フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【ス】 K村スキー | トップページ | 本日の手作り弁当(2/19) »

2015.02.09

【ス】 ATOM25

毎年恒例のAll Tokai Onsen Meeting、略してATOM。
東海地区の乾杯仲間のイベントで、冬のスキーをはじめ、夏・秋にもイベントがあり、今回のスキーが25回目となる。
おいらは2001年の名古屋転勤時に初参加、ATOM5から。
そして、ここ何年かのスキーツアーでは、平日に休暇をとって、金曜から参加、っていうことにしています。

何ていうのか、「鉄板の安らぎ」のようなものを感じますわ。

2015年2月6日(金)
休暇を貰い、仲間の車で朝5:30ピックアップ。国分寺駅でもう一人拾って、4乗でいざ乗鞍へ。
八王子を過ぎたあたりで、前日の雪が山を白くしており、既にゲレンデが近い・・・と勘違いするほど。

で、富士山も見えて、テンションあがりまくり。

Img01112

10時半、乗鞍高原のペンション・ポエティカル到着。
いつものお宿、今年も貸切。本来チェックインは15時だけど、早速部屋を使わせて頂き、露天風呂へ!
何たって「温泉ミーティング」なんですから(笑)

Img01120

ゲレンデに出たのは12時近くなってから。平日の昼どきでゲレンデがらがら。
青空も見えて、雪もそこそこ。

Img01121

県外からの客専用の金曜1日券2000円。住所を証明できるものを見せて購入。通常4100円だから半額。
(ちなみに、金曜の「遠くても割」(県外)のほか、月曜は「松本市民割」、火曜は「レディース割」、水曜は「誰でも割」、木曜は「シニア割」なのだそうな。)

まずは、鳥居尾根を2本滑ったあと、かもしかを4本ほどやって、三本滝レストハウスへ。
あはは、ここでも乾杯。

Img01124

昼はここの名物の「山賊バーガー」。
要は鶏の竜田揚げっぽいやつで作ったバーガーなんだけど、ボリュームが半端ない。
カウンターのおばちゃんに「どうやって食べるの?」って訊いたら「かぶりついてください。」って、紙ナプキン渡されました(笑)

Img01126

午後になり、メンバーがだんだん集まってきました。この日のゲレンデ組はこのメンバー。
例年金曜から滑るメンバーが、今年はインフルエンザになったり、お子さんの受験だったりで来られなかったので、ちょい少な目。

Img0112701

引き続き、かもしかゲレンデ3本ほど滑ったあと、みなさん宿に戻るというので、一人、休暇村ゲレンデ、わたぼうしゲレンデ、山麓ゲレンデをそれそれのリフトが終わるまで転戦。
結局、全てのリフトが停まる16:30まで滑って滑走終了。
最近導入したSki Tracksっていうアプリによれば、この日の滑走コースはこんな感じ。
線がぼやけて見えるのは、じつは細かいターンも反映されているからギザギザなんですわ。

10981544_708100792641056_2813274709

記録はこんな感じ(最初の鳥居尾根が記録されてません)。最高時速73.6kmって出てて「まさか・・・」とは思ったけど、あながち、あり得ない数字じゃないみたい>知恵袋

983852_708101049307697_151639543847

宿に戻ると、半休組が到着していました。さっそく、わたるが遊んでもらってます。

Img01131

風呂にはいって、一日の疲れをとり、18:30から夕食。

Img01138

和洋中が選べるが、この日は中華。ハートランドビール→紹興酒と頂きながら、美味しい中華を堪能。

Img01143

そして、食事のあとはフロント前でゆったり、まったりと宴会。

Img01170

金曜日の仕事を終えて山に登ってきたメンバーが次々に到着。その度に乾杯。
そして、インフルで自宅療養中の仲間とはテレビ電話(Facetime)で乾杯。いやはや、凄い世の中になったものです。

Img01164

かくして、宴会は3時過ぎまで続き、ようやく長い長い一日が終わったのでした。


2月7日(土)
夜のうちにメンバーも増えてました。それほど飲んだつもりはないけど、睡眠時間が短いのがいかんですね。
洋食の朝食も、おかずは完食するも、パンはひと口ずつ残しちゃった。勿体ない・・・。

Img01176

食堂から露天風呂に直行。ストレッチしながら、しばらく浸かってたら元気が出てきました。
ちなみに、この露天風呂、体温よりもちょっと高いくらいの湯温。例えるなら「二度寝をした布団の中」と言ったところ。一度入ると出られなくなります(笑)

Img01177

のんびりしてたら、どんどんみんなゲレンデへ。慌てて準備して出発。
宿からゲレンデまでは歩いて5分くらいの距離。ただし、路面は凍ってるし、板を担いでブーツ履いて・・・だから、10分近くかかる感じ。
見上げると真っ青な空にゲレンデが・・・。今シーズン一番の青空。心は逸りますね。

Img01179

ゲレンデについたら丁度家族連れと合流できた。
年長さんから4年生までの子供たちも一緒に鳥居尾根へ。

Img01185

そして、みんなで、かもしかゲレンデへ。気が付いたら、クワッドリフトに大人はおいらだけ(笑) かもしかで待ってた仲間から「引率者だね。」

Img01187

この後は、子どもたちを先頭に(笑)、ひたすらかもしかゲレンデを滑る。
リフト下の不整地(滑走OK)に入ったり、平らなバーンで遊んだり。

Img01193

丁度12時に、前日と同じ三本滝レストハウスへ。
この日は「山賊焼き単品(1000円)」&生ビール。ダメなオトナの昼ごはんである。

Img01195

レストハウスで実に10数年ぶりの仲間に会う。
当時新婚だったけど、今じゃ3人のお子さん連れ。久しぶりのATOM参加ですわ。
ってことで、午後はこの家族と一緒に滑ることに。夢の平クワッドが、機械の故障で運休・・・ということなので、午前に引き続き、かもしかを何本か。

小6のお兄ちゃんはスピード狂。プルークファーレンで真っ直ぐかっとんでくる。
小4の妹ちゃんは、プルークボーゲンでちゃんとターンしてくる。
この辺りは、運動能力の差だけではなく、性格の違いですな(笑)

Img01197

途中で妹ちゃんに「魔法の紐」を使う場面もありました。久しぶりだったので、ドキドキしながら引っ張りましたわ。

何本か滑って、休暇村を2本、そしてわたぼうしで休憩。
テーブルが二つに離れたんだけど、滑ってる間は殆ど反応がなかった妹ちゃんが家族のテーブルじゃなくて、オイラの前に座りに来てくれたのは嬉しかったな。
ってことで、ダメなオトナのおやつ

Img01198

この時点で15時過ぎ。
家族連れは、あと2,3本で上がり・・・、ということなので、東海のパワフルなねーさんたちと最後の滑走をすることに。
鳥居尾根のリフトが停まるまで滑り、わさび沢のリフトが停まるまで滑り・・・。結局、前日同様、全リフトが停まるまで滑ってました。
どちらかと言うと大回りが多かったので、先週のような膝の違和感がでることもなく滑走終了。
この日のSki Tracks、数字はこんな感じ。

983852_708101049307697_1516395438_2

こういうのも出せます。鳥居尾根よりも、かもしかで最高速度が出ているようですわ。昼前、ゲレンデが空いたときに、リフト乗り場に直滑降してるときではないかと。

10429309_708110369306765_3296892365

宿に戻り、食事まで仮眠しようと思ったけど、風呂に入ってたら乾杯部長も入ってきたので、結局、晩御飯近くまで語ってしまいました。

夕食はオトナ・子供合わせて36名。食堂のキャパ一杯。インフルでドタキャンの人がいなかったら、入りきれないところでした。
この日は洋食。ダメな大人テーブルはハートランド→白ワイン→赤ワイン→日本酒とフルに頂きました(笑)

Img01215

Img01219

そして、夕食後はそのまま宴会に突入。
海外出張が多いメンバーが、世界中のビールを差し入れてくれました。ミャンマーとかホンジュラスとか・・・。

Img01222

乾杯部ジュニアたちはゲームに夢中。

Img01230

大人たちは「竹の子にょっき」で盛り上がり、わたるは今夜もプリンちゃんに遊んでもらってました。

Img01237

前夜よりは少し早く2時に就寝したのは良いのですが、寝る直前にポエママ(ポエティカルのママさん)が差し入れて下さったおにぎりを食べちゃった(しかも2個も)のはナイショです。

Img01247


2月8日(日)
朝から雪がちらついてました。
この日は家族連れは滑る人が多いのだけど、ダメなオトナは滑らずに寄り道しながら帰る・・・ってのが、ここのところのパターンになってます。

最終日の朝食は胃にやさしい雑炊を選ぶようにしてます。おいしゅうございました。

Img01251

ささっと露天に入り、撤収。
何家族かは既にゲレンデに行っちゃってましたが、残るメンバーで記念撮影。
写真でもわかるように、この時点では結構降ってました。

Dsc07722

ポエパパ、ポエママに見送られて、帰途につく。
風穴の里で土産を買って、飲むヨーグルトで乾杯し、途中のマニアックな酒屋で酒を買い、塩尻の大石家でラーメン食べて、五一ワインに寄って・・・、と安定のコース。

1

家にたどり着いたのが17時くらい。

いつものメンバー、いつもの宿、子どもたちは1年分大きくなる。
誰もが「お客さん」じゃなくて、それぞれができることを進んでやってくれる。

とっても居心地のいい3日間でした。

ツアー費: 25,000円(2泊3日+リフト券1日+宿での全ての飲み代)
交通費:   3,500円(往復ガス代、高速代割り勘)
リフト代:   2,000円(平日他県割引1日券) 
  計    30,500円

シーズン滑走日数  20日(うち志賀16日)

« 【ス】 K村スキー | トップページ | 本日の手作り弁当(2/19) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ス】 K村スキー | トップページ | 本日の手作り弁当(2/19) »