フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の記事

2020.06.30

本日の手作り弁当(6/30)

Photo_20200630122101
  
ゴーヤチャンプル、小松菜・椎茸・厚揚げの煮物、納豆の玉子焼き、ミョウガ塩昆布和え、ミニトマト、25穀米ご飯。
 
チャンプルは、ゴーヤ(薄切りにして塩もみ)、鶏むね肉(昨日ソテーした残り&鶏皮を適当に刻んだ)、豆腐(手で崩した)をオリーブオイルで炒めて、麺つゆで味付け(鶏肉に塩味が付いているので、ほんの少し。)、仕上げにぴーやし。さっぱりしていて美味しい。
 
煮物は、生シイタケの薄切り、さつま揚げ、小松菜を、これまた麺つゆで・・・。味が被っちまったが、美味いものは美味い。
 
ミョウガは千切りにして塩昆布とひと晩。箸休め。
 
玉子はチャンプルに入れるつもりだったけど、「仕切り」が無かったので、急遽方針変更。あ、これも味付けは麺つゆだった(笑)
 

2020.06.29

本日の手作り弁当(6/29)

Photo_20200629122101
 
ゴーヤチャンプル(椎茸、ベーコン)、鶏むねのソテー、小松菜の胡麻和え、シュウマイ、ミニトマト、ピリ辛大根漬け、25穀米ご飯。
 
今日のゴーヤチャンプルは、初めて椎茸を使いました。生椎茸を薄切りにして、ベーコンと炒め、味付けは創味シャンタンで、最後に溶き卵。
鶏むね肉は、ネットで見たブライン液(水200mlに砂糖、塩それぞれ10g)てのに一晩漬けておいてから、両面をバターで焼いて、胡椒を振りかけました。味はちゃんとついていてましたが、さて、ネットで大絶賛されるほどのジューシーな仕上がりになってるのかどうか。一度、作り比べないといけませんな。
 
胡麻和えはいつもは黒ゴマ使ってましたが、今日は白ごま。見た目は白ごまの方がいいけど、味は黒ゴマの方が好きだな。
 

2020.06.28

闘わない減量日記(59)

2020年6月22日(月)~6月28日(日)】 (平均68.10kg 20.60%)
67.9kg(21.6%)→67.8kg(20.0%)→68.6kg(?%)→69.0kg(20.7%)
→68.2kg(20.8%)→67.6kg(19.4%)→67.6kg(21.1%)
人間ドック週間の前週から一転、自粛要請も全面的に解除されたので、普通の生活に戻りました。
送別会の類の会合が多く、増量傾向でした・・・。
(写真は、さぬきや@学芸大学。)
002_20200628110101
003_20200628110101
004_20200628110101
 

2020.06.26

本日の手作り弁当(6/26)

Photo_20200626121101
   
こてっちゃんとキャベツのピリ辛炒め、小松菜・さつま揚げ・ベーコンのニンニク炒め、ゴーヤ・ミョウガ・ピーマンの塩昆布和え、合い挽き・キャベツ・ピーマンの玉子焼き、ミニトマトとカニカマのサラダ、25穀米ご飯。
 
前夜、玉子だけ買うつもりでスーパーに寄ったのですが、店もお腹もすいていたので、ついつい、いろいろ買っちゃって、盛りだくさんの弁当に。
 
晩御飯用のこてっちゃん(みたいなもの)が結構分量が多かったので、半分残しておき、キャベツの千切りを塩少々で炒めたものに混ぜて蒸し焼きに。仕上げに「東京よしもとの唐からし」をパラリ。モツを直接炒めるよりも、柔らかくて美味しい。
 
小松菜とさつま揚げは、お友達のクックパッドレシピ。ニンニクが決め手。ベーコンで洋風にしたけど、最後にごま油。手軽で美味しい。
 
ゴーヤ、ミョウガの使い道に悩んで、薄切り、細切りにして、フジッコと一緒にビニール袋に入れてもみました。ピーマンも半分余ってたので一緒に入れてみました。ゴーヤとミョウガって、合いますね。これで「山形のだし」を作ってみてもいいかも。
 
玉子焼きの具は前回の使い残しですが、全部使い切ろうとしたら、玉子が少なくて、うまくできそうになかったので「贅沢にも玉子2個」の玉子焼きとしました。玉子2個だと、見た目も玉子焼きっぽくていいですな。
 
25穀米は、前回の倍量を使ったら、ようやく、色がほんのりついて、それらしくなりました。

2020.06.22

本日の手作り弁当(6/22)

Photo_20200622121001
 
豚肉とキャベツの味噌炒め、合い挽き・ピーマン・キャベツの玉子焼き、ほうれん草の辛子和え、コゴミとカニカマのマヨ和え、ピーマンの昆布茶和え、ミニトマト、焼売、大根山椒漬け、25穀米ご飯。
 
梅雨入りして、昼どきに外に出るのが億劫なので、本日も有るもので弁当。 
キャベツは芯に近いところなので、気持ち細目に。油でさっと炒めて、豚肉を上に載せて、暫く蒸し焼き。頃合いを見て混ぜて、味付けは献立いろいろ味噌。仕上げに頂きものの「よしもとの唐辛子」をパラリ。
 
先週のメインだった、合い挽きの炒め物、少し冷凍してあったものを玉子焼きの具に。オイスターソースを足せばよかったかな。
 
ほうれん草、1株だけ残っていたので洗って、切って、レンチンして、練りからし(チューブに少しだけ残っていたのDえ、チューブを切って掻き出した)と醤油、鰹節で和えました。
 
コゴミは、春先に頂いたものを茹でて、冷凍してあったので、軽く解凍して、カニカマと一緒にマヨネーズで和えました。時間を置いたせいか、マヨネーズのせいか、苦みが薄くて、良い感じ。
 
ピーマンは細切りにして、軽くレンチン、塩昆布で和えるつもりだったけど、昆布茶が目に着いたので、まぶしてみました。美味しい箸休め。
 
案の定、昼休みはそこそこの雨になったので、してやったり・・・。
 

2020.06.21

闘わない減量日記(58)

2020年6月15日(月)~6月21日(日)】 (平均67.76kg 20.84%)
68.5kg(21.4%)→68.0kg(21.0%)→67.8kg(20.5%)→68.1kg(21.0%)
→67.9kg(21.3%)→66.2kg(19.3%)→67.8kg(21.4%)
   
この週は土曜日に人間ドック。大阪にいたときが最後だったので、実に3年ぶり。そのためもあり、火曜日に軽く飲んだ以外は休肝日。月曜日、土曜日には5キロ走りました(笑)
Photo_20200621195501
 
おかげで、週平均で67キロ台を記録しました。この1年の体重をグラフにしてみました。(週ごとの平均値のグラフ化)
いうまでもなく、ここ3カ月の下落はすごいですね♪


2006

2020.06.19

本日の手作り弁当(6/19)

Photo_20200619121301
  
合い挽き・ピーマン・キャベツのオイスターソース炒め、にんじんサラダ、ほうれん草ゴマ和え、竹輪きゅうり詰め、椎茸醤油焼き、ベーコンと長ネギの玉子焼き、ミニトマト、ちりめん山椒、25穀米ご飯。
  
挽肉って、日持ちがしないイメージがあるので、これまであまり使ってこなかったけど、最近は少量パックも売ってるし、コロナのおかげで料理をする頻度も増えたので、チャレンジ。
 
ピーマン、キャベツも普段よりも丁寧に細切りに。まず、ひき肉をさっと炒めてから、一旦取り出し、油を少し加えて、野菜をしんなりするまで炒めて、ひき肉投下、鶏丸ガラスープで味付けして、最後にオイスターソースをひと回し。ひき肉、美味しいなぁ。
 
にんじんは、いつものとおり、シリシリ器で細く切って、オリーブオイル、塩コショウでひと晩。
 
その他、定番ばかり♪ これだけ続けて作ってると、変わり映えしなくなってきますねぇ・・・。

2020.06.18

本日の手作り弁当(6/18)

Photo_20200618121101
 
豚肉味噌漬け焼き、キャベツ炒め、ゴーヤのお浸し、ひじき煮、竹輪きゅうり詰め、ピーマン・ミニトマトサラダ、レタス、エンドウ豆ご飯
 
良いペースで弁当作りが続いています。とは言っても、週の後半は似たような顔ぶれですな。
 

豚肉は、冷凍保存していた出来合いの味噌漬けをフライパンで焼き、出てきた脂で千切りキャベツを炒めました。
 
昨日大失敗したゴーヤは、大人しく塩もみ・・・、アクセントに「山形のだし」に使うがごめ昆布をまぶしました。ゴーヤのシャキシャキ感と昆布のねっとりした感じが微妙な食感。
 
ピーマンは輪切りにしてレンチンして、軽く塩をふっただけ。サラダというよりは、箸休めかな。レタスはバラン代わり。
 
ミニトマトがあると、全体が華やかに感じるのは私だけかしら。

2020.06.17

パスポートの更新申請

コロナ騒ぎで今年のGWはウィスラー行きを断念しましたが、ちょうど7月で10年旅券が失効することになりました。
さすがに、夏休みも海外旅行は無理そうだから、早くても来年のGWまではパスポートの必要はないかな、と思いつつ、期限切れになると、新規に作ることになり、戸籍抄本を取り寄せるなど、ひと手間増えちゃいます。何よりも、急に必要になるとあたふたすることに。
それと、「コロナでダメだろうな」って考えてると、良い方にはものごとが進まない気がして、この際、失効前に「更新」(=現在のパスポートがあれば、戸籍抄本不要)することにしました。
 
とは言え、緊急事態宣言中は、とのパスポートセンターのHPにも「急ぎでなければ、ちょっと待って」的なことが書いてあったので、やきもきしました(この場合の「急ぎ」ってのは、渡航予定がなくても、有効期限がもうすぐ・・・っていうのは認められるのだろうか?) 。
 
宣言解除となり、いろいろな行動制限も緩和されてきたのと、のこりひと月を切ったので、とっとと申請することにしました。
 
そんなことをSNSでつぶやいていたら、お友達からも「何があるか分からないから、有効なパスポートが手元にある方がいいよ」「今ならパスポートセンター空いてる」といった情報を頂いた。

さらには、「外務省のWEBサイトで、申請書が作れるよ。」という情報も。これ、便利ですわ。最寄りの区役所や出張所でも入手は可能だし、当日センターで記入(確か、10年前は仙台の青葉区役所の窓口で記入したのではないかと。) してもいいんだけど、面倒ですもんね。ありがたかったですわ。簡単にできちゃいました。

梅雨の晴れ間、会社帰りに有楽町・交通会館のパスポートセンターに行ってきました。(月~水は19時まで受け付け)
情報どおり、待ち時間はゼロでした。入り口で検温して、手指消毒してから入室。最初に必要書類確認をして、整理券発行なのですが、受付のおじさん、Jun.とJul.を読み間違えたのか、「このパスポート、もう、失効してますね。」ですって。焦りましたわ。おじさん、勘弁してよぉ・・・(^o^;)

無事、整理券を貰って、ベンチに座ろうとしたら、直ぐに呼ばれて申請窓口へ。
パソコンで作った申請書は、プリンターによって、サイズが微妙に変わり、欄がズレることがあるそうで、係のおじさん、枠を書いた透明のスケールを当てて、ためつすがめつ。最後は、裏に持って行って誰かと相談して?「ギリギリ、大丈夫でしょう。」だって。でも、「念のため、」と、正規の用紙に、サインだけさせられました。機械が読み込まなかったとき用なんですかね。東京都は受け付けるだけで、作るのは外務省だから、ここで自信をもってOKは出せないのかな。
「他の項目は、私たちで記入できますが、サインはダメなので・・・」ってことでした。へえ、優しいな。昔なら、ここで全て書き直しさせられてるところだろうなぁ。(って、これ、ナイショなのだろうか??)

家の近くの証明書写真撮影機?で撮った写真も、専用の道具で打ち抜いてくれ、無事、申請終了。検温されてから、部屋を出るまで10分かかってないですね。

新しいパスポートの交付は、丁度1週間後から。このパスポートを使って、不安なく海外旅行ができる日が一日も早く訪れますように。

闘わない減量日記(57)

2020年6月8日(月)~6月14日(日)】 (平均68.79kg 21.04%)
68.4kg(20.9%)→68.9kg(20.5%)→69.5kg(20.1%)→68.6kg(20.9%)→69.2kg(20.7%)→68.4kg(21.7%)→68.5kg(22.5%)
 
だんだん生活がコロナ前に戻りつつあります。時差通勤で仕事の飲み会も激減ですが、この週は3カ月ぶりくらいに仕事の飲み会が入りました。ついつい飲んじゃいますねぇ。食べる量はそれほどではないので、やはりアルコールが増量の原因だったんでしょうか。
 
在宅勤務中には、週に2,3回走ってましたが、時間が取れなくなったことと、膝が悲鳴を上げ始めていることから、頻度を下げて週1に(梅雨入りして、この週末は天気も悪かったので、走ってませんが・・・)。その分、通勤で5000歩ほど歩いてはいるけど・・・。
そんなこんなで、何とか、週平均で68キロ台をキープしてますが、69キロの数字も出てきているので、注意が必要ですね。まずは、減った飲み会をそのままにしておく・・・、ってのが大事。(何となく「闘う減量日記」に戻ってきてる??)

本日の手作り弁当(6/17)

Photo_20200617121201
 
自家製ハンバーグ、蒸しキャベツ、ゴーヤと椎茸・長ネギのマヨ炒め、ほうれん草・ベーコン、納豆の玉子焼き、ひじき煮、ちりめん山椒、25穀米ご飯。
 
弁当作りが止まらない(笑) 少しずつ、生活のリズムが変わってきているのか。
 
ハンバーグは焼いて冷凍しておいたものをレンチン解凍・加熱。過去二回はそれをフライパンで焼きなおしたけど、面倒なのでそのまま。特に問題なし(笑)。味付けはトマトケチャップ。千切りキャベツを、シリコンスチーマーで1分加熱して下に敷いています。
 
ゴーヤと椎茸は初めての組み合わせ。ググったら、マヨネーズ炒めのレシピが出てきた。丁度、一回分くらいのマヨネーズが残っていて、燃えるゴミの日だったこともあり、これに飛びついたのですが・・・。惨敗。ただの塩味か、醤油をひと垂らしの方が良かった。前夜からワクワクしていたのに、全く予想外の仕上がりに、久しぶりに凹んでますわ。いつかリベンジせねば。
 
それに引き換え、ほうれん草とベーコンは相性抜群。軽く塩コショウしただけだけだけど、美味しい。(ほうれん草がアクがないのもgood)
 
納豆の玉子焼きは久しぶり。煮物の大豆と被ったのには食べるときまで気づかなかった(笑)
まあ、それを言い始めたら、ハンバーグにはすり下ろしたニンジンを入れたし、ベーコンもハンバーグも豚が入ってるので、そっちも被ってるな・・・
# 孤高のちりめん山椒(笑)

2020.06.16

本日の手作り弁当(6/16)

Photo_20200616113201
ゴーヤとベーコンのガーリック炒め、レタスと玉子の中華炒め、ほうれん草ゴマ和え、ひじき煮、蒸し椎茸、カニカマ、大根の山椒漬け、二十六穀飯。
 
月曜の昼は、久しぶりの弁当付き会議だったのでお休み。すっかり夏になりまして、ゴーヤもレギュラーに。前回は豚肉だったけど、今回は思い立ってベーコンと炒めました。ググったら、ニンニクを使うレシピが目に付いたので、チューブのニンニクを仕上げに使いました(レシピでは、熱した油で炒めてから、ベーコンやゴーヤを炒めるようになってたんですが、慌ててて忘れた・・)。味付けは塩と醤油。
 
レタスは、芯の部分が残っていたので刻んで炒めて、玉子と合わせました。レタスチャーハンの具のイメージになったので、味は創味シャンタン。
 
ほうれん草が小松菜よりも 安かったので、まずはレンチンでゴマ和え。
 
ひじき煮もいつもと一緒のにんじん、大豆、油揚げと一緒。違うのは、鍋じゃなくてフライパンで作ったこと。味付けは、醤油、ほんだし、砂糖、みりん。仕上げにぴーやし。
 
生シイタケは、石突をとって、切れ目を入れて、シリコンスチーマーで30秒レンジ加熱。もう1枚作った方が座りはよかったか。加熱後に、表面に醤油を2,3滴。
 
お米は、密林でポチった「二十五穀米」を入れて炊きました。米2合に50cc(日本酒のちっちゃなグラス)入れたのだけど、分量が少なかったのか、色がつく穀物が少ないのか、あまりおいしそうでないので、次回は倍量にしてみます。

2020.06.12

本日の手作り弁当(6/12)

Photo_20200612121401
 
豚の塩麴漬け焼きレモン添え、ゆで卵、キャベツ炒め、ミニトマト、おにぎり(はんごろしキムチ、ちりめん山椒、梅干し)
 
弁当箱に詰めるには食材が中途半端、さりとて、二日続けてカップ麺というのも・・・、ということで、妥協の産物がこれ。
 
おにぎり3個で、いつもの弁当のご飯と同じ量(=180グラム)。
 
おかずは、弁当箱に詰めるなら、もう1~2品(おひたしと、シュウマイ・餃子の類)必要だったと思うので、かなり簡略版なのだけど、おにぎりを握ったり、玉子を茹でたりで、返って手間がかかった気がします。
 
# 古いタッパーの蓋がバカになってて、カバンの中がキャベツ炒めの汁でしっとりしてた。一緒に入ってたノート、手帳の類が無事だったのは奇跡的・・・
 

2020.06.11

本日の手作り?弁当(6/11)


Photo_20200611124201
ミックスベジタブルのスクランブルエッグ、かにかま、野菜サラダ(ミニトマト、キュウリ、レタス)。
弁当と言っていいモノかどうか・・・。カップ麺のお供です。ホントは、メインのハンバーグとご飯でちゃんとしたお弁当にもできたと思うのですが、首筋を寝違えちゃって、朝、あんまり体調が良くなかったのでサボりました。
 
ってことで、仕上がりはこんな感じ(笑)
102288779_3007680679349711_4754736752244

2020.06.09

本日の手作り弁当(6/9)

Photo_20200609121801
 
えのき・ニラ・キャベツとさつま揚げのレモン炒め、三色玉子焼き、竹輪のきゅうり詰め、シュウマイ、ミニトマト、鶏・にんじん混ぜご飯、はんごろしキムチ。
 
昨日の鶏の手羽元が中途半端に残っていたので、弁当作り。

野菜室にひっそりと残っていたエノキ、ニラを刻み、キャベツで増量して、さつま揚げと一緒に炒めました。顆粒の鶏ガラスープ+冷蔵庫にあったレモン汁を絞り、皮を刻んで、塩をふってみました。初めての体験。えのきのニュルっとした感じが、レモンでサッパリした感じに修正されてOKです。

三色玉子焼きの味付けは、手羽元の煮物の煮凝り部分。まとめるのに苦労するかと思ったら、思いのほかいい感じになりました。コラーゲン万歳♪
 
本日の主役は混ぜご飯。昨日の手羽元をほぐして、ニンジンとともに細かく刻み、ご飯に混ぜ込みました。作り方は全然違うけど、なんちゃってカオマンガイ風?? 実さんしょうをパラっとふって、丁度いい感じでした。(長ネギを刻んで入れてもよかったかも。)
 

2020.06.08

本日の手作り弁当(6/8)

Photo_20200608121801
      
手羽元の煮物(にんじん、たまねぎ、キャベツ)、ニラ玉、竹輪のきゅうり詰め、さつま揚げ、味噌かんぷら、ミニトマト、大根の山椒漬け。
 
手羽元は、圧力鍋に皮を下に並べて、少し焼いた後、にんじん、たまねぎと一緒に加圧3分、煮汁は酒、麺つゆ、塩。
 
ニラ玉は、先にニラを少し炒めて、溶き卵に絡めて、ごま油、塩を入れてから、フライパンでササっと炒める。いい感じで出来た。ほんとは、半熟程度で食べたいけど、弁当なので。
 
味噌かんぷらは、行きつけの四谷荒木町のお店でテイクアプトしてきました。これって、福島の郷土料理だそうですね。 30ス年来、ずっと頂いてましたが、そのことは知りませんでした。(ちなみに「かんぷら=じゃがいも」だそうです。)
 

2020.06.07

闘わない減量日記(56)

2020年6月1日(月)~6月7日(日)】 (平均68.71kg 20.31%)
69.0kg(21.4%)→69.1kg(21.0%)→68.9kg(20.2%)→68.9kg(20.0%)
→68.5kg(20.0%)→68.9kg(19.9%)→67.7kg(19.7%)

普通の生活に戻りました。夜も前週に引き続き「檀家さん応援週間」。
最後の日曜日の昼に5キロのランニング。67.7キロはランニング直後の体重。朝起きてすぐの体重は68.6キロなので0.9キロの+。それでも、週平均は68.84キロなので、何とか68キロ台をキープ。体重のV字回復だけはしないようにしないと。
 
といいつつ、今週も檀家さんでいろいろと頂きました。
004_20200607155001
002_20200607155001
001_20200607155001
003_20200607155001

2020.06.05

本日の手作り弁当(6/5)

Photo_20200605123001
牛肉とピーマン・キャベツの炒め物、小松菜の玉子焼き、ニンジンシリシリ、シュウマイ、ミニトマト・レタス、大根山椒漬け、梅干し。
 
暑い日が続くようなので、そろそろ弁当作りもお休みへ。そのためにも食材(特に冷凍庫内)の消費を進めないといけない。ってことで、時差出勤も利用して、今日も弁当作り。
 
炒め物は創味シャンタンで味付け。胡椒の代わりに山椒。
 
玉子焼きの具は、少し残ってた小松菜の胡麻和え。
 
梅干しは、食中毒予防の願いを込めて・・・。
 
上記の通り、無理やり作ったので、シュウマイを詰め込んでも、弁当箱がスッカスカ。急遽、ここのところ「バラン」として詰めていたレタスをたっぷり入れて、何とか体裁を整えました。

2020.06.03

本日の手作り弁当(6/3)

Photo_20200603121501
 
豚ニラのオイスターソース炒め、小松菜の胡麻和え、ピーマンの玉子焼き、カボチャ煮、ニンジンシリシリ、大根のピリ辛漬け、ちりめん山椒、ミニトマト。
 
先週に続き、月火水と3日続けて弁当作り(先週の水曜日は弁当とは言いにくいけど)です。味覚、嗅覚のチェックにもなります。
 
豚ニラは創味シャンタンで味付けして、最後にオイスターソースをひと廻し。
 
ピーマンはいままでみじん切りにしていたけど、細切りにしてます。この方が同じ分量のピーマンでも断面にたくさん出てくるので「映える」感じです。味付けは、炒め物のフライパンに残ったスープ。
 
カボチャは三連投、ニンジンは連投です。                   
 
# 明日は、午前中、外の会議なので多分お休み。 

2020.06.02

本日の手作り弁当(6/2)

Photo_20200602122101
 
にんじんシリシリ、小松菜とさつま揚げの炒め物、カボチャ煮、ピーマンの塩昆布和え、ミニトマト・レタス、大根のピリ辛漬け、キノコご飯。
  
生活が元に戻ってきましたが、ありがたいことに時差通勤は残ったので、朝の余裕時間に弁当を作りました。
 
にんじんシリシリは久しぶりですな。ツナ缶と玉子入りです。本当は、ツナ缶のオイルをでニンジンを炒めるといいんですが、どうしても「ノンオイル」を買っちゃうんですねぇ。仕方がないのでサラダオイルで。元は一緒の筈ですが、気分がねぇ(笑)
味付けは、塩、胡椒と麺つゆ。少し焦がしてしまったけど、逆にスモーキーで美味。
 
小松菜とさつま揚げは、例によって中学の同級生のクックパッドレシピ。前回は、ニンニクがないとおもって、生姜で作ったけど、チューブのニンニクがあったので、そっちで作ってみたら、この方がずっと美味しかった。
 
大根の漬物はお友達のお手製。ニンニクスライスと鷹の爪と一緒に醤油に漬けこんであります。宣言前にいただいていたんですが、なかなか開ける機会がなくて、ようやく食べました。美味。これなら、酒のつまみにしてもよかった(笑)
 
長野のキノコご飯はこれがラスト。美味しゅうございました。

2020.06.01

本日の手作り弁当(6/1)

Photo_20200601121401
  
 
自家製煮込み風ハンバーグ、キャベツのソース炒め、カボチャ煮、ピーマンと塩昆布の和え物、カブ茎の玉子焼き、レタスとミニトマト、カブの浅漬け、エンドウ豆ご飯。
 
6月に入りました。心機一転!! 今日の日中、雨の予報だったので、前夜、ちょいと遅い時間にスーパーに行って買ってきた野菜を中心に弁当作り。
 
冷凍しておいたハンバーグはレンジで解凍して、フライパンで中濃ソースで煮込む感じで、味付け&加熱。残ったソース、肉汁で千切りキャベツをさっと炒めて御伴に。
 
カボチャは3分レンチンして、種・わたを取って、ひと口大に。麺つゆ、みりん、しょうゆ、砂糖、水で深さ1センチくらいにした圧力鍋へ(カボチャを入れたら、カボチャの半分くらいの深さ)。ここにぴーやしを振りかけて3分加圧。レンチンした分、実が柔らかくなりすぎたけど、これよりも短いと味がしみ込むかどうか不安・・・。ま、食べる分には柔らかくても問題ないか。
 
ピーマンは細切りにして、30秒ほどレンチンしたあと、塩昆布と混ぜて一晩。「ピーマン塩昆布炒め」というメニューが地元の居酒屋さんにあるんだけど、朝、フライパンを洗って二度使うのが面倒だったので、火を入れておきました。浅漬けのような、つまみのような。 
 
玉子焼きの具は、先週「ふりかけ」と称していた蕪の茎。レタスはバラン代わり。

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »