フォト

リンク集

無料ブログはココログ

カテゴリー「旅行・地域」の45件の記事

2017.09.21

2017カリブの旅 (その2 ゲバラ編)

キューバと聴くと「ゲバラ」って思いだす人も多いと思います。

キューバ革命を主導した彼は、実はアルゼンチン出身。革命成立後は政府の要人となり、日本に来たこともあるが、その後、キューバを離れ、各国の革命に関わるもボリビアで処刑されて、今年でちょうど50年。

キューバでも、今なお愛されているゲバラ、そのゆかりの地を訪ねました。

キューバの通貨は、もっぱら外国人が使う「兌換ペソ」と、キューバ国民が使う「人民ペソ」の二本立てですが、人民ペソの3ペソ札、3ペソ硬貨は、いずれもゲバラがデザインされています。
通常の観光をしていると兌換ペソしか使わないので手に入らないのですが、カーニバルの屋台のお釣りで手に入りました。(その後、観光地で売り付けに来るおじさんが何人かいました。3人民ペソ札1枚を1兌換ペソで。1兌換ペソ=25人民ペソなので8倍(笑)
Dsc_0031
ハバナの革命広場のゲバラ。内務省の壁に描かれています。これは、有名ですよね。
夜はライトアップされるそうですが、宿から遠かったので、見に行けませんでした。


0200

顔の下に書かれているのは「Hasta la victoria Siempre」 (勝利に向かって、常に)です。

ハバナ旧市街の対岸、カバーニャ要塞の近くに、ゲバラの邸宅があります。ハバナの旧市街が一望できます。ちなみに、「チェ」とはアルゼンチン訛りのスペイン語で「ねぇ」とか「君たち」ってな意味で、ゲバラの口癖だったところから、仲間が付けた呼び名だそうです。

158
革命家の邸宅・・・ってなんとなくイメージが違いますが、彼は革命後、国立銀行総裁などの要職に就いたので、ここで仕事もしていたようです。

161

ベッド。壁にはフィデル・カストロとのツーショット写真が貼ってありました。鏡に映り込んでますね>自分
172
ゲバラの遺品や絵、写真が展示される博物館になっていました。

185
178
163

地方都市サンタクララはチェ・ゲバラ巡りの聖地とも言えます。

革命成立のおよそ一年前、ここでゲバラ率いる革命軍が、バティスタ政権の装甲列車を襲撃して、大量の武器を奪った地で、これが革命成功につながったらしいです。

その襲撃の場所はMonumento a la Toma del Tren Blindado となっています。

2213
2241

そして、同じくサンタクララのチェ・ゲバラ霊廟。銅像ができたのが没後20年経った1987年、そして30年経った1997年10月にボリビアから返還されたゲバラの遺骨が納められたそうです。
この銅像の下は博物館になっており、ゲバラの生い立ちや革命家としての活動を記した写真、遺品が展示されてました。

右の石碑に刻まれたのは、彼がキューバを去るに当たってカストロに宛てた手紙の文面だそうです。


2293
2308

ハバナの「革命博物館」にも、ゲバラ関係の展示があります。

2665
愛用のベレー帽

2731
等身大のゲリラ活動中の人形。

2726
2759
博物館の売店のおじさんのTatooもゲバラ。

2739
1956年、メキシコ亡命中のカストロがゲバラなどの革命家たちとひそかにキューバに上陸した際に乗っていた船「グランマ号」も展示されています。

2761

兵器博物館にも、ゲバラ愛用の銃が展示されてました。

3073
港の倉庫の壁にもゲバラの肖像画が。

3909

すぐに感化されて、Tシャツのほかにも、グッズを買いそろえちゃいました。

壁掛け(小)

Dsc_0033
3ペソ札デザインの札入れ。

Dsc_0032


壁掛け(大)
Dsc_0034

(続く)




 

2017.09.12

2017カリブの旅(その1 日程&費用)

仕事の関係等でこの1年半ほどは長い休みがとりにくかったのですが、2017年の夏は自久しぶりに海外へ。トリニダード・トバゴ在住の先輩からのお誘いもあったので、同国とキューバを訪ねました。

キューバと言えば、野球、葉巻、ラム酒、カストロにゲバラ、そしてキューバ危機に社会主義。この程度の知識しかありませんでしたが、2週間、ラテンのノリに元気づけられ、カリブの風に吹かれてノンビリしてきました。
3522
【日程】
2017年8月
24日(木) 午後成田発 メキシコシティ経由 同日夜ハバナ着

0047
25日(金) 
日中 1日市内ガイドツアー 
0460
夜 カーニバル見物
0217
26日(土) 早朝 ハバナ発 パナマシティ経由 トリニ ダード・トバゴに移動
0427
27日(日) 
日中 バードウォッチング  
0663
午後 ポートオブスペイン動物園
03   
28日(月) 
午前 ラム酒工場見学  
0959
午後 クィーンズパークサヴァンナ散策
1061
29日(火) 
早朝 トリニダード・トバゴ発 パナマシティ経由でハバナに移動 
1129
夕方 旧市街散策 
378
30日(水) ビニャーレス渓谷日帰りツアー 
1539

1728
31日(木)~9月1日(金) シエンフエゴス、トリニダー、サンタクララ、サンクティ・スピリ
 トゥス1泊2日ツアー
230
2317
2日(土) 
午前 wi-fiカード入手 ヘミングウェイゆかりの地巡り 
2592

午後 革命博物館
2667
夜 ナシオナル・デ・クーバでキューバ音楽のコンサート
2998

3日(日) 
午前 両替、中華街 
556
午後 カジェホン・デ・ハメル 
629
夜 キャバレー「トロピカーナ」
3366
4日(月) 
日中 プラジャ・デル・エステ 
3784
夕方 ハバナバスツアー乗車
3690
夜 ラ・タベルナ
1600

5日(火) 午前 市内散策(市場、学校、 土産物や) 
3888
153
3930
午後ハバナ発 メキシコシティ経由 7日(木)早朝帰国
4171

【費用】
ざっくりいうと、約55万円。その内訳は、
・航空券等 約22万円
  (キューバ往復12万、トリニダードトバコ往復9万、ツーリストカード1万) 
・ホテル代 約18万円(キューバ13万・トリニダードトバゴ5万)
・日本で予約したオプショナルツアー等 約7万円(ハバナ1日、ビニャーレス渓谷日帰り、トリニダー1泊、キューバ音楽コンサート)
・現地で使ったお金 約8万円(現地で両替した額。観光、飲食、タクシー・バス、みやげ等)

航空券は驚くほど安く、ホテル代が驚くほど高かったですが、滞在中の費用は、ほぼ想定通りでした。キューバではクレジットカードが使えず、常に現金払いだったので、多少、財布のひもが堅めだったと思います。
(トリニダード・トバゴではホテル代、帰りの空港までのタクシー代以外、食事、観光等全て、先輩にお世話になり、しかもお小遣いにお土産まで頂きました、その分はカウントしていません。感謝。)

2017.05.17

沖縄2017GW

2017年のGW。前半は大阪でのんびりと過ごし、後半は沖縄へ行ってきました。
これまで、沖縄へは20数回言ってますが、プライベートで行くのは初めて!

【1日目】
行きは関空からピーチで。6410円。那覇空港が霧で着陸できず、いったん石垣空港で給油して、3時間遅れで那覇到着というおまけつき。

Dsc_0022

早速、オリオンビールとソーキそば&ジューシーのセット。仕事で来ると、昼から飲むなんてできなかったから。幸せ。
Dsc_0058

今回の旅、ほとんどノープランでしたが、唯一決めてたのが「那覇ハーリー」見物。
自衛隊や米軍さんのチームも出てました。
Dsc_0091
もちろん、ここでもオリオンですわ。

Dsc_0080
ハーリー最後は、那覇、泊、久米の地域対抗戦。古式ゆかしく、真剣に。

Dsc_0170

晩御飯は、三線ライブのお店。自由が丘・なんた浜でいつも楽しんでるのと同じ。飛び入りで、島唄を歌っちゃいました。

Dsc_0202
海ブドウ、テビチ、グルクン。

Dsc_0196
夕食後、花火見物。20分足らずだったけど、綺麗でした。
Dsc_0251

飲み直しは、若狭の「すいか」という居酒屋。難波の馴染みの店の大将に教えてもらいました。
Dsc_0280
オオタニワタリのおひたし。
Dsc_0282
【2日め】
辺野古までドライブ。チラッと見えた座り込みテント。でも、飴だったせいか、座り込んでる人は見えなかった。

Dsc_0310

備瀬のフクギ並木。

Dsc_0377
牛車の牛さんが全然歩こうとしない。御者さん、鼻先に人参ならぬ草をチラつかせて苦戦中。


Dsc_0409
昼ご飯は、本部の「ハワイ」っていう店でステーキ。もちろん、オリオン。
Dsc_0425
この日は伊江島にわたりました。

Dsc_0466

ゆり祭の真っ最中。

Dsc_0514

那覇に戻って、晩御飯はヤギ。かつて通った「さかえ」がやってなかったので、タクシーの運転手さんの行きつけっていう安里の美咲というお店。ここも美味しかった。

Dsc_0581
特に、ヤギ汁がとっても丁寧に作ってある感じで、臭みもほとんどなく、「ヤギは初めて」という友人二人も、美味しそうに食べてました。

Dsc_0584
【3日目】
かつて、仕事で関わった龍潭通りを歩いてみる。歩道を琉球石灰岩で舗装し、沿線の建物は琉球瓦と白壁で統一してる。従って、ローソンもこのとおり。
Dsc_0626

交番も・・・


Dsc_0643

その後は、識名園へ。ここも仕事では来たけど、プライベートでのんびりと過ごしました。(土砂降りだったので、しばし雨宿りもしたし。)
Dsc_0668

沖縄の建物でよくみられる「雨端(あまはじ)」。
Dsc_0696
のんびり、雨宿り。

Dsc_0694

お昼ご飯は東江そば。ソーキ、三枚肉、軟骨ソーキの3種盛り。

Dsc_0763

最近、那覇に転勤した友人に観てもらいたくて、海軍司令壕跡。自分は3度目かな?

Dsc_0814

いつも、いろいろと考えさせられます。
Dsc_0833

瀬長島から那覇空港を望む。ようやく、青い海。

Dsc_0878

最終日の晩は、かつての仕事仲間が集まってくれました。(初日の晩にお世話になった「すいか」さんです。)
Dsc_0908
そして〆はステーキ! 宮古島の習慣かと思ったら、もともとは本島の米軍さんが始めたのを真似したんだそうな。日付が変わった後だったけど、後から後から、お客さんが来てました。

Dsc_0941

【最終日】
モノレール、ICカードが使えたんだけど、内地のカード(suicaやpitapa)は使えないんです。で、きっぷを買ったら、自動改札にはICカードのようにかざすだけなんですわ。不思議。

Dsc_0965
Dsc_0966
帰りはスカイマーク。ピーチの倍の値段。だからという訳でもないのでしょうが、コーヒーとチョコレートのサービスがありました。
Dsc_0999

ということで、4年半ぶり(プライベートでは初めて)の沖縄旅行。仕事だといろんな日程を詰め込んでしまって「うちなータイム」に浸ることはできませんでしたが、のんびりとリフレッシュできました
















2017.02.15

そうだ 奈良、行こう

京都に続き、冬の古都シリーズ。第2弾は奈良。

ちょうど、2月の前半の1週間ほど「なら瑠璃絵 」というイベントをやっていたので、第2週の日曜の夜に訪ねてみました。
「なら瑠璃絵」って、文字で読んでもピンと来ませんが、声に出してみると「ナラルリエ」って、何となく「ルミナリエ」とか「ミレナリオ」と似てますよね。
興福寺、春日大社、東大寺が特別拝観をやっているのと、奈良春日野国際フォーラムのお庭をはじめ、そこここで光のイルミネーションが見られるのですわ。
まあ、日本中からお客が来る・・・というレベルではありませんが、大阪からなら足を運ぶ価値はありそうです。

JRで南都入り。自宅からジャスト1時間。近いですわ。前の日、リレーマラソンやって、昼間っから飲んでたので、少々疲れた顔。

Img03455

JR奈良駅前にこんな碑が立ってるの、気づかなかった。
Img03453
まずは興福寺。五重塔がライトアップされてました。
Dsc04707
興福寺は東金堂が夜間特別拝観。
中は撮影禁止でしたが、薬師如来さまをはじめ、仏像に照明が当てられていたので、かえって昼間の自然光の中で拝むよりも、仏像の細かな表情や細工がよくわかりました。
思わぬ、発見です。

Dsc04709

仏教美術資料研究センターもライトアップされてました。

Dsc04711
お利口な鹿さんは、ちゃんと青信号になってから横断歩道をわたってました。
Dsc04713
奈良春日野国際フォーラムの前にやってきました。
これがメインだと勘違いしたので、ショボっ・・・と思いましたね。
Dsc04714
が、お庭に入ると素晴らしいです。写真じゃ全く伝わらないでしょうが、一面の瑠璃色です。

Dsc04721
冬の七夕」って言われると、何となくそんな感じもしてきます。

Dsc04731

Dsc04742
春日大社に向かう道すがら、ミストをスクリーン代わりにレーザーでパフォーマンス。
幻想的でした。

Dsc04746
獅子神楽も奉納されてました。

Dsc04750
そして、春日大社。

Dsc04755
奉納されている燈籠ひとつひとつに灯が入っていました。
Dsc04757
古い燈籠もたくさんありましたが、とってもきれいでした。
こればっかりは、夜に来ないと良さは分かりませんね。

Dsc04767
塗り直されたばかりの本殿もきれいでした。
Dsc04765
そして、最後は東大寺に。南大門もライトアップ。

Dsc04774
そして、大仏殿はいつもと違う・・・

Dsc04782
そう、観相窓が開いていて、大仏さんのお顔を外から拝めるのでした。
まさに「御開帳」ですな。

Dsc04793
これが見られただけでも、奈良に来る価値はありました!!

Dsc04789
東大寺ミュージアムの前に実物大の手がありましたが、これだけでは大きさが分かりませんな。

Dsc04798
こんな不思議なオブジェもありました。

Dsc04797
ってことで、2時間ほどのお散歩でした。すっかり冷えた身体は、中から温めないと・・・

Img03513
奈良のお酒と肉、野菜などに舌鼓を打ち、終電で帰ってきました。

Img03512

2017.02.12

そうだ 京都、行こう

春の梅や桜、夏の祭、秋の紅葉と、季節ごとに京都を訪ねていたつもりですが、冬の京都って、行ったことがなかったかもです。(そもそも、冬は毎週末雪山だし。)

私以外も、観光客も少ないらしくて、昔は多い月と少ない月の差は3.6倍あったそうです。(今は知事待ったけど、それでも1.5倍弱)
それもあってか、50年も前から「冬の京の旅」っていうキャンペーンもやっているそうです(今年、初めて知りました。ちなみに、JR東海のキャンペーンは25年前に平安建都1300年を記念して始まったんですって。)。
今年は「大政奉還150年」だそうで、寺院などの特別公開もやってます。
それも含めて、たまたま仕事、観光と2週続けて冬の京都に行きました。
1 桂離宮
初めて行きました。雪の後で、珍しい景色でした。
03
冬仕様になってました。

02


でも、梅もほころびかけていました。

04

2 二条城
唐門。立派でした。陽明門っぽい幹事でした。

15
いい天気でした。これが二条城。中は写真が撮れません。

16
目の前の大広間で家康が征夷大将軍就任の儀式があり、慶喜が大政奉還をしたと聞くと教科書の中や大河ドラマの出来事が急に身近になりました。
特別公開の中庭。

21

こっちも、冬仕様。

54


建物のメンテナンスはあまりちゃんとなされてない感じ。釘隠しが亡くなって、釘が露出してました。

20
3 京都迎賓館
洋室。

09
和室。

11
お庭。

10
4 島原
かつての花街だった島原。今も残る大門。
45

西門の跡。江戸・吉原と違って、門は二つあって、出入り自由だったそうです。

43

そして、歌舞練場跡。ここの芸妓さんたちは歌や踊りができたそうです。置き屋さんにいて、揚屋に呼ばれて、芸を楽しませて客の相手をしたのだそうで、この点も、遊郭専門だった吉原とは違うそうです。

44
5 島原「角屋」 

55

新選組も通った旧花街の揚屋(料亭)。
38
玄関の石畳は斜めに作られてて、視線の先に中庭が見えるように設計されてます。そして、右の柱には刀傷。

37

血なまぐさい事件と思いきや、ツケを断られた隊士が腹いせにつけた傷なんですって。何とも人間くさい。
26
玄関にあった刀掛け。客はここに刀を置いて、部屋に行くのだそうな。

29


刀はそのままにしておくのではなく、帳場にある専用の箪笥に預かるのだそうです。

28
芹澤鴨が暗殺される前夜に宴会していたお部屋だそうです。

36
綺麗な襖絵。

35
部屋の前には綺麗なお庭。右に見えるのは茶室。庭と茶室がワンセットになっているのが揚屋なんですって。

30
帳場にあった箱階段。

27


6 京都水族館
梅小路公園には行ったことがありましたが、ここは初めて。

56

まずはオオサンショウウオ。でかいんですねぇ。

57
夜行性だそうで、昼間は重なって寝てました。(ほかのオオサンショウウオを石だと思って、その下に潜り込んでいくので、こんなことになっちゃうそうです。)

46

土産物売り場も、オオサンショウウオ推し。

51
面白かったのはチンアナゴ。

49
チンアナゴの決闘。

50
寝転がって見られる。面白い見せ方です。
58

7 鉄道博物館
雪が残る転車台。

01
大人気のジオラマ。

Dsc04070

8 夜の楽しみ
京都の冬というと、湯豆腐しか思い浮かばなかった・・・。

60

そして、おなじみのお店。

61

9 番外
二条城のバス停で発見。和服を着てました。

13
角屋の板塀に何とも無粋なポスターが貼られてます。

24

文化庁と消防署の「文化財防火」を呼びかけるポスターでしたが、ここにこうやって貼らなきゃいけないものなんでしょうかねぇ。

25

2016.10.18

2016長崎の旅 その6 (最終5日目 三菱史料館、出島)

25日(木)
最終日となりました。「ああああ~、長崎は~、今日も~、晴れ~だったぁ♪」
と歌いたくなるくらい。この5日間、天候に恵まれました。

最終日は15時45分の長崎空港発のため、ホテル前14時過ぎの高速バスまで市内観光。
のんびり回ろうと思っていたのですが、SNSで「三菱重工長崎造船所の史料館(旧木型場=世界遺産)が見学できるよ。」との情報を頂く。
ダメもとで、朝8時に電話したら、朝イチ8:40からの見学ツアーの予約がとれたので、それに参加することに。

1242

路面電車にはずいぶんお世話になりました。

1245

長崎駅前にこっそり(笑)、バス停がありました。

1247
三菱主催のツアーは施設維持管理費名目で800円。長崎駅前から送迎バス+50分の見学。

504
レンガ造りの大きな建物。(わたるが邪魔ですが、実はその後ろに、もっと邪魔なシャトルバスが停まってるのであります。)

1302
正面のアーチの楔石。明治31年ですって。

1304
内部。天井が時代を感じさせます。

1249


1253



1270
試験運転中に吹っ飛んで死傷者が出たタービンの実物。
事故を忘れないために敢えて展示。

1286
まじめな三菱重工。同じ三菱でも・・・(以下自粛)


1299
10時過ぎに長崎駅に戻ってきました。
路面電車が行ったばかりだったので、出島方向に歩くことにしました。

途中の道端に波止場跡がありました。周りに海はないので、埋め立てられたのでしょうかねぇ。

1318
県庁があるのは、かつて長崎奉行所や海軍伝習所があったところだそうな。
奉行所からは出島が一望できます。正面の重機があるところは、出島の対岸(つまり、陸側)を発掘、整備しているところです。

1322
近づいてみるとこんな感じ。ブラタモリでタモリが発掘調査の手伝いをしてましたね。

1331
今は川のように見えますが、右側が出島、海をはさんで左側が陸地でした。

1334
ここまで長崎駅からゆっくり歩いて、いろいろ寄り道して20分弱で出島到着。路面電車に勝ったかも。

1340
当時のオランダ商館を再現しています。

1348

1354

このお兄さんが案内してくれる無料のツアー。申し込んだら参加者はおいらだけ。ちょっと恥ずかしいマンツーマンでした。

1365


何と、出島が「バドミントン伝来之地」だったとは。(いや、これもSNSでお友達から教えて頂いたのですが・・・) バドミントン歴40数年のおいらとしては、ラケット調達してポーズです。

1389
ここが陸地につながる橋が架かっていた表門。

1370_2
往時の食卓を再現。


1381
現在の食卓(笑)
長崎最後の食事をどうしようか悩んだ。
まだ、チャンポンも皿うどんも食べてない・・・。が、まあ、その2種はリンガーハットに行けば大阪でも食べられる(はず)。それに、中華街まで足を運ぶには少々疲れちゃった。

ってことで、出島の中にある明治36年に建てられた旧長崎内外クラブにあるレストランで「トルコライス」。ビールもうまかった。(トルコライスは見た通りの味です。1+1+1が3にしかなってませんでした。)

1421
さすが、オランダつながりでミッフィー。

1426
15分の1の模型もありました。手前にあるのが「表門橋」で、現在復元作業中。

1436
こちらが最初に入った門。当時は船着き場(水門)だったのですね。


1437
ということで、ホテルに預けておいた荷物をピックアップして予定通り14時過ぎのバスで長崎空港へ。のんきに撮った写真は、バスに帽子を忘れた証拠になってます(バスから空港に届けてくれて、アナウンスに呼び出されて、無事手元に戻りました。)

1453

飛行機はほぼ定刻に飛び立ち、1655関空着。JRで天王寺まで直行して、無事帰宅しました。

1460
生まれて初めての長崎。
キリスト教の迫害の歴史、そして明治以降の日本の産業を支えた歴史、原爆投下の悲しい歴史。五島には五島の自然もあり、海の幸も美味しくいただきました。
何よりも、会う人、会う人、優しい人ばかり。街もコンパクト。
お天気にも恵まれ、5日間の夏休みを目いっぱい堪能しました。

(完)

2016長崎の旅 その5 (4日目 ハウステンボス)

24日(水)晴れ

今回の長崎の旅の主目的であった、軍艦島と五島に行けたので、一日ぽっかりと空いた日にハウステンボス観光。今までだったら「おっさん一人でハウステンボス????」としり込みしたかもしれないけど、大阪でUSJを楽しんでいるから、ある程度耐性もできてるので、チャレンジ。

7時過ぎに路面電車で長崎駅へ。朝ご飯は昨日福江港で頂いたよもぎ饅頭。
1019
みどりの窓口で「ハウステンボスアクセスきっぷ」。片道1470円のところ、往復で2470円なので缶ビール2本分お得(笑)。(ちなみに、土日だと高速バスが長崎駅から出ていて片道1,400円 往復2,550円と微妙なお値段)


1021
長崎駅は一番端っこですね。

1027
7時42分発のシーサイドライナー佐世保行き、乗り換えなしてハウステンボス9時9分着。
見えてるのはテンボスの外のホテルでした(汗)

383

1049
駅名のローマ字表示も「Hausu Tembosu」じゃないんですね(笑)

1050
駅から長い橋を渡りウェルカムゲートへ。

1058
この日も雲一つない青空。ほんと、今回の旅行晴天に恵まれました。m

1061
まずは、クルーズ船に乗って様子を見ます。橋となると、せとうちわたる君が黙ってませんね。

1069
ドムトールン。高い所から見ると、遊園地と高級分譲リゾートが隣接してるんですねぇ。

1077
さて、様子がわかったので、片っ端から、アトラクションを楽しんできますぞ。夏休み期間とはいえ、平日だし、夏休みゆえに学生の団体もいないので、USJで180分待ちに見慣れた身からすれば「ガラガラ・・・」

1082
ワンピース見たことないんですが、このクルーズに乗ってると、一通り、ストーリーが分かります。これを経験してから、USJのアトラクションを見ればよかった(笑)

1084

ハウステンボス歌劇団のショーもあります。これ、まさに宝塚と一緒。こんなのが見られちゃうなんて・・・。

1089
ロボットの王国。このちっちゃなロボットはラジオ体操してました。

1097

1098
イタリア風の噴水・・・、と思ったけど、オランダ風ですな、きっと。

1104
大きなチョコレートの館。チョコレート売ってました。買いませんが・・・。

1106
トリックアート館。こればっかりは、一人で入ると大変でした。

1109
これ、人影がなくなったところを見計らって、ミニ三脚とセルフタイマーで撮影。

1111
カメラに気付かなかったほかの人は名に知れるんだと思ったでしょうなぁ・・・

1113

迷路。面白いんだけど、前のグループと近づいちゃうと、楽しさ半減。

1115
愛知万博で2時間以上待って入った「グランオデッセイ」。確か東芝のパビリオンだったと思いますが、こんなところで余生を送っているとは。さすがに10数年も前のもので、今となっては、寂しい感じ。) 

1116
ちなみに、終わった後に自分の写真が買えるのが愛知万博の時とは違いますね。買っちゃいましたよ(800円)

14141657_1027432530707879_871738449
3Dシアターなんだけど、出てくる歌手の人を知らないので・・・

1119
お散歩も気持ちがいいです。久しぶりにわたる君と旅してます。


1123
まるでオランダの田舎町を散歩してるみたいですね、行ったことないけど。

1124
ハウステンボスというと、庭園も有名ですが、季節的なものなのか、残念な状況でした。

1136

1127
この小さな小屋、全部、オランダのビールを売ってました。

1143
昼ご飯を食べbるの忘れてました。かなり遅い昼ご飯は佐世保バーガーとハイネケン。

1149
腹ごしらえも住んで、後半戦。フィッシングのアトラクション。全く歯が立たず。一回だけは、ただで、2回目以降は別料金。2回目にチャレンジする気も失せました。

1153
帆船デリーフデ号。日本に漂着したオランダ船の復元だそうです。ここはいったん、ハウステンボスから出ることになります。ほとんど、人もいませんでした。

1160
園内のホテルで結婚式を挙げてました。

1166
セグウェイ体験もできるそうです。

1167

ホラーのトイレ・・・。知らずに入ったら・・・

1170
やっちまいましたよ、バンジージャンプ。眼がイっちゃってますな。

1174
空いてました。
・申込書書いて、
・誓約書にサインして、
・荷物をすべてロッカーにしまい、
・体重測って、ゴム?の強度を決められ、
・ハーネス付けられて、
・心得ビデオ(1分程?)見て、
・階段92段(だったかな?)上って、
・一番上でロープをカラビナでつけられて、
・20mの高さでつま先5センチ出せと言われ、2センチも出せず、
・もう一度チャレンジして足場が決まり、
・手を頭の後ろにくんで、
・そのまま前に倒れる・・・・・
が、あっという間です。
落ちてる間は声が出ました。もの凄い声出してたと思います。
1134
夜もきれいです。眼鏡橋みたい・・・

1179
・トムドールンもライトアップ

1178
水路もまるでチューリップ畑みたいに色とりどり。

1187
建物もライトアップ。

1180
そして、BGMに合わせてプロジェクションマッピング。

1191
夜もとっても素敵です。「泊まった方が面白いよ。」って言われた意味は解りましたが、長崎への終電なら、閉園のほんの少し前まで楽しめます。

1203
広場では、懐かしいディスコミュージックでおっさんから子供まで踊ってました。時間がなかったので、2曲だけ参加。

1206
風車もきれいに電飾されてました。さよなら、ハウステンボス。

1221
22時閉園ですが、最終電車は21時10分発。1時間半で長崎に着きます。

Img01227
ボケボケですが、かっこいい電車来ました。

1235
車内はいたって普通。終点までなので寝過ごす心配なし。ガラガラの車内でひとり打ち上げ!  若干遅れて到着したので、下りてからダッシュでしたが、無事、路面電車の終電でホテルに戻りました。(ま、乗り遅れたら、二日目に行った居酒屋に行くだけですがね(笑))

492

最終日に続く






































2016.10.13

2016長崎の旅 その4 (3日目 福江島)

23日(火) 福江観光

この日は五島列島の観光です。相変わらず雲一つない晴天。
ホテルから歩いて10分くらいのところの長崎港へ。

出港は7:40で、ネットで座席指定も終わり、料金も払い込み済みなのに、なぜか7時までに窓口で乗船券を貰えとのこと。おかげで、必要以上の早起き&時間が余って仕方ない。

港には船を待つ長い列。一見、観光客風でもない。よく見たら、三菱造船の従業員さんたちが、対岸の工場に出社するところだった。送迎バスならぬ、送迎船なんですね。
0691
ジェットフォイルで出港。往路の席は、一回の最前列、窓が大きいですけど、特段何が見えるわけでもなし。

0692
時速80キロってんだからすごいですよねぇ。特に浮上したとか、揺れるとかってこともなく、(悪く言うと、特段の感動もなく)、定刻通り、五島列島福江島の福江港に9:05到着。


0710
現地では観光バスで周遊。予約の時点では、写真の女(京都の大学院生さん)とおいらの二人だけ参加だったらしいです。今朝になって、帽子をかぶった年配の男性(お二人とも九州の方)が加わり、総勢4名。贅沢なツアーです。

0712

見どころは大きく二つ、「自然」と「教会」。
まずは、透明度抜群の海。穏やかな入り江です。

0719
そして、堂崎天主堂。隠れキリシタンのお話や、まつわるもの(観音像に擬したマリア像や踏み絵など)が展示されていました。ステンドグラスの模様は椿の花。

0724
駐車場のトイレも、教会風・・・。

0738
近くの民家の軒先を失礼してパチリ。干されているのは椿の実だそうです。五島は椿油が特産なんですって。知らなかった。だから、さきほどの教会のステンドグラスも椿なのね。

0736


鬼岳。鬼岳という名前にしては優しい姿の山。火山だそうです。標高315m。ふもとの方はソリができるそうな。


0760
鐙瀬溶岩海岸。「あぶんぜ」って読むそうです。鬼岳の噴火で流れ出た溶岩が海に入って、こんな怪奇な?地形になっています。先ほどの優しい入り江とは全く違いますね。


0762
市街地に戻ってきました。武家屋敷通り。石垣の上に小石を積んでいるので、乗り越えようとするとガラガラと崩れて、警報機代わりになるそうです。

0777


0786
福江港に11時過ぎに戻ってきました。午前の部の観光終わり。ちょっと物足りないかな。港近くの食堂で昼ご飯。ガイドさん一押しのお店でした。
 
0797

アジの開きと五島うどんを頂きました。

0795
五島うどんは椿の油を使いながら手延べでつくるそうで、細くて、断面が丸くて、つるっとしたのど越しです。だしは、あごだしです。
ツアーで一緒だった、大学院生さんと、ビールを飲みながらのんびり食事。彼女が頼んでいたのは、これまた、ガイドさんおすすめのミックスフライ定食。ものすごい分量でした。

0796
午後のツアーは福江港12:35発。
途中、田んぼアートが見えました。福江のゆるキャラらしいです。

0811

大瀬崎灯台
。先ほどの鐙瀬とはまた違った、断崖絶壁。


0832
白くてきれいな灯台。

0839

海水浴場。(名前を忘れちゃいました。)
0850
さすがに泳ぐ訳にもいかず・・・。


0879
高浜ビーチ。遠浅の綺麗な海水浴場でした。

0889

あとは車窓からっすね。地元出身、ヤサカ観光でのガイド経験を経て、地元に戻ってきたガイドのねーさんの名調子で、飽きることなく楽しい1日でした。

0905

15時50分、福江港着。旅客ターミナルで、缶ビール、上げかまぼこ、鰺のお寿司を仕込んで、16時30分出港! 2時間弱のひとり宴会。ちなみに、お土産を買ったお店のおばちゃんが、なぜか、大きな草饅頭を「船の中で食べな」とサービスしてくれましたが、さすがにビールには合わないので、明日の朝ごはんに。


0921

帰りの船から再度見つけた世界遺産の小菅修船場

0931
長崎港に戻ってきたのが18時20分。
いったん、ホテルに戻って、稲佐山夜景ツアーの段取りをして、路面電車で長崎駅近くの日本二十六聖人殉教記念碑へ。

0957

0952
日本二十六聖人記念聖堂

0971

稲佐山 (日本三大夜景)
初日のグラバー園からの夜景も素晴らしかったけど、やはり、稲佐山ははずせない。
ガイドブックには驚くほど情報がなくて、路線バスかタクシーくらいしかアクセス方法が書いてない。
仕方がないので調べてみるとロープウェイ会社が、ふもとの駅までの無料巡回バスを出してることが分かったが、確認するとすでに満席とのこと。
あきらめていたのですが。泊まってるホテルの近くのホテルに「夜景ツアー集合場所」って停留所があったので、ダメもとで電話したら、なんと、予約できてしまった(笑)

ってことで、20:30発のツアーバスで稲佐山へ。無料バスだとロープウェイに並ばないといけないし、タクシーだと山麓で渋滞に巻き込まれてしまうので、バスが正解でした。

標高333m。東京タワーのてっぺんと同じ。あべのハルカスよりも、少し高い。ハルカスで夜景には慣れていますが(笑)、それとは違った美しさがありますね。宝石箱です。

0988
想像はしてましたが、やはり、カップルが多かったっすね。

0991

バスで市内に戻って来て、乗車した長崎ワシントンホテルの一つ前、思案橋に近いJALシティで降りて、これまた、お友達おすすめの餃子屋さんへ向かう。

宝雲亭本店でかなり遅い晩御飯。ここは一口餃子が看板メニュー。


355

カウンターに陣取り、一口餃子と、お友達おすすめの「きもにら」(レバニラ炒めの卵とじ)を、「長崎づくり」で頂く。
1010
遅い時間でしたが、常連さんやらサラリーマンやらで賑わってました。
帰りがけに店主さんが「観光ですか? どちらから??」などと声をかけてくれました。願わくば、最初にかけてほしかった(笑) でも、 おいしゅうございました。

歩いて宿まで帰り、洗濯、シャワーで、翌日に備えて、とっとと就寝。

(4日目ハウステンボス観光に続く)

2016.10.06

2016長崎の旅 その3 (2日目 軍艦島~平和祈念公園)

8月22日(月)晴れ

長崎2日目。すっきりと目覚め。腹ごしらえをして、軍艦島前に、まずは市内観光。
ホテルのフロントで路面電車の1日券500円を購入。路面電車は1回120円なので5回乗らないと元が取れないけど、小銭を用意する手間もあるので、まあいいか・・・。

路面電車で前夜外観だけ見た大浦天主堂に向かう。雲ひとつない青い空に、白い教会がすくっと立ってます。

0218


正面にはマリアさま。中には、隠れキリシタンと宣教師の出会い「信徒発見」の解説もあり、この教会の成り立ちが分かります。

0229


旧香港上海銀行長崎支店。

0239
軍艦島ツアーの港までは歩いて数分。
今日は、この船だそうです。受付時間の9時40分の前に行ったけど、すでに列ができてました。出港は10時30分。この船の2階席に陣取りました。

0251
世界遺産のジャイアント・カンチレバークレーン。前夜、グラバー邸から見るのとは違った迫力。


0258

そして見えてきました、軍艦島。まずは、外周を半周して裏側の景色をみます。
いくつかあるツアー会社の上陸時間を調整しているのかもしれません。


0303
いわゆる、軍艦島の軍艦島らしい角度の写真ですね。ここでは、船は向きを変えて、左舷側、右舷側、どちらの客も見やすく配慮。下の空調のきいてる船室にいたお客さんも、このときは2階席まで上がってきてました。

0317
11:40、いよいよ上陸。とにかく、日差しを遮るものはなく、通路が狭いことから日傘の使用も禁じられてるので(まあ、おいらは持ってないけど)大変

0336
目の前にいきなり廃墟ですわ。山の上に見えるのは上級社員の宿舎だったかな? 各戸に風呂があったのか。目の前にあるのは採炭のための施設かな。
誰も手を加えないから、もう朽ち果てるのを待つだけです。

0343
赤煉瓦の総合事務所跡。炭鉱労働者にとっては給料をもらいに来る場所らしい。

0374
奥に見えるのが最初の鉄筋アパート。
あんまり暑くて、首の後ろが日焼けしそうだったので、手ぬぐいを巻いてカバー・・・。

0392
この枠の上にベルトコンベヤーが設置されて、石炭を船着き場まで運んできたとか。
ちなみに、世界遺産になってるのは「明治の遺産」なので、建物や岸壁でも、明治に作られたものは遺産になってるけど、大正以降に作られたものは違うのだそうな。

0424

滞在時間は50分程。12時半に船がでます。

0427
帰りの船から見つけた世界遺産の小菅修船場。1869年に完成した洋式の近代的ドッグ。写真の曳揚げ小屋は現存する日本最古の煉瓦造の建物だそうです。ちなみに、作ったのは五代様とかグラバーさんだって。
04582
戻ってきてから、「軍艦島デジタルミュージアム」ってところに行きました。
ツアー会社と同じ経営。
当時の写真や映像があったり、島の3D画像がマウスで動かせたり・・・

0476
炭鉱住宅を再現していたり、元島民のガイドさんにいろんな話が聞けたり・・・(例えば、遊郭があった、なんて話は、ツアーでは教えてくれない。)

0474
思いのほか、ミュージアムで長く時間をとってしまい、昼飯を食う間もなく、平和公園方面へ路面電車で移動。
15時30分。原爆資料館。

0481
原爆が落ちた長崎の町を再現しているほか、亡くなった方の遺品、生き残った方の証言集等・・・。

0490
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館」という長い名前の施設。とっても厳かな雰囲気です。死没者のお名前が安置されています。


0512
原爆落下中心地。
0524

0531
有名な「平和祈念像」。北村西望が制作した。

0553

夜はライトアップ。

0590
浦上天主堂。原爆で全壊、その時にいた神父、信者も全員亡くなったとか。

0559
こちらも、夜はライトアップ。

0584
またまた路面電車で移動して、眼鏡橋見物。

0637
友達に勧められた駅前の居酒屋「魚店 亜紗」。人気店らしく、遅い時間なのに、カウンターに一席だけ。ラッキー。

218
長崎の地酒に鰹の刺身。

0664
豚の角煮を食べてのんびりしてたら、路面電車の終電はとっくに終わってました。
タクシーにてホテルに戻る。

214
3日目福江島観光に続く

2016.09.23

2016長崎の旅 その2 (1日目 大阪~長崎)

2016年8月21日(日)晴れ

長崎の旅の初日。11時半過ぎに阿倍野の自宅発。荷物はリュックひとつに、ショルダーバッグひとつ。あべのハルカス12時発の空港リムジンバス1000円。
空港第1ターミナルまで直行だから、JRでホームまで上がるよりもずっと楽。12:55着。
シャトルバスでLLC専用の第2ターミナルに移動。
ターミナルから飛行機までは、滑走路を歩くのでした。

0014
14時発ピーチ、15時15分長崎空港着予定だったけど出発、到着とも20分ほど遅れ。長崎空港からホテルまでリムジンバス往復1600円、所要35分。着いたらホテルは停留所の真ん前!

既に17時近かったけど、この時間から市内観光。ホテルの裏が新地中華街。横浜>神戸>長崎・・・orz

0039
この日は歩いて行ける観光地へ。まずはオランダ坂。え? ただの坂じゃん・・・。

0055
さらに歩いていくと、「ブラタモリ」で紹介していた、道路の下の橋の入り口。ここをタモリさんが下りて行ったんですね。

026

ここから、少し楽をしてグラバー・スカイロードってのに乗ります。これ、「公道」扱いなんだって。すごいな。
027


スカイロードを降りたら、猫が出迎え。この辺りからの町の様子も素晴らしい。

0089
二つ目の観光ポイントはグラバー園。夏は21:30までやってる。

0097
ちょうど夕暮れ。いくつもある洋館を見て回ります。

0108
有名なグラバー邸。グラバーさんの奥さんは日本人だったそうです。

0129
この方がグラバーさん。彼はキリンビールにもゆかりがあるそうな。

0167
石畳にハート形の石がはめ込まれてました。ここ以外にあと2か所あり。

0175

のんびりと、それぞれの建物を見て歩いていたら、港の方で花火が上がりました。遮るものは何もなし。得した気分。

0188

0201

21:30の閉園までキッチリ見学。坂を下りて行ったら、大浦天主堂がライトアップされてた。綺麗。中には入れないので、翌日に持ち越し。

0214
ここから、路面電車を乗り継いで、思案橋へ。22時半を回ってたこともあり、開いている店は限られたけど、魚系の居酒屋さんに飛び込み。

104

一番搾りの長崎づくりが出たばっかり。香りがよかったですわ。お魚も美味しくて・・・。

113
思案橋からは、ホテルまで歩いて帰館。隣のコンビニで朝ごはんと寝酒の缶ビールを調達。

ホテルのパジャマは、ハウステンボスの日航ホテルと同じ、チューリップ柄。
荷物をとことん減らしたので、この日着ていたものは洗濯して、就寝。

124
                                  (その2軍艦島ツアーに続く

より以前の記事一覧