フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の記事

2016.10.18

2016長崎の旅 その6 (最終5日目 三菱史料館、出島)

25日(木)
最終日となりました。「ああああ~、長崎は~、今日も~、晴れ~だったぁ♪」
と歌いたくなるくらい。この5日間、天候に恵まれました。

最終日は15時45分の長崎空港発のため、ホテル前14時過ぎの高速バスまで市内観光。
のんびり回ろうと思っていたのですが、SNSで「三菱重工長崎造船所の史料館(旧木型場=世界遺産)が見学できるよ。」との情報を頂く。
ダメもとで、朝8時に電話したら、朝イチ8:40からの見学ツアーの予約がとれたので、それに参加することに。

1242

路面電車にはずいぶんお世話になりました。

1245

長崎駅前にこっそり(笑)、バス停がありました。

1247
三菱主催のツアーは施設維持管理費名目で800円。長崎駅前から送迎バス+50分の見学。

504
レンガ造りの大きな建物。(わたるが邪魔ですが、実はその後ろに、もっと邪魔なシャトルバスが停まってるのであります。)

1302
正面のアーチの楔石。明治31年ですって。

1304
内部。天井が時代を感じさせます。

1249


1253



1270
試験運転中に吹っ飛んで死傷者が出たタービンの実物。
事故を忘れないために敢えて展示。

1286
まじめな三菱重工。同じ三菱でも・・・(以下自粛)


1299
10時過ぎに長崎駅に戻ってきました。
路面電車が行ったばかりだったので、出島方向に歩くことにしました。

途中の道端に波止場跡がありました。周りに海はないので、埋め立てられたのでしょうかねぇ。

1318
県庁があるのは、かつて長崎奉行所や海軍伝習所があったところだそうな。
奉行所からは出島が一望できます。正面の重機があるところは、出島の対岸(つまり、陸側)を発掘、整備しているところです。

1322
近づいてみるとこんな感じ。ブラタモリでタモリが発掘調査の手伝いをしてましたね。

1331
今は川のように見えますが、右側が出島、海をはさんで左側が陸地でした。

1334
ここまで長崎駅からゆっくり歩いて、いろいろ寄り道して20分弱で出島到着。路面電車に勝ったかも。

1340
当時のオランダ商館を再現しています。

1348

1354

このお兄さんが案内してくれる無料のツアー。申し込んだら参加者はおいらだけ。ちょっと恥ずかしいマンツーマンでした。

1365


何と、出島が「バドミントン伝来之地」だったとは。(いや、これもSNSでお友達から教えて頂いたのですが・・・) バドミントン歴40数年のおいらとしては、ラケット調達してポーズです。

1389
ここが陸地につながる橋が架かっていた表門。

1370_2
往時の食卓を再現。


1381
現在の食卓(笑)
長崎最後の食事をどうしようか悩んだ。
まだ、チャンポンも皿うどんも食べてない・・・。が、まあ、その2種はリンガーハットに行けば大阪でも食べられる(はず)。それに、中華街まで足を運ぶには少々疲れちゃった。

ってことで、出島の中にある明治36年に建てられた旧長崎内外クラブにあるレストランで「トルコライス」。ビールもうまかった。(トルコライスは見た通りの味です。1+1+1が3にしかなってませんでした。)

1421
さすが、オランダつながりでミッフィー。

1426
15分の1の模型もありました。手前にあるのが「表門橋」で、現在復元作業中。

1436
こちらが最初に入った門。当時は船着き場(水門)だったのですね。


1437
ということで、ホテルに預けておいた荷物をピックアップして予定通り14時過ぎのバスで長崎空港へ。のんきに撮った写真は、バスに帽子を忘れた証拠になってます(バスから空港に届けてくれて、アナウンスに呼び出されて、無事手元に戻りました。)

1453

飛行機はほぼ定刻に飛び立ち、1655関空着。JRで天王寺まで直行して、無事帰宅しました。

1460
生まれて初めての長崎。
キリスト教の迫害の歴史、そして明治以降の日本の産業を支えた歴史、原爆投下の悲しい歴史。五島には五島の自然もあり、海の幸も美味しくいただきました。
何よりも、会う人、会う人、優しい人ばかり。街もコンパクト。
お天気にも恵まれ、5日間の夏休みを目いっぱい堪能しました。

(完)

2016長崎の旅 その5 (4日目 ハウステンボス)

24日(水)晴れ

今回の長崎の旅の主目的であった、軍艦島と五島に行けたので、一日ぽっかりと空いた日にハウステンボス観光。今までだったら「おっさん一人でハウステンボス????」としり込みしたかもしれないけど、大阪でUSJを楽しんでいるから、ある程度耐性もできてるので、チャレンジ。

7時過ぎに路面電車で長崎駅へ。朝ご飯は昨日福江港で頂いたよもぎ饅頭。
1019
みどりの窓口で「ハウステンボスアクセスきっぷ」。片道1470円のところ、往復で2470円なので缶ビール2本分お得(笑)。(ちなみに、土日だと高速バスが長崎駅から出ていて片道1,400円 往復2,550円と微妙なお値段)


1021
長崎駅は一番端っこですね。

1027
7時42分発のシーサイドライナー佐世保行き、乗り換えなしてハウステンボス9時9分着。
見えてるのはテンボスの外のホテルでした(汗)

383

1049
駅名のローマ字表示も「Hausu Tembosu」じゃないんですね(笑)

1050
駅から長い橋を渡りウェルカムゲートへ。

1058
この日も雲一つない青空。ほんと、今回の旅行晴天に恵まれました。m

1061
まずは、クルーズ船に乗って様子を見ます。橋となると、せとうちわたる君が黙ってませんね。

1069
ドムトールン。高い所から見ると、遊園地と高級分譲リゾートが隣接してるんですねぇ。

1077
さて、様子がわかったので、片っ端から、アトラクションを楽しんできますぞ。夏休み期間とはいえ、平日だし、夏休みゆえに学生の団体もいないので、USJで180分待ちに見慣れた身からすれば「ガラガラ・・・」

1082
ワンピース見たことないんですが、このクルーズに乗ってると、一通り、ストーリーが分かります。これを経験してから、USJのアトラクションを見ればよかった(笑)

1084

ハウステンボス歌劇団のショーもあります。これ、まさに宝塚と一緒。こんなのが見られちゃうなんて・・・。

1089
ロボットの王国。このちっちゃなロボットはラジオ体操してました。

1097

1098
イタリア風の噴水・・・、と思ったけど、オランダ風ですな、きっと。

1104
大きなチョコレートの館。チョコレート売ってました。買いませんが・・・。

1106
トリックアート館。こればっかりは、一人で入ると大変でした。

1109
これ、人影がなくなったところを見計らって、ミニ三脚とセルフタイマーで撮影。

1111
カメラに気付かなかったほかの人は名に知れるんだと思ったでしょうなぁ・・・

1113

迷路。面白いんだけど、前のグループと近づいちゃうと、楽しさ半減。

1115
愛知万博で2時間以上待って入った「グランオデッセイ」。確か東芝のパビリオンだったと思いますが、こんなところで余生を送っているとは。さすがに10数年も前のもので、今となっては、寂しい感じ。) 

1116
ちなみに、終わった後に自分の写真が買えるのが愛知万博の時とは違いますね。買っちゃいましたよ(800円)

14141657_1027432530707879_871738449
3Dシアターなんだけど、出てくる歌手の人を知らないので・・・

1119
お散歩も気持ちがいいです。久しぶりにわたる君と旅してます。


1123
まるでオランダの田舎町を散歩してるみたいですね、行ったことないけど。

1124
ハウステンボスというと、庭園も有名ですが、季節的なものなのか、残念な状況でした。

1136

1127
この小さな小屋、全部、オランダのビールを売ってました。

1143
昼ご飯を食べbるの忘れてました。かなり遅い昼ご飯は佐世保バーガーとハイネケン。

1149
腹ごしらえも住んで、後半戦。フィッシングのアトラクション。全く歯が立たず。一回だけは、ただで、2回目以降は別料金。2回目にチャレンジする気も失せました。

1153
帆船デリーフデ号。日本に漂着したオランダ船の復元だそうです。ここはいったん、ハウステンボスから出ることになります。ほとんど、人もいませんでした。

1160
園内のホテルで結婚式を挙げてました。

1166
セグウェイ体験もできるそうです。

1167

ホラーのトイレ・・・。知らずに入ったら・・・

1170
やっちまいましたよ、バンジージャンプ。眼がイっちゃってますな。

1174
空いてました。
・申込書書いて、
・誓約書にサインして、
・荷物をすべてロッカーにしまい、
・体重測って、ゴム?の強度を決められ、
・ハーネス付けられて、
・心得ビデオ(1分程?)見て、
・階段92段(だったかな?)上って、
・一番上でロープをカラビナでつけられて、
・20mの高さでつま先5センチ出せと言われ、2センチも出せず、
・もう一度チャレンジして足場が決まり、
・手を頭の後ろにくんで、
・そのまま前に倒れる・・・・・
が、あっという間です。
落ちてる間は声が出ました。もの凄い声出してたと思います。
1134
夜もきれいです。眼鏡橋みたい・・・

1179
・トムドールンもライトアップ

1178
水路もまるでチューリップ畑みたいに色とりどり。

1187
建物もライトアップ。

1180
そして、BGMに合わせてプロジェクションマッピング。

1191
夜もとっても素敵です。「泊まった方が面白いよ。」って言われた意味は解りましたが、長崎への終電なら、閉園のほんの少し前まで楽しめます。

1203
広場では、懐かしいディスコミュージックでおっさんから子供まで踊ってました。時間がなかったので、2曲だけ参加。

1206
風車もきれいに電飾されてました。さよなら、ハウステンボス。

1221
22時閉園ですが、最終電車は21時10分発。1時間半で長崎に着きます。

Img01227
ボケボケですが、かっこいい電車来ました。

1235
車内はいたって普通。終点までなので寝過ごす心配なし。ガラガラの車内でひとり打ち上げ!  若干遅れて到着したので、下りてからダッシュでしたが、無事、路面電車の終電でホテルに戻りました。(ま、乗り遅れたら、二日目に行った居酒屋に行くだけですがね(笑))

492

最終日に続く






































2016.10.17

本日の手作り弁当(10/17)

285175_2231741141_227large


豚ニラ炒め、三色卵焼き、ほうれん草ごま和え、ブロッコリー、シメジご飯、水ナスぬか漬け。 

新米の季節になったので、去年のお米を食べ尽くし、冷凍庫の在庫を一掃すべく、久し振りの弁当づくり。
もう、定番中の定番ですわ。どれだけ作ったか判らないですね。
ニラとしめじは、社宅から徒歩数十秒の100円ローソンで購入。便利な世の中ではありますが、コンビニが一軒できただけで改善されてしまう食生活って、ベースが低すぎ・・・。
ちなみに、このローソン、半径数分のところにあるコンビニ4軒で唯一食パンの8枚切りが常置されてるんですわ。
豚ニラの味付けは創味シャンタンと胡椒、卵焼きは塩、ごま和えは麺つゆ、ブロッコリーはマヨネーズ、シメジご飯は白だし。
水ナスは、買って冷蔵庫に1ヶ月置きっ放しになってて、すっかり古漬けになってしまい、水ナスっぽくなくなっちゃいました。

2016.10.13

2016長崎の旅 その4 (3日目 福江島)

23日(火) 福江観光

この日は五島列島の観光です。相変わらず雲一つない晴天。
ホテルから歩いて10分くらいのところの長崎港へ。

出港は7:40で、ネットで座席指定も終わり、料金も払い込み済みなのに、なぜか7時までに窓口で乗船券を貰えとのこと。おかげで、必要以上の早起き&時間が余って仕方ない。

港には船を待つ長い列。一見、観光客風でもない。よく見たら、三菱造船の従業員さんたちが、対岸の工場に出社するところだった。送迎バスならぬ、送迎船なんですね。

 

 

0691
ジェットフォイルで出港。往路の席は、一回の最前列、窓が大きいですけど、特段何が見えるわけでもなし。

0692

 

 


時速80キロってんだからすごいですよねぇ。特に浮上したとか、揺れるとかってこともなく、(悪く言うと、特段の感動もなく)、定刻通り、五島列島福江島の福江港に9:05到着。


0710

 

 


現地では観光バスで周遊。予約の時点では、写真の女性(京都の大学院生さん)とおいらの二人だけ参加だったらしいです。今朝になって、帽子をかぶった年配の男性(お二人とも九州の方)が加わり、総勢4名。贅沢なツアーです。

0712

 

 


見どころは大きく二つ、「自然」と「教会」。
まずは、透明度抜群の海。穏やかな入り江です。

0719

 

 


そして、堂崎天主堂。隠れキリシタンのお話や、まつわるもの(観音像に擬したマリア像や踏み絵など)が展示されていました。ステンドグラスの模様は椿の花。

0724

 

 


駐車場のトイレも、教会風・・・。

0738

 

 


近くの民家の軒先を失礼してパチリ。干されているのは椿の実だそうです。五島は椿油が特産なんですって。知らなかった。だから、さきほどの教会のステンドグラスも椿なのね。

0736

 



鬼岳。鬼岳という名前にしては優しい姿の山。火山だそうです。標高315m。ふもとの方はソリができるそうな。


0760

 

 


鐙瀬溶岩海岸。「あぶんぜ」って読むそうです。鬼岳の噴火で流れ出た溶岩が海に入って、こんな怪奇な?地形になっています。先ほどの優しい入り江とは全く違いますね。


0762

 

 


市街地に戻ってきました。武家屋敷通り。石垣の上に小石を積んでいるので、乗り越えようとするとガラガラと崩れて、警報機代わりになるそうです。

0777

 

 




0786

 

 


福江港に11時過ぎに戻ってきました。午前の部の観光終わり。ちょっと物足りないかな。港近くの食堂で昼ご飯。ガイドさん一押しのお店でした。

 

 

 

 
0797

 

 



アジの開きと五島うどんを頂きました。

0795

 

 


五島うどんは椿の油を使いながら手延べでつくるそうで、細くて、断面が丸くて、つるっとしたのど越しです。だしは、あごだしです。
ツアーで一緒だった、大学院生さんと、ビールを飲みながらのんびり食事。彼女が頼んでいたのは、これまた、ガイドさんおすすめのミックスフライ定食。ものすごい分量でした。

0796

 

 


午後のツアーは福江港12:35発。
途中、田んぼアートが見えました。福江のゆるキャラらしいです。

0811

 

 



大瀬崎灯台
。先ほどの鐙瀬とはまた違った、断崖絶壁。


0832

 

 


白くてきれいな灯台。

0839

 

 



海水浴場。(名前を忘れちゃいました。)
0850

 

さすがに泳ぐ訳にもいかず・・・。


0879

 

 


 

 

高浜ビーチ。遠浅の綺麗な海水浴場でした。

0889

 

 

 

 


あとは車窓からっすね。地元出身、ヤサカ観光でのガイド経験を経て、地元に戻ってきたガイドのねーさんの名調子で、飽きることなく楽しい1日でした。

 

0905

 

15時50分、福江港着。旅客ターミナルで、缶ビール、上げかまぼこ、鰺のお寿司を仕込んで、16時30分出港! 2時間弱のひとり宴会。ちなみに、お土産を買ったお店のおばちゃんが、なぜか、大きな草饅頭を「船の中で食べな」とサービスしてくれましたが、さすがにビールには合わないので、明日の朝ごはんに。


0921

 

 



帰りの船から再度見つけた世界遺産の小菅修船場

0931
長崎港に戻ってきたのが18時20分。
いったん、ホテルに戻って、稲佐山夜景ツアーの段取りをして、路面電車で長崎駅近くの日本二十六聖人殉教記念碑へ。

0957

 

 



0952

 

 


日本二十六聖人記念聖堂

0971

 

 



稲佐山 (日本三大夜景)
初日のグラバー園からの夜景も素晴らしかったけど、やはり、稲佐山ははずせない。
ガイドブックには驚くほど情報がなくて、路線バスかタクシーくらいしかアクセス方法が書いてない。
仕方がないので調べてみるとロープウェイ会社が、ふもとの駅までの無料巡回バスを出してることが分かったが、確認するとすでに満席とのこと。
あきらめていたのですが。泊まってるホテルの近くのホテルに「夜景ツアー集合場所」って停留所があったので、ダメもとで電話したら、なんと、予約できてしまった(笑)

ってことで、20:30発のツアーバスで稲佐山へ。無料バスだとロープウェイに並ばないといけないし、タクシーだと山麓で渋滞に巻き込まれてしまうので、バスが正解でした。

標高333m。東京タワーのてっぺんと同じ。あべのハルカスよりも、少し高い。ハルカスで夜景には慣れていますが(笑)、それとは違った美しさがありますね。宝石箱です。

0988

 

 


 

想像はしてましたが、やはり、カップルが多かったっすね。

0991

 

 


 


バスで市内に戻って来て、乗車した長崎ワシントンホテルの一つ前、思案橋に近いJALシティで降りて、これまた、お友達おすすめの餃子屋さんへ向かう。

 

 

 

 

 

宝雲亭本店でかなり遅い晩御飯。ここは一口餃子が看板メニュー。


355

 

 


カウンターに陣取り、一口餃子と、お友達おすすめの「きもにら」(レバニラ炒めの卵とじ)を、「長崎づくり」で頂く。
1010
遅い時間でしたが、常連さんやらサラリーマンやらで賑わってました。
帰りがけに店主さんが「観光ですか? どちらから??」などと声をかけてくれました。願わくば、最初にかけてほしかった(笑) でも、 おいしゅうございました。

歩いて宿まで帰り、洗濯、シャワーで、翌日に備えて、とっとと就寝。

(4日目ハウステンボス観光に続く)

 

 

 

 

 

2016.10.09

【映画】 グッドモーニングショー (東宝)

Photo東宝映画「グッドモーニングショー」。主演は中井貴一。

テレビのモーニングショーのキャスターが、立てこもり犯からの要求で現場に呼び出される・・・っていうコメディー映画。

実は、昨年9月にエキストラ参加した映画なのでした。ってことで、ロードショー初日に観てきました。

エキストラは2回。いずれも千葉(幕張とポートタウン)のロケで、早朝から電車乗り継いで行ってきました。

最初は、放送局の玄関のガードマン役。ただ、立ってるだけですが、シーンは2つ。

横をディレクター役の大東駿介さんが大きな荷物を持って駆け抜けて行き、中継先に向けてバイクを走らせるシーンで、カメラは正面から。

もうひとつは、キャスター役の中井貴一さんとディレクター役の木南晴夏さんが前を横切って、これまた、現場に向かうべく、駐車場まで走っていくシーン。これは、何カットか撮りました。
特に二つ目は、お二人のコミカルなやり取りもあるので、立ってても楽しかったですわ。少しだけ小芝居しました。

9月とは言っても、まだ暑い盛り、何度も何度もダッシュする中井さん。
カットがかかるたびに、建物の中に入り、スタッフさんが周りから扇子でパタパタと風を送る。一方の木南さんは、外でポツンと次の撮影を待つ。その当時は、NHK「マッサン」のエマ役で売り出し始めてたところなのに、やはり中井さんは雲の上の人なのでしょうねぇ。

朝からのロケで予定されていた私のシーンは午前中には撮り終えてましたが、午後の他のシーンでガードマンが必要になるかもしれないということで、お弁当を頂いて午後も待機。他の方のお芝居や、中井さんと時任さんのツーショットシーンなぞを陰から見てました。

お二人とも、おいらと同世代なんですが、背も高くて(中井181センチ、時任188センチ)かっこいいですねぇ。エキストラ組が待機場所を動くときに前を横切ることになって、「失礼します・・・」って声をかけたら、チョコっと反応してくれました(本当は声かけとかしちゃいけないんだけど、まあ、人としてこれくらいはね・・・)

もう一度は、機動隊員の役で、10人くらいで犯人が立てこもっている現場のかなり離れたところで、盾を持って周囲を固めている設定。
いくつかシーンを撮りましたが、相当遠くにカメラがあったので、これはちょっとわからないだろうな・・・。こちらは、マスコミの記者やカメラマン役さんたちが大勢いるところで、やはり、朝から夕方近くまでかかりました。機動隊員のかっこなので、テンションは上がりましたが、まあ、一生懸命小芝居して映ってないんでしょうねぇ。ちなみに、ほかの人たちはみんなセミプロでしたわ。

で、ドキドキしながら初日を迎えたわけですが、ガードマンのシーンのうちの二つ目、中井さん、木南さんが私の前を走っていくシーンは見事に使われていました。一人だけ立ってるので、絶対見つけられるはず(笑) 背筋をピンと伸ばして凛々しい立ち姿でございました。

機動隊員のシーンは、仮に映っていたとしても、どれが私なのかはわからないでしょうなぁ・・・。残念。

DVDが出たら買うことになるんだろうな(笑)

2016.10.08

闘う減量日記018

3週間分。70キロをウロウロ。少しは運動してるんですけどねぇ。

【2016年9月18日(日)~9月24日(土)】 (平均70.04kg 20.01%)
70.6kg(20.2%)→70.2kg(20.5%)→69.6kg(20.2%)→69.4kg(20.3%)
→70.2kg(19.6%)→70.1kg(20.3%)→70.2kg(19.0%)
休肝日二日作って、後半は少し減りましたが、どうも70キロの壁がねぇ。



【2016年9月25日(日)~10月1日(土)】 (平均70.46kg 20.49%)
70.5kg(19.5%)→69.9kg(20.1%)→70.2kg(20.2%)→70.4kg(20.6%)
→71.1kg(21.0%)→70.3kg(21.3%)→70.8kg(20.7%)
職場の飲み会もあるし、なけりゃ、阿倍野の「まいど」に行っちゃう・・・っていう、どうしようもないパターンですね。USJを歩き回って、歩数は稼いでるんですが、その程度の運動じゃねぇ。

【2016年10月2日(日)~10月8日(土)】 (平均70.46kg 20.71%)
69.9kg(20.9%)→69.4kg(19.8%)→70.6kg(20.8%)→70.9kg(20.5%)
→70.4kg(21.9%)→71.2kg(20.4%)→70.8kg(20.7%)

2日の日曜は職場のリレーマラソン。2kmを3本走ったので、少しばかり体重が落ちましたが、すぐ戻りましたわ。何よりも体脂肪率が20%を切れないのはやばいですね。食生活を変えないと。


2016.10.06

2016長崎の旅 その3 (2日目 軍艦島~平和祈念公園)

8月22日(月)晴れ

長崎2日目。すっきりと目覚め。腹ごしらえをして、軍艦島前に、まずは市内観光。
ホテルのフロントで路面電車の1日券500円を購入。路面電車は1回120円なので5回乗らないと元が取れないけど、小銭を用意する手間もあるので、まあいいか・・・。

路面電車で前夜外観だけ見た大浦天主堂に向かう。雲ひとつない青い空に、白い教会がすくっと立ってます。

0218


正面にはマリアさま。中には、隠れキリシタンと宣教師の出会い「信徒発見」の解説もあり、この教会の成り立ちが分かります。

0229


旧香港上海銀行長崎支店。

0239
軍艦島ツアーの港までは歩いて数分。
今日は、この船だそうです。受付時間の9時40分の前に行ったけど、すでに列ができてました。出港は10時30分。この船の2階席に陣取りました。

0251
世界遺産のジャイアント・カンチレバークレーン。前夜、グラバー邸から見るのとは違った迫力。


0258

そして見えてきました、軍艦島。まずは、外周を半周して裏側の景色をみます。
いくつかあるツアー会社の上陸時間を調整しているのかもしれません。


0303
いわゆる、軍艦島の軍艦島らしい角度の写真ですね。ここでは、船は向きを変えて、左舷側、右舷側、どちらの客も見やすく配慮。下の空調のきいてる船室にいたお客さんも、このときは2階席まで上がってきてました。

0317
11:40、いよいよ上陸。とにかく、日差しを遮るものはなく、通路が狭いことから日傘の使用も禁じられてるので(まあ、おいらは持ってないけど)大変

0336
目の前にいきなり廃墟ですわ。山の上に見えるのは上級社員の宿舎だったかな? 各戸に風呂があったのか。目の前にあるのは採炭のための施設かな。
誰も手を加えないから、もう朽ち果てるのを待つだけです。

0343
赤煉瓦の総合事務所跡。炭鉱労働者にとっては給料をもらいに来る場所らしい。

0374
奥に見えるのが最初の鉄筋アパート。
あんまり暑くて、首の後ろが日焼けしそうだったので、手ぬぐいを巻いてカバー・・・。

0392
この枠の上にベルトコンベヤーが設置されて、石炭を船着き場まで運んできたとか。
ちなみに、世界遺産になってるのは「明治の遺産」なので、建物や岸壁でも、明治に作られたものは遺産になってるけど、大正以降に作られたものは違うのだそうな。

0424

滞在時間は50分程。12時半に船がでます。

0427
帰りの船から見つけた世界遺産の小菅修船場。1869年に完成した洋式の近代的ドッグ。写真の曳揚げ小屋は現存する日本最古の煉瓦造の建物だそうです。ちなみに、作ったのは五代様とかグラバーさんだって。
04582
戻ってきてから、「軍艦島デジタルミュージアム」ってところに行きました。
ツアー会社と同じ経営。
当時の写真や映像があったり、島の3D画像がマウスで動かせたり・・・

0476
炭鉱住宅を再現していたり、元島民のガイドさんにいろんな話が聞けたり・・・(例えば、遊郭があった、なんて話は、ツアーでは教えてくれない。)

0474
思いのほか、ミュージアムで長く時間をとってしまい、昼飯を食う間もなく、平和公園方面へ路面電車で移動。
15時30分。原爆資料館。

0481
原爆が落ちた長崎の町を再現しているほか、亡くなった方の遺品、生き残った方の証言集等・・・。

0490
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館」という長い名前の施設。とっても厳かな雰囲気です。死没者のお名前が安置されています。


0512
原爆落下中心地。
0524

0531
有名な「平和祈念像」。北村西望が制作した。

0553

夜はライトアップ。

0590
浦上天主堂。原爆で全壊、その時にいた神父、信者も全員亡くなったとか。

0559
こちらも、夜はライトアップ。

0584
またまた路面電車で移動して、眼鏡橋見物。

0637
友達に勧められた駅前の居酒屋「魚店 亜紗」。人気店らしく、遅い時間なのに、カウンターに一席だけ。ラッキー。

218
長崎の地酒に鰹の刺身。

0664
豚の角煮を食べてのんびりしてたら、路面電車の終電はとっくに終わってました。
タクシーにてホテルに戻る。

214
3日目福江島観光に続く

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »