フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 闘わない減量日記(番外編) | トップページ | 【劇】 子供の事情 (シス・カンパニー) »

2017.07.25

【劇】 第五回 けんこう一番! (三遊亭兼好)

20245705_1372921486137064_306024422落語好きのお友だちから前日突然「友達が来られなくなったので・・・」とお誘いがあり、初めての落語家さんの独演会。
実は、国立演芸場そのものも初めてでした。

三遊亭兼好さんは、好楽のお弟子さんだそうで、入門時点で既に2人の子持ちだったこともあり、好楽は弟子入りを3度断ったのだそうな。移植の落語家さんですね。
チラシに「冷房が苦手」と書いてあったけど、そのせいか、もともとそうなのか、ちょっと声がガラガラしてる印象。

演題は次のとおり。
金明竹 (兼好)
弥次郎 (けん玉)
お菊の皿 (兼好)
 仲入り
琵琶 (坂田美子)
鰻の幇間 (兼好)

何よりも、開口一番でいわゆる前座話の金明竹を兼好本人が演じたこと。しかし、達者な人が演じると、ひと味もふた味も違うんですね。

そのあとの、ホントの前座のけん玉さん、やりにくかったでしょうねぇ。
兼好さんの二席目はお菊の皿。夏だから怪談話・・・ってことですが、楽しい話ですね。これは志の輔さんで聞いたことのある演目。これまた、違う感じですね。

仲入りの後は、琵琶奏者が出てきて、「耳なし芳一」。これまた怪談ですね。照明なんかも工夫してて、ちょっとした出し物になってました。

最後は、夏らしい「鰻の幇間」。怪談話が続いたあと、賑やかに独演会を終える・・・・っていう趣向ですね。楽しゅうございました。

Dsc_0241
観劇日:2017年7月18日(火)ソワレ
小屋 :隼町・国立演芸場
チケット: 3000円

« 闘わない減量日記(番外編) | トップページ | 【劇】 子供の事情 (シス・カンパニー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 闘わない減量日記(番外編) | トップページ | 【劇】 子供の事情 (シス・カンパニー) »