フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 きらめく星座 (こまつ座) | トップページ | 本日の手作り弁当(9/16) »

2014.09.15

【劇】 君となら (パルコ・プロデュース)

2
三谷幸喜作品、これまた鉄板。芝居仲間に誘われて、東京楽日に観てきました。

「もしも娘の恋人が、父親以上に年の離れた人物だったら…。 好きだけど隠したい、そんな彼が突然家に訪ねてきたら! 
嘘が嘘を呼び、劇場を誤解と笑いで満たす、抱腹絶倒の傑作お茶の間ホーム・コメディ!
映画「素敵な金縛り」、ドラマ「大空港」と三谷幸喜作品に出演した竹内結子が氏の作品で初舞台を踏む!」
(パルコWEBサイトより)

もう、この説明に何も付け加える必要はありませんわ。
床屋を営む小磯家の長女・あゆみが竹内結子、父親が草刈正雄、母親が長野里美。
自分の恋人が父よりもずっと年上(それどころか、3年前に亡くなった祖母と同世代)の70歳であることを言い出せずにいるあゆみと、事情を知り、なんとかその場を取り繕うとする妹・イモトアヤコ。

何と、竹内もイモトも「初舞台」だったおうな。既にひと月余りの公演が進んできたことも蟻、そんな様子は微塵も感じさせず、それぞれのキャラを伸び伸びと演じてましたねぇ。楽しい。特に、イモトが何とか姉の恋を応援しようと、その場その場で思いつく嘘をどんどん重ねていく様は健気で、可愛らしくって、それをぶち壊す、天然キャラの姉がうとましくすら感じる(笑)

最後までパジャマにステテコのお父さん・草刈正雄もいい味出してました。
にしても73歳で20代の孫のような女性との結婚。勇気を貰いましたわ。(それじゃ、ダメじゃん(笑))

みていて、なんか吉本新喜劇のドタバタ感をほうふつさせましたわ。
ちなみに初演は95年。ポケベルなんてものが小道具として、いい味出してました。

観劇日:2014年9月15日
小屋: 渋谷・パルコ劇場
木戸銭:9500円

« 【劇】 きらめく星座 (こまつ座) | トップページ | 本日の手作り弁当(9/16) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 きらめく星座 (こまつ座) | トップページ | 本日の手作り弁当(9/16) »