フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の記事

2015.11.29

2015KOBE六甲全山縦走大会完走

神戸に住んでいた一昨年参加した「六甲全山縦走大会、須磨海岸から宝塚まで、六甲の山々56キロを1日で歩く、という一大イベント。
あんなキツイ思いは一度で十分・・・と思っていたが、神戸を離れて2年、誘ってくれる山仲間もいて参加、どうにかこうにか二度目の完走を果たしました。

Img_20151201_165948_2

神戸にいたときは、全行程を3つに分け、実際に歩いてトレーニングしたが、今回はそうも行かず、結局、10月に編笠山、志賀、11月に丹沢を軽く歩いたのがトレーニング代わり。週イチめどで5キロ程度のランニングも続けていたが、前回よりも体重が3キロ増えてしまった。

特に、一週間前の丹沢・大山登山では、下山後、中一日でもの凄い太腿前側の筋肉痛に苛まれ、駅の階段を下りるのも一苦労・・・という状況。何とか縦走前には元に戻ったが、不安の残る参加でした。

2回目なので、1回目との違いを思い出すと、大きな違いは余裕があったこと。
上記の通り、体力的、体系的不安はあったものの、「前回は大丈夫だった」という精神的な余裕はあった気がする。前回のゴール時刻がチェックポイントの閉まる時間には4時間以上余裕があったこと、一番の心配だった膝の痛みが出なかったことが大きかった。

また、練習登山のときは何度か道に迷ったが、本番ではほぼ迷うことがなかったことから、ルートについては何ら気にならなかった。覚えのために簡単にまとめると次のとおり。

1.適度の休憩
   前回の一番の失敗は赤鬼(最終CPに合わせたペースで歩いてくるボランティアさん)の恐怖から、殆ど休憩を取らなかったため、太ももが攣りそうになったこと。
   そこで、今回は菊水山、掬星台、一軒茶屋の3回のCPでちゃんとした休憩をとった(それぞれ、10分→20分、30分→45分、0分→10分)。また、菊水山、麻耶山のそれぞれの登りの前で10分ずつの休憩をとり、エネルギー補給、水分補給、疲労回復を図って登り始めた。これらは、タイムに余裕があることが分かったからできたこと。
   これらのまとまった休憩のほかにも、ちょっとした写真撮影等で、度々立ち止まる等、余裕のある縦走ができたと思う。

2.水分補給
   前回は2.5リットルほどをしょって歩き始めた。東六甲分岐までは、いろいろな場所に自販機がある(縦走当日も売り切れにはなっていない)ことが判ったため、今回は1.5リットルほどでスタート。VAAMウォーターの粉末を持参して、調達した水に溶かして使用。

  ちなみに、実際に調達したのは、大竜寺(コカコーラ社の出張売店)、掬星台(自販機・ボランティアの水、ホットレモンふるまい)、六甲山郵便局(甘酒ふるまい)、六甲ガーデンテラス(自販機)で調達。前回よりも気温は低かったと思うが、結果的に3リットルを消費。

R26


   特に、このホットレモンはその場で呑むだけではなく、必要なだけペットボトル等に入れてくれるので、水分補給としても助かる(それ用に空のペットボトルを用意。)

R29
   郵便局さんも毎回ボランティアでお振舞。元気が出ます。近くに住んでたら、後日、年賀はがきでも買いに来るのに・・・。

   前回同様、チューブを使って、のどの渇きを感じなくても、「力水」として気合を入れるために少しずつ口にした。

    トイレは前回、朝の妙法寺小学校での1回だったが、今回はこれに加えて桜茶屋、掬星台、一軒茶屋と計4回。

3.エネルギー補給
   今回はコンビニおにぎり6個のほか、カロリーメイト、スポーツ羊羹、黒糖ドーナツ棒、スニッカーズ、ぬれせんべい等を準備。

  スタート前、菊水山、掬星台で、それぞれ2個ずつおにぎりを食べ、歩いているときや小休止ではその他のものを口にした。(写真は歩きながら、ぬれせんべいを食べてるところ)

R17
   おにぎり以外はおおむね1000Kcalくらいずつ3袋に分けて持っていったが、結局使ったのは1袋半ほど。
   この中で、今回重宝したのは、プロ女子サッカーチームINAC神戸レオネッサのユニフォームにもデカデカと名前のある黒糖ドーナツ棒。小袋が開けやすいこと、食べやすいこと(大きさではスニッカーズの方が小さいが、あっちは一度に口に入れると、噛むのに苦労する。こちらは、口の中でサッと融ける。)、そして何よりも美味しい!!

Img009131
   塩っ辛いぬれせんべいも時折口にしたくなるので、この2種類で何とかいけそう・・・、とも思うのだが、やはり満足感はスニッカーズには勝てず、さらにはおにぎりの効果が少なくなってくる宝塚の下りで早急に空腹感を満たすには羊羹がいい仕事をした。

   もう、六甲縦走することもないと思うが(多分、うん、多分)、通常の山登りも、こいつらを少しずつ持っていくのがよさそうだ。

4.ドーピング
  ルールに違反しない程度のドーピングも大事だと思いましたわ。
  先に書いたVAAMウォーターの粉末のほか、今回は、電解質の補給のために「塩熱サプリ」「塩熱飴」を用意した。
  前回、太ももが攣りそうになり、吉田さんの「お助けポーチ」にあったエンライテンで助かったが、今回はああなることを予防しなければならない。
  前者はカリッと食べるラムネみたいなタブレット。これを、2時間にひとつくらいのタイミングで口にした。結果的に、疲れも、筋肉の攣りもなかったのだから、効いたに違いない。(ひょっとして、水分補給が多かった・トイレも多かったのは、単に摂り過ぎだったのか?)  後者は結局ゴールイン後にひとつ舐めただけだった。

   また、今回はアミノサプリを多用した。1日1~3袋とは書いてあったが、起床時、スタート前のほか、3回の長い休憩、ゴール後、寝る前、さらには翌日以降も朝晩呑んでいる。これが効いたのかどうか、上記のとおり丹沢から降りてきて中一日で酷いことになった筋肉痛がありがたいことにほぼゼロ。サプリのお蔭か、丹沢で鍛えられたのか・・・?

5.アクセス・スタート
   前回は西神中央に住んでいたので、自宅から個人タクシーで須磨浦公園までアクセス、タクシー代6500円。
   今回は前日に新幹線で神戸入り。新開地のカプセルホテル(3800円)に泊まり、そこからはタクシー。ホテルの前がタクシー乗り場だったが念のためMKを早朝3:40に予約。(携帯でかけると、向こうからこっちの名前を言うのは前回と同じ。)
その時間にチェックアウトする客はみんな目的地は一緒。声をかけて3人で相乗り。2920円を3で割って割安で一人千円でお釣りが来ちゃう。前回よりも安上がり(笑)

 予約よりも早く3時半過ぎにフロントに下りると、タクシー乗り場にも一台タクシーがいたが、MKも丁度到着。迎車料金もなし。20分ほどで到着。4時前に列に並べました。スタートのチェックポイント通過は5:10。
R01
  写真を撮ってたら実際のスタートは5:14。暖かくて、前回は歩き初めにはウィンドブレーカーを着ていたけど、今回はTシャツのみ。
R02

6.タイム

Photo
  タイムを競う大会ではないけど、赤鬼さんに捕まってもいけないのでタイムは気になる。何と言っても2時間23分もかかった訳で、検証しておかないと。(もちろん、今回が最後ですが。)で、主なポイントの通過時刻を写真のタイムスタンプで拾って、前回のラップと比較。

   地名が斜体になっている6カ所でちょっとした休憩をとった。前回の3カ所から倍増、時間も長めにとった。特に掬星台では、後続の同行者と合流できるか考えたこと、雨がぱらついてきたため、雨支度をしたこと等で、かなり長い休みとなった(結果的に、ここで同行者に追い抜かれていた・・・)
   この6カ所の休憩時間増が、前回との差となって表れているラップタイムは斜体にした。休憩時間の増分を加味した差は欄外に追記。
   これから判るのは全体として、前回よりものんびりしたペースであること、これは後続と合流したい意識が働いていたこと、上記の通り、急がなくても赤鬼さんに追いつかれることはない安心感があったこと、さらには、体重増、運動不足で無意識に歩いているときはペースが上がっていないことが理由だろう。
   逆に、前回よりも大きくペースダウンしたのは須磨アルプス越え、高取山の登り、東六甲分岐以降の林の中。いずれも渋滞個所で、前回も渋滞して「馬群に呑まれて」歩いたが、前回よりもその馬群のペースが遅かったようだ。特に、東六甲分岐から宝塚の下りは前回は半分以上ヘッドライトなしで歩けたが、今回は最初から真っ暗、しかも、雨上がりで足元も悪かったことから、ゆっくりしたペースになっていたものと思われる。(その分、膝や腿のの負担が少なかったということか。)

7.写真集
   今回は前回以上に写真を撮った。以下簡単に・・・。
   四百階段:  前回同様、行列になっていて、休みながら上がれた。
R03

   須磨アルプス:  曇っており、日の出がハッキリしなかった。この直前、木製の階段のところで、スマホを落とすアクシデント。幸い、紐が草に引っかかったので、回収に成功。


R04

  須磨アルプス:  アリの行列のように列が続いている。さすがに、ここを駆け抜けていく人はいない。


R05

  須磨アルプス:  一番狭いところの足元。60センチほど。左も右も絶壁。足を踏み外したらヤバい。雨や強風なら、おいらには無理・・・。

R06

 高取山:  高取神社鳥居。山頂はパス。今回も、パスできる山頂はパスしました。明石海峡大橋も見えず・・・。
R07
砂防ダム:  長者堰堤って言うそうです。前回縦走の直前にできたようですが、まる2年経っても、巨石や流木の堆積は見られませんでした。

R08

  うぐいすロッジ:  丸山の住宅地に突如現れた休憩所。前月にできたばかりらしい。自販機が置かれ、水分補充可。

R09
 鵯越駅前:  例によって、スーパーが全縦参加者向けに早朝から飲料、果物の売店をやってくれてる。
R10
   鵯越駅: 快調に歩いてきたつもりが、思いのほかタイムが遅れててびっくり。

R11


  紅葉:  全体的に、紅葉には早かった。その中でもきれいだった。

R12
 砂防堰堤
R13

 菊水山の登り口・鳥原: 前回はそのまま登って行ったが、今回はここでも2,3分立ち止まって、水分、電解質サプリを補給、ウエストポーチをリュックにしまって、休憩&身支度。
R14


  菊水山CP:  到着は30分遅れ。前回は立ったまま10分休憩だったが、リュックをおろし、ベンチに腰掛け20分タップリ。おにぎりを頬張る。余裕の笑顔。 

R15


  天王吊橋:  菊水山で合流しようと、長めの休憩をとる人たちが多いのか、下りは一人旅に近かった。そうなると、逆にペースが遅くなってしまったのが今回。

R16


  大竜寺手前:  前回は気付かなかったが、コカコーラの臨時売店あり。ここで500ペットを一本調達。
R18
 
  大竜寺:   例によって豚汁販売。同行(後続)の二人はここで昼食の弁当を受取り。後でわかったが、一人は、ここでリタイヤしたとのこと。

R19


  がけ崩れの跡:  プルーシートとトンパックで応急措置してました。

R20

 
  ちょっと古い砂防堰堤:
名前不明。
R21


   マヤへの登り口:  「マヤ」とカタカナで書かれており、まるでメキシコみたい。この前の桜茶屋でトイレに入り、10分間の小休止。気合を入れました。

R23


摩耶の登り:
   写真の通り、平らなところでは渋滞はなく、階段は数珠つなぎの状態。自分にとっては、優しいペースだった。

R24


  掬星台CP:   ここで既に1時間15分遅れ。しかし、たっぷりと45分休憩して、ホットレモンを頂いたほか、おにぎり、トイレ、自販機で500ペット調達。ポツリポツリきたので上下レインウェアを着る。

R25


  アゴニー坂:  前回は一人旅だったが、雨が小降りになって、みなが一斉に掬星台をスタートしたため、数珠つなぎ。

R27
  遠景:  雨は上がり、曇ってはいるものの神戸の街並みが見えた。

R28

   紅葉2:   こんな感じで紅葉はまばら。



R30


  六甲ガーデンテラス:  公共交通機関でのリタイヤの最終ポイント。最終バスの時間が掲げられ、「勇気ある決断」を促している。16:27通過なので、海側に帰る最終バスまであとわずか。もちろん、今回もリタイヤはしない。

R31


   六甲枝垂れ:  神戸学検定にでますね。前回は通過したけど、今回はここでも5分ほどの休憩。自販機にて500ペット調達。

R32


   六甲からの暮色:  17時くらい。まだヘッドライトは無くても大丈夫だけど、日没前なのに暗い。

R33
   一軒茶屋:   ここで「六甲全山縦走記念」のバッジ(900円)を購入。ついでに、ヘッドライト、懐中電灯、予備の電池等を手元に出し、夜装備。

R34 Img0102501_2


  一軒茶屋CP:  茶屋での買い物等とトイレで10分ほどの休憩。前回は779番目の通過だったが、今回は1200番台。出発は殆ど変らないので、500人近くに余計に抜かれてる。ここからはヘッドライト使用。 

R35
   鉢巻山のトンネル:  楽です。

R36


  東六甲分岐:   ずっと行列ができてます。上のトンネルと前の人はずっと同じ人。

R37


   宝塚への下り:  要所要所でボランティアさんたちが灯りをつけて、励まして下さる。ホントにありがたい。

R38


   宝塚・大阪の夜景:  この夜景が見たくて、ゆっくり降りてきたのだ(大違)

R39


  宝塚ゴール:    無事、ゴール。

R41


  宝塚駅:   前回同様、はばたん&甲子園大学の学生さんが出迎えてくれました。が、前回のような感激にひたる間もなく、同行者の待つ三宮へ。二宮温泉で汗を流し、着替えて、夜行バスまでの30分で、駆けつけ3杯!!

R40

2015.11.27

本日の手作り弁当(11/27)

Bento


豚モツ味噌いため、鯖焼き、三色卵焼き、ブロッコリー。

ついに2週連続弁当作りです。冷蔵庫ってありがたいです。
今日は、昨晩の家メシ用に買った残りの豚モツ(小腸)。昨晩は鍋にしたけど、鍋を弁当にするのはハードルが高そうなので、キャベツと炒めました。味付けは味噌。少し冷めて、歯ごたえがしっかりしてました。顎が疲れる(笑)

ごま鯖は、先月の志賀高原のイベントのBINGOで貰った焼き魚用のハーブソルトを使ってフライパンで焼いたのですが、一晩置かなきゃいけないところ、15分くらいで焼いたので、効き目は判りませんわ。ちょっと生臭さが残ってた。リベンジしないと。

卵焼きは、久しぶりに上手にできた。何でかな? 朝から気分が良かったです。


2015.11.26

本日の手作り弁当(11/26)

Bento

豆腐と野菜のカレーあんかけ風、納豆の卵焼き、シュウマイ、炊き込みご飯、自家製白菜漬け。


冷蔵庫の野菜室にちょこっとずつ残ってた野菜の処分。大根、ニンジン、茄子、シイタケ。これらを小さ目に切って、間違えて買っちゃった木綿豆腐をさいの目にして、まずは麺つゆで炊きました。美味しかったけど、これだと炊き込みご飯と味がかぶっちゃうので、急遽、カレー粉を投入。お蕎麦屋さんのカレーみたいになりました。
そうなってくると、もう一工夫。汁がもったいないので水溶き片栗粉を入れて、汁も弁当に。さすがに昼にはとろみもだいぶゆるくなったけど、この方法はアリですね。

後は特段の変わりなし。炊き込みご飯はあと2回分が冷凍庫の中。

【劇】 吾木香~ワレモコウ~ (G&Gアクターズファクトリー)

WaremokouIOHファミリーの小野剛民さんからご案内頂き、八幡山のワーサルシアターに足を運びました。

前回、この劇場に来たのは同じくIOHファミリーの農塚さんの舞台ってのも何かのご縁、しかもあの日も雨、この日も雨。何かと符合する・・・(キッドの舞台の節目は必ず雨だそうな。)

作・演出はこれまた、IOHへの出演経験のある田中優樹さん。

目立たない、花らしくない花のような人々が寄り添うように生きている。

かつては薔薇の花であり
今 薔薇の花である人もやがてその姿が
変わりゆくことを知っている。

生まれもった運命、あやまち、時の流れ…。
誰もが心のどこかに迷いや後悔、不安を抱えて生きている。
けれど、そんな人生も必ず咲き誇れる場所を見つけることができるはず。どんな花であっても…。
あなたが誰かの大切な花として今まさに咲きつづけているように。

少し切なく優しい秋のハートフルコメディ」(劇団WEBサイトより)

この説明とも、チラシの絵柄とも違って、プロローグはヤクザの抗争シーン。ドンパチやりながらのセリフは少々聞き取りにくい。そして紗幕がとられ、本編が始まる。

舞台は路地裏の小さなレストラン。少し不安定な感じの少女がたどたどしい言葉遣いで話す。実は、既に22歳で自閉症であることが、後々のセリフから判る。
彼女の父親は冒頭のヤクザの一人。14年の刑期を終え出所、成長した娘・香(こう)の姿を見ようと、正体を隠して彼女が働くレストラン・われもこうにやってきた。

そのレストランのオーナーは彼が身を挺して守った2代目組長の娘(=3代目)。香の他にも障害のある娘、そして身寄りのない娘、かつての組員を雇っている。

しかし、立地もあって、レストランは火の車、家賃も払えず、不動産屋から立ち退きを迫られるが、何とかそれを延期してもらう。その条件が「客を100人集めること」。
集客作戦は成功するのか、そして、親子の名乗りはできるのか・・・。

不動産屋さんが、相手がヤクザと判って物件を賃貸する、しかも、通常よりもいい条件(2年も家賃を滞納しているのに、これまでは不問だった)ってのは、なかなか判りにくい設定。
また、2代目って人が、冒頭のドンパチに出てくるだけだけど、そこでは2代目とは呼ばれておらず、また病死した設定なので、誰が誰だかわからず、最初の20分くらいはストーリーが全く追えなかった。

そして何より、娘が父を思い出すための伏線はあるのに、それは回収されず、劇中では親子の名乗りはされない(もう一組の生き別れの親子はちゃんと名乗るのに)ってのは、少々不満。
自閉症の女性がダンスパフォーマンスはキレキレという設定で、何度か踊りのシーンがある。素の時の演技との差は見もの。
一方、初日の舞台特有のハラハラする場面も何カ所か。これは仕方がないけど。

肝心の小野さんは、レストランの雇われ店長。脱サラして今の位置の収まっているとの設定で、3代目の心がグラつくときに励ます役割。「ゆず」と「コブクロ」の区別がつかないネタを延々と引っ張らされてて少々可哀想だった。小野さんのダンスが見られたのがいいかな。

終演後、全く偶然に隣の席に座っていたこれまたIOHファミリーの山本正之さんと小野さんと一緒に呑みました。

観劇日:2015年11月25日(水)ソワレ
小屋:八幡山・ワーサルシアター
木戸銭:4000円

Img010681



2015.11.25

本日の手作り弁当(11/25)

Bento


炊き込みご飯、ハンバーグ、セロリ炒め、ほうれん草卵焼き、はんごろし。

怒涛の弁当づくり7連チャン。週末の六甲縦走で今日辺りからひどい筋肉痛に苛まれることは必至。幸い一日中外出の予定もないので、昼休みにわざわざ外に食べに出るのもおっくうなので・・・と消極的な理由で作りました。

久しぶりに炊き込みご飯を作りました。具は、鶏肉と中華野菜ミックス。味付けは、醤油、酒、かつおだし。目分量でチャチャッとやったら、少し味が薄かったが。体にはいいかな。

ハンバーグは解凍しただけ。そのままだとあまりぱっとしないけど、ケチャップをかけたら美味しくなりました。ケチャップ、偉大なり。

セロリは先っぽの部分を塩コショウで炒めました。

ほうれん草は生を1センチくらいに刻んで炒めてから、卵焼きの具にしました。ほうれん草をここまで刻んだのって生まれて初めてかもしれない(離乳食で、裏ごしして食べさせて貰っていたとは思うけど。)味付けは薄口しょうゆ。

2015.11.24

本日の手作り弁当(11/24)

Dsc04490

豚肉生姜焼き、ナス味噌炒め、シイタケ酒蒸し、ホウレンソウ炒め。

六甲全山縦走に参加して神戸から夜行バスで帰京。少し早目に自宅に着いたので、連休を挟んで連続6日の弁当作り。

豚肉はいわゆる生姜焼きではなくて、フライパンで焼いて、生姜醤油で味付けをしたもの。砂糖かみりんを入れればよかったんだけど、気づきませんでしたわ。火の通し方のせいか、肉のせいか、堅かったな・・・。

ナス味噌炒めは、頂きのもの味付け味噌で。

椎茸もほうれん草も干してもなければ、冷凍でもない「ナマ」です。

2015.11.22

【劇】 ダイナリィ (カムカムミニキーナ)

Dainari_2 カムカム、旗揚げから25周年だそうな。これまで見たことってあったかなぁ。
地元の芝居小屋まで足を運びました。

チラシにあるように、「ダイナリィ」とは「>(だいなり)」という数学の記号でもあり、「お稲荷」でもある。

狐の方が、人間よりも偉大だ!ってな意味のチラシかな。

未だ見ぬ母が屋根裏に隠した異国語の日記~ダイアリィ~。そこに無数に記された謎の記号「>」~ダイナリィ~。
迷える少女がルーツを探るうちに紛れ込むのは大正モダンの帝都東京、旧都京都。
暗躍するはお狐様の嫁入り行列~オイナリィ
平安の昔より千年続く妖狐と陰陽師安倍一族の争い。人を別人に変えてしまう恐るべき狐憑きの力。その超人的能力を利用せんと企む、権力者、商人、そして鍵を握るは、昔も今も報われぬ前衛演劇人たち…」(劇団WEBサイトより)
現在、大正、平安と3つの時代が輻輳し、そして、表現手法として人間の肉体を小道具にした舞台表現。
客席含めた様々な意外な演劇空間に取り組んで来たカムカム十八番、シリーズ「サラウンド・ミニキーナ」。
今回は旗揚げ25周年スペシャル版。バックステージの役者と劇中の登場人物がごちゃごちゃに混在して展開する物語、名づけてサラウンド・スケルトン!
劇場全体を所狭しと駆け回るカムカム役者陣の裏回り、スタンバイ、早替えなんかも場合によっては見えちゃいます。虚実あいまみえるカムカムならではの劇体験をぜひ!」(劇団WEBサイトより)

座・高円寺1、正方形の舞台があり、客席は三方。舞台は2段構造で作られ、上が通常の舞台、中央の蓋付きの穴からも役者が出入りする。下は楽屋。ここで着替えたり、次の大道具を用意したり、水を飲んだり(笑)の場面が客席からも見える。

オイラの席は下手側。もちろん三方に客席があることを前提に作られているのではあるが、セリフだけは聞き取りにくくて困った。まだ正面席の人はいいのかもしれないが、おいらの席だと、上手の席に向かって話されると、殆ど聞き取れない。残念。

往時の夢の遊眠社を思い出させる、時間と空間を縦横無尽に飛び回る感じで、セリフの問題もあって、一度見ただけではちょっと理解しにくく、したがって、楽しめない感じだった…・

この公演、座長は戦国鍋TVでもおなじみの山崎樹範。動いて、叫んで、熱演でした。カムカムの看板役者、八嶋智人は出演してなかったけど、この日は終演後のアフタートークに登場。ふたりの「ノープラン」でのやり取りは面白かった。

観劇日:2015年11月19日(木)ソワレ
小屋:高円寺・座・高円寺1
木戸銭:5000円

2015.11.21

闘う減量日記006

70キロの大台だけは避けなければならない。とにかく、休肝日を週に2~3日作り、その日は炭水化物を摂らないようにする・・・、ってことくらい。とにかく月末の六甲縦走に向けて少しでも体重を落とさないと・・・。
【2015年11月1日(日)~2015年11月7日(土)】 (平均69.58kg 19.82%)
69.4kg(20.5%)→?kg(?%)→70.0kg(19.9%)→70.0kg(19.7%)
→69.3kg(20.1%)→70.0kg(18.6%)→68.8kg(20.1%)
日曜日の高円寺フェスと祝日の火曜日の大江戸ビールまつりでボランティア。ほぼ1日立つ仕事。
【2015年11月8日(日)~2015年11月14日(土)】 (平均69.40kg 19.65%)
69.4kg(19.6%)→69.6kg(20.3%)→69.3kg(19.0%)→?kg(?%)→
69.7kg(19.8%)→69.1kg(19.6%)→69.3kg(19.6%)
休肝日3日とったけど、日曜日は芋煮会、水曜日は新橋立ち呑みイベント、土曜日は丹沢を半日歩いたけど、夜は高校のOB会。出入りの多い週でしたが、ようやく減量傾向。


【2015年11月15日(日)~2015年11月21日(土)】 (平均69.00kg 19.14%)
69.0kg(18.9%)→68.9kg(19.7%)→69.2kg(19.1%)→68.9kg(19.4%)
→69.4kg(18.9%)→69.0kg(19.6%)→68.6kg(18.4%)
69キロ前後をウロウロ。あと2キロは落として、スキーシーズンに入りたい・・・。

2015.11.20

本日の手作り弁当(11/20)

Bento


レバニラ炒め、ほうれん草のスクランブルエッグ、塩鮭、ブロッコリー、はんごろし。

月曜~金曜の5日連続の弁当作りとなりました。これ、久しぶり(ってか、あまり記憶にないです。)

いい米を買ったからご飯がおいしいこと(さらに、せっかくの新米なので、美味しいうちに消費したい・・・という気持ちがあること)、夏に冷蔵庫を買い換えて、肉・魚や野菜、冷凍食材のストックがしやすくなったことなどがベースにあるけど、特に今週は、先週末の山歩きの筋肉痛と天候もあって、昼休み、外に出たくないこと、ヘビーな飲み会もこれまでのところなくて、朝に弁当を作る元気がある・・・ってこと、の結果なのかな。

その代り、作ってるものは手抜きオンパレード。今朝は、そんな中でも手を加えた方ですわ。

鶏レバは水にさらして血抜きをして、中華鍋で調理。味付けは味覇をほんの少しと醤油。作りながら気づいたのは「今夜の同期会は中華料理屋さんだった・・・。」

スクランブルエッグは、卵焼きのつもりが、スペースの関係でほうれん草を多めにしたら固まらなかったので・・・。

塩鮭は魚焼きグリルで焼いたのだけど、ちょっと火を入れ過ぎて、かなり固くなりました。ちょいと失敗。

お米、スカスカに見えるけど3合炊いたものを4等分したもので、ほぼ270グラム。ググるとご飯1膳が160グラムとあるから1膳に軽くお代わり分あります。これだけで450キロカロリー。結構あるんですねぇ。ダブルチーズバーガーが463キロカロリー・・・。


2015.11.19

本日の手作り弁当(11/19)

Bento

肉野菜炒め、ハムステーキ卵包み、ブロッコリー、自家製白菜漬け、あさり佃煮。
今週は順調に弁当作ってます・・・、が見ての通り、手抜きもいいところです。
牛肉と一緒炒めたのはコンビニの「野菜炒めミックス」。もやしをメインに、ニンジン、キャベツ、玉ねぎ。ひと袋全部使ったら、野菜の量があまりにも多かったので、フライパンでの調理を断念、久しぶりに中華鍋を使いました。そんなことで、味付けは、まだ残ってる「赤い缶缶」味覇で中華風。

卵焼きの具は一ノ関のハムステーキ。刻むのが面倒だったのでそのまま使ったら、卵焼きというよりは、ポークピカタ風になりました。

ブロッコリーは隙間ができたので。こういうとき、重宝します>冷凍ブロッコリー
白菜漬けに香り付けで入れてあったミカンの皮を多めに盛り付けてみました。おかずが肉肉していたので、ほんのり苦くてさっぱりとして、悪くないです。

2015.11.18

本日の手作り弁当(11/18)

Bento

蒸し鶏と中華野菜、三色卵焼き、アサリの佃煮、梅干。

鶏ももを皮をはいで、蒸し器で蒸して、薄切りにして、解凍した中華ミックス野菜とごまドレッシングで和えました。少し味が薄かったので、「土木の日」用にドカベンっぽくいれた梅干しをほぐして混ぜたら、丁度いい具合・・・、というか次回は梅肉和えもいいな。

後は手抜きです。

2015.11.17

本日の手作り弁当(11/17)

Bento


鶏レバーの味噌煮、納豆の卵焼き、ほうれん草のマヨ和え、焼売、自家製漬物(白菜、人参)、醤油ゴマ。

鶏レバーは適当に切った後、しばらく水にさらし、玉ねぎ、ニンジンと一緒に日本酒に味噌、黒糖を溶かして煮た。最後は水分を飛ばして、一味唐辛子で仕上げました。酒のおかげか、味噌のおかげか、水にさらしたからか、はたまた玉ねぎのおかげか、レバーの臭み全くなしで美味。

納豆の卵焼きの味付けは、パイカの煮物の煮凝り。特に可もなく、不可もなく。

ほうれん草は定番の胡麻和えにしようとしたけど、ご飯に醤油ゴマをふりたかったこともあり、急きょマヨネーズで和えました。

白菜もニンジンも、浅漬けだったのがちゃんとした漬物になった(笑)



2015.11.16

本日の手作り弁当(11/16)

Bento_2


パイカの煮物、舞茸の卵とじ、ブロッコリー、はんごろし、明太子。
先週のパイカをそろそろ消費しないといけないので、無理やり弁当作り。
朝作ったのはマイタケだけ。一旦酒蒸しにして、醤油と一味唐辛子で味付けした後、溶き卵を回しかけて、絡ませて、蓋をして余熱で調理。
ブロッコリーは解凍して、明太子は凍ったまま、アツアツのご飯に。(写真では、中心部がまだ凍ったまま。)

手軽、ってことは、食材数も少ないですね。

2015.11.10

本日の手作り弁当(11/10)

Bento


パイカと大根の煮物、茄子味噌炒め、三色卵焼き、菜飯、明太子。

前夜、すきっ腹で帰宅、駅前のスーパーに寄ったら、パイカが目に入ったので、久しぶりにたべたくなり、大根と一緒に買って帰りました。

蒸し器で20分蒸して余分な油を落とした後、大根と一緒に圧力鍋で40分、酒、麺つゆ、黒砂糖、鷹の爪。大根をいつもより厚めに切ったのでバランスが良くなりました。これ、鉄板ですな。パイカ、100グラム98円。庶民の味方ですね。
茄子は野菜室(おお、良い響きだ(笑))に一つだけ残ってた。単品でシンプルに。

三食卵焼き、味付けに悩み、塩とカレー粉にしてみた。悪くないです。

菜飯は、煮物の大根の葉っぱ(がほとんどなくて、茎)を刻んで、一晩、軽く塩にしたものを、フライパンで炒ってご飯に混ぜました。これを作るときに、フライパンの柄と鍋の部分の間の金属をついつかんでしまい、やけどしちゃいました。1センチほどの水ぶくれ。失敗。「自動製氷機」つきなので、常に氷があるから大丈夫・・・、な訳ないな。痛いっす(泣)

明太子は、冷凍したまま切って、温かいご飯の上に載せておくと、昼にはいい感じに解凍されてます。

2015.11.09

本日の手作り弁当(11/9)

Bento

ハムステーキ、しらす干しの卵焼き、白菜の煮物、温野菜、ホウレンソウ胡麻和え、ニンジンの浅漬け、明太子。



お米がおいしいのでついつい、弁当作り。
文化の日にボランティア参加したビアフェスティバルに、一ノ関のいわて蔵ビールさんも出店していて、そこで一関ミート のハムステーキを分けてもらいました。これを、魚焼きグリルで炙って頂きます。

しらす干しと明太子は、土曜日に築地の「築地はしご酒」に参加した折、場外のお店で「半額!」の声に釣られて買っちゃいました。
ハム・しらす・明太子とも、小分けにして、ラップで包んで冷凍。夏に冷蔵庫を買い換えたので、余裕ですわ。

白菜の煮物、麺つゆで作った後、みかんの皮を刻んで入れておきました。干せば陳皮ですよね。いい感じです。

温野菜は冷凍食材をチンしただけ。ごま風味ドレッシングをかけました。
ほうれん草も冷凍食材をチンして、ゴマと薄口しょうゆで和えました。まさかの胡麻かぶり・・・。

2015.11.04

闘う減量日記005

週1回の5キロのランニングや1日一万歩目標で歩いているのに、じんわりと増え続けています。
確かに、10月上旬から2週間呑み続けているし、食事に関しても芝居を観ているせいか夜遅くに食べることも多いし、揚げ物もあまり気にせずに食べている。さらに、この間、ご飯も新米が手に入って、そこそこ楽しんでる。それにしても、このペースはあまりに酷いですわ。
体脂肪率はいつの間にか20%をキープ、体重もこの一月半で1.5キロ増えてますね。
そろそろ歯止めをかけないと、25年ぶりの80キロへまっしぐらだな。
まずは夜9時以降の食事をなくすこと、揚げ物は積極的に取らないこと、可能であれば食事は野菜から食べること、よく噛むこと・・・、これくらいを実践して、本格的なスキーシーズンまでに2キロは落とさないと。

【2015年9月20日(日)~2015年9月26日(土)】 (平均68.25kg 20.03%)67.9kg(19.5%)→?kg(?%)→?kg(?%)→68.9kg(20.2%)→?kg(?%)→68.0kg(20.3%)→68.2kg(20.1%)
3連休で実家に帰ってたのでここで一気に1キロ増。後半休肝日2日とったけど、天候不順でなかなか走れないまま。

【2015年9月27日(日)~2015年10月3日(土)】 (平均68.64kg 19.84%)
67.9kg(20.1%)→68.5kg(19.5%)→69.2kg(18.9%)→69.9kg(19.5%)
→68.4kg(21.1%)→68.1kg(20.1%)→68.5kg(19.4%)
この週は食事はそれほどではなかったけど、飲みがすごかったですね。土曜日は網笠岳登山をした。減量のためではないにせよ、打ち上げで元の木阿弥。

【2015年10月4日(日)~2015年10月10日(土)】 (平均68.90kg 19.57%)
69.1kg(18.4%)→69.6kg(20.0%)→69.4kg(20.0%)→68.7kg(19.3%)
→68.1kg(18.9%)→68.5kg(20.8%)→?kg(?%)
3連休は志賀→松本→地元と呑みましたね。その後も、ちょくちょく檀家回り。この辺り、「何も、予定が入っていないから、行きつけに顔を出しておく」ってな感じで、休肝日がなかったでう。体重とは別にやばいです。

【2015年10月11日(日)~2015年10月17日(土)】 (平均69.92kg 20.06%)
?kg(?%)→69.7kg(18.9%)→70.3kg(19.9%)→70.3kg(20.0%)
→70.3kg(19.8%)→69.6kg(20.5%)→69.3kg(21.3%)
前週に引き続き飲み歩いてました。ついに、3日連続70キロ超え。
ようやく土曜日にひと月ぶりの5キロのラン、焼け石に水。
【2015年10月18日(日)~2015年10月24日(土)】 (平均69.60kg 20.02%)
69.2kg(19.8%)→?kg(?%)→69.2kg(20.7%)→70.0kg(20.1%)
→69.6kg(19.1%)→70.0kg(20.4%)→?kg(?%)
飲み会は続き、土曜日にはバドミントン部のOB会。多少、体は動かしたものの、これまた2次会、3次会で元の木阿弥。

【2015年10月25日(日)~2015年10月31日(土)】 (平均69.63kg 20.33%)
69.6kg(20.6%)→69.5kg(20.7%)→69.8kg(21.0%)→69.4kg(20.2%)
→69.9kg(19.4%)→69.6kg(20.3%)→69.6kg(20.4%)
ようやく休肝日を週4日とったけど、結局米を食べちゃってますね。火曜、土曜と5キロラン。もう、食欲を増すために走ってるとしかいえませんな。
ここで何とか踏みとどまらないと・・・。

2015.11.02

【劇】 家畜人ヤプー (月蝕歌劇団) 

E59c9fe5b18be5a4aae9b3b3e3818ae381b3月に初めて見て、今年2回目の月蝕歌劇団である。
沼正三の奇書「家畜人ヤプー」を舞台化したもの。2000年が初演とのことで、今回は再々演となる。

例によって、開演前のおみくじ売りもあったが、今回はパス。前の席のお兄さんは何枚も引いて、生写真を3枚ゲットしてました。
日本人が家畜人とされるイース帝国とは何か?皮膚強化装置・尿洗礼・畜人犬引き裂かれた恋人麟一郎とクララの運命は?
まさに、小説のストーリー。小説を読んだときもそうだけど、クララの心変わりの早さ(というか、極めてスムーズに女王様になってる)のが、やはりストーリーとしては違和感ありありですね。

お芝居としてはきれいなおねーさんがたくさん出てきて、放尿シーンあり(もちろん、擬似だけど)の、大人のおもちゃも出てくるの、前から2列目にいると目のやり場にも困る(いや、ホントは困らない)けど、まあ、全体として猥雑感がないのは、原作ありきだからか、それとも主人公の麟一郎始め、いくつかの男役をも女優さんが演じているからだろうか。

何人かの女優さんのセリフの間が悪くて、「あれ? 忘れてる??」と不安になる場面があって減点。
阿佐ヶ谷の小屋は初めてだったが、見やすい小屋だった。
観劇日:2015年10月31日(土)ソワレ
小屋:阿佐ヶ谷・ザムザ阿佐谷
木戸銭:4200円

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »