フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の記事

2016.09.23

2016長崎の旅 その2 (1日目 大阪~長崎)

2016年8月21日(日)晴れ

長崎の旅の初日。11時半過ぎに阿倍野の自宅発。荷物はリュックひとつに、ショルダーバッグひとつ。あべのハルカス12時発の空港リムジンバス1000円。
空港第1ターミナルまで直行だから、JRでホームまで上がるよりもずっと楽。12:55着。
シャトルバスでLLC専用の第2ターミナルに移動。
ターミナルから飛行機までは、滑走路を歩くのでした。

0014
14時発ピーチ、15時15分長崎空港着予定だったけど出発、到着とも20分ほど遅れ。長崎空港からホテルまでリムジンバス往復1600円、所要35分。着いたらホテルは停留所の真ん前!

既に17時近かったけど、この時間から市内観光。ホテルの裏が新地中華街。横浜>神戸>長崎・・・orz

0039
この日は歩いて行ける観光地へ。まずはオランダ坂。え? ただの坂じゃん・・・。

0055
さらに歩いていくと、「ブラタモリ」で紹介していた、道路の下の橋の入り口。ここをタモリさんが下りて行ったんですね。

026

ここから、少し楽をしてグラバー・スカイロードってのに乗ります。これ、「公道」扱いなんだって。すごいな。
027


スカイロードを降りたら、猫が出迎え。この辺りからの町の様子も素晴らしい。

0089
二つ目の観光ポイントはグラバー園。夏は21:30までやってる。

0097
ちょうど夕暮れ。いくつもある洋館を見て回ります。

0108
有名なグラバー邸。グラバーさんの奥さんは日本人だったそうです。

0129
この方がグラバーさん。彼はキリンビールにもゆかりがあるそうな。

0167
石畳にハート形の石がはめ込まれてました。ここ以外にあと2か所あり。

0175

のんびりと、それぞれの建物を見て歩いていたら、港の方で花火が上がりました。遮るものは何もなし。得した気分。

0188

0201

21:30の閉園までキッチリ見学。坂を下りて行ったら、大浦天主堂がライトアップされてた。綺麗。中には入れないので、翌日に持ち越し。

0214
ここから、路面電車を乗り継いで、思案橋へ。22時半を回ってたこともあり、開いている店は限られたけど、魚系の居酒屋さんに飛び込み。

104

一番搾りの長崎づくりが出たばっかり。香りがよかったですわ。お魚も美味しくて・・・。

113
思案橋からは、ホテルまで歩いて帰館。隣のコンビニで朝ごはんと寝酒の缶ビールを調達。

ホテルのパジャマは、ハウステンボスの日航ホテルと同じ、チューリップ柄。
荷物をとことん減らしたので、この日着ていたものは洗濯して、就寝。

124
                                  (その2軍艦島ツアーに続く

2016.09.22

2016長崎の旅 その1 (事前準備編)

2016の夏休み。直前に決まったことから、海外は困難。ってことで、国内ならどこにしようかと考えた。
そうだ、まだ行ってない空白地帯をつぶそう。これまで、観光や出張でいろいろな都道府県には行ったが、通過だけしたのが佐賀、足を踏み入れてないのが長崎と大分。

Photo_3
その中から、いちばん観光の匂いのする長崎をチョイス。そうつぶやいたら友達から「軍艦島行くの?」「五島列島はぜひ」「駅前の亜紗っていう居酒屋が・・・」といろいろなアドバイスを頂き、だんだんイメージがわいてきた。目いっぱい8月21日(日)~25日(木)の4泊5日に決めた。

出発まで10日足らず。まずは長崎への移動手段の確保。関空からピーチ、伊丹からANA、神戸からならスカイマークと選び放題だけど、安いうえに、住まいから便利なこともありピーチを選択。ネットで調べたら、少しお盆時期からずれているせいか、往復ともピーチが取れた。往復で若干料金は違うけど計17,730円

次は宿。まだ、詳細スケジュールが決まってないので、4泊とも長崎市内にすることに。
じゃらんで調べると、5,000円前後から何とか取れそう。空港アクセスが簡単(リムジンバスの停留所前)で、市内観光にも便利(路面電車の駅まで1分ほど)な、「長崎バスターミナルホテル」に決定。日曜日が一番安く水曜日が一番高く、4泊で20.580円(じゃらんポイント1100円分使用)

これで、旅行の骨格は決まった。次は観光。
まずは、何としても見たい軍艦島。ネットで調べて何社かのうちから「軍艦島コンシェルジュ」というツアー会社に決定。さすがに人気が高く、既に満席の日が多かったが、到着の翌日が1席だけ空いてた、ラッキー! 即予約。5,200円(ミュージアム入館料900円+上陸料300円含む)

軍艦島さえ行ければ、あとはずっと長崎市内観光でもいいんですが、せっかくおすすめもあったので、次に五島列島を検討。
五島列島は、ジェットフォイルを使えば1日で往復できる。ただし、島内の観光はレンタカーってのも面倒なので、観光バスを使うことに。
メールで申し込んだら、最少催行人員2人のところ、3日目はおいら一人なので、仮予約との返事、折り返し翌日を聞いたら催行確定とのことだったので4日目に変更。すると、3日目希望のお客さんがあったと連絡があり、最初の希望通り3日目を予約。一日観光5,500円(これは当日支払い)。
これに合わせて、ジェットフォイル往復10,140円。
さて、こうなると4日目がフリー。それなら、もう、勢いでハウステンボスを検討。佐世保泊まりにすればいいのだろうけど、JRで往復すれば、長崎からでも開園から閉園ギリギリまでいられることが分かった。つまらなければ、佐世保に行って観光してもいいし。ってことで、ハウステンボスの入園券6,700円。

これで、4泊5日の大まかなスケジュール決定。計65,850円。まあ、スキー場に5日間行くよりは少し安い感じかな。

あとは空いた時間で長崎市内観光。ここまでやって、遅ればせながらガイドブック1冊購入。
 
                                   (実際の旅編に続く

【読】てんのじ村 (難波利三)

大阪のことを書いた小説ってないのかな・・・って探していたら、何のことはない、歩いて10分くらいのところが舞台になってる小説があるとの毎日新聞の記事を目にしたので、直ちに、図書館で借りました。

表紙の絵は、戦争の金属供出でなくなる前の初代通天閣。タイトルの「てんのじ村」はもちろん「天王寺村」の大阪読み。
ここに集まってくる芸人さんたちの日常を、ある漫才師の男性を中心に描いた小説。

戦前から、戦後にかけて、配線、テレビの出現等、さまざまな世の移り変わりの中で、あるものは芸人の道をあきらめ、あるものは活躍の場を舞台に移し、そして、あるものは頑固に芸風を変えない・・・。

丹念な取材に基づいたエピソードをパーツに物語(フィクション)が作られていて、読み応えあり。

もっと早く読んでおくべき一冊でした。

Photo

滋賀県で献血 (97回目)(2016.9.10)

【きっかけ】

旅先での献血ってのも、各県ごとに違う手順が分かって楽しい。
関西地方では、かつての旅行で京都、奈良で献血し、先の神戸勤務の際に兵庫大阪和歌山と献血。そのときも、当然、両親のふるさと・滋賀でも献血すべく、4月の曳山祭りに合わせて長浜の献血ルームまで足を運んだら、何と休血日(?)。ってことで、ずっと宿題になってた。

4月・5月のGWは大阪から離れられなかったこともあり、自宅から歩いて10分ちょっとの阿倍野のルーム(献血ルームがこんなに近いのは我が人生で初めて)

それから4か月。年3回縛りが8月31日に解けた今回は滋賀献血にリベンジ。
前回の滋賀はリサーチ不足で門前払いを食ったので、しっかり調べてみたらビックリ。滋賀県全域で常設の献血ルームは1か所だけ。それも大津ではなく、草津駅前。(もう一か所、瀬田の赤十字血液センターでも献血できるけど水曜と日曜だけなのと、瀬田の駅からバスに乗らなきゃならないので不便。) 3年前に門前払いを食らった長浜のルームはおととし廃止されていました。
【ルームへ】
土曜日。朝寝坊して、洗濯して、近所で行きつけのカレー屋さんでブランチをとって、いざ出発。いい天気なんですけど、献血です。
天王寺駅前の金券ショップでJRの割引券を購入。300円ほど安くなり、それでも1000円ちょっと、1時間半の旅です。

まあ、座って行けたし、読みたい本もあったので、クーラーもつけない部屋にいるよりは快適かな。ひょっとして初・草津??

027
草津駅到着は16時過ぎ。献血ルームは、少し寂しい感じの西口から徒歩2分とのこと。
田舎の徒歩2分だから、ずっと遠くまでかと思って歩いていたら、あっさり通り過ぎちゃっていたみたいです。
028
駅前通りから右に折れた狭い道沿い。ビルそのものには看板が出ていなくて、その前の立体駐車場に。しきあも、電信柱や電線の陰になっててわかりにくい・・・。

それでも、1,2分のロスでビルに到着。エレベータで6階に上がってビックリ。

032
なんか違う。いつもの献血ちゃんはこんなんじゃない。よく見ると、


034

信楽の狸さん風じゃないですか。ヒョウタンまで持ってますよ。ま、微妙な部分はサラっと流しているようでしたが。

たまには、違うところで献血するもんですね。道に迷ったことも忘れて、ルームに入る前から、テンション上がりました。


【受け付け、問診】


受付はいつもの通り。住所、体重、睡眠時間、昼食時刻を訊かれた後、タッチパネルで質問に答える。
受付のお兄さん、「今日は大阪からですか? 草津には何が御用で?」と世間話。献血のために来たと答えると、大変恐縮してくれた。

番号を手書きしたテープを腕にはめられる。「反対向きで申し訳ないですけど61番ですのでよろしくお願いします。」 通し番号だとしたら、この時間で60人、1日で70人弱。ルームの規模から行けばそこそこ来てるというべきか・・・。滋賀全県の必要量には足りてないんだろうな・・・。
ロッカーに荷物をしまい、飲み物を自販機(販売じゃないけど)で。例によって温かい飲み物。コーンポタージュを選ぶことが多いけど、この日はカフェオレ。

Photo

自販機(だから、タダなんですって)には「飲み物は問診室に持ち込みできます」の貼り紙。
普段は、呼ばれると慌てて飲み干す(しかも、熱いから大変)なのだけど、こう書いていてくれるとありがたい。
現に、飲んでいる途中で問診に呼ばれたけど、そのまま持って入室。

問診は、若い男性のお医者さん。タッチパネルの回答がプリントアウトされたものを眺め、血圧を測ってくれる。上が145の下が90くらいだったかな。自分的にはかなり大きな数字だったけど、特に問題にされることもなくOK。

ところで、ここの問診室は先生の後ろに窓があり、周りに高い建物がないこともあって、いい景色。これまで、問診室に窓があるルームってあんまり経験がなかったので、ついつい先生に言っちゃったけど、滋賀県はここしかルームがないから、当たり前と思ってらっしゃったようで、反応薄かった・・・。


【検査】


再度、待合室に戻って、カフェオレの残りを飲んでいると、ほどなく番号を呼ばれて検査。

両腕を見せて、検査は左からということに。大阪のルームではやられる肩を上げる検査はなし。あれって、いったいどうなったんだろう。

ここは機械で簡易検査(たぶん、血沈と肝機能?)。問題なく終了。またまた待合室へ。


【採血】


温かい飲み物も飽きたので、ここで冷たい飲み物(リアルゴールド、氷抜き)をごくり。このルーム、飲み物は2台の自販機(だから、(以下略))で自由だけど、ルームによくある、カントリーマアムとか歌舞伎揚などのお菓子の類はなし、飴があるだけ。ちょっと残念。やはり、県内に1か所だと競争原理が働かないのだろうか(大違)

新聞を読みながら待つことしばし。5分も経たないうちに、呼ばれる。開放的な採血室。
一番手前の採血ベッド。いつものとおり靴を履いたまま座ろうとすると、看護婦さんが何か言いたそう。
ぴ「あ、ここ、脱いで上がるのですか?」
看「この後、少し足を動かしていただくので、脱いだ方が楽かと思いまして・・・」
ぴ「・・・ (足を動かす??)」

039
靴を脱いで横になり採血準備。そこで渡されたのがこのシート。LEG CROSS運動ですってさ。足を交差させて、採血中、足首を伸ばしたり曲げたりするんだって。
これ、まじめにやんなきゃいけないんですかねぇ。そもそも、これまで一度も言われたことなかったのに・・・。

看護婦さんも「頑張りすぎると、脚が攣っちゃいますしねぇ。まあ、ほどほどで・・・」ってな感じでしたけど・・・。例の肩を上げるテストと言い、これと言い、医学的に新しい知見が加わったてこともあるのだろうけど、毎回、毎回、そして、府県によって違うのってどうなんだろ。


040

採血そのものは、看護婦さんもビックリの4分ちょっとで終了。新聞を持ち込んだけど、読む暇もなかった。(ここは、飲み物も持ち込みOK。)


【ご褒美その他】


採血が終わり、待合室へ。コインを1枚渡されて、もう一台の自販機(専用コインだから・・・、微妙)で、お菓子を一つだけ選べる。おいらは、一本満足バー(みたいなの)を選びました。
で、お土産は、ボックスティッシュと、何かのイベント週間だったかで、あなたと食べたい鮭茶漬け(笑)でした。(右は飴さん)
041

わが故郷・滋賀ですが、最初の信楽けんけつチャンのインパクトの割には、シンプル(というか地味な)な献血ルームでした。

【読】 本所おけら長屋 (畠山健二)

Photo 久しぶりに時代小説ですね。一時、はまってたんですが・・・

長屋の住人がそれぞれ、ちょっとした事件に巻き込まれ、そして、それが他の住人にも微妙に絡まって・・・。

扉の次に、長屋の見取り図と住人の説明があって、それを見返さないとわからなくて、関係が頭に入るまでは、入り込めない恨みあり。
シリーズになれば、間違いなく楽しめると思う。

【劇】 だ~てぃ~び~ (ABCホールプロデュース)

Photo 東京の芝居仲間のつぶやきから情報を得て、後藤ひろひと大王の5年ぶりの新作(しかも、大阪公演のみ)を観てきました。

だ~てぃ~び~」とは「ダーティー」な「TV」ってことで、副題の通り「汚れたテレビ」ってことですわ。
テレビ業界の「大人の事情」ってのを芝居にしちゃったんですが、それを、こともあろうに、放送局(朝日放送=ABC)の劇場のブロデュース公演でやっちゃおう、ってんだから、そりゃもう・・・。

ワイドショーの現場、ちょっとばかり複雑な人間模様の中、ハプニングの連続。良い方にぶれた・・・と思うと、悪い方にぶれて・・・。

VTRが流れている間に、スタジオで繰り広げられる人間模様。ちょっとしたどんでん返しや、古いファンにはたまらない登場人物なんぞもあったようで・・・。

開演前。舞台上は夕方のワイドショーのセット。テレビモニターのほか、テレビカメラが客席の方を向けてあり、その様子が中央の大きなモニターに映し出されている。最前列センターブロックのおいらは、当然画面に映ってる。
15分前くらいから、カメラマンが出てきて客席を映しながら客いじり。例えば、女性を映して「世界でも最もまばたきの早い女性」というキャプションが付き、カウントダウン。映された人はその場でアドリブでレスポンス。それをみんなで楽しむというもの。
おいらも映されて「世界で一番寄り目が上手な人」ってことになりまして、やりましたとも。あとからスタッフが「ありがとうございました、これ出演料です」と小さな包みを渡してくれました。中には缶バッジ(嬉)

Img00546

終演後、「このセット、いいでしょう? 舞台の照明は点けておきますので、ご自由に写真を撮ってください。」とのこと。
Img00538


観劇日:2016年8月20日(土)ソワレ
小屋: ABCホール (大阪 福島)
木戸銭:4800円

【読】 読書いろいろ

ずっとサボっていた読書記録。
これ以外にも読んでますが、とりあえず、手元に写真があるものをまとめてアップ。

【瑠璃の水菓子、あんず花菓子、夏おにぎり】

Img00522_2 神戸勤務時代に図書館で借りて読んだ「料理人 季蔵捕物控」のシリーズ。近所の図書館に並んでいたので、久しぶりに手に取りました。
それぞれタイトルには料理の名前がつけられているのは、このシリーズの決まり。

この3冊のうち、シリーズ27冊目となる「あんず花菓子」のうたい文句を、角川のHPから頂いてみると・・・
日本橋にある塩梅屋の主・季蔵は、米問屋の加嶋屋に「食通である俳諧仲間のために、鯛尽くしの料理を拵えてほしい」と頼みこまれた。数日後、季蔵は先代の忘れ形見で看板娘のおき玖を連れて、加嶋屋の寮に赴き、先付けを出した矢先、五人もの浪人に押し入られ人質となった。季蔵は命に代えても、おき玖を守ると誓うが……。美味しい料理と人情と名推理が冴えわたる大ベストセラーシリーズ「料理人季蔵捕物控」の第一幕が、ここに完結。

何と、これで完結なんだそうな。え、そうなの・・・とビックリしましたが、よく読めば「第一幕」の完結なんですね。

だって、「夏おにぎり」のうたい文句は、

「塩梅屋」の看板娘のおき玖が、南町奉行所の同心・伊沢と祝言を挙げ、店には、午後四時頃までという約束で、通うことになった。夏のある日、季蔵たちが賄いを食して、しばらくたった時、店の近くで、すり騒ぎが起きた。そんな最中に、貧しいひとからはお金をとらない、巷では有名は医者・岡野玄良先生が「塩梅屋」に現れて――太刀魚と揚げ蓮根はさみ、滋味そうめん、揚げおにぎり、こんにゃくと枝豆のずんだ、冷やし煎餅……夏の暑さに負けない、美味しくて身体に優しい料理と市井の人々の人情、そして季蔵の推理が、ますます冴えわたる大ベストセラー書き下ろしシリーズ、第二幕、待望の幕上げ。


なんですから(笑)。
ただ、不思議なのは、
おき玖と南町奉行所の同心・伊沢の二人は、「あんず花菓子」で恋仲になり、「夏おにぎり」はすでに夫婦になっているのに、祝言のシーンがこの2冊のどちらにもないんですよねぇ。どんな料理が出るかワクワクしていたのに・・・。
NHK「真田丸」で、本能寺の変や関ヶ原の戦いが、たった数十秒、しかもほとんどがナレーションだけで終わってるのよりも、さらに簡潔・・・。


【パンダ銭湯】
01_2 何ともほんわかしたタイトルと表紙。
文字通り、「パンダ以外お断り」の銭湯のお話し。両親に連れられた子パンダが先頭に行くのです。

最近お子さんが生まれたお友達の書き込みで名前をみて、少々気になり、図書館で注文。

ネタバレになるので、中身はかけないけど、とにかくすごい絵本です。これは子供よりも大人が楽しめる絵本ですわ。設定、ストーリー、まさかのどんでん返し、そして、ディーテールにこだわった絵。(例えば、表紙のお父さんパンダが持ってる風呂敷包は「笹の葉」の柄だとか・・・。
あんまりうれしかったので、職場で回覧しちゃいました(笑) これは、是非とも読むべき一冊。絵本界のシン・ゴジラと言っても過言では・・・、いや、やっぱ、言い過ぎか。



【ちくわのわーさん、こんぶのぶーさん、とてもおおきなサンマのひらき】

Img00130_3 これまた絵本。パンダ銭湯の話を職場の人としていたときに、話題になったもの。岡田よしたかさんという作家さんの絵本。これまた図書館で3冊まとめて予約して、読みましたわ。
(このほか「うどんのうーやん」というのもあるらしいのですが、大阪市立図書館には所蔵されてませんでした。)

シュール。子供が泣きそう・・・

2016.09.17

闘う減量日記017

またまたひと月半ためちゃいました。
「夏バテ」知らず、どんどん増量してますぜ。どうしよう・・・。
【2016年7月31日(日)~8月6日(土)】 (平均69.32kg 19.48%)
69.9kg(19.9%)→68.5kg(19.5%)→69.4kg(19.1%)→69.1kg(20.0%)→69.0kg(18.9%)→?kg(?%)→70.0kg(19.5%)
このころはまだ69キロ台の前半だったのですがねぇ。

【2016年8月7日(日)~8月13日(土)】 (平均69.56kg 19.71%)
69.0kg(19.9%)→69.0kg(19.9%)→70.1kg(19.4%)→70.1kg(20.1%)
→70.1kg(20.1%)→69.4kg(19.7%)→69.2kg(18.9%)
「ゆう活」と称して、朝早く出勤して、夕方早めに退社。その分、飲みに行っちゃいまして・・・。

【2016年8月14日(日)~8月20日(土)】 (平均69.87kg 19.82%)
69.9kg(19.5%)→70.3kg(19.9%)→?kg(?%)→69.7kg(19.9%)
→70.6kg(19.7%)→69.3kg(20.1%)→69.4kg(19.8%)
ここから夏休みモードに入っていきます。木曜の夜にジョギングしたら金土とちょこっと下がりましたわ。

【2016年8月21日(日)~8月27日(土)】 (平均69.53kg 19.80%)
69.6kg(20.6%)→?kg(?%)→?kg(?%)→?kg(?%)
→69.4kg(18.7%)→69.6kg(20.1%)→?kg(?%)
日曜~木曜は長崎旅行。16882歩→ 14076歩→ 15419歩→ 18558歩→ 12313歩と1日平均1万5000歩強歩いたので、旅行から帰ってきても体重は増えてませんでしたわ。
【2016年8月28日(日)~9月3日(土)】 (平均71.15kg 20.35%)
?kg(?%)→?kg(?%)→71.6kg(20.9%)→71.5kg(20.6%)
→70.6kg(20.4%)→70.9kg(19.5%)→?kg(?%)
週末は恒例の秋田・大曲の花火&栗駒山。一日中飲んで食ってたら2キロ増量となってしまった。
【2016年9月4日(日)~9月10日(土)】 (平均69.96kg 19.96%)
69.2kg(19.2%)→69.8kg(20.1%)→70.1kg(20.7%)→70.1kg(19.8%)
→69.4kg(20.3%)→70.6kg(20.6%)→70.5kg(19.0%)
9月に入り、仕事の飲み会が続きました。これじゃ痩せませんわなぁ。飲み食いもそうだけど、夜走ることもできないのでねぇ。

【2016年9月11日(日)~9月17日(土)】 (平均70.04kg 20.01%)
70.6kg(20.2%)→70.2kg(20.5%)→69.6kg(20.2%)→69.4kg(20.3%)
→70.2kg(19.6%)→70.1kg(20.3%)→70.2kg(19.0%)
70キロラインをウロウロ・・・。

2016.09.13

本日の手作り弁当(9/13)

Photo_2

豚肉とピーマンの炒め物、鯖のハーブ焼き、三色卵焼き、ブロッコリー、舞茸ご飯、いぶりがっこ。 

今日は昼休みくらいまで雨が降りそうな予報だったので、弁当を作ることにしました。
冷凍庫、冷蔵庫にはたっぷりの食材が眠っているので、買い出しも不要だし(笑)

とは言いつつも、ピーマンは昨晩買いました。昨晩は、今月に入って初めての休肝日で、晩ご飯の買い出しに行ったついでに買ってきましたわ。
冷凍庫にあった豚肉と炒める。味付けは久し振りに「焼肉のタレ」、エバラじゃないけど。ちょいとパンチが足りなかったので粗挽き胡椒をパラリ。
いつもはさっと炒めて終わりなのだけど、水分が出て、少し薄味になったので煮詰めてみた。すると、かなり塩辛くなってしまった。過ぎたるは及ばざるがごとし。

鯖も切り身を冷凍してあったもの。魚用のハーブをまぶして魚焼きグリルで焼きました。これも少々塩辛い・・・・。

卵焼きのミックスベジタブルも、ブロッコリーも冷凍食材。舞茸も安いときに買って冷凍保存。ご飯と一緒に炊いて白だしで味付けしたのですが、こいつは何故か味が薄くて・・・。

今日の弁当は、塩辛いのと味がしないのとが、うまくバランスが・・・、とれるわけ無いですな。失敗の巻です。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »