フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 本日の手作り弁当(6/12) | トップページ | 本日の手作り弁当(6/16) »

2018.06.14

【献血】海を渡って102回目の献血 (2018.6.6)

「1年3回縛り」は解けたものの、「帰国4週間縛り」がかかって、献血できずにいましたが、GWのウィスラーからひと月たち、ようやく解禁。
そのタイミングで、たまたま出張で札幌、しかも移動日で予定もなかったので、献血をすることにしました。初めての北海道献血。

昼過ぎに新千歳空港につき、札幌駅に着いたのは13時半くらい。あらかじめ調べておいたルームは札幌駅から2,3分の大きなビルに入ってました。

Dsc01155

ビルの7階。静かでおしゃれ。ガラス張りのきれいなルーム。全く人影がないのは、ちょうど昼休み時間(13時~14時)だったからのようです。まあ、こっちはたっぷり時間はあるので・・・。

Dsc01160

入り口にあった「血が欲しいんです」ボード。
だいたい、どこにいっても「足りません」となっているのに、ここでは「B型の400ml」は緑マークの「安定」ですって。成分は欲しくてたまらないみたいだけど・・・。

Dsc01161
問診、採血は14時からだけど、受付はやってくれるそうな。荷物をロッカーに入れて、透明のブースへ。問診室が個室のところは増えてきたけど、受付まで個室なのは初めてかな。
特に問題なし。「成分献血は如何でしょうか。」と訊かれたけど「全血でお願いします。」と申し訳ないけどお断りする。なんでも、治療に必要な人がいるのだそうな。ごめんなさい。

Dsc01165
15分ほど時間つぶし。子供を待たせる2畳ほど?のスペースがありました。

Dsc01163

内地のルーム定番の、カントリーマアムや歌舞伎揚げ、ハッピーターンのような、ちょこっとつまめるお菓子は無くて、このパンのみ。しかも「献血された方へのサービスです。」と書かれていて、今の私には手が出ない・・・。

Dsc01162
おとなしくドリンクを呑みながら、持ち込みの池井戸潤を読んで待ってました。
14時ちょうど、渡されていた呼び出しの無線機が鳴って、問診室へ。

血圧も問題なし、すぐに、検査の採血へ。左腕から血を抜いた後、看護婦さん「朝ごはんから後は何も食べていないんですか?」「移動中だったもので。着いたばかりなんです。」「それなら、一旦、待合室に戻って、パンがありますから、お食べになってから来てください。」
再入室のカードを渡されました。

はい、お墨付きを頂いたので、堂々と頂きますよ。ウィンナーロールとコーンスープ。昼ご飯になりました。

Dsc01168

食べ終わって、採血室に戻る。ひとりだけ、先に採血室に入ってたけど、平日の午後イチ、看護婦さんもベッドも余裕があって、待たずに採血開始。手をニギニギするクッションを渡されて、両脚を交差させる運動のシートも渡された。

まあ、そんなにまじめにやらなかったけど、体調も順調で、いつも通り4,5分で採血終了。

Dsc01175
「献血された方へのサービス」のパンをもう一個頂いたのは言うまでもありません。(「皆さんにいきわたるよう、ひとり1~2個で」とあったのでセーフだと思います。)

Dsc01167_2
処遇品は洗剤2回分! 便利。

Dsc01812

裏にはけんけつチャン♪
Dsc01813


« 本日の手作り弁当(6/12) | トップページ | 本日の手作り弁当(6/16) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の手作り弁当(6/12) | トップページ | 本日の手作り弁当(6/16) »