フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の記事

2018.03.27

【劇】 おたふく (演劇倶楽部『座』)

Blog20180319a 駒塚由衣さんからご案内頂いて、久しぶりの恵比寿・エコー劇場。新しい職場からは地下鉄で1本。便利。

「こんなにけなげで優しい物語があったろうか?
山本周五郎・江戸人情噺の傑作「おたふく」「妹の縁談」「湯治」 三部作を舞台化!
大好評に応え、再々演!!」(劇団WEBサイトより)
舞台は江戸時代の下町。32歳と28歳の姉妹が主人公。当時ではかなりの大年増ってことになるのだと思います。
まあ、いろいろな事情があって、行き遅れていたのですが、妹に縁談が舞い込み、次いで、姉にもいいお話が・・・。

とてもよくできたお話で、ほろりとさせられますね。一番いいセリフを主人公である姉ではなく、わき役の妹に語らせる・・・ってのは、なかなかの演出ですね。
演出と言えば「江戸人情噺」と謳ってるのですから、駒塚さんの粋な江戸弁が聞けるのかなと思ったら、そこは普通の演劇調でセリフを張ってる感じで少々もったいない。(でも、あの「足の裏」は反則です(笑))

場面転換では、呼子笛をバックに、鼠小僧風の黒子さん達が座布団や衝立などを動かしていく演出も面白い。

残念だったのはナレーションの多用。
座長さんが舞台下手に陣取って、とってもいい声で語るのだけど、ト書きを全部話しちゃうんですわ。(おまけに台本を読んでいるのに噛みまくってた・・・。)
場の説明や、時代背景・人間関係などの簡単な説明ならともかく、例えば、「指を握りしめ、肩を小刻みに震わせながら」とか「耳まで真っ赤にして」など、本来役者さんが演技で示すべき部分まで読んじゃうんですよねぇ。ナレーションで「理解」しなきゃならない、ってのはかなり辛いですねぇ。見ている方の感情もそのたびにぶつ切りにされちゃうし。
しまいには、ナレーション通りに演じているのか確認するようになっちゃう。まるで、役者さんは添え物みたいな感じになってくる。
新しい試みなのでしょうか、見る方も気持ちを切り替えなきゃいけませんな・・・。

観劇日:2018年3月27日(火) ソワレ
小屋 :恵比寿・エコー劇場         

2018.03.23

本日の手作り弁当(3/23)

Photo


豚肉と豆苗のニンニク醤油炒め、チンゲン菜と油揚げの山椒煮、ホウレン草の胡麻和え、マッシュポテト、温泉卵、十六穀飯。
先週使った豆苗の根っこを水に浸けて置いたら、下の写真の様に、売ってる時以上に育ってしまったので、仕方がなく弁当作り。

ザクザク切った豆苗を、冷凍庫に残ってた豚肉と、冷蔵庫の肥やしになってるニンニク醤油とで炒めました。残念ながら、あんまり美味しくできなかった。豆苗って使い方難しいな。

本当は、チンゲン菜(これも先週買ったもの)と豚肉を炒めようと思ってたんですが、豆苗を痛めてしまったので、急遽煮物。相方が見つからなかったので、これも冷凍している油揚げ。麺つゆと砂糖で、ササっと。実は、弁当に入れる煮物って前夜に作ることが殆どなんですが今日は朝作りました。まあ、簡単に火が通るので。山椒の実でアクセント。

ホウレン草は前夜に蒸して和えて置きましたが、やはり茹でるべきでした。なんとなく、えぐみが・・・。(蒸しあがったホウレン草を搾ったら、知るが真っ黒・・・)

マッシュポテトは内輪の立食パーティで余ったのを頂いてきました。温泉卵はげんたろうや製。
1521776369973

2018.03.21

【ス】 野沢温泉

  

2018.03.15

【劇】 PIGHEAD 蠅の王 (ワンツーワークス)

Hanyu久しぶりの「ワンツーワークス」である。「蠅の王」という1954年のイギリスの小説があるということで、翻訳ものか・・・と思っていたが、そこは、社会派のワンツーワークス、そんな生易しいものではなかった。しいて言えば、翻案もの。古城さんに言わせれば「インスパイアされた」のだそうな。

「ある会社の新規プロジェクトに各部署から社員たちが集められる。

元企画推進局次長はチームリーダーとして意欲に燃えるが、営業三課から配属された女性幹部も「リーダーを任されている」と言う。
かくしてプロジェクト・チームはたちまち2分され、徐々に対立が起こり始める。
果たしてチームの面々は無事にプロジェクトを完遂することができるのか?
人はなぜ人を攻撃するのか。それは避けられない人間の本能なのか。
「社会を築くこと」はとりもなおさず「力の差を生むこと」なのか──。」(劇団WEBサイトより)

いやぁ、セクハラにパワハラがガンガン飛び交う。こんな職場じゃなくて良かった・・・って心の底から思いましたね。

PIG HEADってのは頑固者という意味を持つらしいけど、特にそういうことでもなさそう(もともとの小説に出てくるらしいので。)。プロローグや、芝居の途中で、豚のマスクをかぶった人物?が登場するが、一体何を表しているのかが良く解らない。
職場内のいじめにやられて、鬱状態になっちゃった社員が豚のマスクをかぶる(無表情になる)のかとも思ったけど、冒頭のシーンはそれとは関係ないし・・・。

ちょっとわかりにくかったなぁ。
2分されたチームのどちらに軍配が上がるか・・・と思ってハラハラしていたのだけど、結末は「え? そうなの??」という、何ともやられた感が満載の終わり方でしたね。

観劇日:2018年3月7日ソワレ

小屋:赤坂RED/THEATER (赤坂)

2018.03.13

本日の手作り弁当(3/13)

Photo


ポーク野菜炒め、五目ひじき煮、竹輪にんじん、ちりめん山椒の卵焼き、はつか大根の朝漬け。
昨夜は休肝日で、すきっ腹でスーパーに寄ったのがいけない。後先考えずに食材を買い込んだ。(今週は、水、木と弁当の出る昼の会議・・・)

特に変わり映えもしないけど、野菜炒めはパックに入ってるやつ。もやし、ニラ、ニンジン、マイタケかな。味付けは、久しぶりに登場のクレイジーソルト。

ひじき煮はいつもの通り。芽ひじき一袋、水煮大豆100g、ニンジン小2本(ってか、大中小に基準はあるのか?)、油揚げ2枚、鷹の爪1本。毎回同じで鍋たっぷり。いつもと違うのは、ちゃんと炒めてから作ったことと、麺つゆを使わずにしょうゆ、塩、砂糖、みりんで味付けしたこと(酒はなかった。)。美味。

竹輪にはきゅうりが定番だけど、彩りも考えてニンジン。切ってからレンジで30秒ほどチンしてつめました。生でもいいんだけど、たまにはひと手間。味付けはなし。竹輪の塩加減だけ。

ベランダ菜園の二十日大根、スライスしてから塩麴に一晩。ま、こんなものか。

【劇】 ニジノフルバショ (TEAM東京アフロ)

Image_2 「ニジノフルバショ」・・・。そう「虹の降る場所」ですね。劇団IOHの名作。駅前劇場の初演も、本多劇場の再演も見ました。

IOHが活動を休止し、もう観ることはないと思ってましたが、ここに復活???

作・演出はKS LABO。誰? この人。試しにググると「演劇革命企画」ってのが出てくる。そこには、あまり具体的なことは書かれていない。

で、この東京アフロのページには、東京キッド、IOHなんてキーワードも出てくる。後ろ姿ながら写真まである。そう、林邦應その人なんですな。そういや、「草間栞」っていうペンネームを使ってたこともあった。くさましおり・・・KSですな。

前置きが長くなりましたが、林さんからプレビューの案内を頂いたので、東浅草まで足を運びました。

お話は、IOHの「虹の降る場所」と同じ。名和さんは、初演・再演と同じく奥山千鶴子役。
他のキャストは、川島純也(砂月夏輝)、川島拓也(綱田琢)、松原和成(山本真斗)、飛田翔(藤主税・岩田幸治)、牧原真(春来成美・末廣春菜)、奥山政人(久我真悟)、山口悦子(仲井笑美子)、川島みちる(茨木芙美・長田伸子)、松原節子(みこえまゆ)、森本進一(林雅人)。

知らない名前ばかりでしょ? 林さんのワークショップの生徒さんたちなのだそうです。

川島純也は、初演・再演とも田中優樹さんでした。周りがドタバタする中、抑えた演技が光ってました。今回の砂月さん(座長さん。ちょっぴり、鈴木亮平似)も同様に抑えた演技が素敵でした。

ただただ、懐かしくて・・・。初演、再演と比べてしまうのは齢をとった証拠ですな。

終演後は飲み物・つまみ代カンパで、役者さんとの交流会。

28795475_1569195489864911_164319893
28661343_1569195636531563_134424428
観劇日:2018.3.4
小屋:スタジオ365浅草(東浅草)

【劇】23区女子-Survive- (Office54)

Image2018年、一つ目の観劇は、地元の「座・高円寺」でのお芝居。

「西暦2020年。ある大事件により、この国は変わった。日本の首都は西に拠点を移し、かつての東京特別区は独立。「新・東京共和国」が誕生した。

しかし、誕生間もない国は、政権をめぐり武力紛争が絶えず、かつての東京の面影はなくなった。
そして、紛争を治めるため、ある制度が導入された。その名も「23区女子」
毎年、それぞれの区より18歳の少女が代表に選ばれ、最後の一人になるまで闘い、勝利した区が政権を握ることができる。
各区の命運を背負わされた少女たちの闘い、駆け引き、芽生える友情と裏切り。
そして、隠された真実。」(劇団WEBサイトより)
23人の女子が出てきます。それぞれ区の代表。23人も若い女優さんが出てきたら、キャラがバラバラになっちゃうんですが、そこは、それぞれの区の「あるある」というキャラをかぶせているので(東京圏以外の人には分かりにくいだろう微妙な差なのですが)、思わずニヤリ。

我が杉並区代表は、なぜかトイレ掃除のラバーカップを武器に、最初にやられちゃうのだ、高円寺の劇場なのに・・・。(中野区代表が主人公ね。)

「わたしは、たたかう」のとおり、殺陣がふんだんにあるんだけど、それぞれの武器が違ってて、まともに勝負にはならないよねぇ。最後にはピストルまで出てきて、ガンガン撃たれちゃうのに、誰も死なないのよ。それってオカシイ。

そもそも、2020年に一体何があったのか、中野区少女と総理大臣の関係もプンプンに匂わせておいて、伏線を回収しないし・・・。
ハッピーエンド風の結末が何とも無理な感じ。はつらつとした女優さんたちの殺陣を見る舞台と割り切るべき。

観劇日:2018.2.22 (ソワレ)
小屋:座・高円寺2 (高円寺)

2018.03.03

闘わない減量日記032

年越しで記録をサボってました。お正月をはさんで、スキーシーズンに突入。週末の計量ができない週が多いですな。
この2カ月で、着実に太ってますわ。数字だけでなくて、あごの下とか、タプタプしてきましたわ。シーズン終わったら、少しは走りますかね。
【2017年12月18日(月)~12月24日(日)】 (平均71.73kg 22.28%)
71.8kg(22.1%)→?kg(?%)→70.9kg(22.3%)→71.3kg(?%)
→71.7kg(21.6%)→72.2kg(21.3%)→72.5kg(24.1%)
月曜から日曜まで、ずっと宴会でした。昔は、飲み会だと食べなかったので体重は減る傾向にあったのですが、ここ10年位は食べるようになりました。どうしても、体重増えますわなぁ。
【2017年12月25日(月)~12月31日(日)】 (平均71.98kg 22.58%)
72.7kg(22.1%)→72.1kg(21.8%)→?kg(?%)→71.4kg(23.3%)
→71.7kg(23.1%)→?kg(?%)→?kg(?%)
仕事納めまで飲み会が入りました。人のせいにする訳じゃないですが、新しい職場は飲み会が多いです。そして、29日から、シーズンイン。

【2018年1月1日(月)~1月7日(日)】 (平均72.05kg 22.75%)
?kg(?%)→?kg(?%)→?kg(?%)→72.0kg(23.7%)
→72.1kg(21.8%)→?kg(?%)→?kg(?%)
微増でゲレンデから帰ってきましT。そして、週末の3連休は実家で食っちゃ寝。

【2018年1月8日(月)~1月14日(日)】 (平均72.02kg 22.90%)
?kg(?%)→72.0kg(23.5%)→73.4kg(22.4%)→72.3kg(22.8%)
→?kg(?%)→?kg(?%)→?kg(?%)
新年会に、檀家廻りと、とにかく飲み会が続きました。コンスタントに72キロ台になってしまいました。やばいですね。

【2018年1月15日(月)~1月21日(日)】 (平均71.74kg 21.88%)
71.8kg(22.1%)→72.2kg(22.0%)→?kg(?%)→71.6kg(21.6%)
→71.9kg(21.9%)→?kg(?%)→71.2kg(21.8%)
夜は相変わらずですが、野菜多めの弁当を持って行くようになりました。少しは減量に効果があったかな。

【2018年1月22日(月)~1月28日(日)】 (平均71.28kg 21.90%)
70.9kg(22.9%)→?kg(?%)→71.6kg(22.0%)→71.4kg(21.3%)
→71.2kg(21.4%)→?kg(?%)→?kg(?%)
この週も弁当を作りましたが、71キロを割れない・・・。


【2018年1月29日(月)~2月4日(日)】 (平均72.10kg 22.05%)
71.5kg(22.8%)→72.5kg(21.2%)→72.5kg(22.6%)→?kg(?%)
→71.9kg(21.6%)→?kg(?%)→?kg(?%)
宴会をはしごしてから、家でご飯。そりゃダメだよね。

【2018年2月5日(月)~2月11日(日)】 (平均72.48kg 21.83%)
71.7kg(23.0%)→72.8kg(21.2%)→?kg(?%)→73.7kg(?%)
→71.7kg(21.3%)→?kg(?%)→?kg(?%)
休肝日を3日もとったのに、なんでこんな体重?? 家でしっかり食べたからいけないのかしら。

【2018年2月12日(月)~2月18日(日)】 (平均72.05kg 21.55%)
?kg(?%)→72.0kg(22.1%)→72.4kg(22.8%)→71.9kg(20.6%)
→71.9kg(20.7%)→?kg(?%)→?kg(?%)
72キロをウロウロ。

【2018年2月19日(月)~2月25日(日)】 (平均72.20kg 21.83%)
72.0kg(22.2%)→72.6kg(20.8%)→?kg(?%)→72.4kg(22.0%)
→71.8kg(22.3%)→?kg(?%)→?kg(?%)
ついつい檀家に顔出しちゃう・・・。

【2018年2月26日(月)~3月4日(日)】 (平均71.72kg 21.52%)
72.2kg(22.8%)→73.8kg(22.3%)→73.2kg(22.0%)→72.6kg(21.1%)
→72.9kg(20.3%)→71.6kg(20.6%)→?kg(?%)
この週も弁当を作りましたが、宴会が続いたので、ダメダメですわ。73キロは絶対にダメ。

2018.03.01

本日の手作り弁当(3/1)

Photo


ささみの塩麴漬け焼、ポークと豆苗の炒め物、がんもどきと大根のカレー煮、カボチャ・ニンジン煮、ホウレン草のお浸し、切り干し大根ご飯。

これで4日連続となりました。明日の昼は弁当付きの会議なので、これで打ち止め。冷蔵庫の中の煮物の類を消費するだけのお弁当。
ささみの塩麴漬けは、長いこと冷蔵庫(氷温室)に入ってました。普通なら悪くなっちゃうタイミングですね。フライパンで蒸し焼きにしました。ちょっと酸味があるようなのは気のせい??

ポークと豆苗もガッテン流の放置炒め。塩少々。

煮物ふた品は、温めて詰めただけ。切り干し大根は量が少なかったので、細かく刻んでご飯に混ぜました。見た目はちらし寿司。全然違うけど。

ようやく鰹節のパックを買ってきたので、ホウレン草はシンプルに鰹節としょうゆ。

これでえ、冷蔵庫内のタッパーがなくなりました。次、弁当スイッチが入るのはいつかな。
(卵とか、玉ねぎ、にんじん、缶詰はあるので、作ろうと思えばいつでも作れるけど・・・)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »