フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 神様はじめました THE MUSICAL♪ 2016 | トップページ | 闘う減量日記008 »

2016.01.22

冷蔵庫買い替えの効果

昨年の夏、長年使っていた冷蔵庫が壊れて買い換えた。 新機種選択のポイントは、サイズもさることながら省エネ。その効果がどれくらいなのかを東京電力の「でんき家計簿」でチェックして見た。

まず、電力の使用量を前年同月と比較してみる。
棒グラフの水色が一昨年、青が昨年。8月までは、前年とほぼ同じか、少し上回る使用量で推移していたが、8月以降は5ヶ月連続して、前年を下回っている。9月~1月の5ヶ月の月平均をとると、108KWh→91KWhと16%減。

Tepco


これを料金で比較すると、同じく5ヶ月の平均で前年が3270円、買い替え後は2606円。月660円ほど安くなっており、年間8000円、12年で冷蔵庫代が出ちゃうことになる。
Tepco1
ちなみに、この「でんき家計簿」、家族数や、床面積、持っている家電製品を入力すると似たような暮らしをしている人との比較もしてくれる。
冷蔵庫買い替え後は、この比較でも、省エネ型の生活になっていることがわかる。
Tepcof

世の中の平均的な家電の電気使用割合は以下の通り。
このうち、おいらはエアコン、電気温水器、エコキュート、食洗機、電気ポット、電気カーペットを使っていないから、冷蔵庫が占める割合はさらに高い(19%ほど)になっているので、省エネ効果がさらに増している・・・ってことでしょうかねぇ。
Ene
# それにしても2014年3月の電気使用量の突出振り(前後の付きの1.5倍)は少々おかしいな。水道なら漏水なんてのを疑うところだけど、電気だと難だろうな。





« 【劇】 神様はじめました THE MUSICAL♪ 2016 | トップページ | 闘う減量日記008 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 神様はじめました THE MUSICAL♪ 2016 | トップページ | 闘う減量日記008 »