フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 【劇】 柳橋若葉馨初恋慕情 (駒塚由衣) | トップページ | 闘わない減量日記038 »

2018.08.08

【劇】 バクソー セレナーデ 紅バージョン(TEAM東京アフロ)

38495661_1302015999934757_847387854

東京アフロの4作目。第2作の「サヨナラヲスルタメニ」を見逃しているので、オイラにとっては3作目。そして、初めてIOH作品ではないお芝居をみることになります。(2016年に彼のワークショップ用に書き下ろした作品とか)

作者のKS LABOさんからは「森高の渡良瀬橋がモチーフになってる。」とは聞いていたのですが、どんな歌詞だったか覚えてません。

渡良瀬川が流れる小京都・足利の元・暴走族の面々の8年後の物語。

「渡良瀬爆走族」(通称ワタバク)特攻隊長の良介(砂月夏輝)は、8年ぶりに故郷・足利に戻ってきた。奇しくも、その日は、ワタボクOB達による無尽の日。

伝説の特攻隊長の突然の登場に沸き立つOB達。

しかし、良介はいったいなぜ、足利に帰ってきたのか、当時の恋人杏奈(田中柚香)との関係は、そして、亀甲縛りで登場した謎の男の正体は・・・。


ストーリーを知らずに観たので、一体、どういうお話なの?とドキドキしながら観ました。
プロローグで、良介が「俺をオトコにして下さい」って叫ぶので、こりゃ、ヤクザの鉄砲玉なんだな、ってことは判るんだけど、それとワタバクが結びつかない。昔の仲間が標的なのか?などとも考えたけど、そうでもない。

とにかく「何故帰ってきたのか?」が分からない。今生の別れなるかもしれないと思ったのか、「カッコいい自分」を見せたかったのか、それとも、元カノに一目会いたかったのか。

そこがハッキリと書かれていないのが、ちと消化不良の原因に。

ワタバクメンバーが良介を説得しようとする場面、あるいは、謎の男から良介を守ろうとする場面で、暑苦しいセリフが続くのだけど、これが往時の東京KIDを彷彿させるんですねぇ。暑苦しくて、暑苦しくて、でも、最後はさわやか。
ストーリー的にもどんでん返しのさらに返しもあって、秀作です。

倉田良介(ワタバク特攻隊長、現・東京のヤクザ)…砂月夏輝
田中文也(ワタバク初代総長、現・オートバイ屋経営)…綱田琢
大木安子(ワタバクOB、現・???)…川峰はる香
杉浦研治(ワタバクと対立していた族の頭、現・学習塾経営)…山本真斗
佐川光二(ワタバクOB、現・地元のチンピラ)…岡田健
​前田厚志(ワタバクOB、現・ラーメン屋)…益田拓摩
松田和尚(謎の男)…藤主税
里見杏奈(良介の元カノ、現・シングルマザー)…田中柚香
北林満津子(ワタバク2代目総長、現・住職)…みこえまゆ
土岐華子(ワタバク3代目総長、現・酒屋)…陽向海真珠

観劇日:2018年8月5日(日)ソワレ
小屋 :スタジオ365(東浅草)
木戸銭:2800円

1f59d22796535e95cb6da12176484498201

« 【劇】 柳橋若葉馨初恋慕情 (駒塚由衣) | トップページ | 闘わない減量日記038 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【劇】 柳橋若葉馨初恋慕情 (駒塚由衣) | トップページ | 闘わない減量日記038 »