フォト

リンク集

無料ブログはココログ

カテゴリー「スキー」の104件の記事

2021.05.08

野沢温泉外湯巡り(2021GW)

ここのところGWはカナダ・ウィスラーツアーでしたが、コロナ禍の2021年は久しぶりの野沢温泉でスキー&温泉三昧。
リフトのゴンドラ、リフトの営業終了時間が15:30とトップシーズンより早く、日も長くなってるので、夕食までの時間で外湯めぐり。4日間で13湯を巡りました。


エリア別に遠いところを先に廻ったので、4日目は宿の近くの6湯とかなりの強行軍。しかも、最後が大湯の熱いお湯でヘロヘロ。
いろいろなお湯が楽しめ、観光客も少なく、のんびりできました。
 
 
1日目 滝の湯
お山の方ですね。ちょっと離れてます。入った途端に凄い雨になり、雨宿りも兼ねて1時間近く浸かってました。お嬢さん二人連れたシングルファーザーや、合宿にきている大学スキー部の選手とお話ししました。
 
滝の湯(たきのゆ)
01_20210513101701
   
   


2日目 中尾の湯→新田の湯
里から離れた下の方にあります。雨の中、宿の傘を借りて歩いて行きました。中尾の湯は宿から直線距離で700mほどと遠いので、多分初めて入りましたが、広くて快適でした。新田の湯は新しくなって3シーズン目かな。まだ、きれい。
 
中尾の湯(なかおのゆ)

02_20210513101701
新田の湯(しんでんのゆ)

03_20210513101701
   

  
3日目 麻釜の湯→真湯→上寺湯→熊の手洗湯
源泉麻釜(おがま)から少し下がった辺りの外湯4つ。このエリアの外湯は右が男湯ってのが多い。真湯は新屋の近くですね。
熊の手洗湯の読み方が「くまのてあらいゆ」か「くまのてあらゆ」かで仲間内に論争がありましたが、観光協会のWEBサイトでは「くまのてあらゆ」とフリガナがありました。
    
麻釜の湯(あさがまのゆ)

04_20210513101701
真湯(しんゆ)

05_20210513101701
上寺湯(かみてらゆ)

06_20210513101701
熊の手洗湯(くまのてあらゆ)

07_20210513101701
  

  
4日目 松葉の湯→秋葉の湯→十王堂の湯→横落の湯→河原湯→大湯
定宿のげんたろうやさんから、半径200m以内にある外湯。げんたろうやを出てから6湯回って戻ってくると丁度1km。回るのは簡単だけど、さすがに6つハシゴ(「肩まで浸かって100数える」ルール)、しかも最後があの大湯ってのはきつかった宿には戻らず、直接大湯の並びにある居酒屋「つくしんぼ」へ(笑)
  
松葉の湯(まつばのゆ)

08_20210513101701
秋葉の湯(あきはのゆ)

09_20210513101701
十王堂の湯(じゅうおうどうのゆ)

10_20210513101701
横落の湯(よこちのゆ)

11_20210513101901
河原湯(かわはらゆ)

12_20210513101901
大湯(おおゆ)

13_20210513101901

Photo_20210513110601

2020-2021シーズンのスキー

コロナ禍でスキーどころじゃないかと思いましたが、ゲレンデ(リフト、ゴンドラ)、食堂、宿も対策をしっかりして頂いて、気が付けば34日、1000km以上滑ってました。

北陸新幹線・飯山駅からのアクセスがよく、ゲレンデもアフタースキーも楽しく、長坂ゴンドラのリニューアル応援にふるさと納税をしたこともあり、野沢温泉メインでした(こんなことなら、シーズン券を買っておくんだった(苦笑))

さすがに『一人旅』が多かったですが、ゲレンデで合流した人もいて、楽しく滑走できました。。

 

2021ski
いつもの高校のツアーもこじんまり、2人一部屋。シーズン最も標識に近づいたのが2月中旬。
Dsc06348
こちらのご家族とは、野沢でも、一緒に滑って頂きました。
Dsc06311
基本は「一人旅」
0206
長坂ゴンドラの寄付者名ボード
Dsc05665

2020.09.03

東京都スキー連盟の評議員選挙に立候補しました


Photo_20200903005302 時折、つぶやいてますが、東京都スキー連盟の評議員を仰せつかってまして、現在2期目です。今般、4年に1度の改選となりましたが、所属クラブの推薦を頂き、3期目に立候補させて頂くこととなりました(立候補届を今日郵送しました。)

 

指導員の資格もなく、競技者の実績もありませんが、その分、しがらみもなく、一般スキーヤーの視点で、ゲレンデでの「安全」や組織としての「コンプライアンス」を最重要課題に据え、評議員会等で発言してきました。また、たびたび評議員会議長を務め、公平に賛否双方の議論を尽くすことに意を配ってきました。

 

スキー人口の減少に加え、雪不足とコロナで、我々にとっては辛く厳しいシーズンとなるかもしれません。

都連には雪を降らせることも、コロナを退治することもできないのですが、スキーヤーの不安を少しでも解消し、与えられた条件の下で最高の活躍の環境を提供することはできると思います。そのために、次の4年、もうひと働きします。

 

選挙は9月15日から10月2日まで、各スキークラブ1票の郵便投票です。しがらみがないことの裏返しで組織票というものを持っておりませんので、個人的つながりで支援をお願いするしかありません。お力添え頂けると幸いです。

    

                                          アドベンチャーファミリースキークラブ 朝比奈志浩
(添付の抱負書、一部モザイク処理しています。ご容赦下さいませ。)

2020.04.02

【ス】野沢滑り納め(2020.3.28-29)

雪不足に悩まされたけど、何とかここまで来ました。ところが、世の中コロナ騒ぎ。
滑り納めは、毎度毎度の一人旅となりました。
【2020.3.27(金)】
都知事から週末の外出の自粛が要請されました。ってことなら、いっそのこと・・・、と、前日入り♪
職場を少し早めに出させて頂き、野沢入り。

シーズン中に何度か覗いたけど、いつも満席で入れなかった常盤屋旅館の地下にある居酒屋「つくしんぼ」。さすがに、余裕でカウンター。お話したら、こちらのご主人がげんたろうやのおかみさんのテニス仲間だとか。刺身の盛り合わせ(海なし県なのに、海の幸がうまい)に日本酒を3合ほど頂き、カウンターのおかみさんともいろいろとお話ししました。この後は、大湯に寄って、いつもの青木屋さんへ。ここでも日本酒2合。時間をかけてタップリ話して、たっぷり飲みました。
【2020.3.28(土)】ガス
昨夜の深酒もあり、起きたら9時。この週末も素泊まりでお願いしているので問題なし。ウダウダしててもしょうがないので、ゲレンデへ。
「行ってきます♪」とご主人に声をかけたら「何、まだいたの・・・?」(笑) 
長坂のレストハウスもやってないので、たまには遊ロードを使って日影スタート。

遊ロードを上がって行くと、食堂久保田の二階の窓に「営業中」の看板。

268

それなら、と、途中下車して久保田へ。10時前でしたが、遅い朝飯代わりに信州そばで腹ごしらえをさせて頂きました。ふき味噌や菜の花をご馳走になり、食後のコーヒー迄。「朝食らしくなったでしょ?」 Yokoさん、今シーズンも、お世話になりました。
 
263
食堂久保田から、日影まで歩き、ゴンドラで上に上がろうとしたら、丁度目の前に長坂と日影を結ぶシャトルが停車中。
じゃ、ってことで、方針変更で長坂へ。シャトルバスの運転手はスキー学校の先生。「今日はどうですかねぇ?」「こんな日はブナ林から湯の峰がお勧めだな。」

ありがとうございます。
まずは、お約束でやまびこに行ったけど、予想通りガスが濃くて、楽しめない。(山頂だけ、ガスが晴れてました。)

265
2本滑って、湯の峰へ。既に11時半近かったけど、まだ、ノートラックのバーンもあり、楽しめましたわ。お隣の水無ゲレンデは少々荒れてて(ポールレッスンの溝が残っていた・・・)、余り楽しめなかった。
261
1時近くなったので、中間駅からあがり、いつもの看板で記念撮影。写真でも判るように、この辺りもガスで視界が悪かった(滑ってる人が少ないので、衝突の危険は少ないけど、バーンの状況が見づらくてして、やっぱ、楽しめませんでしたわ。)

昼は、パラダイス・白銀へ。

266

「朝比奈さん、先々週が最後になりませんでしたねぇ。」とおかみさんが迎えてくれました。
朝飯が軽く蕎麦だったので、ここはガッツリ、カツカレーにビール。
262
さすがに一人なので1時間ほどで午後の滑走。やまびこ→湯の峰と、結局、午前中と同じルートを滑ることに、最後までガスに悩まされました。
まあ、今シーズンで終わる長坂ゴンドラで、ナスキー号に乗れたので、よしとしましょう。

264

最後は、林間コースで下山。遊ロードで宿に戻りました。丁度宿に着くころに雨が降り始めました。

夜は、こちらで友達になった水尾の蔵人さんのTAKEMITUさんと、つくしんぼ→(青木屋×)→(寿限無×)→(でぇすけ×)→喰う庵→NAXXS。つくしんぼで時間を取り過ぎて、その後、3軒続けて「もう終わりです。」。
でも、最後のNAXXSさんは、日本酒の品ぞろえが凄いし、カラオケもできるし(地元のおっさんの同期会らしくて、おいらたち迄マイクが回ってきませんでしたが・・・)、何よりもげんたろうやから徒歩30秒。チェックしなきゃ。

【2020.3.29(日)】
昨晩、飲みに出たときは結構な雨でしたが、起きて外を見ると新雪♪
 273
慌てて準備して、パッキング。精算もすませてゲレンデへ。こりゃ、まっすぐ上にあがらなきゃ・・・ってことで、長坂まで。
この日のために(笑)、ブーツにつけるゴムの滑り止めを買ったんだから。雪の上り坂もすいすい上がれる(いや、息も上がったけど。)
 
まずは、ばかの一つ覚えでやまびこへ。雪が降ったとあれば「自己責任エリア」へ突入。多少重めの雪ではありましたが、堪能。
274
数本やて、昨日同様湯の峰エリアに移動。朝、長坂ゴンドラで上がってきた時に、既に滑り終わったボーダーが中間駅から乗り込んできてたけど、やはり、食うべきところは食われてました(苦笑) シーズン終わりとは言え、やっぱ、熱心な人はこういう天気だと、一番で上がってくるのね。
 
それでも残るところには残ってて、水無のポールレッスンが終わった後、ポールと山の間の2メートルほどの新雪を美味しくいただきつつ、13時過ぎに白銀へ。
 
272
ラスト白銀はつまみ焼肉&瓶ビール。
275
サービスのフキの味噌煮も頂きつつ、軽い昼ごはん・・・、というか朝飯も食べてませんでしたわ。
白銀さん、今シーズンも大変お世話になりました。

276
で、チャレンジを滑って、日影へ。せっかくなので、この日で営業終了の食堂久保田へ。
と、まさかの「ご飯、今炊いてます。うどんも終わりです。」 おいおい、「ラスト鍋焼き」満々だったに。
まあ、日ごろ「炭水化物は液体で摂る」と言ってる手前、水尾の熱燗を頂く。「昨晩、水尾の蔵人さんと飲んでたし。」と話してたら、グループから反応が(笑) KANNAさんでしたわ。野沢、狭っ。

277
 
鶏と根曲がり竹の煮物で水尾を頂いていたら、見知った顔が。そう、先々週、TAKEMITSUさんにつれて行っていただいたDSKのTSUBASAさんでした。昼間は、日影のレンタルショップで働いてらっしゃるんだったかな。
いやはや、野沢は狭い。
 
278

ラストは、ひたすらパラダイスゲレンデを滑りました。滑り納めになるかもしれないので、丁寧に、丁寧に。数えたら9本も滑ったんですね。
二日続けて、ゴンドラが終わるまで滑り続けて、林間コースで下山。距離も少し稼げたのでもう少しで40キロ。


271
遊ロードで里まで降りてきて、ふと気づきました。ここって、青木屋の近くじゃん・・・。
ってことで、板を担いで、昨晩振られた青木屋のハッピーアワーでアプレ♪ こういう楽しみ方もあるんですなぁ。











279

なるべく遅い時間に東京に着いた方がよかろうと、いつもよりも1本遅い新幹線にしたので、のんびり晩御飯。ようやく「でぇすけ」でラーメンにありつきました。カウンターで隣に座った方と話したら、何と、午前中に水無でレッスンをしていたコーチの方でした。しかも、げんたろうやの長女、次女を教えてたそうです(笑) いやぁ、野沢は狭い。夜は、大湯通りのスポーツバーをやってるそうなので、こちらもいずれお邪魔しないと・・・。

野沢を堪能した週末でした。
シーズン通算滑走日数27日、うち、野沢18日、志賀8日、乗鞍高原1日。どこも楽しゅうございました。来シーズンはまたシーズン券かな??

2020.03.23

【ス】志賀3月3連休

スキーシーズンの3連休。学生さんも春休みで、かつては、若い人でゲレンデもにぎわってて、宿なんて取れなかった。
ところが、今年は雪不足に加えて、新型コロナのおかげで、ゲレンデも閑散としてる。

志賀の定宿に月曜日に連絡したら「キャンセル、キャンセルでお部屋、いくらでもお取りできますよ。」ですって。ということで、即予約。SNSで叫んだら、名古屋のスキー仲間父子が手を挙げて、同宿してくれました。さらに、現地で、今シーズン3回目となる滋賀のスキー仲間ご一家、毎度毎度のサロットクラブの面々も合流してくれて、楽しいスキーツアーとなりました。
 
【2020年3月20日(金・祝)】雪
前日、新宿のクジラ料理屋さんでスキー仲間と宴会で気持ちよく飲んだが、5時前に起床。5:31に最寄り駅発、新宿、大宮経由で北陸新幹線・長野駅8:06着。土曜日限定の8:15発の高速バスで志賀高原へ・・・、と乗り場に行くも、係員もバスも姿なし。
そう、この日は金曜日でした・・・。小雨の降り始めた長野駅で50分近く待って、通常の9時発のバスに乗車、サンバレー到着は10時すぎ。

名古屋の仲間は1時間ほど前に到着して、既にゲレンデ。連絡をとって、西舘で11時頃に合流。天気は小雪&時折強風。後で知ったが、東北新幹線が止まるくらいの風が日本中で吹いていたらしい。
ここから一ノ瀬ファミリーへ。別の家族に連絡をとるとタンネにいるとのことだったので、さらに合流。
 
231
 
この頃には、雪もそこそこ降り始めていたので、昼食にすることに。タンネのチウー。おいらは、おつまみセット(笑)
 
232
 
合流して、このメンバーで午後は一緒に滑ることに。サロット2人とふた家族。
 
234
サロットのおっさんに囲まれるお子さん二人。この子たち(小5、小1)が親御さんの英才教育のたまものか、とても上手。おいらがはいりたっくないようなコブをスイスイ滑っていきます。末恐ろしい!!
 
233
一ノ瀬ファミリーを天狗、パノラマ、パーフェクターとフルコース楽しんで、一旦解散。
 

235
残る名古屋の父子と、西舘のパウダーを3,4本頂き、「丸池ヤッホー(謎)」をして、サンバレーに帰着。その頃は雪も上がり、少しだけ青空も出てました。
236
夜は、志賀の湯の豪華な食事で乾杯。部屋でわたスキをみながら軽く飲み直し。夜中に一人で温泉で会った待って就寝。
237
【3月21日(土)】快晴
朝、何故か目が覚め、何故か時計を見間違えて、朝食時間前に食堂へ・・・。いや、こんなことってないですよ。
折角なので、リフトが動く時間にゲレンデは。前日と打って変わった快晴。
 
245
そして、早起きのご褒美「シマシマ」。美味しくいただきました。前日の雪のお蔭で、雪質も悪くない。

244

サンバレーを何本か楽しんだ後、寺小屋へ。「これが寺小屋?」って思う程、天気もよく、暖かで、おまけに人も少なめ。
3つのコースを順番にカッとぶ。多分、この日の最高スピードはここで出たのでは。
246
その後、パーフェクター狙いで一ノ瀬ファミリーに移ったが、ポールレッスン中。仕方がないのでメインを滑って、高天原へ。
242


ここも2本ほど全て東舘を滑り、この日2回目のゴンドラで上がってきたところで小腹がすき、別動隊に連絡をとると、焼額山の獅子でランチを始めたところとのことで、合流。




例によって、ビール&つまみ。ここは、志賀高原ビールの生が飲めるのがありがたい。
 
247

午後はまたフルメンバーで滑走。サロットクラブがひとり増えてます。
2492
どこへ行っても、快晴でいい雪♪
248
2493
この日3度目のゴンドラにも乗りました。多分、これまでの志賀で初の経験ではないかと・・・。名物のたまごゴンドラが今シーズン限りってことでしたが、結局3回ともたまゴンには当たりませんでした。
 

249
焼額だけは、ちょっと雪が緩めになってました。(&情報で、奥志賀はリフト待ちが半端じゃないとのことでパス)

2491
散々滑って、最後、丸池のリフトにたどり着いたのは16:28。危うく、ひと山、登らされるところだった。そんなこんなで、久しぶりに長い時間、長い距離を滑り、最高スピードもそこそこ。心地よい疲れで、晩御飯を食べたら爆睡、宴会もせず・・・でした(苦笑)
241
【3月22日(日)】雨
前夜はビックリするくらい早く寝たのに、身体がだるい。しかも、雨の予報・・・。
最終日なので、パッキング、荷物の移動、宿の精算を済ませて、結局ゲレンデに出たのは9時過ぎ。

251
連れは、既に既にサンバレーを6本回したとのことで、一本だけ足慣らしに滑らせてもらう。多分、この日の最高スピードだったのでは・・・?
 
寺小屋なら、雨じゃなくて雪だろう・・・ってことで、西舘経由で移動。この曇り空、写真では人がいないけど、リフト待ちはそこそこ(それでも5分くらいか)。
253

そうこうするうちに、雪が本降りになってきたので、レストハウスに緊急避難。おいらはホットワイン、相方は運転があるのでホットココア。
Dsc_0846
小やみになったので、寺小屋を何本か滑った後、またまたファミリーへ。で、昼食は、ロッキーへ。
ここではいつもオムライスなので、たまには別のモノ・・・ってんでカレー(エビフライなし)。地ビールはIPA。
254
すると、偶然にも滋賀の家族もロッキーで昼食中。広い志賀で、偶然出会うとは(笑)
せっかくなので、1、2本、一緒に滑ることに。
256

例によって、コブ斜面をご所望。私はカメラマンに徹しました(笑)
255
早上がりの家族と別れ、我々は再び寺小屋へ。ところが、気温が高いのか、雨が降り、ガスも出てきた。
ガスを逃れるべく、サンバレーに向けて、下へ、下へと移動。
ジャイアントが貸し切り状態だったので2本楽しみましたわ(っていうほど、飛ばした訳じゃないけど)


サンバレーに戻ってきました。ビワ池も半分解けてました。



257
何本か滑ろうと思ってたけど、サンバレー迄ガスが追いかけてきたので、この1本で滑走終了。
258
お宿の皆さんのお見送りを受けて、土砂降りの中、予定よりも1時間早い16:27の急行バスで下山、17:55の新幹線で東京に戻りました。
259
想定外にいろいろな人と一緒に滑って貰って、楽しい志賀滑り納め(かな?)になりました。
252

2020.03.15

【ス】野沢はとぐるまカップツアー(2020.3.14-15)

雪不足とコロナ騒ぎで、開催が危ぶまれた野沢温泉の「はとぐるまカップ」。今年は、デア・ヴァイセ・ラウシュ大会とジャイアントスラロームの両方にエントリーしていたのですが、デア・ヴァイセ・ラウシュ大会はゴール地点をカンダハからチャレンジペアリフト乗り場まで上げて実施、ジャイアントスラロームはカンダハ→日影と会場を変えての実施が模索されたけど、数日前の雨であえなく中止・・・。
 
スカイラインも閉鎖されてしまいましたが、それでも、日曜日の早朝に降った雪のおかげで楽しめました。
 
【2020年3月14日(土)】
もともと金曜日の夜に仲間の車に同乗させて頂く算段になっていたんですが、友人の劇団の公演初日にぶち当たり、新コロのせいなのか、お客さんが悲しいほど少ないとの噂。急遽予定変更して、土曜の朝、新幹線で。やっぱ、「スキーに行くなら・・・、新幹線!」
 
それはそれとして、この日からえきねっとで予約した新幹線は、事前に発券しなくても、suica、PASMOで乗れるようになりまして、ドキドキしながら使ってみたら、あーら、不思議、楽ですわ。
 
飯山駅についたら雨・・・、シャトルバスで野沢に入ると小雪に変わってました。
前泊組が宿を出るタイミングだったので、温泉は省略して、すぐにゲレンデへ。泊まってるときと同じくらいの時間に滑走開始。やればできる子。

 211

週の前半に雨が降ったそうで、雪が目に見えて減ってきています。名物コーススカイラインも、この日から閉鎖されていました。
 
Dsc00314
天気は悪いけど、お約束でやまびこへ。動画なんぞを撮りながら、多少あれた雪を楽しむ。

215
お昼が近くなってきたので、お約束の写真を撮りつつ、パラダイスゲレンデへ。結局、今シーズンは全く手が届きませんでした>標識
 
Dsc00322
「白銀」では、先週生まれた新オーダー「つまみトンカツのカレー掛け」。ポテトフライを付けてもおいしゅうございました。
(「特別の許可を得てオーダーしています。」、良い子はマネをしないように・・・)
214
 
この日から野沢入りしているスキー仲間のご家族が白銀に顔を出して下さったので、一緒にパラダイスをちょっとだけ滑りました。
213
昼食後は湯の峰、水無を3人で滑った後、中間駅から下山する二人と別れ、翌朝の「はとぐるまカップ」の下見を兼ねてやまびこから、上ノ平、パラダイスを抜けて、林間コースで下山しました。 
212
 
夜は、農協会館でレースの受付をした後、先週に引き続き萬里でジンギスカン。ちょうど、ZIP!の撮影班が来ていて、はんごろし(野沢菜キムチ)を使った料理の取材をしてました。3月23日の放送とか。
食後、大湯で煙を流してから、宿に戻り、疾風ロンドを見ていたら、そのまま沈没。夜の野沢温泉村巡りはできませんでした(って、どうせ、翌朝早いから・・・)
【3月15日(日)】小雪~晴
今日ははとぐるまカップ本番。ゲレンデの雪不足でGS大会は中止、やまびこ駅からふもとまでの超ロング滑降レース(ディアヴァイセラウシュ )のみ、それもゴールはカンダハではなく、チャレンジペアの乗り場に少しだけ短縮。
 
朝起きると、駐車場の車の上にうっすら雪。降ってます。降ってます・・・。
長坂ゴンドラ7時集合。宿のご主人も野沢温泉スキー倶楽部会長としてスタートには行くということで、レストハウスまで軽トラで送って頂いた。楽ちん。ゼッケンと計測用のICチップ、それに「ゴンドラでは付けるように」と受付の時に渡されたマスクをして、ゴンドラ乗車。

スタート地点に、クラス別に並ぶ。最前列は、前走を務める村の若者たち。
 
225

そして、スペシャルゲストは、野沢のオリンピアンのお二人。とにかく、日本で一番オリンピアン比率の高い村だそうです(笑)
226
マイクを握るMCのマッスル力也さん、その隣でピストル片手に時計をにらんでるのは実行委員長の河野博明さん、さらに奥でニット帽にマスク姿の怪しい感じの人が、野沢温泉スキー倶楽部会長のげんたろうや御主人。ふたりともアルペンの国体選手♪
224
レース中の写真はないですが、無事完走しました
227
なぜか、この日の最高スピードはレース中ではなくて、そのあとのやまびこで出てます(笑)
222





表彰式までの1時間ほどは、日影、パラダイス、シュナイダー、チャレンジと滑ってました。不思議なことに、雪はやみ、青空が広がる。
マスターズ部門40人中30位。まあ、こんなもんでしょう。スタートで走らずにのんびり上がって30秒以上かかったけど、それくらいでは、順位を2,3位上げられる程度でしたわ。やっぱ、直前の降雪によるワックス対策の失敗かと(大違)
早朝から、雰囲気を盛り上げて下さったマックス力也さんにツーショットをお願いしたら、この笑顔を頂きました♪

228
そして、どさくさに紛れて、居並ぶお偉いさん(「株式会社 野沢温泉」の現社長、前社長。片桐さんはオリンピアン♪)にもツーショットをお願いしちゃいました。

229
レース後はやまびこで、同行者と合流して、快晴の中、何本か楽しんで、昼は昨晩の「疾風ロンド効果」もあり、パノラマハウス橅へ。
カレーナンとハンバーグ、そして瓶ビール。一人にしちゃ、結構な分量でした。
外を見ると、お隣の白銀から、あれれ?
221_20200316134201
午後は二人と分かれて、シュナイダー、ユートピアを一本降りた後、日影ゴンドラ、上ノ平フォーリフト経由でやまびこへ。今シーズン2回目、佐渡島が見えました。
そして、今シーズン初めて、やまびこBコースのコブにチャレンジ。
2291
そして、仲間のご家族と合流。
222_20200316134201
YUKINOちゃんに誘われて、リフト下のオフピステを2本。おじさんには辛すぎます(笑) でも、午前中に降った雪のお蔭もあって、食い残しの雪にありつけました。
223
最後は、シュナイダー、ユートピアから下山。レストハウスで合流。来週で閉めちゃうとのことなので、今シーズンお世話になったMAYUMIさんとパチリ。
2293

宿に戻り、汗を流してパッキング完了。はんごろしを調達に麻釜に向かい、帰りに青木屋さんに寄り、ハッピーアワーのピールを頂き、今シーズンのお礼を。
2294
新雪と青空に恵まれましたわ。これだから、スキーはやめられない。

2020.03.09

【ス】野沢・灯明祭りだったのにツアー(2020.3.7-8)

この週末は、野沢の灯明祭りのはずでしたが、コロナ対策とやらで2週間延期になりました・・・、が一緒に滑ってくれる心優しい後輩もいたので、ツアー決行です。
【2020年3月6日(金)】
同乗させてくれる高校の後輩、お仕事がツボってしまい、スタートは最近では遅い23時。
車内ではお約束の昭和歌謡、特段の渋滞もなく、これまた珍しく一度も休憩なしに、野沢着。温泉に入って、軽く飲んで就寝。
【2020年3月7日(土)】晴れ
朝着の仲間が3人。
おいらは、例によって、朝飯なしで朝ぶろから。差し込む陽ざしが素敵(笑)
192
風呂から上がって、観光協会に翌週のはとぐるまカップの参加料の支払いに行き、宿に戻ってからウダウダしていたら、サロットクラブの仲間が二人、志賀から転戦してきてるとのこと。長坂ゴンドラ営業前に並んだそうで、おいらがメッセージに気づいたときはやまびこでファーストトラックだそうな。
 
慌てて、上に上がって、スカイラインを滑ってきた二人と合流。さらに後発部隊と無線機を使って合流(嬉)
 
やまびこを1本滑って貰い、毛無山と道路の行き先案内板でお約束の写真を撮って、お別れ。

Dsc00234
 

Dsc00238

 
おいらとは真逆で、早起きして、ゴンドラ営業に並び、シマシマのついた良い雪をひたすら堪能したら、サクッと滑走終了。
カッコいいです。
193
 
彼らと別れて、再度、やまびこに上がり、3本程滑って、白銀へ。
今回「カツカレーのライス抜き(別名つまみトンカツのカレー掛け)」登場。どんだけ高カロリーなのか・・・。

196
4人でワイン3本開けて、午後の滑走。
パラダイス1本滑って酔い覚まし、上ノ平フォーで上がって、ブナ林コースから湯の峰へ。
湯の峰、水無を気持ちよく滑り、長坂ゴンドラ中間駅から「下山組」と「スカイライン組」に分かれ、下山。
スカイライン組は、早めに柄沢に降りて、柄沢ゲレンデの頂上から気持ちよく滑走。
 
レストハウスで合流して、滑走終了。
 
夜は、大湯→萬里でジンギスカン→Juntos Mexican Restaurant & Bar でコロナビール→青木屋で「風の森」→大湯→宿に戻り「わたスキ」・・・、と長い長い夜を過ごしたとさ。
Dsc00268-2


191_20200309164301

192_20200309164301
お開きの後、一旦横になったが途中で目が覚め、内湯に入った、出てからの記憶が。。。ただ、朝はちゃんと布団の中にいたので、問題なし♪
 
 
【2020年3月8日(日)】曇り
曇りだと、途端にやる気がなくなります。この日は朝飯を付けたので、ギリギリ8時には食堂に行ったけど、全く頭が回らず。
宿泊代、リフト代、昼・夜の飲み代の精算してても、全く頭が回りませんでしたわ。
 
部屋を明け渡す必要があって、何とか10時には準備を済ませて、ゲレンデは。ゴンドラに乗ったのは10時を大きく回っていた・・・。
 
この日の滑りはシンプル。
まずはやまびこに上がり、朝からちゃんと滑ってるげんたろうやの常連さんの団体と合流して記念写真。
写真の通り、若者、ボーダーもいる混成チーム。うちらのスキー仲間の会社のツアーなんですね。
おいらで言えば「K村スキー」みたいなものか。
202
この後、おっさん3人で、やまびこをグルグル。前日よりも4度高い「ー4度」、妖怪いたつかみが出るほどではないけど、雪が有れていて、大回りを快適に滑るのは難しかった。
 
ひとしきり滑って、昼の時間を少しだけずらして、スカイラインで長坂へ。(途中はぐれそうになり、ここでも無線機が活躍。3人とも局免持ってるって、最近では珍しい?)
 
時間をずらしたのが良かったのか、スカイラインはほぼ全行程、おいら達3人だけ。20数年ぶりにスカイラインを滑ったという仲間は「こんなに幅があるコースとは思わなかった」そうな。もちろん、彼の腕前が上がったってこともあるだろうけど、人が少なかったので、余計そう感じたんでしょうな。

203

当然、途中で柄沢に降りるんだけど、スカイラインの最後のバーンを下から見たら、しっかり土が出てましたわ。これじゃ、クローズも仕方がないですね。結局、今シーズン、下まで滑れたのは1回だけでした。
204
昼はげんたろうやレストハウス。ニュージーランドからバイトで来ていたマイケルさんの最終日だそうな。ピーク時でなかったこともあり(というか、この日はピークがあったのか?)、修さんも時折厨房から出てきた話に加わる。

201_20200309164301
おいらは、餃子・ビールの後、珍しく親子丼。

205

食後のソフトクリームをご馳走になりました。

202_20200309164301
昼食後は、ひとりが離脱、残る二人で、湯の峰、水無を1時間ほど回して、最後は林間コースとシュナイダー~ユートピアに分かれて下山、無事滑走終了。
 
のんびりの2日間、木・金の降雪のお蔭で、そこそこ楽しめました。
これで、今シーズンの滑走日数が20日となりました。









201


203

204

205

2020.03.02

【ス】AFSCツアー(2020.2.29-3.1@志賀高原)

所属するアドベンチャーファミリースキークラブ(AFSC)の2月のツアー(旧パウダースノーin志賀)が開かれました。
年越しツアーいらい2カ月ぶり。年越しが2名の参加だったのに対し、今回はクラブ員6名、ゲストも含め14数名の賑やかなツアーとなり、前夜祭、レッスン、検定、奥志賀ツアー、わたスキと、魅力満載のツアーとなりました。
【2020年2月28日(金)】
早いメンバーは、この日の午後から志賀入りして滑っていたとのこと。おいらは半休をとって北陸新幹線→長電で湯田中入り。

ツアーの成功を祈り、お寿司屋さんで前夜祭。
1701
ツアー2年ぶりの団体長・奈穂も元気に参加。


170
【2月29日(土)快晴】
朝から快晴。2日前に40センチほど降ったとかで、雪もばっちり。
午前中はサンバレーで講習前検定、昼の時間に1級と2級の検定。おいらは1級の前走をやりました。
午後は、検定の重圧から逃れた受検者と、寺小屋、一ノ瀬までお散歩。

171

172
レッスン開始前、快晴のサンバレーで、受検者、検定員、前走者で集合写真。


173
レッスン開始。生徒6人に先生2人。前走のおいらも一緒に受講。
今シーズン初レッスン、勉強になります。

174
実際に検定で使うバーンで、実践的なレッスン。
みんな、緊張してる・・・

175
そして、結果発表(おいら、前走中で、検定中の写真はないのでした)

176
午後は、皆で寺小屋、一ノ瀬方面へお散歩。

178
寺子屋もいい天気でした♪

179
夜はお祝いのシャンペンを飲みながら、検定のビデオをみて反省会♪
(おいらも、自分の滑りを見て、大反省)
【3月1日(日)】
昨日と一転して、サンバレーはガス。朝食後はコーヒーを飲んでのんびり。朝風呂の後、自分の荷物のパッキングをした後、定宿・志賀の湯ホテルに長らく置きっぱなしにさせて頂いていたクラブの備品やクラブ員の板、ブーツ、ウェア等を整理。
9時半、地元山ノ内町在住の古くからの仲間(今は町議さん)が合流してくれたので、奥志賀方面へツアー。
心配していた天気も徐々に薄日が差し始め、焼額についた頃には快晴♪
途中でビデオなども撮りながら、ツアーを楽しみ、途中、ダイヤモンドで小休止した他は、ほぼ滑り続けて14時に志賀の湯に帰還。
既にレストランは終わっていたけど、ご配慮で昼食にありつきました。
16時過ぎに仲間の車に分乗してサンバレー発、志賀の下りは雪もなく、車も少なく快調でしたが、高速は事故渋滞があり、新江古田駅で降ろして貰ったのは20時でした。大江戸線→丸の内線と乗り接ぎ、無事帰宅。

181
最高スピードは焼額の帰りの模様。

182
サンバレー~奥志賀往復。志賀30数年にして、一ノ瀬から東舘に滑り込むルートを初めて知りました。

183
朝のサンバレー・・・。小雪もチラついてました。

184
ところが、焼額ではこの天気。みんな、まぶしそう。

185
レッスン・・・(違)
(本当は余りの明るさにゴーグル→サングラスに付け替えている仲間をみんなが待ってるところ)

186
いざ、かまくら♪

187
ダイヤモンドレストハウスで一休み。

188
ラストは志賀の湯ホテルの味噌ラーメン@1000円。
レストラン営業終了していたけど、わざわざ我々のために、いろいろと作って下さいました。

189

2020.03.01

【ス】1人旅2月3連休 in 野沢(2020.2.22-24@野沢温泉)

令和の御代となり、天皇誕生日が2月23日になりまして、スキーシーズンど真ん中。今年のカレンダーは、早速、その恩恵を受けて3連休。コロナ騒ぎで皇居の一般参賀はとりやめとなったけれど、何としても、「慶祝の気持ちでゲレンデへ行かねばならない」、という強い気持ちと軽いノリで、3連休のゲレンデ行きを決めました。
 
とは言え、このタイミングでお誘いできるお友達もおらず、さらには、こんなタイミングでお宿も確保できず・・・ということで、前週からの引き続きで、野沢のげんたろう屋さんにご無理を言って寝場所を確保して貰いました。
 
一人旅の筈でしたが、人徳でいろいろと偶然も重なり、3日間、それはそれは充実したスキーとなりました。
【令和2年2月22日(土)】
2が並ぶ日、という訳でもないでしょうが、さすがに3連休。飯山に停まる新幹線は、始発から昼過ぎまでグランクラスも含めて軒並み満席。
それでも駅ネットを朝昼晩、マメにチェックしていたら、3本目の飯山に10時半過ぎに着く列車に1席空席、速攻ゲット。
  
ということで、自宅を普段の通勤よりも少し早いくらにのんびり出発。まあ、3連休なので、ガツガツ滑ることもない。
野沢着は11時過ぎ、飯山~野沢のシャトルバスは飯山駅も、野沢温泉も長蛇の列。ちょうど、外人さんが帰り、日本人が来た・・・っていう構図の様です。(左が飯山駅前、右が野沢温泉中央ターミナルのバス待ち行列)
 
141_20200309133001142_20200309133001
 
宿について、ひと風呂浴びて、レストハウスに行くと時間は12時前。
早めの腹ごしらえをしようと思ったら、前週にお会いした、げんたろうやの常連さんご夫妻。
一緒にラーメンなんぞをすすっていたら、「一緒に滑りましょう」とのお誘い。
ありがたく午後はご一緒することに。
 
ところが、強風のため長坂ゴンドラ、上ノ平フォーリフトが運休中とのこと。
 
144
 
日影ゴンドラも、そこそこ行列ができていたし、上ノ平フォーが止まっているなら、そこから上にも行けない。
ということで、ユートピアから上を目指すことに。ユートピアを上がると、チャレンジに最近は見たことのない行列。
 
143_20200309133001
 
ユートピアの下を何本か滑って時間調整して、列が短くなったタイミングでチャレンジを上がりました。
パラダイスを2本滑って、チャレンジ降りて、パラダイスを2本滑って、ユートピアを降りて・・・。
 
そうこうするうちに、長坂ゴンドラ、上ノ平フォーが運転再開とのことで、やまびこまで上がりました。(上がるだけで、時間切れでCコース、Eコースしか滑れなかったけど・・・)
 
145
 
最後は、スカイラインで降りてきたところ、「ゴンドラ運休のお詫びに、本日、長坂ナイターを無料開放」との放送
折角なので、レストハウスで一杯やったあと、1時間ほど遊びました(アプリは途中で停止)。
 
147 148
 
半日にしては、良く滑りました。(まあ、普段のスタート時間が遅すぎるんですが)
 
141
  
そして、夜も「風の家」で夕食をご一緒しました。
 
142
144_20200309133001
 
2人とお別れした後、青木屋でジンを頂き〆。
 
146
  
【2020年2月23日(天皇誕生日)】
今日も一緒に滑りましょう・・・と件の常連さんご夫婦と約束(彼らは、げんたろうや満室で別の宿にお泊まりでした。)していたので、9:30、レストハウス集合。
この時間帯は雪で、しかもゴンドラは長蛇の列。
152
 
あきらめて、日影→ユートピア→チャレンジと上がり、チャレンジペアを使って、チャレンジ、シュナイダー、ユートピアを軽く流す。
 
少し飽きたので、お二人をブナ林コースから湯の峰、水無へ。途中からは日も差してきました。
ここの林間には新雪が残ってました♪
 
ゴンドラで上に上がり、白銀で昼ごはん。お二人は滑走中は飲まないらしく、おいら一人で宴会。
 
155_20200309001001
 
昼食後はやまびこまで上がり、前日のリベンジ。Cコース、Aコースを時間になるまでグルグル回す。
堪能して、3人で林間コースで帰ろう・・・ということになって、先頭を滑っていたのだけど、途中、やまびこ駅の手前で待てど暮らせど、後続がこない。
間違えて、昨日と同じスカイラインで帰っちゃったらしいです。
  
さすがに、夕方の16時過ぎのスカイラインは人がいっぱいいるだろうから、おいらはひとり、水無に移動して、ツリーラン。ここにはまだ新設がたっぷり残ってました。
 
153
 
最後は牛首を降りて、レストハウスで二人と合流。
 
156
1511151
 
 宿に戻り、一日早くお帰りになる二人をバスターミナルで見送った後、久しぶりの横落の湯を20分以上独り占め。ポカポカしてきたところで、街に繰り出す。でぇすけで餃子とコロナビールのあと、青木屋に寄ったら、水尾の蔵人さんと隣り合わせになり、盛り上がったところで、DSK、そしてHeavenへ。野沢の夜は更けていくのでありました。
 

156_20200309133101

157_20200309133101

 
 【2020年2月24日(振替休日)】
前夜が遅かったこともあり、のんびり始動。今回は素泊まり2泊なので、朝飯はなく、たっぷりと寝ていられる。
快晴のスカイライン、時間がずれたおかげでガラガラ。
 164
 
昨晩、スキー仲間の書き込みを見てたら滋賀のご家族が野沢で滑ってるではありませんか。
コメント付けておいたら、朝一でメッセージが入っていて、昼ごはんからご一緒に、ということで、げんたろうやレストハウスで合流。
 
お会いするなり、うら若き女性からビールを継いで頂き、鼻の下長maxのおいら。
162
 
食事後、このお嬢さんのリクエストで、牛首を滑ることになり(苦笑)、長坂ゴンドラで中間駅へ。
165
163
 
湯の峰、水無で足慣らし♪166
 
牛首のコブをすいすい滑るお嬢さんにようやくついていき、最後は長坂ゲレンデを一本滑る。
滋賀に戻るので、早めに上がるご家族とサヨナラして、おいらは一人でやまびこへ。リフト待ちもほとんどなく、ひたすら、AコースCコースをグルグル。
やまびこの林間で、ナスキーの雪像発見♪
167
 
最後は林間コースで降りてきました。アプリの不調で、スカイライン1本分が記録されてなくて、実際には40キロほど滑っているはず。
 
161








163

164

165

166

167

2020.02.26

【ス】恒例・2月のげんたろうやツアー(2020.2.15-16@野沢温泉)

建国記念の日の飛び石4連休は完全にお休みして(一応、旧大山街道20キロほどを歩きましたが)、2週間ぶりのゲレンデ。
ここ何年も恒例となった、2月のげんたろうやツアーです。
今年は、都合のつかなかった人が多くて、6人だけの参加と、こじんまりしてましたが、まずまずの天気に恵まれ、楽しく滑りました。
【2月14日(金)】
バレンタインデーというのに、特段の予定もないオッサン3人。21時過ぎにピックアップ。車内は昭和歌謡のオンパレード。特に渋滞もなく、現地に行っても道に雪もなく、午前1時前にげんたろうや入り。
先着車3人と、3時過ぎまで宴会。
【2月15日(土)】
おいらだけ朝飯の設定、しっかり朝寝して、朝湯して、二度寝して、本体が滑走を始めたころにようやく始動。(もう一人は、さらに三度寝・・・)

さすがに長坂ゴンドラに列はなく、中間駅で降りて、湯の峰、水無を楽しむ。
121


水無もいい景色。Aコーススタート地点で集合写真撮ったのは初めてかな。
この時点で、もう一人は宿でお休み中。
122
水無からゴンドラ中間駅経由、やまびこ駅へ。目指すはパラダイス。
その前にお約束の記念写真。


125

お昼時、はくぎん大繁盛。しばし、店の前で時間調整。
(危うく、ここで宴会を始めちゃうところでした。)
127
無事、席も確保して、いつも通り、昼の宴会開始。

123
いつもと違うのはこの「白銀」ワイン。
おかみさんによれば、「ジャケ買い」だったそうです。

124

午後は、いちおうやまびこまで上がって、記念撮影。
この後、滑りの動画も撮りました。
126
夜は、厨房で修さんと飲んだあと、青木屋へ足を運ぶも、残念ながら閉店。
Dsc_0173
大湯であつ湯に入った後、宿に戻り、部屋で滑りの動画なんぞも見ながら連夜の宴会。
Dsc_0177
【2020年2月15日】
この日は朝ごはんがあったので、皆と同じ行動。
列がそれほどでもなかったので、長坂ゴンドラで上がった後、スカイライン組とやまびこ組に分かれて朝の一本目。
おいらは当然スカイライン。ガラガラのゲレンデで、今シーズン最速の96.2キロを記録。
やまびこ組と合流して、リフト待ちの少ないDコースを数回回す。
その後、上ノ平~パラダイスと滑り、シュナイダー~チャレンジ組と林間コース組に分かれて下山、日影の久保田食堂で昼食。
午後はガリガリ君フェスタのあと、強風でのゴンドラ運休に翻弄されつつ、パラダイスや、湯の峰を楽しみ、ラストは、牛首で下山。
良く滑りました。

131
132

朝イチのスカイライン。快適♪ この後、96.2キロ♪
133
久保田食堂に向かう途中のユートピアゲレンデ。
林間コース組とシュナイダー組が合流。

134
久保田食堂では定番の鍋焼きうどんと、お初の「きのこ丼のライス抜き」。



Dsc09816

日影ゲレンデでは、これまた恒例のガリガリ君フェスタ♪
この後、長坂に異動したが、ゴンドラが強風で止まってました。
日影ゴンドラに戻り、パラダイスへ。
135
パラダイスを数本滑った後、ケーキ組と分かれて、ひとり、上ノ平フォーで上へ。
ラスト牛首。コブは大きいけど、柔らかめなので、何とか降りて来られました。
136

晩飯は、ここのところの定番・きらく園。
鳥パリ定食1000円、お腹いっぱい。
137

より以前の記事一覧