フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 兄おとうと (こまつ座) | トップページ | 幸せの国ブータン (その2) »

2014.08.21

幸せの国ブータン (その1)

昨年夏のモンゴルにつづき、今年の夏はアジア秘境シリーズ(だったのか?)第2弾、ブータンです。
正確に言えば、昨年、ブータン・スイッチがはいったのですが、それが7月に入ってから。そもそも、雨季でお祭りや花もなく、シーズンオフであるブータンのパッケージ・ツアー、ましてや関西出発のツアーが見つかるわけでもなく。かなり無理をして(最少催行人数二人のところをひとりで成立させて)モンゴルツアーに切り替えたわけです。

今夏は昨年の失敗を繰り返すことなく、GW前に始動。前年から名前はチェックしていたユーラシア旅行社が職場の直近であるという幸運もあり、早速申し込む。2か月後、何とか最少催行人数(10名)が集まったとのことで、2年越しの念願のブータンに行ってきました。

Butan28_2

【ツアー内容】
「幸せの国 プータン8日間」(2014年8月9日(土)~16日(土))というツアー。丁度、お盆の期間で休暇もとり易かったこと、帰国して中一日で出勤なので、体調管理もしやすいこと、などから「これっきゃない。」と申込み。

が、よく日程をみれば、土曜は夕方成田発、バンコクの空港で1泊して日曜の昼前にブータン入国、帰りは金曜の朝に宿を出て、バンコクの空港で8時間近く時間をつぶして土曜朝に成田着。20年前に仕事でよく使ったバンコク深夜便(「おはようフライト」)なのね。
つまり、ブータン観光には4日半しか使えないんですわ。

でも、まあ、そもそもブータンには「これ」と言って行くべきところが多いわけでもなく、他社のツアーを見ても、民家泊があったり、トレッキングがあったりという程度。九州と同じくらいの国土だというから5日あれば、まあ、必要なところは見て回れるという寸法。ちなみにツアー費は40万ほどでした。

唯一の観光ガイド「地球の歩き方」のほか、ブータンに憑りつかれた?学者さんの「ブータンに魅せられて」(岩波新書)、ブータン人に嫁いだ友人を訪ねた漫画家さんの漫画エッセイ「旦那サマはブータン人」も購入、気分と知識を盛り上げる。

旅行社が通勤経路上ということもあり、申し込みから度々足を運び、直前には添乗員さんにも直接ご挨拶を済ませ、気分はピークへ。

【事前準備~出国】
当然、初めての国。首都ティンプーの標高が2320mと、志賀・横手山山頂くらい。涼しいとは思うけど、そうは行っても夏だし。夏の海外はサンダルに短パンだけど、「ゾン(後述)」やお寺は長ズボンじゃなければいけないとか、3000m超のお寺参りは、ハイキング+αの装備が必要とか・・・。どんな格好で観光すれば判らなくなっちゃって、結局、出発の直前まであーでもない、こーでもない。

2014年8月9日、晴。
土曜の朝、JR成田線が故障で運転見合わせ・・・という情報もあり、振り替え客で混んでるかもしれないと、予定よりも早く家を出て、京成本線でのんびりと成田へ。
夏休み期間の初日だったけど、心配したJRの影響もなかったのか座っていけました。
途中、日暮里駅では、芝居仲間のKさんとバッタリ。なんでも、中国に行くそうな。

集合時間の1時間ほど前に成田着。
旅行の前々日にスマホが壊れて、この旅行には代替機持参となることもあり、いつも出ているdocomoの出店で、パケ死しないようにチェックしてもらう。(そこで、これなら間違って使うことも絶対ありません、と「海外1dayパケ」なんてものを勧められて、あっさり登録してしまったのはナイショである。)

3

集合時間の30分ほど前にカウンターへ行くと、既に顔なじみの添乗員のNさんがオイラを見つけてくれる。どうやら、その周りをウロウロしている人たちが同ツアーの人らしいが、特に紹介してくれるでもなく、封筒を渡され、スーツケースを預けて、集合時間まで放牧。
で、集合して、チェックインして、各自、出国審査。搭乗口で再集合。

2

そしたら、やることは、GWでも夏休みでも一緒。
例のところで、出国のビールですわ。

1

バンコクまでの飛行機はタイ航空(TG)。GWのバンクーバー便がANA、エアカナダとTGのコードシェア便であることが多く、時折、タイのCAさんも見た気がする。まあ、今回はタイの人が殆どでしたが。

4

飛行機の中では、タイの缶ビール2本、ワイン赤・白と頂き、「小さなおうち」「カサブランカ」「誰がために鐘は鳴る」あたりの映画を観てました。にしてもTG機内は冷え過ぎ。毛布をかぶってたけどダメ。多分、風邪を引いちゃいましたわ。

で、バンコクのスワンナプーム空港着。だだっ広い空港。延々と歩いて空港内のホテル・・・、なんだけど、ここで一回セキュリティチェック。何故?
近いのはありがたいが、wifiも有料だし、カーテン開けたら、すぐそこが空港内の通路で、スーツケース転がしながら50センチ先を客が歩いてるし・・・。

数時間まどろみ、4時半モーニングコール、5時半集合で、こんどこそ、ブータンへ!!

(その2に続く)

« 【劇】 兄おとうと (こまつ座) | トップページ | 幸せの国ブータン (その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 兄おとうと (こまつ座) | トップページ | 幸せの国ブータン (その2) »