フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017.02.22

昨日の手作り弁当(2/21)

285175_2245165695_62large

ポーク野菜炒め、生姜天・白菜・人参の煮物、三色卵焼き、ミニトマト、コロッケ、はんごろし 

前夜、すきっ腹で閉店前のスーパーに行ってしまって、「50%引き」のシールに誘われていろいろ買っちゃったんで、弁当作り。
野菜炒めの野菜は、100円が半額。もやし、キャベツ、ぶなしめじ、まいたけ、ニンジンがはいってる優れもの。冷凍庫のポークと炒めました。味付けは、塩とオイスターソース。おいしゅうございました。

生姜天と白菜とニンジンは麺つゆで煮ました。ニンジンはニンジンしりしり器で細く切りました。

コロッケはポテトだけのシンプルなもの。半額になっててひとつ25円ですよ。ソースが家に無いので醤油をふっておきました。

2017.02.15

そうだ 奈良、行こう

京都に続き、冬の古都シリーズ。第2弾は奈良。

ちょうど、2月の前半の1週間ほど「なら瑠璃絵 」というイベントをやっていたので、第2週の日曜の夜に訪ねてみました。
「なら瑠璃絵」って、文字で読んでもピンと来ませんが、声に出してみると「ナラルリエ」って、何となく「ルミナリエ」とか「ミレナリオ」と似てますよね。
興福寺、春日大社、東大寺が特別拝観をやっているのと、奈良春日野国際フォーラムのお庭をはじめ、そこここで光のイルミネーションが見られるのですわ。
まあ、日本中からお客が来る・・・というレベルではありませんが、大阪からなら足を運ぶ価値はありそうです。

JRで南都入り。自宅からジャスト1時間。近いですわ。前の日、リレーマラソンやって、昼間っから飲んでたので、少々疲れた顔。

Img03455

JR奈良駅前にこんな碑が立ってるの、気づかなかった。
Img03453
まずは興福寺。五重塔がライトアップされてました。
Dsc04707
興福寺は東金堂が夜間特別拝観。
中は撮影禁止でしたが、薬師如来さまをはじめ、仏像に照明が当てられていたので、かえって昼間の自然光の中で拝むよりも、仏像の細かな表情や細工がよくわかりました。
思わぬ、発見です。

Dsc04709

仏教美術資料研究センターもライトアップされてました。

Dsc04711
お利口な鹿さんは、ちゃんと青信号になってから横断歩道をわたってました。
Dsc04713
奈良春日野国際フォーラムの前にやってきました。
これがメインだと勘違いしたので、ショボっ・・・と思いましたね。
Dsc04714
が、お庭に入ると素晴らしいです。写真じゃ全く伝わらないでしょうが、一面の瑠璃色です。

Dsc04721
冬の七夕」って言われると、何となくそんな感じもしてきます。

Dsc04731

Dsc04742
春日大社に向かう道すがら、ミストをスクリーン代わりにレーザーでパフォーマンス。
幻想的でした。

Dsc04746
獅子神楽も奉納されてました。

Dsc04750
そして、春日大社。

Dsc04755
奉納されている燈籠ひとつひとつに灯が入っていました。
Dsc04757
古い燈籠もたくさんありましたが、とってもきれいでした。
こればっかりは、夜に来ないと良さは分かりませんね。

Dsc04767
塗り直されたばかりの本殿もきれいでした。
Dsc04765
そして、最後は東大寺に。南大門もライトアップ。

Dsc04774
そして、大仏殿はいつもと違う・・・

Dsc04782
そう、観相窓が開いていて、大仏さんのお顔を外から拝めるのでした。
まさに「御開帳」ですな。

Dsc04793
これが見られただけでも、奈良に来る価値はありました!!

Dsc04789
東大寺ミュージアムの前に実物大の手がありましたが、これだけでは大きさが分かりませんな。

Dsc04798
こんな不思議なオブジェもありました。

Dsc04797
ってことで、2時間ほどのお散歩でした。すっかり冷えた身体は、中から温めないと・・・

Img03513
奈良のお酒と肉、野菜などに舌鼓を打ち、終電で帰ってきました。

Img03512

2017.02.12

そうだ 京都、行こう

春の梅や桜、夏の祭、秋の紅葉と、季節ごとに京都を訪ねていたつもりですが、冬の京都って、行ったことがなかったかもです。(そもそも、冬は毎週末雪山だし。)

私以外も、観光客も少ないらしくて、昔は多い月と少ない月の差は3.6倍あったそうです。(今は知事待ったけど、それでも1.5倍弱)
それもあってか、50年も前から「冬の京の旅」っていうキャンペーンもやっているそうです(今年、初めて知りました。ちなみに、JR東海のキャンペーンは25年前に平安建都1300年を記念して始まったんですって。)。
今年は「大政奉還150年」だそうで、寺院などの特別公開もやってます。
それも含めて、たまたま仕事、観光と2週続けて冬の京都に行きました。
1 桂離宮
初めて行きました。雪の後で、珍しい景色でした。
03
冬仕様になってました。

02


でも、梅もほころびかけていました。

04

2 二条城
唐門。立派でした。陽明門っぽい幹事でした。

15
いい天気でした。これが二条城。中は写真が撮れません。

16
目の前の大広間で家康が征夷大将軍就任の儀式があり、慶喜が大政奉還をしたと聞くと教科書の中や大河ドラマの出来事が急に身近になりました。
特別公開の中庭。

21

こっちも、冬仕様。

54


建物のメンテナンスはあまりちゃんとなされてない感じ。釘隠しが亡くなって、釘が露出してました。

20
3 京都迎賓館
洋室。

09
和室。

11
お庭。

10
4 島原
かつての花街だった島原。今も残る大門。
45

西門の跡。江戸・吉原と違って、門は二つあって、出入り自由だったそうです。

43

そして、歌舞練場跡。ここの芸妓さんたちは歌や踊りができたそうです。置き屋さんにいて、揚屋に呼ばれて、芸を楽しませて客の相手をしたのだそうで、この点も、遊郭専門だった吉原とは違うそうです。

44
5 島原「角屋」 

55

新選組も通った旧花街の揚屋(料亭)。
38
玄関の石畳は斜めに作られてて、視線の先に中庭が見えるように設計されてます。そして、右の柱には刀傷。

37

血なまぐさい事件と思いきや、ツケを断られた隊士が腹いせにつけた傷なんですって。何とも人間くさい。
26
玄関にあった刀掛け。客はここに刀を置いて、部屋に行くのだそうな。

29


刀はそのままにしておくのではなく、帳場にある専用の箪笥に預かるのだそうです。

28
芹澤鴨が暗殺される前夜に宴会していたお部屋だそうです。

36
綺麗な襖絵。

35
部屋の前には綺麗なお庭。右に見えるのは茶室。庭と茶室がワンセットになっているのが揚屋なんですって。

30
帳場にあった箱階段。

27


6 京都水族館
梅小路公園には行ったことがありましたが、ここは初めて。

56

まずはオオサンショウウオ。でかいんですねぇ。

57
夜行性だそうで、昼間は重なって寝てました。(ほかのオオサンショウウオを石だと思って、その下に潜り込んでいくので、こんなことになっちゃうそうです。)

46

土産物売り場も、オオサンショウウオ推し。

51
面白かったのはチンアナゴ。

49
チンアナゴの決闘。

50
寝転がって見られる。面白い見せ方です。
58

7 鉄道博物館
雪が残る転車台。

01
大人気のジオラマ。

Dsc04070

8 夜の楽しみ
京都の冬というと、湯豆腐しか思い浮かばなかった・・・。

60

そして、おなじみのお店。

61

9 番外
二条城のバス停で発見。和服を着てました。

13
角屋の板塀に何とも無粋なポスターが貼られてます。

24

文化庁と消防署の「文化財防火」を呼びかけるポスターでしたが、ここにこうやって貼らなきゃいけないものなんでしょうかねぇ。

25

2017.02.10

初めての「センター」献血(98回目)(2017.2.1)

1月下旬、「年3回縛り」が解けたので「献血をしなきゃ」と思っていたが、せっかくなので、どこか変わったところで献血しようと考えた。が、近畿2府4県は回ってしまった。大阪市内は梅田と阿倍野のルームは行ったので、枚方か堺か・・・、ふとひらめいた。

「そうだ センター、行こう」

各県にある赤十字血液センターは、献血ルームの総元締めだけど、どこのセンターでも献血できるという訳ではない。関東だと一都3県のセンターではできないし、できたとしても土地代の問題もあるのかそもそも不便なところが多い。一方、近畿だと滋賀(草津)、奈良(大和郡山)、そして大阪のセンターがOK。しかも、大阪のセンターは森ノ宮で、家から30分ほど。
ということで2月に入った平日の昼時に行ってきました。

【アプローチ】
上記の通り、大阪府の血液センターは大阪城近く、JR・地下鉄森ノ宮駅から徒歩数分という好立地。

Dsc04569

駅から歩いて行くと、「A」という大きなプラカードを掲げた男性が、交差点に立ち、信号が変わる度に看板の向きを変えて、通行人に献血への協力を呼びかけている。

Dsc04570
雨が降り出しそうな昼時、通る人もまばらなのに。さらに、センターの広報車も「ご近所の皆様、今、血液が足りません・・・」と、献血のお願いをして走ってるじゃないですか。
こりゃ、いいタイミングだったかな、B型だけど・・・。

Dsc04572
大きな建物で入り口が判らなかったので、プラカードおじさんに「献血したいんですが、どこから入ればいいですか?」と訊ねたところ「ご案内します。」と言われた。申し訳ないので、「入り口だけ教えて頂ければ、自分で行きますので・・・」と応えてしまったが、例えば、献血希望者をひとり連れて行けば、プラカード係は次の人に交替、なんていうルールになっていたのだとしたら悪いことをしちゃいました。

Img03162
建物全体は大きかったけど、献血コーナー自体は、ごくごく普通のルームと同じ。センターは、検査(2府4県分を全てここでやってるそうです)や製剤といったバックヤード的な業務のスペースが断然大きいのですな。

【受付】
受付窓口は4つほど。先客もおらず、すぐに対応。カードを渡して、中指認証して、睡眠時間・朝食時間を問われ、体重を入力。
血液の使われ方(必ずしも輸血に使われないことがある)について同意して、その後は、タッチパネルで質問に答える。いつもの手順。3分ほどで全て終了。

手首に手書きの数字が書かれた白いテープを巻かれた。10番台前半だったから、午前中2時間で献血した人がこれだけとしたら、やっぱり、少ないですな。

荷物ロッカーを見つけられなかったので、コートとカバンを持ち歩くはめに。入り口のすぐ横にあったのだけど、入って、まっすぐ受付にくると、視界にははいらず、帰りに気がついた。教えてくれればいいのに。

Dsc04579

【問診・検査】
飲み物は通常のカップ式の自販機(販売じゃないけど)。
温かいココアを飲んでいたら、ほどなくお医者さんの問診。通常のルームみたいに「問診室に持って入っていい」とは言われなかったので、飲みかけのカップは、荷物かごにそーっと置きました。

Dsc04576

問診ルームはついたてで仕切ってるだけなので、会話は丸聞こえ。もう少し配慮が必要かな。

Dsc04578_2

血圧は150の90。おいら的にはかなり高いのだけど「寒かったし、駅から急いで来たので・・・」と言い訳しました。
受付のタッチパネルのプリントアウトしたものの確認と、消毒薬でかぶれたりしたことがないかを追加で確認された。毎回訊くのだから、タッチパネルの質問に入れておけばいいのに・・・。B型・400全血のOKを貰いました。

昼ご飯がまだだったので、お医者さんがお菓子(チョコレートバー?)を一本くれました。

待ち時間ゼロで、すぐ隣で検査採血。

まずはシーフテスト(ひじを張って腕を上に上げて30秒)。関東ではやった記憶がないし、関西でも、神戸ではやったけど、滋賀ではやらなかった。
ググったら、愛知や奈良もやってるみたい。大阪も「一部のルームで」って書いてるから、本当にやる意味があるのかしら。

30秒たってOKが出て、ようやく検査採血。
「いつもは、本採血はどちらで?」
「右が多いです。」
「では、今日も、右の真ん中の血管から頂きます。」
ってことで、左腕から検査。「真ん中の血管」って言われたのは初めて。

左右どちらの腕の血管も採血可能なので、移動献血車や混んだルームだと、右腕・左腕は空きベッドの状況で決められることも多かったけど、最近は空いていることが多いのか、そう言われることも少なくなりました。

  手首のテープにバーコードのシールが貼られ、比重もOK。「先生から、チョコレートバー貰いましたか? それと水分を採ってお待ち下さいね。」

【採血】
通常のルームなら、せんべい(ばかうけや歌舞伎揚げ)やクッキー(カントリーマームや源氏パイ)が食べ放題なのに、ここは一切なし。お医者さんから貰ったバーを温かいカフェオレで頂く。
これはセンターだからなのか、それとも大阪という土地柄、取り放題にしておくと、あっという間に無くなっちゃうということなのだろうか。東京のルームが懐かしい。

新聞、雑誌と若干の漫画がある程度で、通常のルームよりは手薄な感じがする。駅から3分ほどの好立地ではあるけど、なんば、心斎橋、阿倍野に比べれば、力がはいらないのかなぁ。

新聞に目を通すまでの時間もなく、口頭で呼び出し。さすがに、飲み物は持って、新聞はラックに戻していきました。ベッドは10床ほどか。これも通常のごく普通のルームの規模ですね。成分献血らしき男性が1人だけ採血中でした。

Dsc04580

名前をフルネームで確認され、採血。
ふくらはぎに力をいれる運動(LEG CROSS)の説明書きがあったので、「これ、何の効き目があるんですか?」「血が少なくなってめまいを起こしちゃう方がいるので、ふくらはぎにポンプの役目をして貰って、足の方の血を上に戻してあげるんです。」 
ふむふむ、なるほど。説明までして貰ったので、まじめにやってみた。

上半身に血が戻ったせいか、採血時間は4分少々。普段より若干早かった気がします。もちろん、普段通り、めまいや不快感はなし。

血圧を再度測ると上が125。かなり落ちてますな。

【おまけ】
受付に戻ってきたら、すぐに献血カードと処遇品の歯磨きを貰いました。

Dsc04586
で、「アイスクリーム食べますか?」「マッサージやっていきますか?」と訊かれ、いずれもYESと応えると、専用のコインを1枚ずつくれました。普通、要不要を訊かれずに渡されるものなのに。
アイスクリームはモナカ、マッサージチェアで全身コース。8分ほどでリラックスしてセンターを後に。

Dsc04581

総滞在時間はマッサージを入れても30分ちょっと。平日の昼間のしかもセンター。一生懸命呼び込みをしているのに、この30分間で、件の男性のほか、私以外に2人ほど。悲しいくらい空いてますなぁ。

ここのセンター、他のルームのような特色もないし、上記の通り、問診室のプライバシーの問題もありました。
また、マッサージ器は初めての経験でよいアイディアだと思いましたが、お菓子や雑誌の類も充実していないしし、せっかくの「笑い文字」の葉書を作ってくれるサービスも絵描きさんが昼休み中でやって貰えなかった。
献血は無償の行為なので、こういう言い方をしてはいけないのですが、もう少し魅力がないと、「また、ここで献血したい。」という気持ちにはならないところが、正直な感想です。

Dsc04585

2017.02.08

本日の手作り弁当(2/8)

285175_2242628687_7large

ポーク白菜炒め、ピーマンの卵焼き、白菜と野菜天の煮物、しゅうまい、ミニトマト、しめじご飯 

二日酔いなのに、二日続けて弁当作り。とは言っても食材はそのまま。白菜を冷凍庫のポークと炒めてみました。味付けは塩のみ。
卵焼きは久々のピーマン。塩とカレー粉で味付けしました。
煮物は昨日の残り。
しめじご飯は、ほんだしと塩。麺つゆ使うと弁当が茶色くなるので・・・。これはこれで、美味しいです。ありがとう>小栗旬

本日、シンプルなり。

本日の手作り弁当(2/7)

285175_2242628687_7large

スモークチキン、野菜炒め、白菜と野菜天の煮物、焼き明太子、温泉卵、ミニトマト。

2月に入り、最初の弁当。
スモークチキンはコンビニのもの、美味しゅうございます。野菜炒めもコンビニの野菜をガッテン流で炒めました。味付けは創味シャンタン。
白菜も野菜天もミニトマトもコンビニで買いました。明太子、温泉卵は頂き物・・・。
何か、コンビニへの依存率高いです。駅前にはイトーヨーカドーも関西スーパーもあるんだけど、社宅の2軒隣のコンビニで殆ど用が足りてしまう・・・。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »