フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 第555回TBS落語研究会 (TBSテレビ) | トップページ | 都連役員選挙の投票結果 »

2014.10.02

上高地~乗鞍

御嶽山の水蒸気噴火で騒然となった秋晴れの週末、そこから北へ25キロほどの乗鞍だけに登ってました。
もともとは、名古屋のスキー仲間と温泉に使って酒を呑もう、というプランだったのですが、せっかくなので山にも登っちゃおう、ってことになったのがこのツアーになりました。

2014年9月27日(土)
早起きして朝7時新宿発の平湯行き始発バスに乗車。予約は一杯、人気あるんですね。
4時間半で、平湯まで着くはずが、秋の行楽シーズンの交通集中に事故渋滞まで重なって、八王子バス停到着にタップリ2時間かかる。

本来なら11時半にはついているのだが、途中、車内で「花子とアン」の最終回をスマホのワンセグで見る。と、テロップで「御嶽山噴火」。岐阜・長野県境と言えば、これからいく乗鞍も一緒。でも、距離感がわからないので、特段気にせず。

そのまま平湯到着は2時間遅れの13:30過ぎ。
平湯で合流する筈の名古屋組は上高地に向かっていたので、平湯ターミナル徒歩2分の宿に荷物を置いて、シャトルバスで上高地に向かう。

実は、初・上高地。何も知らなかったけど、この河童橋の風景を見れば、「あ、上高地」って判る人が多いそうな。
で、この河童橋のたもとで、会社の同期にバッタリ出会う。あちらは奥様・娘さんと。いやぁ、世界は狭い。
龍之介の「河童」は大昔に読んだけど、この橋が実際にあったとはねぇ。

00

彼らと別れて、散策。本隊が明神池→明神と時計回りだったので逆回りで歩くことに。
焼岳?かな、良い感じでした。このあと、本隊とすれ違いました。

01

明神橋。こんなに橋があるなら、わたるを連れてきてあげればよかった。
ここまで、河童橋から40分くらい。

02

そして、この日の散策の目的地、明神池へ。池をお参りするのに300円。
既に16時近くて、人も少なく、とっても静か・・・。神秘的でした。
我ながら、その雰囲気をうまく切り取れたと思う。

03

せっかくなので、自分も影で写りこんでみた。

04

そこから、右岸側をとっとと戻る。下りだから来る時よりも時間はかからないだろうと思ったのだけど、結局、平湯に戻る17時の最終バスにギリギリで間に合うタイミングでした。危ない、危ない。

で、宿(旅荘 つゆくさ)に戻って、まずは露天風呂で汗を流す。
鉄系のお湯かな。湯量が思いのほか多い。快適。

05

晩ご飯。地のもの中心の料理。親父さんが採ってきたキノコ汁とかね。そのオヤジさん、写真が趣味らしくて、賞を撮った写真のパネルなどを後から後から見せてくれる。民宿のいいところですな(民宿とは名乗ってないけど。)

06

この後は、再度みんなで温泉につかって、正しい「All Tokai Onsen Meeting」。日付が変わる頃にお開き。


9月28日(日)
6時半起床。宿の朝ごはんを早めにしてもらい、着替えて食事。7:40のシャトルバスで乗鞍畳平へ。
2700mまでバスで上がれる。すでに、紅葉がきれい。(今年は早いらしいです。)

07

これが、今回のフルメンバー。御嶽ではひどいことになっているけど、こちらは雲一つない、絶好の登山日和。

15

頂上の山小屋への荷物。50キロあるのだそうな。足元は火山らしく、岩がゴロゴロしている。
標高が高く木はない。8:30と、比較的早い時間に登り始めたけど、既に場所によっては渋滞していた。

08

標準タイム1時間半ほどのところ、のんびりと2時間かけて山頂・剣ヶ峰(3026m)へ到着。ひとりは、残念ながら途中リタイヤ。

09

剣ヶ峰から、南へ25キロ、御嶽山の噴煙が見えた。
これだけ見ると、穏やかな、湯気でも出ている感じ(「水蒸気噴火」って言葉が、間欠泉のようなイメージだからかな)なのに、あれだけの犠牲者が・・・・。

10

人ごみの剣ヶ峰から降りてきました。本日、2峰目、蚕玉岳(2979m(標柱には2980mとなっている))。

13

同行の4人は、山好きの方々。全員がバーナー持参(笑)
おいらも、ポットに入れてきたお湯を沸かしてもらいまして・・・。

11

雲海を見ながら、一万尺弱のカップラーメン!
気圧が低いので90度くらいで沸騰するそうだが、全く問題なし。おいしゅうございます。

12

昼食も終え、あとは下るだけ。途中の肩の小屋で、リタイヤメンバーをピックアップ。
このあと、3峰目の富士見岳(2817m(標柱には2818mとなっている)).

14

畳平には、岐阜・長野の県境があります。
志賀・渋峠の群馬・長野県境のような分かり易い目印はありません。それぞれの標識は、それぞれの県の中に入って1メートルほどに建てられているので、両県の間に、緩衝地帯があるような印象。

16

雲海ともお別れです。

17

畳平着13時過ぎ。13:40のシャトルバスで、ほおのき平経由で平湯には14:40に到着。
バスターミナルに隣接する日帰り温泉で汗を流し、仲間の車に送ってもらい、安房トンネルを抜けて松本へ。

18

松本では、30年来の飲み仲間がやってる居酒屋・恵辺家(えべや)へ。
「諏訪湖産のさんまの刺身ね。おいつ、小さいころは『わかさぎ』って言われてて、大きくなると秋刀魚になる出世魚なのよ。」・・・ウソツキ(笑)

19

昨年の2月、乗鞍で滑った後に寄って以来、1年半ぶりの仲間とパチリ。
新宿への21時の最終バスまで3時間弱、積もる話と美味しい酒で、二日間の〆にしました。

20

« 【劇】 第555回TBS落語研究会 (TBSテレビ) | トップページ | 都連役員選挙の投票結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 第555回TBS落語研究会 (TBSテレビ) | トップページ | 都連役員選挙の投票結果 »