フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の記事

2015.06.30

闘う減量日記001

2001年6月「減量日記」、2006年4月「新・減量日記」、2011年4月「NEW減量日記」。

そして2015年6月、「闘う減量日記」が始まる。
ってなこともないんですが、4~5年ごとに名前が変わってるってことは、この100回は結構人生の転換期にも当たるわけで、闘ってみます。

とは言うものの、いきなりの増量。週イチで走ってるんだけど、週末のたびに大食いしてるからなぁ・・・。
【2015年6月7日(日)~2015年6月13日(土)】 (平均67.76kg 18.43%)
67.0kg(18.7%)→67.0kg(18.4%)→67.0kg(18.3%)→68.6kg(18.1%)
→68.9kg(18.8%)→68.2kg(18.2%)→67.6kg(18.5%)
この週の火曜日が人間ドック。その火に向けて、踏み台昇降なんてやってはいたんだけど、終わったその日の昼飯がうどんセット、さらにその夜はととや→いしやんの黄金リレー。やばいっすよねぇ。週末の演劇のオフ。金曜日に5キロジョギング。
【2015年6月14日(日)~2015年6月20日(土)】 (平均68.72kg 18.28%)
67.9kg(18.4%)→?kg(?%)→69.0kg(18.3%)→68.4kg(18.6%)
→68.6kg(18.6%)→68.7kg(18.4%)→69.7kg(17.4%)
この週は、実家から始まって、職場の飲み会が2日連続、その後招集がかかる飲み会が3連続。5キロのジョギング1回もむなしく、金曜日の食べ放題の翌朝4時は70キロ目前。ダメダメ。
【2015年6月21日(日)~2015年6月27日(土)】 (平均68.50kg 18.63%)
?kg(?%)→69.4kg(19.8%)→69.0kg(19.0%)→68.7kg(18.5%)
→68.1kg(18.5%)→68.0kg(18.2%)→67.8kg(17.8%)
しかも、その週末は野沢でBBQ。仕方がないので、月~木は休肝日で、しかも連日23時まで残業(でも、5キロジョギング1回)少しずつ、減らします。

2015.06.23

本日の手作り弁当(6/23)

971984_389083731209432_2059099586_n


鶏肉の味噌漬け焼、ささみの醤油漬け、野菜炒めカレー炒め、三色卵焼き、こうなご佃煮、十六穀飯。

冷凍庫の奥に眠ってたものをふた品。どっちも鶏肉でしたわ。
鶏の胸肉の味噌漬け。味噌をつけたままフライパンで焼いたら、焦げちゃったけど、それがまたおいしかったです。こっちは、いい塩梅でした。
一方、ささみの醤油漬け。こっちは、レンジで加熱しました。塩辛すぎ。もう少し薄く切って、大根おろしを添えて、酒のつまみにすればよかった。
で、ささみがあまりにも塩辛かったので、野菜炒めは塩はほんの少しでカレー粉で味付け。箸休めかな。
こうなごは、以前、実家でもらったもの。

2015.06.15

【劇】 百千さん家のあやかし王子

O0678096013311608170_2コミック、アニメの舞台化。

3月に観た「神様はじめました」と似た流れですね。
事故で両親を亡くし、施設で育った私・百千ひまりは、16歳の誕生日に送られてきた”遺言状”によって、”百千家”を相続することになった!さっそく百千家に向かった私だけど、なんとそこには先住人(葵・紫・伊勢)が!! しかも勝手に住んでるって…どういうこと!?(怒)
実は百千家は”現世”と”異界”の狭間に建っている家で、そこには妖怪もわんさと住んでいたの。そんな摩訶不思議な百千家で、私は妖怪に襲われそうに! それを助けてくれたのは”鵺”という妖怪に変身した(!?)葵だった!! 葵、あんた妖怪だったの!?」(公演WEBサイトより)
正直、これだけですわ。もとのコミックを知っていれば「おお、こうきたか・・・」ってな楽しみ方もあったのでしょうが、読んでないと難しかったです。
例えば、伏線(例えば「室内の結界」「ぼくの姿を見てはいけない」等)が全く回収されておらず、キョトンとしちゃったし、「火車」が何であるか、「式神」とは何かなどが全く判らないのですわ(「式神」は「神様・・・」に出てきたけど)。
説明セリフ があったけど、お芝居の後半なんですよねぇ。もう少し早いと判りやすかったのに・・・。
あと、役者さんでは、肝心のひまりのセリフが聞き取り難かったし、おんもらきも発声がちょっとなぁ。

それは置いておいて、主人公と妖怪たちとの闘いのシーン。殺陣はかっこよかったです。(物理的に叩きのめすのか、妖術?でやっつけるのかが、はっきりしてるとよかったけど。)

あと、子役の演技が怖くて、凄かった(笑)
観劇日:2015年6月11日ソワレ
小屋  : 銀座・博品館劇場
木戸銭:6800円

2015.06.14

【劇】 草枕 (シス・カンパニー)

Photo

mixiの観劇オフ会でした。

漱石の草枕を北村想さんが舞台化したもの。あんな不可解なものを・・・、と思うけど、絵になりそうなところばかりをかいつまんで、舞台に仕立てている。80分のあっという間の作品。

1場「智に働けば」から6場「住みにくい」まで。いや、別に、シーンと各場のタイトルに意味は無いみたいですが。

草枕の宿の主人と娘には実在のモデルがいたそうで、そのモデルとなった娘を
ストーリーとかメッセージ性とかではなく、あの草枕を舞台にしたこと、キョンキョンが可愛かったことで十分な芝居でした。

観劇日:2015年6月13日ソワレ
小屋: 三軒茶屋・シアタートラム
木戸銭:6800円

2015.06.12

本日の手作り弁当(6/12)

285175_2160261399_184large_2

豚の角煮、にんじんシリシリ、ミニトマト、十六穀飯。

明らかに手抜き弁当ですね。先週末に作った豚の角煮を早いとこ消費せねばならないのに、昨晩も芝居の帰りに新橋に寄ってしまったので、急きょ弁当を作ることに。

豚の角煮は4切れあるように見えますが、1個を半分に切ってます。もう少し配列を工夫すればよかったですね。
ニンジンしりしりは久しぶりに弁当へ。前夜のうちに、ニンジン中1本をしりしりしてレンジでチンして冷蔵庫へ。
朝は、油をひいたフライパンで、さっと炒めてシーチキンのちっちゃな缶半分をスープごと投入、さらに麺つゆを入れた溶き卵をいれて、さっと火を通して完成、弁当箱に入れてから、粒胡椒をガリガリ。
シーチキンを入れるのと、麺つゆで味付けするのは、那覇・牧志の「さかえ」のねーねー直伝。

もう一品、入れたかったけど、弁当箱のキャパもあって、これで終了。食材、少なっ!

実は、月末に持ち寄り宴会があって、豚の角煮とにんじんしりしりを作ろうかと思って、久しぶりに練習したってのが本音かな。
まあ、麺つゆ入れ過ぎさえしなければ、失敗の仕様がないメニューだけど。

2015.06.08

本日の手作り弁当(6/8)

Photo

豚の角煮(ニンジン、大根、卵)、ミニトマトとムラサキ玉ねぎのサラダ、金ゴマいわし、菜飯。

先週土曜、すきっ腹で高円寺の「業務スーパー」に買い出しに行ってしまい、つい買ってしまったのがカナダ産の豚バラブロック。まじめな減量を誓い、かつ、週明け火曜日には人間ドックだというのに・・・。

ま、それならそれで、思いっきり脂肪を減らして調理するしかない。
まずはフライパンで各面を十分焼いて、脂肪を溶かし出す。
さらに、圧力鍋で20分間、茹でる。ホントは、長ネギの青いところとか、生姜スライスをいれて、臭みをとるのだけど、実のところ、それほど臭み何て気にならないからオッケー。酒と塩を少しだけ入れる。

それを水洗いして、再度、乱切りにしたにんじん、衣装切りにした大根と一緒に圧力鍋で麺つゆ、みりん、酒、黒砂糖、鷹の爪と一緒に圧力かけて20分。

日曜夜には、ゆで卵を漬けておきました。
ごっく前日の昼飯にどうか・・・とも思ったけど、20時間は開くので弁当へ。
美味しゅうございました。脂身も「コラーゲン」っぽくて、殆ど気になりませんね。
カナダ産豚肉というんだけど、カナダでは、牛肉よりも高い豚肉、どうして、こっちではこんなに安く買えるんだろう?

豚肉の茹で汁は何度か火を通して、冷まして、浮いて固まったラードを掬い取る・・・という作業を繰り返して、スープを作る。刻んだ大根の葉っぱをこのスープで炊き込みました。味付けは塩少々。これまた美味しゅうございました。

玉ねぎは職場の近く売店?で、なぜか「有機玉ねぎ」って、2個140円で売ってました。何となく、買っちゃいました。スライスオニオンにして、マヨネーズで和えて、その上にミニトマト。ミニトマトと大根、にんじんは自宅近くのコンビニの駐車場の「24時間市」で購入。
ってことで、人間ドック前日に、挑戦的なメニュー。豚肉の塊でドロドロにして、玉ねぎでサラサラに。さて、結果や如何に?

粘土細工のお人形

高校の頃に世話になった伯母さん(正確にはとーちゃんの従姉)が、趣味で作っている粘土細工のお人形。
もう、何十体もあるそうな。売るでも、展示するでもなく、おうちに飾ってるそうな。
親戚の集まりで、写真を頂いたので、アップ。(タイトルは、おいらが勝手につけました。)

あなたは、どのお人形さんがお好き?  おいらは・・・

1 ひまわり娘1

2 水を汲む少女

2

3 羊飼いの少女

3
 犬のお散歩


4

5 腰掛ける少女

5

6 微笑む少女
6

2015.06.07

【劇】 お嬢さんお手上げだ・明治編 (沢田研二)

2 気がつけば、5月はひとつも芝居を観ませんでした。

6月に入って、最初の芝居が、沢田研二の音楽劇。

「1978年に発売された沢田研二のアルバム「今度は、華麗な宴にどうぞ。」の収録曲「お嬢さんお手上げだ」をモチーフに、演出家・マキノノゾミが書き下ろしたこの作品。小説家の安楽満裕士(沢田)のところに、九州からやってきた弟子入り志望の若き乙女が「あたくし、先生の実の娘です!」と爆弾発言をしたから、さあ大変。明治末期の東京・下町を舞台に、歌と踊り、笑いと涙の“音楽コメディー”が繰り広げられます。」(チケット販売サイトより)

冒頭、ダンスシーンがあり、筒井康隆が出てるのか?と思ったらジュリーでした(苦笑)

お話は、ホンワカで、客席はほとんどジュリーのファン。だから、彼がコミカルな動きをしたり、小芝居(机にぶつけた拳を何度も気にする、雨のシーンでめがねにかかるしずくを何度もぬぐう等)をすると、それだけで笑いが起こるんですね。
オイラから思うと、ジュリーなんてドリフでコントやってるから違和感無いんですけどねぇ。
芝居の時には声を作って、しょぼくれた初老の作家を演じてるんだけど、歌のシーンになると途端に「かっこいいジュリーの声になっちゃうのが、ちょいとなぁ。いや、そのほうが楽しめるんだけど。

劇中劇のパリのシーンで「若き画家」を演じてるのだけど、そこはキツかった(笑)
観劇日:2015年6月5日(金)ソワレ
小屋:渋谷・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
木戸銭:8,500円

2015.06.06

NEW減量日記100

【2015年5月31日(日)~2015年6月6日(土)】 (平均68.54kg 18.24%)

68.5kg(18.6%)→68.3kg(18.6%)→69.5kg(18.6%)→69.5kg(17.9%)
→68.6kg(18.2%)→68.1kg(17.7%)→67.3kg(18.1%)
記念すべき100回目の日記ですわ。
こんなアホみたいな体重で飾ることになるとは・・・。
月・火と宴会が入り、翌日は70キロ目前の緊急事態。

前週末の10キロラン後ということもあり、ジョギングはお休みして、スクワットやら、通勤時の小走りなんてことをやりはじめたところ、ありがたいことに、少しずつ減ってきました。
この調子で、行きたいものですな。体重はあと2キロばかり、で、体脂肪も1%ほど落とせるとベストなんだけどねぇ。これから梅雨入りするとジョギングもなかなかできなくなるので、さて、どうしたものか。

2015.06.04

「2015年餃子の旅」

既に半月も経ってしまったが、5月、宇都宮に出張。多分、初めての宇都宮泊。それならば、と、「郷に入れば郷に従え」「義を見てせざるは勇無きなり」「名物に美味いものあり」・・・・、餃子ですよ、ぎ・ょ・う・ざ。

宇都宮駅に着いて、仕事先へのバス停の場所を訊きがてら、観光案内所で餃子マップをゲット!

U01

ペデストリアンデッキには餃子の像。

U02

街なかには川が流れ、きれいな街>宇都宮

U03

「宇都宮」という地名の下にもなった「二荒山神社」

U07

でも、今回はそんなのは関係なし。午前中の仕事が終わり、昼ごはんに繰り出す!

何故か、「大阪のお友達」から紹介されたこの店へ! 会場から5分もかからず、ラッキー。

U04
味一番」。さすがに昼時とあって、混んでました。前の4人のグループは断られてた。おいらは一人なのでカウンターに。ここで食べるべきは、焼き餃子、水餃子、そして、餃子の皮を使った饂飩!

U05

皮がモチモチです。水餃子は器に、醤油、酢を垂らして食べるのが宇都宮の流儀らしい。

U06

そして、餃子饂飩。名前の通り、皮はうどんに、そして、具は別盛になっていて、スープでのばしてつけ麺風に食べるそうな。

11096612_769271026524032_7708337010

ハシゴをするつもりだったけど、お目当ての店は二軒とも休業日で、仕事の会場に戻り、午後のお勉強。
お勉強後の意見交換会(と言う名の懇親会)は、ホテルの宴会場にて。当然、ここでも餃子が供される。

11053116_769311256520009_7242841969

そして、意見交換会終了後、たまたま出会った中学の同級生と街に繰り出しす。
21時を回っていて、店が限られる中、チェーンの宇味家へ。

11255545_770046169779851_7343578929

さて、二日目。午前中のセッションが終わり、仕事仲間4名で会場近くの香蘭へ。
12時5分くらいで、既に行列が。(まだ、店の外にはできず、店内に5名ほどの待ち)

U24

老舗の有名店だけあって、色紙もずらり。

U25

餃子は回転が速いが、それでも10分ほど待って、着席。
4人で、焼き4、揚げ2、水4と注文。

U26
具はこんな感じで、さっぱりしてる。

U27
満足して、午後の最終セッションへ。

終了後、最終新幹線までの勝負。仕事で一緒になった大学の先生と4人で、まずは、前日、休業だった「正嗣(まさし)宮島本店」へ。
シンプルなお店ですね。1年前に貰い火で全焼して、たった2週間で営業再開したそうな。人気店ですね、すごい。

U10

17時ちょっと過ぎで数分待ち。カウンターだけのお店。ここはビールはおろか、ライスもなし。餃子一本で勝負!  ハシゴの予定だったので、迷った末、焼きのみ注文。

U11
目の前で焼いてくれた餃子には羽がついてた。張り紙にもあったように、少し小さ目。

U12
そして、野菜が多い感じです。美味しゅうございました。

そして、「正嗣」の火事による移転で並びになった「宇都宮みんみん本店」へ。

グーグルマップでは、正嗣は移転前のところに名前がありました。実際は印のついたところに移転していて、みんみんに近づきました。はしごには楽。

1

実は、こちらみんみんも、昨日はまさかの臨時休業でしたわ(泣)

U13

こちらは少し大きくて、カウンターとテーブルがあったけど、待たずにカウンターに案内された。

仕事も無事終わったので、ここで一息。宇都宮クラフトビールの「餃子浪漫」。

U14

ちょいと色のついた、美味しいビールでした。餃子に合うか?って言われると、おいらは、普通のピルスナーの方がいいかなぁ。(あとで、ググったら、そういう感想の人もおおかった。)

さて、餃子は、例によって、焼き4、水4、揚げ2の黄金比率。

U15
揚げ餃子って、お店によって、かなり感じが違う。
(水餃子の写真は撮り忘れた)

さて、ここで3人とお別れして、もう一軒「大阪の友達」お奨めのビアパブへ。
ここも、昨晩、22時過ぎに来たら閉店・・・。ビアパブが22時で閉店って、どうよ・・・。

U16

ブルーマジック」。
ここは、ただのビアパブじゃなくて、ブリュワーさんなのですわ。店の奥に醸造所があるのだ。

U28

まずは、呑み比べセット。ここのビール2種と、餃子浪漫を作ってるブリュワーさんのビール2種。

U18

滅多に店に顔を出さないたっき~サンがいて、いろいろと話しかけて下さり、初めての店なのに、全くそんな気が無い。この後、このブリュワーさんのビールをもう2種呑んでコンプリート。美味しいビール。

U17

ちなみに、このお店、フードはナッツくらいしか置いてなくて「持ち込みを推奨」。隣のおねーさんは、中華料理屋さんから出前を取ってた(笑)

たっき~さんと、クラフトビールの話から栃木の地酒の話になり、県庁近くの居酒屋さんの話になる。
聴けば聴くほど、行きたくなる。最終新幹線まではまだ2時間はあるし、次はいつ来られるかわからない。「迷ったら行け」(ぴな母の訓え)

で、やってきました「庄助 」。
路地を入ったところにひっそりと佇んでました。

U29

庄助とは、朝寝朝酒朝湯の小原庄助さんのこと。置いてあるのは会津の末廣だけ。栃木の地酒はなし。
後で知ったが、時間帯によっては満席のことも多いらしいが、幸い時間帯のせいか、曜日のせいか、L字型のカウンターは客無し。こういうときって、どこに座ったらいいか迷う。
左側がオヤジさん、右側がおかみさんのテリトリーらしい。センター、やや上手寄りに座る。
席は迷ったが、注文は迷わない。もうビールはいい。末廣を常温で。
お通しは、小松菜の胡麻和え。

U19
で、注文も、たっき~さんお奨めの「柚子みそ」。
何がどう出てくるのか、皆目見当がつかなかったが、出てきたのがこれ。

U21
柚子をくりぬき、皮の中に味噌をつめて干す。普通の味噌だと、乾燥(=凝縮)した時に塩辛くなりすぎるので、塩分を抑えた(確か3割くらい、っておっしゃってた)味噌を特別に作ってるとか。見た目もそうだけど、からすみに似た味わい。白く見えるのはクリームチーズ。抜群の相性。
U20
厨房の日の上に、藁で結んでぶら下がってた。11月頃に仕込んで3週間目くらいから食べる荘な。これが無くなったら終わり。以前は、1年通して出たんだけど、今は人気で翌年分が出来上がるまでになくなっちゃうそうな。
お土産もあり、とのことで、ひとつ分けて頂いた(1000円でした。)

この後は、勢いがついて、いろいろ注文する中、どさくさに紛れて餃子も頂く。ホテルもいれたら6店目。U22

見た目は、普通の餃子だけど・・・

U23

よそと違いニラがタップリ、さらに、ヤーコンが刻んで入っていて、独特の食感。
美味しゅうございました。

新幹線の最終で東京に帰る旨話していたので、親父さんが、「そろそろタクシーを呼んでおこうか。」と声を掛けて下さり、無事、「2015年餃子の旅@宇都宮」は幕を閉じたのだった。

本日の手作り弁当(6/4)

11053116_769311256520009_72428419_2
手羽元と大根の煮物、三色スクランブルエッグ、金ゴマいわし、青菜・シメジご飯。

先週、大量に炊いた手羽元がまだ残ってたので、弁当にしました。大根が少なかったので、追加して炊きました。もう、鶏肉は嫌と言うほど火が通って、ホロホロです。でも、さすがに骨までは食べられないなぁ・・・。

後はありあわせ。
大根の茎は、刻んで、塩で揉んで、さっと炒めて、シメジご飯と混ぜてみました。

卵焼きは、入れるスペースがなくなったので、いい加減にスクランブルにして、ご飯の上に載せた。薄口しょうゆで味付けしたら、見た目もきれい。白だしのときにも思ったけど、凄い調味料だな。

金ゴマいわしは久しぶりの登板。

2015.06.03

ひさしぶりのランニング大会(2015.5.30)

神戸時代の最後は神戸マラソン&六甲全山縦走に参加したこともあり、東京に戻ったころは65キロ台を推移していたのに、1年半、すっかり運動不足になり、今じゃ4キロばかり増えてきている。

量るだけダイエット」も限界になってきたので、真面目に減量に取り組もうと決め、そのスタートの意味で、久しぶりにランニング大会にエントリー。

RUNNETで、開催日・会場が近い大会を探したところ、フジオ・プロジェクトなる団体のたまがわクリーン10kという大会がヒット。多摩川下流の川崎よりで5月の最終週、5キロと10キロがある。

酔った勢いで10キロの部にエントリーして、泥縄式に足慣らしのジョギング開始。

自宅の近く、善福寺川沿いのコースが信号もなく距離の増減ができて、思いのほか走りやすいのがありがたい。また、20数年ぶりの皇居も、半蔵門駅近くの銭湯バン・ドゥーシュで着替えて、荷物を預けたまま走って、ランニング後は、ひとっぷろ浴びて・・・という至れり尽くせりの環境。

GW明けからの3週間で5キロを6回走って、本番へ。

Momo_4
大会は5月30日土曜日。

直前の木曜、金曜は酒を抜いたけど、前日は遠足の前の小学生、試験の前の中学生と一緒で、準備やら、ワクワクやらで、眠れない、眠れない。1時過ぎに寝て7時前には起きたので5時間半ほどの睡眠。少しくらいアルコールを入れた方がいいのだろうか?

金曜が一日中、かなりの雨(アメッシュ参照↓↓↓)で、河川敷のコースがどうなるか心配したが、当日は快晴。

10383965_774803192637482_8218391616

新宿から、湘南新宿ラインで新川崎まで一本。新川崎から歩いて20分弱の古市場トラックがスタート/ゴール。
Momo

9時について受付。計時用のチップはシューズに結び付けるのでなく、ゼッケンにホチキス止めされてた。
ストレッチ、軽いジョギングで身体をほぐす。とにかく「雲ひとつない」青空。日焼け止め塗って、水分補給。荷物は風呂敷にまとめて、預かって貰う。見つけやすくて良かったな。

10270382_773800326071102_6672203817
9:45、開会式&コース説明。
フジオってのは、宮地藤雄さんっていうトレランの選手。
自らも20代後半にトレランの世界に入り、今では日本代表にまでなった。自分にあったスポーツを選べば、ずっと楽しめることを教えたい・・・と、このイベントを始めたそうな。

開会式だけでなく、ずっとワイヤレスマイクを持って、盛り上げてた。
言葉の一つ一つが、参加者全員への思いやりを感じさせる、温かいものだった。お若いのに(36歳)、その包容力というか、人柄と言うか、素敵な方でした。


12

乾杯部Tシャツと悩んだけど、今回は神戸マラソンの参加賞のTシャツで出場。ゼッケン1033がオイラ。(上の写真はど真ん中。)

Tmgw4
開会式では、ゲストの紹介があり、そのうちの一人、書家のパフォーマンスもあり。何か、この緩さが楽しい。

15

10時から1kmのキッズラン。トップは3分半ほどで帰ってきたから、おいらの倍のペース。スゴイや。

そして、10時20分、10km、5kmのスタート。その前に記念撮影。ここでも、真ん中に>自分

16

カメラマンさんはコース途中にも出てカメラを構えてくれる。余裕を見せて、ガッツポーズをしたら、左腕と左脚が一緒に前に出ている変な走り方(笑)

Tmgw3

5キロのコースを2周。
河川敷のコースなので、一般の方の応援はないが、その分、スタッフさんが「Nice run!」と声を掛けてくれる。久しぶりのレースだったし、暑かったので、後ろ3分の1くらいの位置でのんびりと走る。ほとんど、抜かれも抜きもしなかった感じ。
おかげで、ゴールでも、この表情。

Tmgw2
暑さにはやられたけど、想定タイム(1時間10分弱)よりは、早くゴールイン。そうはいっても、1時間を切れなかったのは多分初めて。こうなると、もうちょっと頑張って1時間を切りたかったかな。
ちなみに、10キロの部は、150人エントリーして、DNF9名、DNS32名で、完走者109名で78位(完走証の順位は、男子の部。つまり、おいらより早い女性が12人いたってこと。)でした。
10383965_774803192637482_8218391616

ゴール後は、ゴミ拾いをするのが、この大会のルール。
先にゴールしたキッズや5kmのランナーたちがあらかた拾ってくれたのか、特に目立つゴミもなし。飴の包み紙等地味なごみを10個ばかり拾って終了。

カメラマンさんが撮ってくれた写真は、某サイトに30日間アップしてくれて、しかも、無料でダウンロードし放題。
上の写真も、そちらのサイトから頂戴してきました。もう、至れり尽くせり。
もう少し、苦しげな表情の方がよかったかな(笑)

Photo

終了後、真っ直ぐ駅に向かうはずが、競技場を出て5分も歩かないうちに「生ビール」の幟が掲げられた中華料理屋さんに吸い込まれちゃった。美味かった!!

11264893_773905909393877_2117641151
久しぶりに、走る楽しさを思い出した。
スキーシーズンまでに、もう1,2レース、エントリーしてみようかな。

2015.06.02

真面目に減量

かつて、文字通りダイエット(食餌制限)をやった。
油ものは摂らない、夜9時以降は食べない、よく噛んで食べる、定食や弁当のご飯はひと口だけ残す・・・。
これをかなり真面目にやり、さらに、軽い運動と組み合わせて3ヶ月で18キロやせたのが20数年前。若かったですねぇ。

その後も、油ものはあまり食べないようにしているけど、ラーメンにはまったり、「はしご」をするようになったり・・・。

ここのところは、あまり、気を使うこともなく、「量るだけダイエット」のみになり、さらに、「ちょっと体重が増え気味の日は1食抜く(orスープ春雨とか、カロリーメイトに置き換えちゃう)なんていう、本来やっちゃいけないことで、何とかしのいできたが、どうやら限界。

それなら、と、先月はGW明けの3週間で5キロ×6+10キロ×1=40キロほどをジョギングをしてみたけど、全く減る兆しがない。
さて、どうしたものか。。。と、途方に暮れていたとき、たまたま、目医者さんの待合室で目にしたのがこれ。

Momo_2

食餌に関しては、やはり「間違ってる」ことが指摘されてまして、それならどうするか・・・。
表紙にも見えるように「低カロリーダイエット」「100kcalカード選ぶだけダイエット」ってのは、食事を制限しなければならないので、ちょっと面倒くさい。

せっかく、ジョギングを再開したのだから、これを「減量」に結び付けたい・・・。
そこで、「1  スロージョギング」「2  スローステップ」「3  スロー筋トレ」ってのを組み合わせることにしてみた。

短い待ち時間でも、ほぼ、読み終えてたけど、念のためWEBサイトで再確認。

http://diet-times.jp/category/gatten/

簡単に言えば、
1  歩くのと同じ程度のスピード(時速4キロ程度)で1日30分ジョギング
2  踏み台昇降を1日10分×2~3セット

3  スクワット、腕立て伏せ、腹筋をそれぞれ5~10回×2セット
ってことなんですわ。
驚くほど、あっけない・・・。

例えば、朝夕の駅までの通勤。歩くのでなくジョギング(でもスピードは一緒)をすれば、往復で30分は軽く超える。(ちょっと、間抜けだけど・・・)
踏み台昇降なんて、「まれ」を見ながらやれば、あっという間に15分。
筋トレに至っては起き抜け、寝る前にできちゃいますな。
3をやってから、1や2をやると、1・2の効果がアップするとか、1ができない日には2をやればいい、とか、ハードル低すぎ。

ってことで、5キロのジョギングは引き続き、週1くらいのペースで気が向いたときにやるとして、この「ガッテン流」ダイエットのうち、身体を動かすやつを、普段の生活に取り入れてみようと思います・・・、と、ここで宣言して、退路を断っておきます(笑)

結果は、「NEW減量日記」にて。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »