フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の記事

2017.05.17

沖縄2017GW

2017年のGW。前半は大阪でのんびりと過ごし、後半は沖縄へ行ってきました。
これまで、沖縄へは20数回言ってますが、プライベートで行くのは初めて!

【1日目】
行きは関空からピーチで。6410円。那覇空港が霧で着陸できず、いったん石垣空港で給油して、3時間遅れで那覇到着というおまけつき。

Dsc_0022

早速、オリオンビールとソーキそば&ジューシーのセット。仕事で来ると、昼から飲むなんてできなかったから。幸せ。
Dsc_0058

今回の旅、ほとんどノープランでしたが、唯一決めてたのが「那覇ハーリー」見物。
自衛隊や米軍さんのチームも出てました。
Dsc_0091
もちろん、ここでもオリオンですわ。

Dsc_0080
ハーリー最後は、那覇、泊、久米の地域対抗戦。古式ゆかしく、真剣に。

Dsc_0170

晩御飯は、三線ライブのお店。自由が丘・なんた浜でいつも楽しんでるのと同じ。飛び入りで、島唄を歌っちゃいました。

Dsc_0202
海ブドウ、テビチ、グルクン。

Dsc_0196
夕食後、花火見物。20分足らずだったけど、綺麗でした。
Dsc_0251

飲み直しは、若狭の「すいか」という居酒屋。難波の馴染みの店の大将に教えてもらいました。
Dsc_0280
オオタニワタリのおひたし。
Dsc_0282
【2日め】
辺野古までドライブ。チラッと見えた座り込みテント。でも、飴だったせいか、座り込んでる人は見えなかった。

Dsc_0310

備瀬のフクギ並木。

Dsc_0377
牛車の牛さんが全然歩こうとしない。御者さん、鼻先に人参ならぬ草をチラつかせて苦戦中。


Dsc_0409
昼ご飯は、本部の「ハワイ」っていう店でステーキ。もちろん、オリオン。
Dsc_0425
この日は伊江島にわたりました。

Dsc_0466

ゆり祭の真っ最中。

Dsc_0514

那覇に戻って、晩御飯はヤギ。かつて通った「さかえ」がやってなかったので、タクシーの運転手さんの行きつけっていう安里の美咲というお店。ここも美味しかった。

Dsc_0581
特に、ヤギ汁がとっても丁寧に作ってある感じで、臭みもほとんどなく、「ヤギは初めて」という友人二人も、美味しそうに食べてました。

Dsc_0584
【3日目】
かつて、仕事で関わった龍潭通りを歩いてみる。歩道を琉球石灰岩で舗装し、沿線の建物は琉球瓦と白壁で統一してる。従って、ローソンもこのとおり。
Dsc_0626

交番も・・・


Dsc_0643

その後は、識名園へ。ここも仕事では来たけど、プライベートでのんびりと過ごしました。(土砂降りだったので、しばし雨宿りもしたし。)
Dsc_0668

沖縄の建物でよくみられる「雨端(あまはじ)」。
Dsc_0696
のんびり、雨宿り。

Dsc_0694

お昼ご飯は東江そば。ソーキ、三枚肉、軟骨ソーキの3種盛り。

Dsc_0763

最近、那覇に転勤した友人に観てもらいたくて、海軍司令壕跡。自分は3度目かな?

Dsc_0814

いつも、いろいろと考えさせられます。
Dsc_0833

瀬長島から那覇空港を望む。ようやく、青い海。

Dsc_0878

最終日の晩は、かつての仕事仲間が集まってくれました。(初日の晩にお世話になった「すいか」さんです。)
Dsc_0908
そして〆はステーキ! 宮古島の習慣かと思ったら、もともとは本島の米軍さんが始めたのを真似したんだそうな。日付が変わった後だったけど、後から後から、お客さんが来てました。

Dsc_0941

【最終日】
モノレール、ICカードが使えたんだけど、内地のカード(suicaやpitapa)は使えないんです。で、きっぷを買ったら、自動改札にはICカードのようにかざすだけなんですわ。不思議。

Dsc_0965
Dsc_0966
帰りはスカイマーク。ピーチの倍の値段。だからという訳でもないのでしょうが、コーヒーとチョコレートのサービスがありました。
Dsc_0999

ということで、4年半ぶり(プライベートでは初めて)の沖縄旅行。仕事だといろんな日程を詰め込んでしまって「うちなータイム」に浸ることはできませんでしたが、のんびりとリフレッシュできました
















2017.05.04

【献血】 西宮で99回目の献血 (2017.5.3)

大阪に来て1年経ちました。「年3回しばり」があるので、大阪・阿倍野→滋賀・草津→大阪・森ノ宮と献血してきて、関西4回目です。

昨年の阿倍野がGW初日の4月29日だったので、しばりが解けて、どのタイミングで、どこで献血しようかと思ってました。そんな中、ちょうど、西宮北口で芝居を観ることになり、調べてみると駅前に献血ルームがある。それならば、ということで芝居が終わってから献血を!

ハムレット、カーテンコールが終わったのが16時半近く。それから5分程歩いて駅に直結したビルの2階。2回とは言っても、劇場の入り口も、駅の改札口もペデストリアンデッキで連絡していて、同じ高さなので、階段の昇り降りは不要。

立て看板多数。受付時間はあと1時間ほどだけど20人分、足りないとは・・・。

Dsc_0034

ビルに入って、にしきた献血ルームへ。
開放感のある入り口です。連休の初日だったせいか、周りのお店がシャッターを閉めていたので、人通りもなく、ちょっと寂しい感じでした。
Dsc_0040
入ると、献血ちゃん、壁には食器が飾ってあって、ちょっと洒落たカフェの趣。

Dsc_0048

ロッカーの扉も、木が貼ってあって、良い感じになってます。

Dsc_0049
受付、タッチパネルの問診等、特に変わりなし。
朝食は10:30くらいで、昼飯は抜きと伝えると「ドーナツもありますので、おなかに入れておいてくださいね。」

飲料のベンダーには「献血前には温かいものを。冷たいと血管が収縮して・・・」と説明書きがあり。看護婦さんに言われたことはあったけど、ちゃんと書かれていたのを見たのは初めて。

ドーナツと温かいカフェオレを頂き、しばしルーム内を探検。駅前ということなのか、西宮という若い人、お子さん連れが多い気がしますね。
カウンター(右側)、テーブルも木を使っていて、落ち着いた雰囲気になってます。テレビでは阪神-ヤクルト戦。

Dsc_0063
3人待ちくらいで、お医者さんの問診。受付番号(81番)で呼ばれます。
2月には少し高めに出た血圧も132-75で問題なし。その他の項目も全て問題なし。400献血ということでOK。
再度、待合室へ。
書籍の数はあまり多くない。シリーズもののコミックスが7~8。雑誌は見えてるものと、上の写真の照明器具のところに置かれた数冊。やはり、若い人向けなのだろうか。
Dsc_0045

しかし、さすが西宮北口。有川浩がずらっとありました(写真には写ってないけど、もちろん「阪急電車」もありました。)

Dsc_0044

温かいコーンスープを飲んで待つ。ちなみに、ここのお菓子は、甘いものばかり。おせんべいが欲しかったな。5分ほどで、採血室に呼ばれる。ここでも番号で呼ばれる。

検査のための採決は、採血室の片隅にあります。ブース2つ。
近畿ではよくある、肘を上げるテストをやってから、左腕から検査採血。その場で血液濃度を検査。合格。そのまま、採血ベッドへ。

ベッドは12床ほど? L字型の部屋だったので、よくわかりませんでした。
足のポンプを使う運動をやったせいか、今回も5分かからずに400ml採血終了。

Dsc_0059

献血が終わると、タイマーを渡されて「30分は安静にしてくださいね。」ということでした。タイマーのカウント開始がいつからか分かりませんが、渡された時には残り半分くらいになっていました。

処遇品はゼロ。コイン1枚渡されて「17アイスクリーム」が一つ食べられます。小豆最中アイスを選び、コミックを2冊。西宮ご当地コミックの「坂本ですが?」をチョイス。
Dsc_0062_2

ルームは阪神戦でにぎやかだったので、別室へ。

実は、ここのルーム「フリースペース」ってのがあって、献血カードを持ってるだけで使えるんですって(しかも、ドリンクも1杯なら飲んでもいいらしい。もちろん、献血した後なら、何杯でもOK。)

Dsc_0050

この時間、お母さんと小学生2年生くらいの男の子が勉強してました。全面ガラス張りさえ気にならなければ、こじんまりとしていて図書館よりも落ち着くかもしれませんね。これで、ドナーさんが増えるといいんですけどね。
Dsc_0068
ということで、無事99回めの献血も終了。次回献血は9月の予定!
(上の青いカードは、兵庫県独自のスタンプカード。400全血で3つ押してくれて、8つ集めると記念品を貰えます。実は、神戸勤務時代に2回分(6つ)のスタンプがあったのですが、カードを持って行くのを忘れて・・・。合算してもらえないかな。)

Dsc_0064
【2017.5.10追記】
ミント神戸の献血ルームにスタンプカード3冊持って行って、合算してもらいました。スタンプ9つになったので、8つの記念品を頂きました(ドリップコーヒー、台所洗剤、旅行用歯磨きセット、けんけつチャンボールペンから選べました。)
Dsc_1018

【劇】 ハムレット (東京芸術劇場:内野聖陽)

Aaa 今年2つめの観劇です。
先月、1つめの池袋の東京芸術劇場で三谷さんの「不信」を観たあとの飲み会で、同じ劇場でやっていたハムレットの話になりました。

西宮公演もあるのですが、既にチケットぴあでは予定枚数終了の表示。「残念ですねぇ・・・」と言ってたら、その席にいらっしゃった関係者さんが「とれるかもしれませんから、訊いてみましょう」と言って下さり、後日、プレビュー公演の席を手配頂き、無事、観劇となりました。感謝、感謝。

内野ハムレット、貫地谷オフィーリア、北村ホレイショー、そして國村クローディアス。皆さん、素晴らしいですね。

演出はイギリス人のジョン・ケアードなんですが、BGMは尺八の生演奏。これが随所でいい感じ。そうだ、シェイクスピアは古典なんだもんね。

実は小説は何度か読んでるはずなんだけど、全く頭に入ってないんですね。これは登場人物がイマイチ分かりにくかったからだと思うんですけど、やはり、目の前で生身の人間が演じてると分かりやすいですね。(もちろん、翻訳本と上演台本の違いもあるんだと思いますが。)

内野ハムレットのセリフは、ときに文語調で、ときに口語でコミカルに、楽しかったんですが、せっかくのコミカルな部分を2度ほど聞き漏らしてしまったのが残念(周りが笑ってるのに・・・)

墓掘りの一人が関西弁を話してたのは、たまたま京都市出身だからか、このあとのツアーでもやるのかしら。高知、北九州は分かりやすそうだけど、上田、松本、豊橋って、どんな感じかな。
気がふれてしまったオフィーリアが顔を白塗りにして、唇を真っ赤にでかく塗ってきた・・・、「どこかで見たな、この顔」と思ったら、オバケのQ太郎でしたわ。

ギルデンスターンとローデンクラーツも、それぞれ違うキャラが立ってましたねぇ。ギルちゃんが出しゃばるのを恨めしそうに見るローちゃんがキュート。

舞台は、中央に少し歪んで傾斜のついた正方形のステージがあり、両袖には客席(とはいっても、本物の観客は下手側のみ。上手側の席には、出番待ちの役者さんが控えているのと、尺八奏者が座ってました。)
観劇日:2017年5月3日(祝)ソワレ(プレビュー公演)
小屋 :西宮北口・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
チケット: 8800円(プレビュー価格)
パンフレット:1500円

2017.05.01

本日の手作り弁当(5/1)

Bento

鶏の照り焼き風、野菜炒め、ホウレンソウの卵焼き、コロッケ、舞茸ご飯、茄子の漬物、はんごろし。 

連休の谷間、特別に忙しいわけではないけど出勤。まあ、何かあった時の当番ですわ。ランチ難民になるのもイヤなので、5月最初の弁当作り。


鶏の胸肉は、しょうゆと味醂に1週間くらい漬けておいたもの。これを、魚焼きグリルで焼き上げました。生姜かスパイスも一緒に漬けておくべきだったかな。

野菜炒めの味付けは、鶏の漬け汁。野菜はコンビニの野菜パック。

卵焼きは醤油とカレー粉。

ミニトマトがないので、色合いは茶色だけど、美味しかったですわ。連休に入るまでに食材減らしておかないとね。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »