フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« NEW減量日記96 | トップページ | 【ス】 AFSC正月ツアー »

2015.01.09

【ス】 サロットクラブ年末ツアー(2014.12.29-31)

仕事納めも済み、年賀状も書き、実家への年末への挨拶も済ませたが、クラブのツアーは大晦日から。東京でボーっとしてても仕方ない。ってんで、サロットの年末年始ツアーの前半だけ参加させて頂いた。

2014年12月29日(月) ガス
スキーバスで行くつもりだったが、年末のドタバタの中で予約しそこね、新幹線を使うことに。
板、ブーツ、ウェア、ヘルメットを宿に置かせていただいているので楽チン。早朝6時過ぎに家を出て、大宮から新幹線。
しばらく乗らないうちに、長野行き新幹線がかっこよくなってた。外観だけでなく、車内もシックな感じで、全席にコンセントがあるのも嬉しい。

00

長野駅に8:48到着。今回も、長野は雪。志賀への急行バスは満席で、増発だった。隣に座ったのはオーストラリアからのスキー客。2週間妙高に滞在予定だけど、5日目で疲れちゃったので、monkey parkに観光だそうな。
信州中野ICの出口渋滞や、途中でのチェーン装着もあって、サンバレー到着は15分ほど遅れて10:30.

同じく、この日からサロットツアーに参加の、東海・ととサンのメッセージが15分前。あわてて連絡をとるとジャイアントにいるとのこと。此れから着替えて追いかけても間に合わない・・・、「サンバレーに戻ります。」ってことで、無事合流できました。

01

初滑りのととさんと、サンバレー→丸池→蓮池→ジャイアント→西舘→高天ヶ原→寺小屋と奥へ奥へと進む。
どのゲレンデも雪はいいのに視界がイマイチ。
寺小屋で昼食。500円ナポリタンがメニューから消えていた(涙)

02

合流するはずの、そるとサンが忘れ物をして、途中買い物するので遅れるとのこと。
で、午後も引き続き、ととさんと2人。ここまで来たので奥志賀を目指すことに。寺小屋→一ノ瀬→焼額山。

03

結局、奥志賀もガスだらけ。この日はどこに行ってもこんな感じ。
今シーズン、7日目の志賀だけど、1日もいい天気がない・・・orz まあ、その分雪がたっぷりなので、贅沢は言えないけど。

04

奥志賀はワンタッチで、サンバレーまで一気に戻る。一ノ瀬ではぼんやりして、短いペアに乗ってしまうオマケつき。何のかんので、丸池のリフト乗車が16:25、ギリギリでした。。

141229


そこから、ととサン車で今回の宿・木戸池へ。
待っていたのは、そるとサンとヨークシャーテリアのコウくん、杏ちゃん。

044

夜着メンバーも到着して、4人で軽く飲む。おいらは、眠くて、早めに撃沈・・・。

12月30日(火)雪

早朝、東京組が2名到着。

05

睡眠不足のドライバーを一人置いて、5名2台で、ダイヤモンドを目指すも、蓮池の駐車場がガラガラだったので、こちらに停め、9時過ぎからスタート。時間も早く、ロープトーもそれほど混んでいなかったので、ジャイアントから一ノ瀬方面を目指す。

06

ロープトーが混んでなかったので、タマゴンに回ると、殆ど待ち時間なしで東舘山。
07

前の週に痛い目にあったパーフェクターコースに回ってみると、ふかふか。返ってメインゲレンデよりも滑りやすい・・・ってんで3本滑っちゃいましたわ。
08

で、滑走開始からまだ1時間半ほどなんだけど、朝から飲んでる人もいて、ダイヤモンドのレストハウスでトイレ休憩。
と、偶然にもそこには、今朝上がってきたうえいと、genが。で、合流。当然飲み始める。目の前のダイヤモンドも、ガスと雪で、あまり快適そうには見えない・・・、ってなことで、なんだかんだで3時間ほどの長い休憩。

09

宿で仮眠していたぐんも合流して、焼額まで足を延ばし、サンバレーにもちょろっと寄って滑走終了・・・、と思ったけど、16時に木戸池についたらまだリフトが動いていたので、最後の一本、で滑走終了。

141230

夜は地下のパーティールームで宴会。
ワインが次々に空きました。とはいっても、歳をとりましたなぁ・・・。日付が変わる頃には布団の中に入ってました。

12月31日(大晦日)晴

ようやく晴れ間が見えた。

Img00210

朝食、朝風呂のあと、さっと着替えて、荷物をまとめて、皆さんへのご挨拶もそこそこ、シャトルバスでサンバレーへ。

Img00212

年末年始ツアーの前半終了です。

宿泊代(2泊)     24,500円(食事時のビール、ワイン代等含む)
交通費(往路のみ)   8,700円(埼京線400円+新幹線6600円+急行バス1700=8700円)
リフト券代           0円(志賀シーズン券)
計                     33,200円(シーズン通算158,130円)

シーズン滑走日数  8日(うち志賀8日)

« NEW減量日記96 | トップページ | 【ス】 AFSC正月ツアー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NEW減量日記96 | トップページ | 【ス】 AFSC正月ツアー »