことで、Amazonの古本屋さんで買ったのですが、勢い余って3冊。入手した順番に読みましたわ。

プリンセス・トヨトミ
映画のポスターくらいしか見てなくて、豊臣秀吉は実は女性だった、それが綾瀬はるか・・・、なんて勝手に思ってたどこかで「大奥」とごっちゃになってたんだな。読み始めたら、会計検査院は出てくるわ、大阪は出てくるわ、訳もわからず、セーラー服の男の子は出てくるわ・・・。ときどき大阪の地図をスマホで出しながら読んで行きました。
文庫本で500ページを超える小説だったけど、一度も飽きることなく(ところどころで、登場人物に悪態をついたりして・・・)読みましたわ。発想がすごいな。

で、次が鴨川ホルモー。
大阪が秀吉なら、京都は陰陽師なんですな。(奈良が鹿で、滋賀が琵琶湖。人間ですらない・・・。)
にしても、ホルモーっていう競技が最後まで想像がつかなかったですわ。後から、ここはYOUTUBEで映画を見て、ああ、こういうことか・・・、ってね。
個人的にツボは「レナウン娘」ですな。

続けて、ホルモー六景。
これは、スピンアウト集。こいつが、よくできてるんですわ。本編が、ホルモーっていう競技の意外性とか、「一体何?」という得体の知れない興味で惹き付けるのに対し、こっちは、それぞれのキャラクターで読ませちゃうんですわ。前作の登場人物のばあいは、そのお陰で前作の深みが出てるし、そうでない主人公のものも、ふむふむ・・、って感じ。脱帽。

ググッたら、
鴨川ホルモー(2006年4月)→鹿男あをによし(2007年4月)→ホルモー六景(2007年11月)→プリンセス・トヨトミ(2009年4月)→かのこちゃんとマドレーヌ夫人(2010年1月)→偉大なる、しゅららぼん(2011年4月)

の順だそうで、最新作「とっぴんぱらりの風太郎」が昨年、そして「悟浄出立」ってのが今月にでるんだって。楽しみ。

2014.07.11

【劇】 王様と私 (映画演劇文化協会)

Img_5_2
「ハロー・ミュージカル!プロジェクト」という、誰でもミュージカルに楽しめるように・・・というプロジェクト。3500円という低価格で、全国19カ所を回るもの。しかも、主演は松平健と紫吹淳。全く手抜きなしなのである。ありがたいですねぇ。
まあ、本来、これだけ芝居を見ているおっさんじゃなくて、「この機会に生の舞台を見てみよう。」っていう層の掘り起こしなんでしょうけど、その辺りはご勘弁。おいらとて、「殿様と私」は見たことあるけど、「王様と私」は初見ですから。
今年の19カ所を加えると3年間で沖縄を除く46都道府県を回ったそうな。かわいそうな沖縄・・・。

あまりにも有名なお話ですが、念のため。
1860年代のバンコック。シャムの王様(松平健)は王子、王女たちに西欧式の教育を受けさせるため、イギリス人アンナ(紫吹淳)を家庭教師に雇いいれる。王様とアンナは、はじめは習慣や立場の違いから対立していたが、やがて二人の心は通い合い、絆を深めていった。
隣国から貢物として王様に献上されたタプチム(はいだしょうこ)にはルンタという恋人がおり、王様に隠れひそかに愛を育んでいた。
ある日、イギリスの特使ラムゼイ卿が突然バンコックにやってくる。
シャムを植民地にするための視察ではと驚く王様に、アンナは西欧式の晩さん会で特使を歓迎しようと提案する。王様の命令で、国を挙げての準備が始まった・・・。
」(公演WEBサイトより)

当日配られた8ページほどのパンフには、もう少し踏み込んだあらすじが載ってたけど、まあ、それは見てのお楽しみ。
音楽は生演奏でないのは、廉価版&旅公演なので仕方がないところですな。

悲しいような嬉しいような・・・のラストはグッとくるものがありましたな。おいら、「嬉しいような」に気を取られていて「悲しいような」の部分を見落としました。もちろん、作り手の意図はそれでいいんでしょうけど、ちょっと悔しかった。

アンナの「Shall we dance?」はうっとりしますねぇ。さすがです。また、バラエティでハイトーンのアニメ声を出してる歌のお姉さんが、実はものすごく歌が上手だってのも、ビックリでしたわ。何ていうか、他の出演者と比べて浮いちゃうくらい凄かったですわ。
ちなみに王様の腹筋は・・・、書いてありました。

観劇日:2014年7月10日
小屋:有楽町・東京国際フォーラムCホール
木戸銭:3500円


2014.07.08

【劇】 抜け目のない未亡人 (シス・カンパニー)

Yabu_2
18世紀のお話を、三谷幸喜が時代も、中身も翻案したお芝居。もともとは再婚を目指す未亡人と、彼女に求愛する欧州4カ国の男性の物語でしたが、これが三谷の手にかかると・・・。

未亡人ロザーウラ(大竹しのぶ)は、高齢の夫を見送ったばかりの元女優で、再婚はもちろんですが、どうやら女優復帰も狙って、映画界のセレブが集う国際映画祭に乗り込んでくる、というもの。原作の4人の求婚者たちは、イタリア(段田安則)、フランス(岡本健一)、イギリス(中川晃教)、スペイン(高橋克実)の映画監督たちに姿を変え、水の都を見渡す高級ホテルを舞台に、ホテル支配人(八嶋智人)をメッセンジャーに、あの手この手のアプローチを仕掛け、彼女を巡っての駆け引きが繰り広げるという設定とのこと。その上、相手は「元女優」ですから「演技」はお手の物!果たして、どんな方法で望みを叶えるやら・・・。
また、美しい妹(木村佳乃)の幸せの行方は?
」(劇団WEBサイトより)

まあ、難しいこと抜きにハチャメチャの楽しさとでも言いましょうか。冒頭の八嶋サンの登場からびっくりですわねぇ。
主演の大竹しのぶが五役(六役?)を可愛らしく演じているのは当然ながら、おいらには、狂言回しの八嶋サンのはじけっぷりが楽しかったですね。所狭しと舞台を縦横無尽に駆け回る様は、、真夏の世の夢のパックのようでもあり。また、高橋克実さんとのトリビアコンビとの絡みも面白かったですね。

最後にどんでん返しもあり、まあ、後に何にも残らない、おばかな楽しいお話・・・。

観劇日:2014年7月8日
小屋:新国立劇場 中劇場
木戸銭:9500円


2014.07.07

今年の夏は「ブータン」!

Yabu2_2
昨年、スイッチは入ったものの、気がついたら遅すぎて、しかも神戸発はおろか、大阪・名古屋発でもツアーが成立しなかったブータン旅行。
今年は、たまたま職場と同じビルにアジアに強いらしい旅行代理店がはいっているのを幸い、かなり早めに夏のツアーを申し込みました。
それが、ようやく「催行決定」の連絡がありました。最少催行人数10名のところ、ギリギリの10名参加だそうですわ。

催行決定すれば、後はキャンセルが出ようが何しようが、行けるそうなので、慌てて、準備。

先週金曜日、社宅のガスの点検・修理に立ち会う間、やることもなくて、ネットつなぎながらAmazonでポチ、ポチ、ポチ。すごいですねぇ、本屋を回るよりもずっと簡単に手配できて、土曜日には「歩き方」が、残り2冊も今日届きました。

柔らかいのと硬いのと実用的なので、これからブータンのお勉強です。出発はちょうどひと月後。
楽しみ、楽しみ。

【劇】 ものまねキャラバン4  (東京音協)

Yabu2
東日本大震災復興のためのチャリティーだそうです。もともと、物まね芸人さんたちは、震災後、現地で慰問をしていたそうですが、それ以外に何ができるか・・・ってので、コロッケが声をかけたみたいです。
このチャリティ・コンサート、今回で4回目だそうな。芸人さんたちはみなノーギャラだって。

出てきた人は、
コロッケ/布施辰徳/山寺宏一/トニーヒロタ/ノブ&フッキー/コージー冨田/ツートン青木/原口あきまさ/ホリ/はなわ/ミラクルひかる/ビューティーこくぶ/民秋貴也/よっぴ/花香よしあき/キンタロー。/工藤愛果/小石田純一/きくりん/JP/SATSUKI/アナログタロウ
とまあ、有名どころから、知らない人まで。
これだけの人を2時間半弱につめこむのだから、一人2,3ネタ。まあ、贅沢っちゃあ、贅沢だけどねぇ。

記憶にあるところでは、コロッケは「ロボットひろし」、コージーは「タモリからの石橋やら鶴瓶やら、ツートンさんは布施明でアナ雪、原口は稲川淳二をやって客席の子どもを泣かせちゃうし、ホリはキムタクで入ってきましたね。キンタロー。はいつもの前田のあっちゃん・・・・。

お笑いじゃない、山寺宏一とか、もとZOOのSATSUKIなんて方も来て、マジで歌ってました。得した気分。

そうそう、ホリが早速「野々村議員」やってました。
出口で芸人さんが募金箱持って立ってるんです。はなわ、原口あきまさ、ホリと中井貴一のそっくりさんに握手してもらいました!

観劇日:2014年7月5日
小屋:渋谷公会堂
木戸銭:5500円


2014.07.05

【劇】 籔の中 (駒塚由衣)

Yabu
龍之介の「籔の中」を駒塚由衣がひとり七役で演じる。
築地のあとりえでやった初演(2012年3月)、再演(2013年5月)も観たので、3回め。

あとりえ公演では、数十人のスペースで幅2メートルほどの高座での演技だったので、基本は高座の真ん中で座ったまま。動きも制約されていた。照明も普通の電灯で、衣装換えもなし(だった筈)。文字通り「ひとり語り」でした。

今回は、ちゃんとした芝居小屋で、ちゃんとした照明があり、衣装も変わる。何と言っても、立って、座って、後ろ向いて、前向いて、上手に動いて、下手に動いて・・・。「ひとり芝居」になったのですわ。

盗賊、女、男と衣装を替えるのだが、舞台上、半分だけ暗転して、薄ボンヤリした明かりの中、後ろ向きになり、脱いだり、羽織ったり。この数秒のお陰で、観ている方も頭の整理と心の準備ができるのだ。
心なしか、役者さんも余裕を持って演じているように感じました。間がとりやすかったのか、やはり、芝居仕立ての方が動きとセリフが出やすいのか・・・。

初演、再演で、これは長く続くな・・・って思ったんだけど、こんなに進化するとは思わなかった。

変わらないのは足踏みオルガンでのBGM。なにやら物悲しげな響きはそのままですねぇ。

演出は文学座の松本祐子さん。駒塚さんとは西瓜糖の「いんげん」がご縁とか?

観劇日:2014年7月4日
小屋:新宿三丁目・SPACE雑遊
木戸銭:3800円


2014.07.04

【劇】 女子と算数 (NICE STALKER)

Chirasi_naga_ob

サブタイトルは「大人になるまで、あと3億8千万秒」。
何とも奇妙なタイトル。女子高の数学の先生と一緒に見ました。場所は王子。「佐藤佐吉演劇祭2014」ってのが開かれているそうです。

この演劇を見ると、次みたいな問題が3秒で暗算できるようになります。

①18×55=? ②92×88=? ③36×0.25=?

こういうのがパッと分かるかどうかに、頭の回転とかは一切関係なくて、単に「読み方」を知ってるか、知らないか、漢字の読み仮名なんかと一緒です。男子だったら、飲み会の会計とかでさっと計算するとドヤ顔できますし、妙齢の女子が、つまらなそうにこういう暗算をやってのけたら、秒速で結婚したくなります。」(劇団webサイトより)

なぜか子どもの頃から、女子からモテる井黒くんと、彼を取り巻く女子達の壮絶な争いなんだけど、そこにあんぜか、機械式計算機(タイガー計算機みたいなもの)を発明した博士の妻と娘の話が少し入ってくる、まあ、何とも奇妙な芝居でした。
それもそのはず、創作団体NAICE STALKERとは「『芸術表現を大義名分』とした『個性的な女子達をフィーチャーした作品制作』を行うことを目的にしてるんだそうな。

だから、冒頭、本編とは何の関係も無く、女優さんが水着姿で登場したり、役名と芸名がおんなじだったり・・・。
そんななかで、由香利役の帯金ゆかりの存在感がめっけものでした。

「生きていくのには、小学校の算数で十分だ」ってセリフがツボでした。
当日チラシにはずらりと「参考・引用資料」が並ぶ。ほとんどが数学の本、そのなかで「算法少女」っていう小説があったので、早速、Amazonでポチっ。

観劇日:2014年7月3日
小屋: 王子・pit北/区域
木戸銭:2600円

2014.07.03

平河町ランチ事情(2)

3月に一回まとめて以来、三か月分のランチ事情。
転勤してきて3ヶ月。まだまだ、気になるお店は多いものの、食べに行くお店はだんだん固まってきた感じ。

【みどり食堂】
予想通り、一番多かったのはみどり食堂。近い、安い、ヘルシーですからね。味もいいし。

TFT弁当570円
いつものヘルシーランチが金曜日は1食当り20円が途上国の給食費になる弁当。鮭の唐揚げおろしポン酢、チャーシューと焼き葱のマリネ、蒟蒻の白あえ、じゃがいもピリ辛炒め、緑米、味噌汁。これで532kcal。
285175_2056241432_213large

TFT弁当570円
天気が悪かったので、久し振りにみどり食堂。金曜日のヘルシーランチはお弁当。メンチカツ、塩鮭、里芋煮、おかひじきとツナのサラダ。
285175_2064283265_119large_4

ビュッフェ480円
蕎麦でも食べようと来たら、いつも長蛇の列ができてるビュッフェがガラガラだったので。335グラムほどで400円、これに小ライス80円。
285175_2064283265_119large_6

ヘルシーランチ600円
鶏のゴマ味噌焼き、小松菜のお浸し、切り干し大根で500Kcalなり。
285175_2064283265_119large_13

かけそば+中華盛り合わせ290+100円
かけそばだけでは、チョイと寂しかったので、揚げ物追加。
285175_2064283265_119large_14

ざるそば320円
今日は朝からざるそば気分。定番ではないんですが、運良く、お隣でありつけました\(^-^)/285175_2064283265_119large_17

ダルダドガ550円
レンズ豆のカレーです。
285175_2064283265_119large_20

ヘルシーランチ600円
鯖の胡麻味噌風味焼き、山芋の柚焼き、こんにゃくの白あえ。657カロリー。
285175_2064283265_119large_25

【いけ増】
続いて、いけ増。ここのところ肉料理も出てきましたが、やはり目当ては魚系。
中でもワンコインのイカ刺し比率高し!。とにかく近くて、安いのが〇。

サービスランチ500円
今日はいか刺。
285175_2057651601_199large_4

まぐろの半刻丼700円
雨模様だったので、いけ増。facebookにマグロが並んでたので、まぐろ。分かりやすい選択(^○^)
285175_2064283265_119large_22

いか刺身定食500円
雨が降り始めていたのて、職場の先輩と駆け込みました。可もなく不可もなく。
285175_2064283265_119large_10

牛肉オイスターソース炒め850円
肉メニュー、始めて見ました。オイスターソースってところで、ギリギリ海繋がりか? にしても、850円出すなら、普通の店で、もっと豪華にいけたな。選択ミス。
285175_2064041994_36large

いけ増定食700円
今日はさば塩。ホントは500円のイカ刺定食が狙いだったんだけど、終わってました。残念。
285175_2057651601_199large

【勝や】
個人経営、頑張ってます。消費税率アップに際しても、お値段据え置き、内税価格。
行きつけの中では一番遠いお店ですが、なぜか行きたくなっちゃう雰囲気があります。

刺身定食700円
「刺身!」って頼んだら「終わっちゃった」。アチャーって顔したら「何でも良い?」もちろん! ってことで、いつもと違う内容。ラッキー(^○^)
285175_2064283265_119large_9

ホッケ700円
久し振りに来ました。こんなちっちゃなお店なのに、値上げしてない(^o^)v
285175_2064283265_119large

ニシン塩焼き700円
向こうの空が真っ黒だけど、焼き魚が食べたくて来ちゃった。こりゃ、時間との闘い。
285175_2064283265_119large_18

【あいち】
揚げ物メインのお店だけど、日替わりでいいもの出てきます。
こっち方面に行ったら、まずは日替わりをチェック。
空いてる時が多いのが、ちょっと心配(笑)

日替り810円  牛肉柳川風
久し振りのあいち。週末、あれだけ肉を食べたのに、また肉。この「あいち」のルーツは「愛知屋牛肉店」だそうなので、老舗の味ですな
285175_2064283265_119large_23

日替わり780円  茄子の肉詰めと鯵フライ
ここで初めてのフライ。サクッとおいしかったです。
285175_2064283265_119large_3

【月膳】
日替りはいつも魅力的なんだけど、「限定20食」なんてことも多くて、えっちらおっちら歩いてくと終わってることも多いのが残念。

日替り800円   煮込みチーズハンバーグ
ようやく初入店。小鉢も充実で、朝からの肉モードも満足(*^^*)
285175_2057129081_34large

日替わり800円  煮込みハンバーグ
285175_2064283265_119large_5

【その他】
他にもいろいろ行きたいのですが、なかなか勇気がでなくて・・・。
一回しか行ってなくても「×」という訳ではなく、その日の天気、気分、日替わりのメニュー等様々な要素が絡み合って・・・(以下略)

魚八
つくねと野菜たっぷりスープ720円
初めての通りで見つけた居酒屋サン。料理出てくるの遅すぎる。この辺では安いからなぁ。昨晩、飲み過ぎ、食べ過ぎなので、優しいものが欲しくなったんだけど・・・。何故か、漬け物二皿。串八珍のグループ会社のようです。

285175_2057651601_199large_5

あさ乃
幕の内弁当830円
高級料亭のイメージがあって入ったことなかったけど、お昼の弁当は手が届く。
285175_2064283265_119large_8

ふくすけ
週替り800円
10席ほどの地下の居酒屋さん。日替り、週替り、定番と5、6種類のメニュー。
気になってたんだけど、ようやく入店。が、一番忙しい時間に入っちゃったようで、出てくるのに時間かかった。
豚肉とブロッコリーの塩炒め
285175_2073778993_108large

らぶりこ
豚肉しょうが焼き御膳800円
@らぶりこ。「砂防会館の地下」と言うと何やら恐ろしげだが、ごく普通のレストラン。
ふっくらと美味しゅうございました。285175_2064283265_119large_15

美膳
冷やし中華850円@美膳。7月に入ったので、冷やし中華。285175_2064283265_119large_24

【番外編】
この3ヶ月、昼休みに虎の門の歯科、眼科に通っていたので、そっち系が多いですね。

新橋・炉ばたや
鶏磯ザンギ定食850円
お台場の帰り、ゆりかもめから見えたお店のランチ。青海苔の香りが食欲を増す。
285175_2064283265_119large_21

【虎ノ門・甚兵衛】
日替わり760円
虎ノ門の歯医者さんに来たついで。キス天、ハムフライ、イカフライふたつ、チキン南蛮に生卵。まさかの揚げ物4種盛り、カロリー万歳。体調の良いときしか来れない、それもご飯は少な目で。
雨の日割引で実際のお代は710円でした(^○^)
285175_2064283265_119large_12

【虎ノ門・峠そば】
天せいろ380円
虎ノ門の立ち食い蕎麦屋さん。チェーンじゃない、老舗の蕎麦屋さん。注文してから、茹でて、揚げる。
285175_2064283265_119large_7

【虎ノ門・Dio】
今週のパスタ900円
春キャベツ、ベーコン、アンチョビのあっさり塩味
値段は変わらないけど4月から、ランチサラダがなくなってた(^_^;) ま、仕方ないな。
285175_2064283265_119large_2

【虎ノ門・テング道場】
日替わり590円
鶏の唐揚げおろしソース&豚の特製たれ焼き
虎ノ門まで遠征しました。甚兵衛に行きたかったけど、今朝の体重がオーバーだったので。
285175_2057651601_199large_6

【日比谷・いわさき】
わかれ・味噌汁付き850円
日比谷シャンテの横にぽつんとある、知る人ぞ知る、古い定食屋さん。
午前と午後の会議が近くであったので、そのすき間に、足を延ばしました。
メニューにはない「わかれ」、カツ丼の上下が別に出てくる。
285175_2057651601_199large_3

【虎ノ門・ふらっと】
【新橋・】昼休みに虎ノ門の歯医者さんに来たので虎ノ門で。日替り630円@ふらっと(虎ノ門)。豚肉の焼肉風。焼肉そのものだと思うけど(^_^;)285175_2057651601_199large_2

【虎ノ門・bistoW】
チキン南蛮900円
虎ノ門で昼ごはん。これ、昔はワンコインだったよね? 美味しいから問題なし。
285175_2064283265_119large_11

まだまだ、いろいろ探しまずぞ。

本日の手作り弁当(7/3)

285175_2086993392_80large

茄子とニラの中華風炒め、玉ねぎのオムレツ、シュウマイ、玄米のミョウガとゴマのせ。

7月、ナスが安いです。玉ねぎが安いです。野菜が安くなると、俄然張り切っちゃいます。

ナス2本、細く切って、水にさらして、レンジでチンして、ごま油を熱した中華鍋で炒めて、あとからニラを投入。味付けは味覇。全く手間をかけず、美味しくできました。

玉ねぎはみじん切りにしてオムレツ。味付けもケチャップ、トッピングもケチャップ、手間いらず。
シュウマイはレンジでチン。

メインのナスが少々ギトギトしたので、せめてものサッパリ感代わりに、ミョウガをきざんで山ちゃんふりかけと混ぜて、ご飯の上に載せておきました。美味。

2014.07.02

【劇】 庭にはニワトリ二羽にワニ (せんがわシアター121)

285175_2046970965_172large
リーディング公演、すなわち朗読劇。標題作と「キニサクハナノナ」の二本立て。いずれも30分ほどの短編。

開演時間。男優がピアニストを連れてくる。が、他の3人は来ない。しばらくして、男女2人が来るが、一人足りない。
呼んでこいといわれて袖に入るが、待てど暮らせど戻ってこない。残された二人の役者もピアニストも飽きてくる。
新聞読んだり、「いっせーの」やったり・・・。
ようやく、4人+ピアニストが揃っても、それから、開演中の注意事項・・・。ようやく暗転。

「庭には・・・」は4人の役者と、ピアノ伴奏、そして、舞台奥に映し出される紙芝居風の絵とが役割分担して、いい感じに仕上がったドタバタ。ミュージカルのような、朗読劇のような、何とも不思議な・・・。
何とも空気の読めないマダム。死んだ母ワニの革で作ったベルトを娘ワニに巻いてやるなんて・・・。
でも、何となく、最後はみんなハッピー。

休憩後は一転して、しっとりしたお話。亡くなった人に、心残りをなくしてあげるというお話。とっと、IOHぽい。

最初が前座、一席目が新作、二席目が人情話・・・。できのいい落語の独演会を聞きに来た様な幹事。

そんないいお話なんだけどねぇ、やっぱ、子どもにはムリよ。
私の前のれるには2人の子連れ。まあ、始まって3分で飽きて、立ったり座ったり・・・。
二作目は、前の方の上手の客席から、ビニール袋をゴソゴソやるような音が延々と。それこそ、芝居の間ずっと。ありゃ、ひどいわ。ブルーシートで折鶴でも折っている様な感じ。周りが注意しないのかしらねぇ。
そんなこんなで、興を殺がれちまった。酷い話だ。

気を取り直して、終演後は、演出・出演の志賀廣太郎さんにツーショットをお願いしました。エライ先生を捕まえて「三匹のおっさん、ずっと見てました・・・」なんて、ほかに言う事なかっのか?>ぢぶん

観劇日:2014年7月1日
小屋:仙川・調布市せんがわ劇場
木戸銭:2000円


続きを読む "【劇】 庭にはニワトリ二羽にワニ (せんがわシアター121)" »

2014.07.01

野沢温泉2014夏(2)

6月29日(日)
6時過ぎ、すっきり目覚めました。朝市見物に繰り出す。

Nozawa087

食堂久保田のよーこサンもお店手伝ってました。

Nozawa089

ちょこちょこっと買い物して、大湯に入ってさっぱりして、宿に戻って二度寝からの朝ごはん。
この日は、トレッキングの予定。心配していた天気もまずまずもちそう。

4名の予定が、1名体調不良で、オイラを含む残る3名が、サポート車で出発。

メンバーの希望で「風硴(かざごうろ)コース」(「硴」は「かき(牡蠣)」のことだそうな)。
ところが、トレッキング用のリーフレットの地図では、どこが登山口なのかがよくわからない。
地元の人に聞いてもよくわからない。サポート車に、さんざん行ったり来たりしてもらうこと30分ほど。

最後は、まあ、ここじゃなかったら、仕方ない・・・と、柄沢ゲレンデの上で車を降りて、登り始める。舗装はされているものの石がゴロゴロ。

Nozawa096

と、歩くこと数分で、目の前に巨大な、雪崩防止の柵。商売柄、もの凄くテンションは上がったんだけど、横目で見ながら、山道に入っていく。どこにも「登山道」という表示がないのは、この柵(「なだれ防止林造成事業 なだれ減勢工」)という名前でした)を管理しているお役所が、立札を立てさせなかったのかしらねぇ。

Nozawa097

確証はないまま、六甲縦走で培った?勘で登り始めた5分ほどして、ようやく「風硴」の案内標識。
はっきり言って、不親切ですよ、これは。

Nozawa098

でも、まあ、ようやくスタート。良かった・・・。ってことで、スタートの記念撮影。

Nozawa099

で、登ること、5分ほどで「風硴(かざごうろ)」到着。はがれ落ちた岩がゴロゴロしてて、その隙間をくる風がひんやりしてて気持ちいのですわ。

Nozawa100

しかし、ここに来て、この注意書き。うーん、こういうのって、登り口にないといけないですわなぁ。

Nozawa101

ここからは、急な岩場をよじ登ったり、倒木を乗り越えたり、蛇ににらまれたり、根曲り竹を見つけたり。
ハイキングのつもりで来た仲間は泣きそうになってましたわ。

Nozawa102

おいらも、どんなコースか知らないまま、六甲縦走で揃えたアイテム(トレッキングシューズに厚手の靴下、ストック、ドレインチューブ、ゴアテックスの雨合羽、アミノ酸、ひざと足首のサポーター等)をフル装備。なかば「シャレ」で持って行ったのだけど、役に立ちましたわ。

Nozawa106

登り始めて90分ほど、ようやくゲレンデへ到着。やまびこから降りてくる一番左のバーンでした。来シーズン、滑りに行ったら確認しよう・・・って思ったけど、こんな標識は、はるか雪の下なんでしょうな。

Nozawa108

木々の間を抜けていた間はあまり気が付かなかったけど、視界が抜けてみたら山頂方面はガス。
それでも、あと少し、頑張って、山頂を目指す。

Nozawa110

山頂で、赤滝コースをトレランしてきた別メンバーと感動の合流。

Nozawa111

みなさん、お疲れ様でした。

Nozawa113

この後、おいらたちは、ゴンドラ山頂駅まで降りる。途中、急な土砂降りで、しばし、途中のリフト小屋で雨宿り。山の天気ってのは、ホントに変わり易いな。

サポート車にピックアップしてもらい、巣鷹湖へ。キャンプ場の売店で買った缶ビールのなんと美味しかったことよ。トレラン組は走って、やはり巣鷹湖へ。

ここで、みな車に乗り、温泉街に戻る。宿で風呂を借り、去年できたばかりの「なっぱカフェ」で遅い昼ごはん。

Nozawa117

15時半、おいらたちは野沢を後に。途中、事故渋滞等もあったけど、20時前に杉並着。
竹の子狩り→BBQ→登山、と、充実した二日間でした。


登りのコース
111111111111111

下りのコース
22222222222222222222222


野沢温泉2014夏(1)

毎シーズン滑りに行く野沢温泉。夏に最後に行ったのはいつだっただろうか。
今回、春スキーで話題が出て盛り上がった「竹の子採り & BBQ」のイベントが実現、梅雨の中休みの野沢を堪能してきました。

6月28日(土)

早朝、杉並ピックアップ。特段の渋滞もなく、8:30には雪のないげんたろうや着。

Nozawa003

早速、ひとっ風呂浴びて、長そで長ズボンにキャラバンシューズの装備で、いざ、竹の子採りへ。
9:00スタートで宿のマイクロに「狩り」のポイントへ移動。途中見える、湯Kのないゲレンデは、思いのほか、斜度が急に見えましたわ。
滑ること前提のスキーシーズンと、普通の山では感じ方が違うのかな。

ジャンプ台と謎の雪だるま。

Nozawa008

パラダイスゲレンデ。

Nozawa016

竹の子を採るヤマハ、国有林で、営林署から地元の森林組合が管理委託を受けているとか。
入山料(2000円/人・回)が必要。

Nozawa017

10時、竹の子採り開始。おいらたちが迷わないよう、やまびこAコースとBコースの間のささやぶが本日のお狩場。笹藪のなかへ果敢にチャレンジ。こりゃ、半袖、短パンだと絶対に無理だな。
早い人は夜が明けるのを待って、採りに来るそうで、おいらたちが来た時間は、既にその辺りの大物は採りつくされていましたわ。それでも、目が慣れてくると、おお、あるある。

Nozawa021

たっぷり一時間半の獲物はこんなもの。

Bgwjj_lccaazbj_2

宿のおかーさんの10分の1ほどだけど、自分の食べる分くらいは確保できたかな。
その後、近くの巣鷹湖のキャンプ場に移動。後発組とも合流して、いざ、竹の子汁&BBQ。

まずは、みんなで手分けして、竹の子の皮むき。仲間の持ってきた竹の子カッターの威力は抜群でしたわ。

Nozawa027

宿のお母さんに教わって、下ごしらえ。

Nozawa033

豪快に一斗缶で竹の子汁。

Photo

もちろん、サバ缶は必須。

Nozawa050

おかあさんが仕上げ。

Nozawa049

美味しく出来上がりましたっ。

Dekiagari

炭火の方も並行して焼きあがってきました。

Nozawa061

宴会は続くのでした。竹の子は汁のほか、皮ごと焼いて焼き竹の子も作ったんだけど、写真撮るのも忘れちゃいました。ほくほくしてて、えぐみもなくて、おいしかったですわ。

Nozawa062

飲んで、食べて、食べて、飲んで、15時半終了。

Nozawa076

宿に戻り、内湯で汗を流し、そのままロビー宴会に突入。

Nozawa084

お開きの後、ひとり大湯へ。貸切状態。たっぷりつかって、部屋に戻り、マッサージしてもらって。日付が変わる前に就寝。

Nozawa085

((2)に続く)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »