フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 本日の手作り弁当(10/22) | トップページ | 【劇】 或る日、或る時 (森組芝居) »

2015.10.22

スキー雑誌「skier2016」座談会 (^o^)

9月中旬、スキー雑誌の編集者という方から、「『私をスキーに連れてって』を語る座談会に出て頂けないか」とのメールを頂いた。

おいらが作ってる「わたスキ名セリフ集」を以前からご存知で、ご連絡いただいたそうな。10数年、細々とではあるけど続けててよかった、って感じで、ありがたくお引き受けした。
具体的には休刊中だった山と渓谷社のskierという雑誌が7年ぶり?に復刊、コンセプトはゲレンデを離れていたスキーブームの頃のスキーヤー達に、もう一度ゲレンデに戻ってきてほしい・・・、という感じかな?

1_3 「今どきのマテリアルや滑り方はこんなになってる」と「あの頃はこんなだったよねぇ」ってのが柱のようだ。
で、その後者の企画として、わたスキを取り上げるとのこと。
座談会は、わたスキマニアが、映画を見ながら、あーでもない、こーでもないと語るとのこと。ゲレンデ宿の夜と一緒(笑)
見どころや今でも使ってるわたスキのセリフ、「あそこはツッコムべき」ってなシーンは、仲間とも話しながら心の準備。
加えて、編集者さんからのリクエストで、当時のウェアやアマチュア無線機、映画のパンフ、「極楽スキー」さらに、サロットクラブのウェアも用意した。大荷物ですわ。

10月始めの日曜の午後。会場は神保町の高層ビルの山と渓谷社の会議室。机の上にはskierのバックナンバーがデデんと置かれ、まず、缶ビールが配られる。

「カールスバーグにしたかったんですけど、缶ビールが売り切れで・・・」サッポロビールにしたそうな。サントリーじゃダメだったんですか? 「私がこっちが好きなので。」(笑)
編集者さんが参加者4人のバックグラウンドを簡単に紹介。

3人の男性は概ね5歳ずつ違いで、上から順に、わたスキ撮影のカメラ担当、名セリフサイト運営者(笑)、当時スキーバスの添乗員。女性はひと世代下で、親に連れられて映画館で観たとのこと(実は、映画館でわたスキを観たのは、編集者さんも含めて彼女だけ。)


2_4 その後は、大画面で映画を流しながら、画面にツッコンだり、進行役の編集者さんの問いかけ(好きなシーンはどこか? とか、誰に共感するか? 特定のシーンで「ここどう思います?とか)に答えたり、参加者同士で質問し合ったり。

座談会の関連企画で、羽田ヒロコ役の高橋ひとみさんのインタビューもある、というので、5年ほど前のTVドラマ「おじいちゃんは25歳」に高橋さんが女医・羽田ヒロミ役で出演し、20数年ぶりに「凍ってるね」って言ってた、なんていう情報も編集者さんにインプット。
合間合間には、持っていったウェアやグッズの撮影もしてくださいました。(当時のウェアはおいらがモデルになりました(笑))
外が暗くなるまで、たっぷり3時間の楽しい時間でしたわ。
ボイスレコーダーも使っていたけど、編集者さんは、皆のコメントを受けて、その場でパソコンに打ち込んでた。でも、あんなのどうやって、まとめるんだろう・・・。

発売前日に編集者さんから「見本誌」として一冊頂いたが、自慢用と家宝用で2冊必要だから、10月22日の発売日に、新宿の紀伊國屋でもう一冊購入!
表紙(上右写真)は1970年代半ばのゲレンデ風景だそうな。おいらがスキーを始めてやった頃。リングが懐かしいですな。デモパンの出たてかな。そしてムカデ・・・。
サブタイトルが「スキーは楽しい!」・・・、何とも潔い。
後半の特集「スキー熱狂時代」(上左写真)。「あの頃みんな浮かれていました」、はい、その通り!! 申し訳ない(笑)
3_5 その中でのわたスキに4ページ。大きく出ましたねぇ、「『私をスキーに連れてって』とはなんだったのか?」ですよ。
「映画」が正解だけど「スキー映画」なのか「恋愛映画」なのか。当時はやり始める「トレンディドラマ」なのか。

そして、この映画を観たそれぞれの人にとっては何だったのか?(これは、座談会でも編集者さんから訊かれましたねぇ。)
顔写真もたくさん撮って頂いたけど、誌面では似顔絵。プロの手にかかると、オイラの顔って、こんな感じなのね。
「ぴな」で出るのかと思ったら本名でした。(写真では伏字にしました)

5_4 3時間、好き放題に喋っていたけど、各参加者のコメントをテーマ別に再構成し、ストーリーをつなげ、しかも、発言量も大体揃えている。さすがプロの仕事ってのは凄いですね。
オイラはもともとマニアックなコメントが多い中から、さらにピックアップして頂いたので、読んだ方は「このオッサン、どんだけオタクなんだ?」って思うんでしょうなぁ。
まあ、否定はできないけど(汗)
ウエアも載せて貰ったので、来シーズンはゲレンデで同好の方から声を掛けて頂くこともあるかしら・・・。   


« 本日の手作り弁当(10/22) | トップページ | 【劇】 或る日、或る時 (森組芝居) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の手作り弁当(10/22) | トップページ | 【劇】 或る日、或る時 (森組芝居) »