フォト

リンク集

無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月の記事

2020.10.21

【劇】 志の輔らくご 「大忠臣蔵/中村仲蔵」 (立川志の輔)

222_20201020204301去年も見た赤坂ACTシアターの志の輔落語。演目も9年間一緒「大忠臣蔵」と「中村仲蔵」。

12年続けてきたACTシアターでの「志の輔らくご」のラストらしい。(劇場が、来年から3年間、「ハリーポッター」をロングランするんだそうな。)

実は、開演日の5日前にチケットぴあから「当日引換券発売開始」メールがきて、どうせ当たらないだろうけど応募してみるかな、と思って、サイトを開いたら、応募期間前で、まだ前売り券を売ってたんですわ。え? まさか・・・と、進んでいくと何と抽選も何もなく、初日のチケットゲット。こんなことってあるんですねぇ。劇場の客席数が、制限緩和で増えたことなんかが影響してるんですかねぇ。通常、即日完売なのに。(今見たら、残る3公演も「当日引換券」はまだありました。見るんなら今ですね。)

ということで、雨降る月曜日、赤坂まで行ってきました。職場から20分ちょっと。駅の改札を出ると目の前に行列。入口で検温した後、席番号・連絡先を登録するひと手間。

開口一番、このような状況で、劇場まで足を運んでくれたことへの感謝。そして、昔は3日目、4日目と出来が良くなっていったのだけど、今は齢のせいか「初日がピーク」といって、客を喜ばせる。

第一部・大忠臣蔵。大序から11段目までを浮世絵を見せながら一気に解説。「赤穂事件と忠臣蔵は別物」から始まって、各段の見どころを、時に歌舞伎そのものの所作・セリフ(だと思う)で見せてくれる。塩冶判官の切腹の場面なぞも、力弥と判官のやりとりを独りで見せる。

達者です、凄いです。講談とも違う、新しいジャンルです。さすが9年目、ご趣向!!

第二部中村仲蔵。梨園の血筋でもない仲蔵が、稲荷町(大部屋)から中通り→相中→名代と異例の出世を遂げる道筋も、丁寧に語るので、聞いているこっちも、応援したくなり、その成功を良かった良かったと感情移入。
 
せっかく名代になったのに、最初の役が「弁当幕」五段目の定九郎。しかし、仲蔵、ここまでもいろいろな「ひと工夫」で引き立てられた男。何かせねば、何かせねばと、妙見さんに21日間の願掛け。雨宿りで入った蕎麦屋に、後から駆け込んできたのは破れ傘でずぶぬれ、月代もっさもさの浪人。最初は迷惑だなと思っていたけど、それを見ているうちに、はたと定九郎の趣向に思い当たる。

そして、これまでとは全く違う定九郎を演ずるも、客席はしーーーん。贔屓からの声もかからず「しくじったか・・・」と上方へ旅立とうとするも、道々で聞こえる賞賛の声。これを女房に聴かせたいと戻ったところ、親方・団十郎からの呼び出しで大絶賛される。「もう、誰にも文句は言わせない。」「それは勘弁して、静かなのは・・・」というサゲ。調べたら、サゲも演者によって違うんですね。

蕎麦屋で一緒になった浪人が親父に酒を注がせながら「こぼせこぼせ、外にこぼすな、中にこぼせよ」ってのがツボ。時節柄、楽屋へご挨拶はできなかったので、近くの馴染みのお店へ行って、一杯目から日本酒!

日時:2020年10月19日 18:30~
小屋:赤坂・ACTシアター

2020.10.20

【劇】いろは大王狂騒曲1,2 完全版(駒塚由衣)

117641933_641727493102487_44215117820511コロナ騒ぎが起こってから、初めての駒塚さんの一人語り。仕事を早めに切り上げて見に行ってきました。(家から歩いて行ける、座・高円寺でしたが。)

今回は、邦楽の会とのコラボ。明治時代の実在の実業家の物語を、笛や鼓、鉦などの鳴り物入りで賑やかに演じました。

この実業家、文明開化の波に乗り、まずは牛鍋屋のチェーン店を展開。各店舗を本妻と24人の妾にそれぞれ1店ずつ切り盛りさせて競わせたというのだから、豪快ですねぇ。

その後、明治政府から頼まれて、火葬場のチェーン店をやり成功した男の話。

いろは大王である木村荘平は、、幕末の大阪の生まれで百姓のせがれ。しかし、ものすごいバイタリティーで、字もほとんど書けないのに、製茶業から輸入業、青物組合までつくる。尊王攘夷、討幕運動が激しい京都ですごい商売をしておりました。やがて薩摩の御用商人となり、御一新とともにのし上がります。とにかくこの人は、とんでもない人でした。

牛肉を食べるようになった明治人、牛鍋屋におしかけました。それまでの屠畜場や皮革製品の加工、食肉産業は、一定の身分の人しか関われない領域で、差別にともなって既得権もあったのですが、明治維新で、その権利をとりあげて身分差別の現状はほったらかしになりました。ですから、東京だったら弾座衛門支配によってなりたっていた秩序は崩壊します。
木村は大阪から上京し、官営の屠畜場を安く払い下げてもらい、都内の組合を吸収し、つぶし、のし上がっていきます。それで巨大な直肉産業の会社をつくり、「牛肉いろは」という牛鍋屋チェーンを都内に20数店舗作るのです。その店長の全てが彼の妾でした・・・・・・・・いろはチェーンも彼の死後はすぐにつぶれてしまいました。

その彼が次に手を出したのが、火葬場経営。これもやはり封建時代には被差別階級よって運営されていました。時代劇の墓守の老人、おんぼう、と呼ばれる焼き場人です。江戸時代に土葬が禁止され、火葬が普通になるのを見越しての木村の新規参入、さてうまくいったのか。最新式の釜で仏を焼く、それを宣伝にするのだ、杮落しの仏探しが始まります。(作者・嶽本あゆ美さんのブログから拝借)

まあ、とにかく賑やかで楽しかったです。

実は駒塚さんの語り芝居は第二部。第一部として、邦楽ワークショップってのがあって、長唄の「喜撰」っていうのを聞かせてくれるんだけど、その前段として、長唄ってなぁに・・・ってのから始まって、喜撰のあらすじなんぞをパワポを使って教えてくれるんです。
パンフレットによれば、チラシの下にずらりと並んでる方々は、皆さん芸大の邦楽科ご出身。それぞれの御専門はあるのでしょうけど、第二部の鳴り物も楽しく、小気味よく・・・。

日時:2020年10月13日 17時
小屋:新高円寺・「座・高円寺2」

 

 

 

 

2020.10.18

闘わない減量日記(72)

久しぶりに3週間も記録をサボってしまいました。というのも、2週続けて、週末の遊びに行ってましたから。こういうときは、当然ながら体重は増えちゃいますわ。やばいやばい。
2020年9月28日(月)~10月4日(日)】 (平均68.10kg 22.10%)
67.6kg(22.2%)→68.3kg(22.6%)→68.4kg(21.5%)→?kg(?%)→?kg(?%)→?kg(?%)→?kg(?%)
水、木、金と九州出張、そして土日は大分、佐賀と楽しませてもらいました。ランニングもしないし、当然増えますな。
 
2020年10月5日(月)~10月11日(日)】 (平均69.05kg 21.63%)
69.9kg(21.8%)→69.2kg(21.9%)→68.5kg(20.9%)→68.6kg(22.4%)→68.7kg(22.0%)→
?kg(?%)→69.4kg(20.8%)
帰ってきたら1.5キロ増。そのまま横ばい 週末は金、土、日と乗鞍のスキー宿で温泉三昧。食って、飲んで、温泉の繰り返し。 
 
2020年10月12日(月)~10月18日(日)】 (平均69.30kg 21.74%)
69.2kg(21.9%)→69.3kg(21.5%)→70.3kg(22.1%)→69.3kg(21.0%)→69.2kg(21.9%)→69.6kg(22.6%)→68.2kg(21.2%)
ようやく普通の生活に戻りましTが、月、木、金と檀家回りしちゃいました。日曜日に7キロ走って、ようやく戻ってきました。
 

2020.10.08

本日の手作り弁当(10/8)

Photo_20201008122501
 
ゆで玉子、温キャベツ、塩エンドウ、はんごろしキムチ。 
 
昼食の出る会議や、出張が続きサボってまして、サボり癖がつきました。
雨の予報だったので、カップ麺で過ごす気満々なんですが、せっかくなので、冷蔵庫にあるものをちょこっと持っていきました。サッポロ一番みそラーメンにトッピング。竹内結子さん、安らかに・・・(涙)
 
 

120931952_3382272118557230_5694808372467 120949501_3382272371890538_1269502813198 
20201008-123655

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »