フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 本日の手作り弁当(9/9) | トップページ | 【劇】 火のようにさみしい姉がいて (シス・カンパニー) »

2014.09.12

最後の抜歯

今日は親知らずを抜いてきました。
4本中3本が生えてきたオイラの親知らず。真っ直ぐ生えてくれたのだけど、磨き方が悪かったのか、どれも、これもが虫歯に。「歯が痛い・・・」ってのはあんまり経験がないんだけど、親知らずは別。

脳みそに近いせいか(いや、ほんとに近いのかどうかはしらないけど)、とにかく痛くて、どれも神経を抜いて治療してもらったのですが、結局は抜くハメに。

1本目を抜いたのは22~3年前だろうか。実は、その当時、酷い肩こりに悩まされていたのだけど、抜いてもらったら、その肩こりが嘘のように解消した。当時の歯医者さんに「そんなこともあるんですねぇ。」と話したら「関係ありません。」と一言(笑)

2本目を抜いたのはそれから2~3年後かな。抜いた歯と噛み合わさっていた相方の親知らず。どんな症状だったかは忘れたけど、IOHの安室さんのお友達の旦那さんに抜いてもらいました。そのときもあっという間に抜いてもらいましたわ。

で、今回がラスト。7月の終わりくらいに左の奥歯が「かむと鈍痛」という日があって(丁度、職場の暑気払いでした。)、様子を見ていたのだけど、その後腫れてきたのが、ブータンに行く3,4日前。

旅先で痛くなったら困るので、急遽、いつものセンセイのところに駆け込んだところ、「普通は嫌気性のばい菌なんですが、ごくまれに、開くと元気になっちゃうばい菌がいて、そうなると腫れたり痛んだりする可能性もゼロじゃない。旅行前にそのリスクは犯したくない。」とのご託宣。
で、クスリで当面の腫れは押さえて、帰国後治療、旅先で痛くなったら痛み止めで対応・・・。ってことになりやした抗生剤?とロキソニンを処方してもらい、出国まで抗生剤を飲み、出国前日に状態を電話連絡するように、とのご指示。

お陰さまで腫れも引き、出発前日は連絡できなかったので、出発当日(土曜日・休診日)にメールで「何とか収まったので行ってきます!」とご報告。ロキソニンのお世話になることもなく旅を満喫。

帰国後、最初の診察でかぶせをはずしてセンセイ絶句。「思いのほか悪いですね。とりあえず、治療して当面もたせることもできますが・・・。」と珍しく歯切れが悪い。(歯医者サンなのに。座布団一枚!)
「親知らずでも一本は一本なので残せるものなら残したいですが、センセイはどうお考えですか。」「もし自分の歯だったら、抜くことを選ぶと思います。」 

センセイがそうおっしゃるなら決まりですよ。ただ、噛み合わせが少しずれてて、上の奥歯がこの親知らずとペアになってるそうな。そのため、抜いちゃうと、上の奥歯が逢い方を失ってずれてきちゃう恐れがあるとか、ないとか。
別の歯の治療でとった歯型で確認。一つ前の歯(本来の相方)と少しかみ合ってるので、抜いても大丈夫。

こんな経過で本日の抜歯となったわけです。
まずは麻酔の注射。歯茎の表面に塗る麻酔をするのかな?と思ったら、いきなり注射。でも、センセイの腕がいいのか、針が細いのか、チクっという感覚すらなし。
ゆーっくり、ゆーっくり麻酔薬注入。あとで伺ったら「1秒に1滴のペースでやってます。」 3箇所に針を刺して、全部で1〜2分くらいだったかな。

しばらくクスリが利くのを待つ。とがった器具で歯茎を押して、感じないのでいざ抜歯。抜歯って言えば、やっとこ見たいのではさんで引っこ抜くんだと思ったが、センセイが手にしたのは先が少し曲がったタダの棒。
それを歯にあてがった(といっても、ほとんど感覚はないんだけど。) で、センセイの手が2度ほど微妙に動いた。5秒? 10秒??

で、センセイが反対側にうつり、今度はピンセット。歯を取り出して終わり。
思わず「え? 終わりですか?」って訊いちゃいましたよ。全体で5分もかかってませんね。
痛みも全くなし。「口をゆすいでください。」ゆすいだら、真っ赤でしたけどね。麻酔で、口の端から「だーーっ」ってこぼれるようなこともなく。

抜いた歯を見せてくれました。思いのほか小さく、そして血まみれ。
「目ではわからなかったんですが、破折してました。」ってことでした。

綿球を噛んで、しばらく待つ。そのまま、衛生士さんから、今日の注意を受ける。
あまり強く口をゆすがない。血は出てくるが、その下で歯茎が閉じていくので、血を洗い流さないほうがいい。
激しい運動、アルコール、お風呂のように血行がよくなることは避ける。
ブラッシングでゴシゴシやらない。歯茎の穴に食べ物が詰まっても、ごしごしやるより、放って置くほうがいい・・・。

最後に先生から、「変わったことがあったら、すぐに来てください。しばらくは口の中で血の味がするけど、我慢して。」。よっぽど「レバ刺しは好物ですから。」って言いそうになりました。

帰り際、抜いた歯を衛生士さんが歯の形をしたケースに入れて持たせてくれました。親知らずも屋根の上に放り投げたほうがいいのかしら。でも、もう生えてこなくてもいいからなぁ。

抜歯から12時間経過しましたが、痛みも腫れもなく、今のところ順調です。
これが、人生最後の抜歯になりますように。

« 本日の手作り弁当(9/9) | トップページ | 【劇】 火のようにさみしい姉がいて (シス・カンパニー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の手作り弁当(9/9) | トップページ | 【劇】 火のようにさみしい姉がいて (シス・カンパニー) »