フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の記事

2020.07.29

【献血】108回目の献血@富山

コロナ禍で、遠距離の移動がし難い中、富山出張が入り、富山駅前の商業ビル・マリエとやま6階に入居する「マリエ献血ルーム」で献血しました。
 
月曜日の朝イチの仕事。ここのところ天候不順で大雨の予報もあったことから、大事をとって前日に富山入り。4連休最終日でしたが、北陸新幹線はガラガラ・・・。
 
日曜日に着いても、天気も悪い予報だったし、コロナのこともあり、観光する気にもならない。ちょうど、数日前に「12週間縛り」が解けたとの通知が日赤から来ていたので、献血することに。
調べてみたら、富山駅の真ん前にルームがある。4月の有楽町ルームはガラガラだったけど、富山ルームの混雑具合が判らないので、前日に予約をしました。予約は初めてでしたが、とれたのは16時からの最終回だけ。
 
遅めの昼食をとって、街なかをブラブラ(建築で有名なBCS賞を受賞した建物「TOYAMAキラリ」を見学)して時間を潰してから、献血です。
  
上記の通り、富山駅前の商業ビル。6階のレストラン街の一角に「マリエ献血ルーム」はありました。隣は金沢カレーで有名な「ゴーゴーカレー」(写真では、ゴリラが少しだけ写ってます)です。こういうロケーションのルームって、あんまり記憶にないです。


Dsc_1159
 
体温が上がらないように(苦笑)のんびり歩いていたら予約時間に5分程遅れてしまいましたが、特に叱られることもなく、受け付けて頂きました。まずはおでこで体温測定、そして、中指チェックの後、睡眠時間、昼食時刻、体調を訪ねられ、シーフテスト。ここで、歩いてきてのどが渇いていたのでリアルゴールドを1杯。その後、タッチパネルで問診。
 
待合室には7,8人の人がいました。腕のバンドは片方だけの人が多かったので、採血待ちですね。「ソーシャルディスタンス」をとって座ろうとすると、ギリギリですね。
 
Dsc_1247
   
お医者さんの問診は、特に誰が待っていた・・・ということではないようでしたが、私が飲み物を飲んでいたので「飲み終わってから・・・」と、少し時間を置いてから呼ばれました。いつもどおり、採血前は温かいモノ。昆布茶が珍しかったので、それを選択したもので、飲むのに時間がかかっちゃいました。
 

Dsc_1244

ここは、お医者さんが血圧を測って下さるシステムでした。血圧も、渡航歴も特に問題なく400の全血で。
 
で、検査の採血。いつもはどちらの腕か利かれたので「本採血は右が多いです。」「じゃ、検査は左で。」
機械で比重を図り(1.39)で即OK。すぐに採血かと思いきや、看護婦さんから「飲み物を飲んでから採血して下さい。」。・・・はい、3杯目を頂きました。さすがに、温かいモノだとまたまた時間がかかちゃうので、アイスカフェオレで。
 
 Dsc_1245
カップには「行かんまいけ! 献血」の文字。訊かなかったけど、富山弁なんでしょうねぇ。
 
採血室は、それほど広くなく、8床ほどで皆さん成分献血のようでした。
後で、看護婦さんに訊いたら、このルームは成分献血がメインで、全血のベッドは、これともう1つ(だったかな?)だそうです。(予約してないと、相当待ったかも・・・。)
成分用のベッドにはテレビがついてるのに、これにはなし。まあ、長くても3,4分なので要らないといえば、要らないのですが。
ちなみに、看護婦さんに撮って頂いたこの写真。針のところを見ても判るように(既に絆創膏が置かれてる) 、400ml採り終わって「さあ、針を抜きますよ。」というタイミングでした。
話好きの看護婦さんだったので、ずっと世間話をしていたので、自撮りのタイミングを無くして、ようやくこのときに撮ろうと思ったら「押しましょうか?」と撮って下さいました。
Dsc_1250
 
待合室に戻り、しばし休憩。漫画は充実してましたが、新聞、週刊誌の類は少なかった。やはり、成分献血メインだからなのか、こち亀やブラックジャック、ガラスの仮面といった長いものが多かったです。こういうのは寄贈されるんですかねぇ・・・。おいらは業田良家の「男の操」をつまみ読みしました。

Dsc_1242
  
飲み物は充実していますが、採血後のアイスクリームやドーナツなど特別のおやつは無し。各テーブルの籠に、歌舞伎揚げやビスケットが盛られていたけど、時間も遅く(17時前)、また、成分献血を長時間待っている人が多いのか、殆ど空に近い状況なのが寂しかった。まあ、この後は、富山の美味しいモノを食べようと思っているので、腹を膨らます必要はないのですが・・・。
 
お土産は、4色ボールペンが一本。キャラやロゴは入ってないシンプルなもの。
時節柄、通常の「HIV」に関する注意書きに加えて、「コロナに関するお願い」も渡されました。4週間以内に感染等が見つかったら連絡してくれ・・・って言うもの。ということは、4週間はこの血は使わないのだろうか???
 



Dsc_1254
1月、4月、7月と「3カ月縛り」が解けるとすぐに献血してきたので、次は「1年縛り」が聞いてきて、来年1月まで半年の間隔があいてしまいます。「50の献血」は誕生日当日にやりましたが「還暦献血」はしばらくお預けです。
# かといって、今さら成分献血もなぁ・・・。

2020.07.21

本日の手作り弁当(7/21)

Photo_20200721122101
   
豚肉・玉ねぎ・ニラの煮物、小松菜とさつま揚げのガーリック炒め、こごみとカニカマのサラダ、ニラの玉子焼き、鳥はむ、ゴーヤの塩もみ、β-カロテントマト、キャベツ、ちりめん山椒、25穀米ご飯。
 
メインは炒め物にも飽きたので、さっと、煮てみました。麺つゆ、みりん、砂糖で味付け。美味しくできたけど、あく掬いとか時間がかかる。やはり、煮物は前夜に仕込んでおかないとなぁ・・・。
 
ガーリック炒めはいつもどおり。味付けは麺つゆ・・・被っちゃったが、まあいいや。
 
冷凍してあったこごみを解凍して、カニカマとマヨ和え。さすがに、苦みは飛んでしまってます。
 
玉子焼きの味付けは、煮物の煮汁の転用。
 
ゴーヤは気持ち薄めに切って、軽くレンチンして、塩もみ。やっぱ、塩昆布和えの方が美味しい。
 
キャベツは炒めようかと思ったけど、スペースがなく、バラン代わりのみ。

2020.07.20

本日の手作り弁当(7/20)

Photo_20200720121001
 
合挽肉とキャベツ・玉ねぎの炒め物、小松菜の胡麻和え、ゴーヤの玉子焼き、焼きカボチャ、β-カロテントマト、ちりめん山椒、25穀米ご飯。
 
カレーを作ろうと思って冷凍していたひき肉。ここのところ、ニンジンが高くて作れないまま。仕方なく、手元の野菜とごま油で炒めました。麺つゆと砂糖で味付けして、水溶き片栗粉でまとめて、東京よしもとの七味唐辛子をパラパラ。味が薄く、中途半端だった・・・、残念。 
 
ゴーヤも悪くならないうちに使いたかったので、玉子焼きの具に。みどり野グラデーションは綺麗だけど、味は「ゴーヤと玉子焼き」・・・、1+1が2にしかなりませんでした。
 
カボチャは5mmほどにスライスしたものを売っていたので、オリーブオイルを多めに敷いたフライパンで両面を焼きました。蓋をして、蒸し焼き風に。美味しゅうございました。味付けは、シンプルに塩のみ。これも、ちょっと物足りなかった・・・。
 
時節柄、味が薄い・・・と感じると「まさか、味覚障害・・・?」と、ちょっと心配になりますわ。 
  

2020.07.19

闘わない減量日記(62)

2020年7月13日(月)~7月19日(日)】 (平均68.31kg 21.43%)
68.1kg(21.7%)→68.8kg(21.4%)→68.8kg(21.4%)→68.4kg(20.6%)
→68.1kg(22.3%)→67.7kg(20.3%)→68.3kg(22.3%)
月曜日に美味しいものを食べに行き、その体重を1週間かけて元に戻した感じですね。
 
0005_20200719110201
004_20200719110201
003_20200719110201
0011_20200719110201
002_20200719110201

2020.07.16

本日の手作り弁当(7/16)

Dsc01290
 
豚肉ゴーヤ炒め、ニラの玉子焼き、鳥はむ、βカロチントマト、カニカマ、小松菜おひたし、ちりめん山椒、貝柱の炊き込みご飯。
 
炒め物はシンプルに醤油と七味(新宿よしもと唐からし)。フライパンを新しくしたので、引っ付かなくなり、豚肉の脂だけで炒めました。美味。
 
彩り定番のミニトマト、昨晩、会社帰りにスーパーに寄ったら、いつもの赤いやつは売り切れ。βカロチントマトっていう名前のオレンジ色のトマトしかなかったので、仕方なく購入。まあ、どうせ彩りなので(笑)

2020.07.15

本日の手作り弁当(7/15)

Photo_20200715121401
 
 
豚ニラ・玉ねぎ炒め、小松菜おひたし、三色玉子焼き、ハーブチキン、ブロッコリー、ゴーヤのピクルス、自家製らっきょう、25穀米ご飯。
 
何かに使おうと買っておいた玉ねぎが、ずーーっと放置状態だったので、豚肉と炒めましたが、何となく寂しかったのでニラを少し入れました。名前的には「豚ニラ」ですかね。味付けは、顆粒のコンソメ、塩、胡椒、最後に醤油をチョコっと。
 
おひたしは、湯がいて七味を浮かべた麺つゆに一晩漬けで、最後にすりごまをパラリ。
 
チキンは自家製ではなく、買い置きのもの。同じ胸肉だと思うけど、自分のやつの方が美味しい(親ばか)。
 
ゴーヤはらっきょう酢に一晩。何も下ごしらえしてないので、少々堅くて苦い。塩もみするか、軽くレンチンした方がよかったか。ついでに入れたらっきょうは数年前に漬けたもの。美味しいです。

2020.07.13

本日の手作り弁当(7/13)

Photo_20200713121401
    
豚とキャベツの焼き肉、鳥はむ&カニカマ、ゴーヤとベーコンのマヨ和え、ニラの玉子焼き、塩エンドウ、ビリから大根漬け、25穀米ご飯。
 
豚肉と細切りキャベツを炒めて、四万十のばかったれで味付け、仕上げに東京よしもとの唐辛子をパラパラパラ。
 
ここのところハマってる、鶏むね肉のブライン液つけ。これまではフライパンで焼いてましたが、今回は「低温調理」に挑戦。皮を取って、表面に粗びきコショウをふって、ラップで堅めに巻いて、ジップロックに入れて、炊飯器へ。熱湯に水を加え、指を入れたら「アチッ!」ってなるくらいの温度にして、炊飯器の保温機能で1時間。できた、できたよ、できました。ジューシー、ぷりぷりの「鳥はむ」(ググったら「鶏ハム」ではないらしい)が・・・。十分、主役にできるんだけど、スペースと彩りの都合で脇役、しかもカニカマとセット。
 
ゴーヤはチャンプルにしたかったけど、炒め物がふた品になるので(いや、そういう日もありますが)、薄切り、塩もみ、レンチンでしんなりさせて、これまたレンチンしたスライスベーコンと一緒にマヨネーズで和えました。初めて作ったけど、美味しい。
 
玉子焼きの味付けは、焼き肉でフライパンに残ってたスープ。
 
塩エンドウは、最後にご飯の上に載せてみました。もう少し、センスのある配置にしたかった・・・。

2020.07.12

闘わない減量日記(61)

2020年7月6日(月)~7月12日(日)】 (平均68.76kg 20.80%)
68.6kg(21.5%)→68.9kg(20.8%)→69.0kg(20.7%)→68.9kg(21.5%)
→69.1kg(20.8%)→68.6kg(19.4%)→68.2kg(20.9%)
 
緊急事態宣言が解除になって以降、
 
68.70kg(21.5%)→68.71kg(20.31%)→68.79kg(21.04%)→67.76kg(20.84%)→68.29kg(20.51%)
 
と、人間ドック週間の1キロ減を除けば68キロ台後半をウロウロ。少なくとも1キロ、できればもう2キロ落としたいところなのですが、運動量が少ないのに、飲みに行ってしまうので横ばいがギリギリ。
今週は、69キロ台も記録しているので、ちょいと危ないですね。困ったものですわ。   
006
007
002_20200712104201
003_20200712104201
0005_20200712104201
0011_20200712104201
004_20200712104201
 

2020.07.10

本日の手作り弁当(7/10)

Dsc01282
 
シーフード・チャンプル、鶏ハム、カボチャ煮、オクラのおひたし、カニカマ・レタスサラダ、はんごろし、ホタテ貝柱ご飯。
 
前夜、酔っ払って帰って、弁当を作る気になって、ホタテの貝柱のご飯を炊飯器でセットしたは良いけど、食材が少なくて、朝になって大慌て。
 
チャンプルは、肉の在庫が無くなってたので、冷凍のシーフードミックス(エビ、イカ、アサリ)を使用。レンジで半分解凍して、崩した豆腐、ニラとオリーブオイルで炒める。味付けは創味シャンタン。仕上げに溶き卵でまとめる。美味しいですわ。
 
鶏ハムはこれまで「鶏むね肉ソテー」って言ってたもの。昨晩寄ったお店で弁当の話になって、「鶏ハム」と呼ぶことをしりました。
干し貝柱があったので、炊き込みご飯を作りました。塩少々とほんだしをパラリ。美味しゅうございます。そういえば、昔はよく炊き込みご飯を弁当に入れてました。
 

2020.07.09

本日の手作り弁当(7/9)

Starprince
 
豚肉・キャベツのソース炒め、チキンサラダ(レタス、ミニトマト)、オクラのお浸し、カボチャ煮、ニラの玉子焼き、ちりめん山椒、25穀米ご飯。
 
昼食付きの会議が続いたので、木曜日にして最初のお弁当。
 
炒め物は、焼き肉のたれか献立いろいろ味噌に、と思っていたけど、直前にソースに変更。麺無しの焼きそばみたいな(笑)

サラダは例の液に漬けて焼いた胸肉を刻んで、レタス・ミニトマトと一緒にマヨネーズで和えた。チキンに薄い塩味があるので、胡椒をひとふりしただけだったけど、もうちょいだったな。
 
オクラは真面目に板摺をしてヘタを剥いて、1分半ほど湯がいて、薄めた麺つゆ&よしもと七味に一晩漬けました。ちゃんと作ると、ちゃんとおいしいですな。
 
カボチャは、例によって圧力鍋。いつもグチャグチャになるほで、加圧は1分だけにしました。舌触りは悪くないけど、味のしみ込みが弱いですねぇ。二律背反・・・。弁当箱に詰めるのは楽ですけどねえ・・・。

2020.07.06

闘わない減量日記(60)

2020年6月29日(月)~7月5日(日)】 (平均68.29kg 20.51%)
67.7kg(21.5%)→68.2kg(20.2%)→68.2kg(19.9%)→68.5kg(20.5%)
→68.5kg(20.1%)→67.6kg(20.0%)→69.3kg(21.2%)
 
今年も半分終わりましたが、何か、夢みたいな(悪夢???)な半年でした。それでも、世の中は少しずつ回りはじめ、7月1日付けの人事異動なんかもあり、この週は休肝日ゼロで歓送迎会ラッシュ。4日土曜日は久しぶりにお友達のおうちで6時間近くダラダラと飲み食いさせてもらい・・・。
ランニングも週1で5キロ程度になり、当然ながら増量傾向です。ここで踏ん張らないと、V字回復しちゃいますな。
 
経験的には、やはり飲み会(特にはしご酒)は、体重増加にてきめんですな。せめて、はしごだけでもやめよう・・・。
0011

2020.07.02

本日の手作り弁当(7/2)

Photo_20200702120001
    
ゴーヤチャンプル(豆腐、さつま揚げ)、鶏むね肉ソテー、シイタケと小松菜・さつま揚げの煮物、エンドウ豆の玉子焼き、シュウマイ、ミニトマト・レタス、ちりめん山椒、25穀米ご飯。
 
少しずつ残った食材や作り置きのものを詰め込むためのお弁当。(通常、その手のものは晩御飯にするのだけど、今週は夜の席や檀家廻りが続いているので消費できない・・・) 組み合わせを変えなきゃと、思案投げ首。
 
ゴーヤは豆腐、さつま揚げ、と一緒に炒めましたあ。創味シャンタンで味付け。ゴーヤの歯ざわりに比べ、さつま揚げが柔らかすぎて、組み合わせとしては余りお勧めはしませんな。胡椒ひとふりを忘れたので、味もボンヤリしちゃいました。
 
胸肉は焼いたのを冷蔵保存してありまして、切って、レンチンしただけ。
 
煮物は残ってたひと口分だけ。玉子焼きは、煮物の汁とつまみ用の塩エンドウ。こいつが何かと重宝します。
 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »