フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 幸せの国ブータン(その7・終) | トップページ | 幸せの国ブータン (小ネタ編) »

2014.08.26

本日の手作り弁当(8/26)

1

豚肉・ナス・ピーマン・青唐辛子の中華風炒め、ベーコンの卵焼き、ミニトマト、みょうがの甘酢漬け、やまちゃんふりかけ。

7月初め以来、ほぼ2か月ぶりの弁当作りである。食中毒の危険というよりは、野菜の値段の高さにインセンティブが働かなかったというのが正直なところ。
この週末は、一ノ関に行き、厳美渓の道の駅で産直野菜を仕込んできたので久しぶりに弁当。
ちなみに、ナス(中くらい6本)120円、ピーマン(小ぶり10個くらい)80円、青唐辛子(10本くらい)100円、ミニトマト(両掌で受けるくらい)100円、みょうが(10本ほど)100円。安いよねぇ。

ブータンで、青唐辛子を香辛料ではなく野菜として使う料理を食べてはきたのだけど、昼休みに職場で涙を流している図もどうかと思うので、いつもどおりおとなしく使う。

ナス3本は細切りにして水にさらす、ピーマンも3個細切り、青唐辛子は2本を種ごと輪切りにしてみました。
久しぶりに中華鍋を使って、じっくりと。いつもなら何も考えずに味噌炒めにするところなんだけど、素材(特に、青唐辛子)の味を生かすために、シンプルに塩味、ちょこっと味覇。あまりにも野菜が多かったので、いつもと逆に野菜から炒めて、肉を後から入れてみたら、肉がふっくらとしてgoodでした。で、肝心の青唐辛子は、丁度いい具合にピリッと辛かったですわ。

卵焼きは、これまたベーコンでシンプルに作ったけど、胡椒くらいふっておいてもよかったか。

ミニトマト。彩のつもりで入れたけど、塩なんぞふらなくてもおいしいですわ。

みょうが、千切りにして、一晩甘酢に漬けておきました。これまたおいしゅうございました。

今から思うと仙台時代は地場・近郊の野菜がおいしくて、安くて、幸せでしたわ。

« 幸せの国ブータン(その7・終) | トップページ | 幸せの国ブータン (小ネタ編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せの国ブータン(その7・終) | トップページ | 幸せの国ブータン (小ネタ編) »