フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 みんな愛しちょる!!(建設マン.com) | トップページ | 闘わない減量日記030 »

2017.10.12

【献血】 とうとう100回目の献血 (2017.10.10)

20歳になった歳の冬、大学キャンパスにきた移動献血車で初めての献血をして37年。ちょうど第二の人生に踏み出すタイミングで、「献血100回」を達成することができました。
(ある時期、「400ml献血1回」を「2回」とカウントしてくれて、それで6回分底上げされているので、実際に採血したのは94回めなのですが、日赤の記録では100回となります。)

76回目の献血をした後、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の関係で、英国滞在経験の縛りができて、献血できなくなったのですが、4年半ほどで基準の見直しがあり、ようやく100回までたどりつきました。

100回目の献血、年間のしばりが9月に解けたのですが、海外旅行しばりがかかってしまいました。キューバから帰国したのが9月7日で4週間たったのが10月5日。さすがに登山の前に血を抜くのはためらったので、キリのいい「10月10日」に献血することに。

さて、どこで献血するか・・・。せっかく東京で、しかも平日に献血するんだから、東京のど真ん中で、しかも土日祝日はやってない都庁献血ルームに行ってきました。

実は、ここが自宅から一番近いルームでもあり、天気にも誘われてチャリで行ってきました。

都庁の議会棟の地下・・・ってことになってます。都議会も終わり、この日は衆議院選挙の公示日。平日の午後だったので、歩く人もまばらな都庁。
Dsc_0353
よそのルームと違って、とっても控えめな貼り紙。

Dsc_0352
陽が当たって見づらいですけど、羽生結弦くんのポスターも貼ってました。自転車置き場が見つからず、近くの植え込みに路駐。(後で、ルームでも聞いたけど、自転車置き場は遠いんですって。)
Dsc_0336_2
上の写真の階段を降りるとすぐ左側にルーム。ここにも目立つ表示はなし。
ビックリしたのは、外から採血ベッドが見えること。これって珍しいんじゃないかしら。

Dsc_0339
献血ルームってのが判るのは、この丸い看板だけ。結局、一般の方がくることってないのかな。入ると写真の正面が受付。女性が一人いるだけ。「今からですと40~50分かかりますが、よろしいですか?」 もちろん。これだけのためにチャリ飛ばしてきたんだから。

Dsc_0341
東京で献血するのは28年1月以来。住所変更をして、去年の春から東京でも導入された「シーフテスト」をやりました。右腕に巻かれたリストバンドには手書きで「16」。

タッチパネルの問診が終わると、すぐに先生の問診。年配の男性のセンセイ。キューバから帰国してきた、という項目に反応して、バインダーを繰ってキューバのチェック。
実は、中南米は献血的にはブラックリストに載ってますが、「(カリブ諸国は除く)」ってことになってるんですね。こっちは確認済みだし、そもそも4週間経ってるんだから・・・。

もちろん、何の御咎めもなく、400ml献血OK。そして、すぐに検査の採血。

両腕を見せると「どちらも、(血管が)よく出てますねぇ。今日は左からの採血でよろしいでしょうか?」 採って頂けるのであれば、どちらでもいいですよん。

検査採血して、すぐ後ろの器械にセット。濃度、白血球、赤血球等問題なし。看護婦さんに「この16、って今日16人目ってことですよね?」「そうなんです。ここベッドが4つしかないので・・・」 
値が判るそうです。

すぐに採血もできそうでしたが「水分をとってからにしましょう。持ち込んでもいいですよ。」とのことで、小腹も空いていたので、例によって温かいコーンスープと胡麻せんべいを頂く。

このルーム、狭いからか荷物用のロッカーがありません。まあ、小さなショルダーバッグ一つなので、特に問題はありませんが・・・。ちなみに、大きな荷物は、受付で預かってくれるそうです。

あまりベッドを開けておくのも申し訳ないけど、もう少し何か飲みたかったので、ホットココアを持ち込む。このベンダー、コーヒはレギュラーなのね。
Dsc_0343_2

ホットココアを持ち込んだら、看護婦さんが紙コップをホルダーに入れてくれた。

「今日、100回目なんですね。」「はい、キリのいいところで、10月10日に、って思いました。」「何か、緊張しちゃいます。」

献血して、看護婦さんに「緊張する」って言われたのは初めて(笑)


Dsc_0349
左腕からの採血は久しぶりだったので、こっちも緊張したけど、おいらの腕が柔らかかったのか、それとも、看護婦さんの腕が上手だったのか、全く傷みなし。

採血が始まって、スマホで自撮りしてたら、看護婦さんが「写真は、他の方の顔が見えないように・・・」っておっしゃるので、「自分を撮ってたんです」って写真を見せた。「100回の記念ですものね、お撮りしましょうか?」と、撮って頂いたのがこの写真。

採血中の「足のポンプ」は、足の交差ではなくて、つま先を上に向けたり伸ばしたり。
針の刺し方が良かったせいか、ものの5分足らずで採血終了。
医師の問診のときは、少々血圧が高かった(自転車こいできたせいかな?)のですが、採血後は通常の血圧に戻ってました(そりゃ、血液が400も無くなってるんだから、下がりますわな。)

待合室も狭いです。壁際に5,6人が座れるソファと、3人掛けの丸テーブルが二つ。まあ、ベッドが4床しかないんだから、これで十分なんでしょうねぇ。
お楽しみのお菓子はこれ。森永のビスケット系が4種類とせんべい系が4種類、そして、手前にはチョコレート3種類と羊羹。見た目は地味だけど、種類は充実してます。(ルームおなじみのカントリーマームがなかった。)

常温の飲み物は「エルビー」ブランドでした。懐かしい・・・。

Dsc_0342
読み物の類もささやか。「ブラタモリ」や「ことりっぷ」が揃っていた。せっかくなので、ブラタモリを読んで時間つぶし。

Dsc_0350
Dsc_0351
いわゆる処遇品はなく、エルビーのお茶とチョコレートをお土産に頂きました。

Dsc_0020

チョコレートの袋には、また来てねカードが入ってました。

Dsc_0021

ということで、めでたく100回です!!
健康だからできるボランティア。100回はひとつの節目ですが、これからもゆるゆるとやっていこうと思います。


Dsc_0018



« 【劇】 みんな愛しちょる!!(建設マン.com) | トップページ | 闘わない減量日記030 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 みんな愛しちょる!!(建設マン.com) | トップページ | 闘わない減量日記030 »